ダンゴムシ。 ダンゴムシが大量発生する原因とは?ダンゴムシの習性を知って対策しよう!

ダンゴムシ

ダンゴムシ

スポンサーリンク エラ呼吸とは 鰓毛細血管(えらもうさいけっかん)で酸素を取り入れ、血液中のヘモグロビンと酸素が結びつく。 ヘモグロビンは酸素を細胞に運ぶ・・・と言う仕組みです。 大阪市自然史博物館にこのことでの問い合わせがあり、回答を見ることができます。 それによると、 ダンゴムシはエビやカニと同じく節足動物の甲殻類というグループに属している。 多くの甲殻類は背甲内に鰓(えら)を発達させていて水呼吸をする。 しかし、ダンゴムシが属している等脚類という甲殻類の中の1グループにはそのような鰓は発達せず、別に腹肢に呼吸機能が存在することが知られている。 水中で生活する等脚類では、腹肢が鰓の機能を担っていることになる。 一方、陸上生活に適応したワラジムシ類(ダンゴムシを含む)では、1対から数対の腹肢に空気に満たされた分枝した擬気管(白体ともいう)が発達し、空気呼吸を営む。 同時に皮膚呼吸も行なっているとされ、したがって、ダンゴムシは基本的に空気呼吸者であると言える。 とありました。 ダンゴムシの飼育 ダンゴムシは簡易に飼うことができます。 少し湿った土に枯葉を入れてあげましょう。 つるつるの壁は登れないのでガラスの水槽やプラスチックのケースなら蓋もいりません。 石やコンクリートのかけらなどもいれてあげると隠れ場所になります。 直射日光が当たらないところで、時々土を湿らせてあげるとよいようです。 小さなお子さんの観察にはよいでしょうね。 ダンゴムシの駆除 子供は飼育で大人は駆除でしょうかね。 枯葉を食べるといわれるダンゴムシですが、新芽も大好物です。 植えたばかりの花を食べられてはたまりませんので駆除が必要なこともあるでしょう。 ホームセンターなどに駆除用の薬があるので試してみましょう。 また、植物だけでなく肉も食べるので家の残飯に集まることもあるようです。 家の中で踏んづけたりしたらイヤですね。 ダンゴムシを食べる 以下はウィキペディア(2014年11月19日)より引用です。 甲殻類の仲間で毒をもっていないダンゴムシは、災害時の非常食として利用できる。 で、この項目を書きましたが、ごめんなさい。 食べてはいません。 もしも試される場合は自己責任でお願いしますね。 ダンゴムシは、子供さんの夏休みの観察などには、場所もいらず、費用もあまりかからないようで、適切かと思います。 決してその後に食べてみることをおすすめするものではありません。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

ダンゴムシの餌(食べ物)と飼い方、飼育してわかったこと

ダンゴムシ

「ミミズが出る土はよい土」って聞いたことがありますが、わたしの畑にはどうもダンゴムシがいっぱい出ます。 また、の入れ物にも、ミミズもいましたが、ダンゴムシはそれ以上にいました。 うううう(思い出して鳥肌)。 そこで、ダンゴムシは家庭菜園にとってよいのか?悪いのか?調べてみました。 ダンゴムシは土を耕してくれる「益虫」 ダンゴムシは、枯れ葉を餌としています。 そこで、枯れ葉の分解を速め、土を柔らかくしてくれる「益虫」という見方があります。 微生物は、枯れ葉を直接分解するより、ダンゴムシの糞を分解した方が速いんですよね。 だから作りの助けにはなるんだと思います。 しかし、ダンゴムシの糞はミミズの糞と比べると栄養分には負けるようです。 ミミズを飼うことでミミズを糞を肥料にすると言うミミズの方法があるのに対し、ダンゴムシを提唱している人はあまりいないのはこのためでしょう。 ダンゴムシは新芽を食べる「害虫」でもある 基本的に、元気な植物は食べず、枯れ葉を食べているダンゴムシですが、柔らかい芽とかは食べちゃうらしいです。 つまり、ダンゴムシの食害というのもあるんですね! ダンゴムシまとめ 結果としては「ダンゴムシは、害が出た時だけ駆除して、普段はそんなに神経質にならなくてもよい!」ということだと理解しました。 皆さんは、家庭菜園のダンゴムシとどう付き合っていますか?.

次の

「ダンゴムシ」はなぜ大量発生するの?

