ヘチ あらすじ。 チョン・イル主演 ヘチ あらすじ 25話~30話とキャスト

ヘチ 王座への道 第8話 あらすじとネタバレ

ヘチ あらすじ

韓国ドラマ『ヘチ』の感想は面白い?視聴率はどうだった?をご紹介していきます! 韓国ドラマ『ヘチ』は 民のための政治を行った名君とされる英祖(イ・グム)が、 正義を追い求める3人の仲間に支えられ、 不正の無い平等な世の中をめざす友情と信念のストーリーです。 韓国での最高視聴率は最終回で、7. 4%を記録しました チョン・イルは除隊後初の主演作として選んだ作品として知られ、 チョン・イル、現代ドラマはもちろん、 時代劇でもメインキャストとして主演しており、 安定の演技がみられる作品かなと期待が持てます。 見終わった時には、決意も新たに希望に燃え、たくましい姿に気持ちも晴れ、笑顔になれるドラマです。 それでは、韓国ドラマ『獬豸(ヘチ)』の感想は面白い?視聴率はどうだった?を知りたい方はお見逃しなく! Contents• 韓国ドラマ『ヘチ』感想・評価は面白い? 韓国ドラマ『ヘチ』のあらすじの感想 話の序盤は、なかなかドラマに入り込めなかったですが、 王座をめぐる争いで、ただひたすら民のために、兄のために耐え抜く姿を しっかりと演じており、感動できます。 民衆をだましては、権力を握ろうとするやり方は 今も昔も変わらないのだなとのコメントもありました。 また、韓国の史実をもとに描かれた作品なだけに 歴史の勉強になったという口コミもありました。 しかし、演じる俳優さんが変われば、物語りも変わり、 どんな切り口で見せてくれるのかが、楽しみの一つでもあります。 今回は主人公と一緒に行動をする仲間がいるのも、また楽しみです。 ヨニン君は情熱あふれる科挙準備生パク・ムンス(クォン、ユル)、 司憲府の茶母ヨジ(アラ)、 武術の達人だが町の暴れ者タルムン(パク・フン) と共に大権を勝ち取っていきます。 キャストと脚本が違うとこんなに見方や印象が変わるのね😊 インジャの乱はちょいあっさりしすぎてた気もするけど聡明な世弟が聖君へと成長していく過程の困難や仲間との信頼関係。 政敵から認められるまでは見応えがあった。 タルムンが一番切なかったし、ユルし、ムンソンしGOODでした😊👍 — maruka maruka44969902 異母兄弟にミルプン君イ・タン(チョン・ムンソン)、 ヨルリョン君イ・フォン(ノ・ヨンハク)さんが絡んできて、 物語を盛り上げます。 自分の人生が根底から変わり、 激動の人生を送るヨニン君。 選んでもないのに試練が襲いかかります。 なかなか骨太の史劇。 政治的駆け引きが面白い。 出てくると(少しだけ)ドキッとするのが、パク・フン氏扮するタルコム。 7%ですが、視聴者からの評価は高いです。 なので、この視聴率が表す評価よりも、 実際はもっとおもしろい内容だと思いますがいかがでしょうか。 面白くない・つまらないの感想 専門用語が多くて使っている言葉が難しい、 史実から大分かけ離れている。 アラのアクションが今一つ、 チョン・イルのブランクが少し気になる、 クォン・ユルの演技がコミカルすぎ、 画面が暗い、といった辛口のご意見もありました。 ヘチ思いよね〜初回から掴まれたわぁーー。。 最後は王の座を狙っていた身内との戦いになるのは、 王朝物の醍醐味と言えるのではないでしょうか。 ヘチ視聴率はどうだった 初回より、平均的に高い視聴率を記録しています。 最高視聴率は、最終回の7. 最終回の口コミでは、最後はハッピーエンドでは終わらず、 重臣たちの間では、不満の残る最終回になります。 最終回のあらすじは別の記事で紹介していますので、 そちらをご覧ください。• 第1回 6. 第2回 7. 第3回 6. 第4回 6. 第5回 5. 第6回 6. 第7回 5. 第8回 5. 第9回 6. 第10回 6. 第11回 5. 第12回 6. 第13回 4. 第14回 6. 第15回 6. 第16回 7. 第17回 6. 第18回 7. 第19回 6. 第20回 7. 第21回 5. 第22回 7. 第23回 5. 第24回 6. 第25回 6. 第26回 6. 第27回 6. 第28回 7. 第29回 7. 第30回 8. 第31回 7. 第32回 8. 第33回 7. 第34回 8. 第35回 7. 第36回 8. 第37回 6. 第38回 7. 第39回 6. 第40回 8. 第41回 7. 第42回 8. 第43回 7. 第44回 8. 第45回 6. 第46回 7. 第47回 7. 第48回 7. 視聴率よりも実際のドラマの内容に、 評価が高いようです。 民のため時代を変えていく力を蓄えながら、 仲間と力強く生き抜いていく。 クォン・ユルさんの抜けるような白さや、 アラさんの可愛いけど、アクションもこなす。 荒くれ者の剣の使い手パク・フンさんの演技も見せてくれます。 韓国ドラマではまずまずの全24話の作品ですが、 その分、中身は濃く、時代物の醍醐味が味わえる作品になっているのでは、 ないでしょうか。 一つの国を民のため創り上げる、と言うことは本当に大変な事です。 一人では無しえない事でも、仲間や同志がいてくれることで、力を得て大きく成長する事が出来る。 次々と襲いかかる試練に、 つぶされそうになりながらも逞しく生き抜いていく姿はとてもカッコ良いです。 チョン・イルさんファンの方は必見です。 時代劇ならではの設定でこれぞ韓国ドラマと言うエッセンスがたっぷり凝縮されていています。 最後までよい意味で展開が読めず楽しめます。

