サニーレタス 保存。 サニーレタスの保存は冷凍や爪楊枝がポイント?長持ちの保存方法まとめ

サニーレタスはプランター栽培しておけば保存のテクは要らない!

サニーレタス 保存

でもレタスって温めたら逆に萎びてしまうイメージもあり、お湯で復活させる方法と言われてもちょっと信じられないと言う人もいるでしょう。 レタスをお湯で復活させる方法やその最大の理由であるお湯の温度の関係などに興味はございませんでしょうか? 【スポンサーリンク】 レタスをお湯で復活させる方法 まずは難しい理論やなんかはいったん置いておかせていただき、レタスをお湯で復活させる方法を先にご紹介します。 レタスをお湯で復活させる方法• もう少しだけ補足を入れますと以下のことも言えます。 早くしたいなら野菜を洗うようにしてしっかりと馴染ませれば早くなりますし、もう少し放っておいてもお湯が冷めるというだけでレタスがすぐに茹で上がることもありません。 もちろんこの状態ですぐに食べることが出来ますが、やはり冷たくして食べたいと言う方はこの後冷やしても縮んでしまったりしないのでご安心ください。 ちょっと詳しく補足も入れさせていただきましたが、それでも「え?これだけ?」とか「こんなに適当で大丈夫なの?」と思う方もいるでしょうから、続いてどうしてレタスをこんなことで復活させることが出来るのかをお話させていただきます。 端的に言うと野菜が萎びる理由は殆どの場合、細胞に内包している水分がなくなってしまうことで起こります。 これを分かりやすくイメージしてもらうためには風船や夏祭りで取るヨーヨーをイメージしてもらうと良いです。 水や空気が漏れている風には見えないけれども1日2日経つとそれでもしぼんできてしまいますよね? 野菜の細胞もこれと同じで目には見えない程度の穴が開いており、そこから徐々にではありますが、水分が抜けて萎びていくと言う訳です。 なので単純な話その抜けた水分を戻してやればレタスをはじめ野菜はまた、萎びてしまったとしてもシャキシャキとした食感を取り戻すことができるわけです。 先ほど「レタスが萎びてしまう理由」での例えをこちらでも使わせていただきますので、また風船やヨーヨーを思い浮かべてください。 当たり前ですが、こうしたものは中身がすぐに出てしまわないように「口」が縛ってあります。 しかしその口が完全に締め切ると言うことができないから中身が出てくるわけです。 しかもその口があまりにも小さくて出る一方であり、かえって中身を元に戻そうとしても口が縛られている状態では外から中身を戻すと言うことが出来ず、皮肉なことに出て行ってしまう量は抑えられても確実に出ていく一方になるわけです。 このペクチンによる影響は、イメージとしては中身がパンパンになった風船の素材自体が弾力を強く感じるようなものにするようなものだと思ってください。 野菜の細胞に水分を戻し、野菜の食感を感じやすくする要因を増やす。 【スポンサーリンク】 レタスをお湯で復活させる方法の注意 ここまで読んでいただいた方は、萎びてしまったレタスが歯ごたえを取り戻すイメージが頭にしっかりと浮かんでいると思いますが、注意点もあります。 1つ目はあくまで「萎びた」レタスを復活させる方法であり、どんな状態のレタスでも復活させる方法と言うわけではないと言うこと。 「野菜がダメになった」の基準は人それぞれだとは思いますが、このレタスの復活方法はちょっとしんなりし始めてしまった程度のものまでに効果があり、どれほど萎びてしまっていたとしてもこれで完全に取れたてに戻ると言うわけではないということだけは御了承ください。 2つ目はつけて置けばつけておくほど元気になると言うわけではないと言うこと。 レタスをお湯で復活させる方法の応用 こちらは応用についてです。 1つ目はこの復活方法は何もレタスだけでなく、どの野菜でも出来ます。 例えばほうれん草と言った葉物でも、もやしでもきのこでも効果を発揮します。 2つ目は別に萎びていないレタスにやっても効果があると言うこと。 新鮮取れたてのレタスと言うのを手に入れるには、それこそ畑で直売しているものを買うぐらいしか方法はないわけでして、スーパーで買ったりするものはたったの1・2日とは言えどもレタスは取れたてよりも状態が悪くなっています。 その為普通にサッと水洗いして食べるよりもこの復活方法を試してみると普段よりも美味しく召し上がることが出来ます。 以上がレタスをお湯で復活させる方法についてです。 実際にやってみていただいたら分かるのですが、このレタスを復活させる方法、確かにシャキシャキ感が変わりますので是非試していただきたいと思います。

