吉本 興業 ホールディングス。 吉本興業ホールディングス株式会社の企業情報

吉本興業、大株主=テレビ局が報じない経営危機…「赤字116億円」という地雷

吉本 興業 ホールディングス

吉本興業ホールディングス株式会社は2010年に上場廃止し非上場企業である 私もかすかな記憶で吉本興業(正式名称:吉本興業ホールディングス株式会社)が上場していたことを覚えていました。 当時買ったZAIという株の雑誌によく推奨されていたような・・・ そのため、まったく株を買う気はありませんでしたが、今回の事件でどんな値動きをしたんだろ?と調べてみて驚きました。 下記のようにすでにかなり前に上場廃止して非上場企業となっていたのです。 経済番組はだいたい見ていますが、全く記憶になかったです(笑) 芸能事務所としては初めて証券取引所に株式を上場したが、「安定株主の下で経営を行いたい」との意向から、2009年(平成21年)9月11日、クオンタムリープ・放送局・創業家資産管理会社など14社が出資する投資会社「クオンタム・エンターテイメント株式会社」(吉本興業の株式を取得及び保有することを主たる目的として、2007年4月22日設立。 代表はクオンタムリープ代表の出井伸之)によるTOBを実施し、株式上場を廃止する方針を発表。 事実上のマネジメント・バイアウトを実施した。 出典:ウィキペディア 「吉本興業」より 1949年から芸能事務所として初めて上場していた会社ですが、2009年にTOBを開始して2010年2月に上場廃止して非上場企業となっているようです。 ちなみにTOBを実施したクオンタムリープ代表の出井伸之は元ソニーの社長や会長を歴任された方ですね。 吉本興業の現在の株主は? 今回の雨上がり決死隊・宮迫博之やロンドンブーツ1号2号の田村亮氏の会見で話題になった現在の株主はどうなっているのでしょうか? 下記の通り、フジテレビ、日本テレビ、TBS、テレビ朝日、テレビ東京と大手テレビ局が名を連ねていますね。 また、話のとおり在阪のテレビ局の名前も見えます。 他の株主も名だたる会社ばかりですね。 吉本興業の関連株 今回の騒動で上記の株主とくにテレビ局は大きく株価を下げています。 逆にユーチューバーの芸能事務所「」は株価を上げていますね。 これは今回の問題で今後、既存メディアが落ちていくことが連想されたのでしょうか。 上場廃止し非上場になるメリットって? それでは吉本興業はなぜ非上場にしたのでしょうか? いろいろな説がありますが、、、かなり古い話ですから実際のところはわかりませんので言及はやめておきましょう。 (吉本興業が上場廃止になったことすら忘れていたくらいです・・・) 一般論からいっても非上場にする理由はいろいろあります。 例えば会社を上場させていると様々な費用が掛かります。 わかりやすいところで言えば監査法人への監査費用ですね。 馬鹿にできないくらい掛かります。 その他 上場を維持するために掛かる費用って馬鹿にできないんですよ。 それを節約するという意味はかなり大きいと思われます。 そのため資金調達に問題がなければ上場廃止も選択肢になるでしょう。 (上場する大きな目的は資金調達と知名度) また、非上場にしてしまえば株主を一気に減らせますから 株主対応をする必要が少なくなるのも大きいでしょう。 当時1万6千人いた株主を32社に集約できたんですからね。 上場してたくさんの株主がいれば基本的に会社は利益を追求する必要があります。 しかし、 非上場企業の場合には必ずしもそうでもなくても問題はありません。 株主代表訴訟のリスクも低くなります。 ですから今回のような不祥事があるような場合には非上場の方がありがたいんですよ・・・ 株主対応ってけっこう大変なんです(私も経験があります) 私の経験について詳しくはこちらの記事を御覧ください。 日経テレコムを使う 日経テレコンは日本経済新聞社が独自に調査、収集した財務データを載せているサイトです。 四季報非上場版と同じくここに載っている非上場企業は多くはありません。 しかし、ちょっと大きめの非上場企業や将来上場を目指しているベンチャーなどならある可能性がありますので確認してみると良いでしょう。 こちらのサービスは有料(月額料金8000円+1つのデータで400円等)ですが口座を持っている場合、無料で見れる証券会社もありますのでそちらを有効に活用するとよいでしょう。 ちなみに日系テレコンを無料で見れるのは今の所、楽天証券、丸三証券、大和証券の3社です。 決算公告 会社の規模や上場、非上場の有無に寄らず全ての株式会社は決算公告を義務付けられています。 一般的な企業は貸借対照表のみ、大企業は損益計算書を公告しないといけないのです。 具体的には官報、もしくは日刊紙、WEBページに掲載しなければなりません。 最近はWEBページ掲載の会社が多いですね。 (費用がかかりませんから)昔からの会社だと官報や日刊紙に乗っているケースもあります。 具体的には以下の方法で閲覧ができます。 WEBページを確認する 公告されていればWEBページに決算公告しているケースが多いです。 まずはその企業のWEBページを確認してください。 一般的な企業は貸借対照表のみ、大企業は損益計算書が掲載されているはずです。 吉本興業の場合はWEBには掲載していませんでしたね。 官報 WEBページで見つからない場合には「 官報」で確認して見ましょう。 官報はインターネット版でみることができますし、書籍(新聞みたいな厚さですが。。。 )を購入したり、最寄りの図書館等でも確認することもできます。 掲載日がわかれば図書館司書にお願いすれば出していただけるでしょう。 ただし、官報は過去30日分しか無料でみることができません。 もし期限がすぎてしまった場合は、過去の官報を購入することもできます。 なお、官報は内容で検索ができないので日にちがわかってないと探すのが大変ですが・・・ TDB企業サーチ 帝国データバンクの TDB企業サーチも便利です。 開示がされている企業ならここで検索すれば確認できます。 実は他にもいろいろな入手方法があります。 詳しくはこちらの記事を御覧ください。