次の

韓国ドラマ【ヘチ(カイチ)】あらすじ19話~24話と感想

ヘチ あらすじ

ヘチ 王座への道 第8話 あらすじとネタバレ ヨニン君を狙う刺客が現れる ヨニン君が世弟になろうとしているのを知った妻のソ氏は、ヨニン君に本当かどうか聞きに来ました。 ヨニン君は景宗にしっかり説明しなければ誤解されると思い。 夜に馬を走らせます。 しかし黒装束の集団に襲われ、命を狙われます。 それを助けたのがタルムンでした。 タルムンはヨニン君を自分の質屋につれていきます。 そこでヨニン君は老論の重臣キム・チャンチュンとイ・イギョムが自分を世弟にしようとしていると知ります。 あとからやってきたパク・ムンスも驚きます。 しかし重臣たちや王もヨニン君が逆心を持っていると思うに違いありません。 ヨニン君は急いで王に会う必要がありました。 そのころヨジは変装して儒生のたちと酒を飲んでいると、怪力の男に襲われます。 ミン・ジノンが送った刺客でした。 その男はヨジの反撃をものともしません。 ヨジは跳ね飛ばされ気を失います。 男はそこでヨジが女だと知ります。 男が狙っていたのは王子だったからです。 ミン・ジノンはヨニン君の後ろ盾になるのをやめるようイヌォン大妃の元に向かいました。 しかしイヌォン大妃はヨニン君をかばう姿勢をやめません。 外に出たミン・ジノンはヨニン君と出会い驚きます。 刺客を放ったのに生きていたからです。 世弟になったヨニン君 景宗はヨニン君に王座を奪われるのではないかと恐れていました。 ヨニン君は景宗に会い自分の気持を正直に訴えます。 景宗はヨニン君の言葉を聞き決断を迫られました。 ヨジが大怪我をしたことを知り、ヨニン君がヨジのもとを訪れました。 自分のせいでヨジが怪我をしたのを心苦しく思います。 しかしヨジはヨニン君を守ることが出来たと世転んでいました。 そこに兵士たちが王命をもって現れます。 ヨニン君を世弟にするというのです。 ヨニン君は世弟になりました。 そしてパク・ムンスも科挙に合格して司憲府の役人になりました。