次の

知らないと損!レタスの保存期間と鮮度を保つ保存方法

サニーレタス 保存

サニーレタスを洗わないといけない理由とは? 買ってきたばかりのサニーレタスは、見た目にもシャキッとしていて、洗わずにそのまま食べても平気そうに見えます。 でも、サニーレタスに限らず、市販の野菜はさっとでも水洗いの後に食べる方が無難です。 なぜなら、産地から出荷の際に、ほとんどの野菜は洗浄されずに梱包されるからです。 これは野菜の鮮度を維持するとともに、葉に折れや傷みを作らないためです。 小売店やスーパーで販売される際も、水洗いすると傷みやすくなるので、普通は洗浄されません。 サニーレタスは、加熱せずに生のまま食べる葉物野菜です。 有機栽培や無農薬栽培の葉物野菜は、小さな虫や土がついていることがあります。 これは逆に、消費者側から見れば食べても安全なことを意味するのですが、やはり虫や土は一緒に食べたくないですよね、、、 農薬使用のものならばなおさらのこと、サニーレタスは食べる前に洗うようにしましょう。 簡単なサニーレタスの洗い方はこれ! サニーレタスはどのように洗うのがいいのでしょうか。 サニーレタスは柔らかいので、流水で洗うと、柔らかい葉っぱが切れたり、芯の部分が折れてしまうことがよくあります。 一枚ずつ水でささっと洗えば確かに手早いですが、強くこすったりすると、先端がちぎれたり、根元が折れたりするんですよね、、 そんなお悩みは、ボウルや大きめの鍋、そしてザルを使うと一気に解決できます! 流水で洗うのではなく、つけ置き洗いするのです。 まずは、ボウルや大きめの鍋に水を張り、そこに一枚づつはがしたサニーレタスの葉を浸して、30分ほど置いておきます。 シャキッとした歯ごたえを残すには、30分ほどでOK。 ご飯の準備の最初にサニーレタスを水に浸しておき、その合間に調理に取りかかれば、手間もかかりませんね。 見えない小さな虫が気になる時は、小さじ1〜2杯ほどのお酢を水に混ぜてサニーレタスを浸けておきます。 時間が経つと小さい虫は浮いてきます。 お酢のにおいは、その後水で流せば気になりません。 サニーレタスを水に浸した後はザルにあげ、軽く水で流し、水を切れば出来上がりです。 サニーレタス洗うと泡立つのはなぜ? 水に漬けて、ささっとサニーレタスを振ると、結構多めの泡が立つことがあります。 サニーレタスが泡立つので、もしや残留洗剤では!?と不安になるかもしれませんが、業者さんが洗剤で野菜を洗っているわけではありません! 実はこれ、サニーレタスに含まれるラクチュコピクリンという成分が作る泡なんです。 ラクチュコピクリンはポリフェノールの一種で、いわば野菜のアクのようなものです。 ポリフェノールの一種ですから体にも良い成分ですし、多ければそれだけサニーレタスがよく育ったことを表します。 ですので、洗った時に出る泡が多ければ、ラクチュコピクリンが多い証拠にもなります。 また、少しぬめりもありますが、これも成分の特徴なので、泡が切れるまで洗いつくす必要もありません。 サニーレタスを水洗いして泡が見えても、さっと流して水を切れば、食べるのにはまったく問題はありませんよ。