次の

グラフ有▷吉本興業の売上高(利益)と業績推移 財務諸表の内訳を分析

吉本 興業 ホールディングス

なんばグランド花月ビル 本社所在地 〒542-0075 11-6 : 設立 事業内容 タレントマネジメント・並びにソフト・・及び演芸・演劇の制作・配給・興行 代表者• (代表取締役)• (代表取締役副社長) 資本金 1,000万円(3月31日時点) 売上高• 333億8,034万3,000円 (期) 営業利益• 15億1,849万2,000円 (2009年3月期) 純利益• 14億6,200万円 (2010年3月31日時点) 総資産• 120億2,900万円 (2010年3月31日時点) 従業員数• 305人 (2007年12月31日時点) 決算期 毎年 主要株主• この会社の設立に伴い、2007年10月1日付で同日時点在籍の旧・吉本興業所属タレント全員(約800人以上)が「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」へ継承・移管となった。 旧・吉本興業の持株会社制への移行に伴う同社の設立後も、テレビ番組の制作クレジットは(旧)吉本興業のままとなっており(ただし、スタッフ個人の所属としての名義は別。 また、「」の制作協力クレジットにも当社名の表記が見られる)、タレントの所属事務所名義においても同様のケースが見られる(「」のNHKすべり芸自慢コーナーの様に同社の名義が見られる場合もある)。 2016年3月1日、「」を吸収合併。 2019年6月、親会社の「(旧)吉本興業」が「吉本興業ホールディングス」に社名変更したのに伴い、「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」から「(新)吉本興業」に社名変更。 政治との関わりが強く、特に大阪維新の会との関係が深く、吉本興業の所属タレントが、選挙において大阪維新の会の候補の応援演説をすることもしばしばある。 一方、吉本興業は「住みます芸人」などが、自治体のイベント、広報紙などに登場することで、行政から多くの仕事を受注している。

次の

吉本興業ホールディングス

吉本 興業 ホールディングス

自由度高く、仕事を楽しみ、ゼロから形に。 タレントとファンの懸け橋となる作品を! 所属タレントのロバート秋山による 『クリエイターズ・ファイル』 秋山が様々な職種で活躍する人物にふんし インタビューを受ける人気企画。 制作会社とタッグを組みフリーペーパーの連載からスタートした本企画は 気鋭のクリエイターたちとコラボすることで 単行本だけでなく、様々なイベントになり広がっています。 自らが主体的につくれる環境で 発想力・アイデアを活かしませんか? 自由度の高い会社だから企画が通りやすく 自らの作品を世の中に出すことが可能です。 タレントと二人三脚で一冊の本づくりにトータルで関わり ブランディングにまで携わっていく。 NONSTYLE 井上裕介が書籍や日めくりを通して 「スーパーポジティヴ」というキャラを確立したように… 又吉直樹が芥川賞を受賞するなど、作家としても広く認知されたように… 一冊の書籍の制作には大きな意味を持ちます。 ・エンターテインメントに関わりたい ・自らの企画で世の中に発信したい ・自由度の高い会社で広く業務に関わりたい そんな想いを実現してください。 yoshimoto. 他出版社で出版される本のプロデュース業務も担っていただきます。 発想力・アイデアを生かしたい方、ぜひご応募ください。 【具体的には】 ・吉本興業所属タレントを活用した書籍を中心に、 様々な書籍の企画、編集、校正、進行管理に携わっていただきます。 出版イベント、サイン会、プロモーション施策の企画立案、 動画制作、各種ツール作成など多彩な業務に関われます。 世の中に発信したい情報を提供できます。 信頼関係が出来上がり、頼られた時には大きなやりがいです。 【具体的には】 企画段階から本づくりにかかわりたい方、大歓迎です。 また、タレントを活用した書籍ということもあり、 各種イベントの企画にも関わることになり、広く経験を積むことができます。 問合わせフォームにてどうぞ。 /契約社員採用係.

次の