次の

ヘチ 王座への道 あらすじ

ヘチ あらすじ

チョン・イル主演 ヘチ あらすじ 25話~30話とキャスト 韓国ドラマのキャストも紹介で最終回まであらすじをネタバレ! 初回視聴率は6. 9%の人気俳優出演の韓国ドラマが衛星劇場で放送予定! このサイトは韓ドラ好き向けのチャンネルです。 見逃した放送や続きの気になる方に楽しんで頂きたいとおもいます。 今回のドラマはチョン・イル主演で話題の「ヘチ」です! 除隊後初のドラマ出演となったチョン・イルが、トンイの息子であり、イ・サンの祖父となるイ・グムこと、延礽君(21代王・英祖)を演じる。 出演:チョン・イル クォン・ユル Ara コ・アラ など … キャスト情報などは詳細ページをご用意しています。 今後は、王ではなく、世子のヨニン君にすべてを報告するよう命じる王の言葉に違和感を感じたヨニン君。 特に目立った動きがないと、嘘の報告するダルムン。 翌日、ヨニン君は、世子による摂政をうったえる上書が挙げられたことを知ると、反逆事件へと発展することを恐れ混乱します。 ミン・ジンホン(イ・ギョンヨン)の計略ではないことは確か、ミルプン君が裏で操作している可能性が高いことに気づくも、ミルプン君に特別な動きがないと報告するダルムンの言葉を信じ、誰が背後にいるのかの予想ができず、更に混乱する。。。 ヨニン君を信頼できない王は、ヨニン君を王宮に呼ぶと、上書の内容について語り、今後すべての業務はヨニン君が処理するよう命じ、「反逆」はなかったことを証明するため、ヨニン君は席藁待罪(わらをひいて王の許しを待つ)することになります。 ミン・ジンホンが中心となるノロン派は、ソロン派の判断を見守り、静かに事の流れを観察することを決め、ソロン派のイ・グァンジャは、これまでヨニン君と交わした言葉を振り返ると、王とヨニン君の仲を裂こうとする勢力の仕業だと知ると、大妃を説得します。 雨が降る中、ヨニン君の席藁待罪は続き。。。 ヨニン君が王座を奪おうとすることはないと、王を説得する大妃。 しかし、反逆を企んでいたとして、キム・チャンジュンの息子と、イ・イギョムの孫が逮捕されたことを知った王は、ヨニン君への疑いを深め、ヨニン君に怒りをぶつける。 ヨニン君を王にするための反逆をキム・チャンジュンの孫とイ・イギョムの息子が計画していたとして逮捕されたことで、多くの官僚を含め逮捕されることになり、調査を取り仕切るのはウィ・ビョンジュ。 ミルプン君はダルムンに、怪文書を張り出すことを命令し、ヨニン君を中傷する内容の怪文書が広まることになります。 一方、ハン・ジョンソクの死を調査していたパク・ムンス(クォン・ユル)は、調査資料を確認していくうちに、資料が偽造されたことに気づき、ウィ・ビョンジュを疑い始めます。 また、怪文書を張り付けて、ヨニン君に関する悪い噂を流しているのがダルムンだと知ると、ダルムンの裏切りを確認するため、本人と対面!沈みかけている船から脱出しただけど語り。。。 ただ、すべての怪文書の内容を確認するようと、最後に語ったダルムンの言葉が気になったパク・ムンスとヨニン君が怪文を照らし合わせていると、使われている漢字が一字違うことに気づきます。 漢字を並べると、ミルプン君を意味する言葉が・・・ダルムンからのメッセージでした。 すべてがミルプン君の計画だと知ったヨニン君は、ミン・ジンホンが加担していないことに気づくと、政治的な目的のため手を組むことを提案しますが、ミン・ジンホンは断る。 反逆罪の尋問が行われることになり、立たされたヨニン君の前に、尋問を受けたキム・チャンジュンとイ・イギョムが連れてこられても、ヨニン君は反逆を起こそうとしたことはないと、否定。 すると、景宗(キョンジョン)は、ヨニン君を「親鞠(王が直接重罪人に尋問すること)」すると語ります。 王の尋問の前に、一言申し上げたいと、ミン・ジンホンが前に出る。。。 景宗(キョンジョン)はミン・ジンホンの反対する意見を聞くと、ヨニン君を誤解していた可能性があることに気づきます。 その後、景宗(キョンジョン)は過敏な反応を見せた自分の行動を後悔します。 パク・ムンス(クォン・ユル)を訪ねたヨニン君は、一連の事件の背景にある人物を明かすため、ダルムン(パク・フン)と協力する必要があることを伝えると、ミルプン君を訪ねます。 ミルプン君の側に居るダルムンを確認するとヨニン君は、ミン・ジンホンに協力していたダルムンがミルプン君の手下になったことを非難すると、ダルムンが張り出したメッセージの内容を言及する。 その内容を聞いたダルムンは、ヨニン君に伝えようとしたメッセージが伝わったことを確認すると安心。 ミルプン君が分からないよう、お互いへのメッセージを確認しあった二人。 その後、ダルムンは、ミルプン君を捕えるための情報集めを始めます。 ミルプン君への忠誠を誓うように見せかけ、ミルプン君と情報を共有する関係にまで発展させます。 ミルプン君から得た情報をもとに、ダルムンはミルプン君を狙って密かに動き出し。。。 一方、ハン・ジョンソク(イ・ピルモ)の死を調査していたパク・ムンスは、ウィ・ビョンジュ(ハン・サンジン)が真犯人だと明かし、ウィ・ビョンジュは司憲府(サホンブ)へ送還されることとなります。 ダルムンとライバル関係にありながら、ミルプン君の手下として悪事を働いてきたト・ジクァンを逮捕するために向かったパク・ムンス。 その過程で、命を奪われそうになったパク・ムンスを助けたのは、ヨニン君が放った弓でした。 その後、ヨニン君とダルムンはミルプン君を逮捕するため、彼の行方を捜します。 隠れていたミルプン君が王宮に向かうと、状況は計画していたものと異なり・・・戸惑いを見せます。 偶然鉢合わせになったミン・ジンホンから、ミルプン君の計画が失敗したことを伝えられる。 計画が失敗したことに腹を立たせたミルプン君は、まるで正気を失ったような状態で、王宮内で次々と殺人を犯します。 ついに王がいるところまで辿りつきます。 ミルプン君が王宮に居ることを知ったヨニン君は、急いで王宮に向かい、王の景宗、ミルプン君とヨニン君が揃う。。。

次の