次の

レタスの保存 長持ちさせるのは、キッチンにある“アレ”だった

サニーレタス 保存

通常のレタスよりもさらに痛みやすい野菜が「サニーレタス」です。 購入してからすぐに冷蔵庫に入れて、あっという間に傷んでしまったという経験があるのではないでしょうか? しかし、こうした葉物野菜は、やはり鮮度抜群のシャキシャキの状態で食べたいものですが、買ったその日に全て食べきれるとも限りません。 そこで今回は。 サニーレタスの正しい保存方法について解説していきます。 スポンサードリンク 常温の際の保存方法と保存できる期間 サニーレタスは常温保存できませんので、冷蔵庫での保存が基本となります。 ビニール袋などに入っているものは取り出し、中心に水滴を垂らします。 それを新聞紙で包んでからビニール袋に入れて冷蔵庫に入れると数日は鮮度を保てます。 冒頭でも述べましたが、サニーレタスは痛みやすい野菜の一種です。 買った状態で冷蔵庫に入れると、サニーレタスを入れているビニール袋との相性もあってすぐに傷んでしまいます。 なので、その日のうちに食べ切らない場合は適切な保存方法を実践する必要があります。 まず、サニーレタスがビニール袋などに入っている場合は、これを取り出します。 次に、サニーレタスの中心部分を水で湿らせます。 そして新聞紙ですっぽり包みます。 最後にビニール袋に入れて下さい。 これで冷蔵庫でも保存ができるようになります。 保存期間はだいたい3~4日くらいです。 状態を見ればもっと長持ちさせることもできなくはありませんが、痛みやすいので早めに使い切ってしまいましょう。 また、水を垂らすのではなく、根っこを引き抜いてから濡らしたキッチンペーパーをあてるという方法もあります。 また、ネット上には痛みやすいサニーレタスを画期的な方法で長持ちさせる方法が紹介されていましたのでここでも紹介しておきます。 サニーレタスを、コップなどのある程度の大きさのある容器に入れて、茎の半分程度が浸かる程度の水を入れます。 そしてそのサニーレタスの入った容器ごとビニール袋をかぶせて冷蔵庫で保存します。 冷蔵庫の中に植木鉢を置いているような感じですね。 後は2~3日ごとに1回水をかえるだけで、なんと最長1ヶ月も保存しておくことができるのです。 もっとも、前述の通り痛みやすいという特性を考えると、早めに使い切ってしまいたい気持ちもありますが、シャキシャキの食感を長持ちさせる方法として非常に効果的です。 スポンサードリンク 冷凍した際の保存方法と保存できる期間 サニーレタスを冷凍保存する場合は歯をちぎってから水洗いします。 水気を拭き取ってから小分けにして冷凍用の保存袋に入れて、冷凍庫で保存します。 2週間程度、長ければ1ヶ月ほど保存しておくことができます。 サニーレタスを冷凍保存したい場合は、まずサニーレタスをちぎります。 この時、包丁を使うと酸化が進んでしまう恐れがありますので、あくまでも「手でちぎる」というスタンスを崩さないようにしましょう。 ちぎり終えたら、これを水洗いしてから水気を拭き取ります。 水分が取り除けたら、これを冷凍用の保存袋に小分けにして入れます。 最長で1ヶ月ほど保存しておくことができます。 食べる時には、残念ですがサラダのような食べ方はできません。 水分量があまりにも多く、解凍するとベチャベチャになってしまうからです。 なので、食感が問題にならないスープか、チャーハンなどの炒め物に利用することをオススメします。 その際に、凍ったまま利用することで、水気の多い料理に仕上がってしまうことを防ぐことができます。 スポンサードリンク カットした際の保存方法と保存期間 包丁でカットしてしまったレタスはすぐに傷んでしまいますので、基本的に「手でちぎる」ということを忘れないようにしましょう。 ちぎったレタスは数日であれば冷蔵庫保存、長期であれば上記で説明した冷凍庫保存をオススメします。 冷蔵庫保存についてですが、ちぎったレタスをタッパーに入れて、レタスが浸るくらいに水を入れてから蓋をすると、数日は保存できます。 ただし、この場合はせっかくのサニーレタスの栄養が流出してしまうので、栄養目的でサニーレタスを食べる場合はオススメ出来ません。 なお、サニーレタスに限らず、野菜の中には包丁を入れることで傷みが早くなるものがあります。 これは包丁の金属によって切り口の酸化を速める結果になるからです。 すぐに食べたり調理する場合は良いのですが、保存を考える場合は金属の器具を使わないことを念頭に置いておきましょう。 スポンサーリンク スポンサードリンク 腐っているかどうかを判断する方法・賞味期限 サニーレタスが傷んでいる場合は変色やぬめり、異臭や汁の発生など、一般的な野菜の腐敗の症状が発生します。 ピンク色の変色が一部分に発生している場合は、その部分を取り除くことで残りの部分は食べることができます。 サニーレタスが傷むと変色を起こしますが、その色がピンク色や赤色で、一部分にだけ発生している場合はこれを取り除くことで残りは食べることができます。 これは前述の「酸化」による変化で、腐敗ではないので残った部分は食べられます。 これを放置すると変色が広がってしまいます。 まとめ サニーレタスは、正しい保存方法でもそこまで長持ちさせることはできません。 紹介した「コップに入れて保存する」というほうほうであれば飛躍的に長持ちさせることができますが、痛みやすいという特性を考えるとやはり早めに使い切ってしまいたいところです。 色の変化や全体的な異変などには常に気を配り、傷んでしまう前に食べきってしまいましょう。

次の