ダンゴムシ

今回は、子供たちが大好きな 「ダンゴムシ」について、 餌は何を食べるのか?、飼い方や注意点などを探っていきたいと思います。 というのも、どうやら 子供たちの中で「ダンゴムシ」がブームになっているようで、所謂「ガチャポン」でも、丸くなるカラダを忠実に再現したダンゴムシのカプセルトイが大人気なのだとか。 先日も、近所の公園で昆虫ケースの中を自慢しあっている子供たちに「何を捕まえたの?」と聞いてみたら、「ダンゴムシ~!」と自慢げに見せてくれました(笑)。 きっと、子供たちはダンゴムシを一生懸命に捕まえたに違いありません。 「ダンゴムシ飼ってみたい?」 と聞けば、 「飼いたい!飼いたい!」の大合唱でした(笑)。 「ママ~! ダンゴムシをたくさん捕まえた~! 飼い方知ってる? 餌は何を食べるの~?」 突然そんなこと聞かれてもね…。 「何でも食べるんじゃないの!?」 そんな会話が聞こえてきそうです(苦笑)。 昆虫観察のいい経験ですし、 「ダンゴムシの飼い方」を色々探っていきましょう!。 日本に生息するダンゴムシの種類! 私たちの身近に生息する ダンゴムシの種類については、未だはっきりしない点が多いのが現状です。 (昆虫学の中では、あまりチカラを入れて研究されていない分野なのでしょうか…) 今回紹介する「ダンゴムシ」は、小さくて色は黒く、ご存知のとおり 「指で突けばカラダを丸める」のが特徴で、昔から別名「マルムシ」とも呼ばれ親しまれてきました。 ところで、 ダンゴムシは名前に「ムシ」とありますが、実際には昆虫ではなくエビやカニと同じ「甲殻類」の仲間。 「節足動物門-甲殻類鋼-等脚目-ワラジムシ亜目の一種」に分類されます。 ダンゴムシとワラジムシの違い ダンゴムシとワラジムシは、同じ「等脚目」に属する生き物で、見た目も生態も似ていることもあって、見た目で区別するのはムズカシイかもしれません。 簡単な見分け方となる 最大の違いは、 ・触ったり突いたりしたときに丸くなるのがダンゴムシ ・触ったり突いたりしても丸くならないのがワラジムシ 丸くなったときに、その姿が 「お団子」の形に似ていることが、ダンゴムシの名前の由来という説があるくらいですからね。 身近に生息するダンゴムシの種類は? 日本に生息するダンゴムシは、大きく分けて3種類。 ・オカダンゴムシ科 ・コシビロダンゴムシ科 ・ハマダンゴムシ科 なかでも、私たち(子供たち)が家の庭先や公園などでよく見つけられる種類は、およそ 「オカダンゴムシ科」のダンゴムシです。 オカダンゴムシ科をさらに細かくわけると、 「オカダンゴムシ」と 「ハナダカダンゴムシ」の2種類になります。 オカダンゴムシ オカダンゴムシもハナダカダンゴムシも、 外来種のダンゴムシ。 そもそも日本には存在しなかったダンゴムシの種類ですが、明治時代に貿易船の積荷と一緒に日本に入り住み着いたという説が有力です。 私たちにとって一番馴染みがあり、ごく身近に生息しているダンゴムシといえば、この 「オカダンゴムシ」です。 ハナダカダンゴムシ ハナダカダンゴムシも外来種とあって、 神奈川と兵庫を中心に徐々に分布が全国へ拡大しつつある種類。 やはり、貿易港である横浜と神戸から入ってきたのでしょう。 オカダンゴムシと比べてカラダは平たく、カラダは淡い灰色。 名前の「ハナダカ」とは、頭部の鼻の部分が出っ張っている特徴に由来します。 オカダンゴムシ科に属するダンゴムシは、地球上におよそ250種類が確認されているのですが、そのうち2種類のダンゴムシが日本に移り住んだ形になります。 オカダンゴムシは生息範囲も広く、 「ダンゴムシといえばオカダンゴムシ」というのは世界共通のようですよ。 スポンサーリンク ダンゴムシの餌は何?基本は落ち葉(枯れ葉)でOK!? のちほど「ダンゴムシの飼い方」について詳しく紹介しますが、 ダンゴムシを飼うにあたって1番のポイントとなる 「餌は何?」から探っていきましょう。 ダンゴムシは雑食性! ダンゴムシは何でも食べる 「雑食性」の生物です。 クモやカマキリ、てんとう虫などは他の虫など動物を捕食する「肉食性」ですし、バッタやカタツムリは草や葉っぱなど植物を食べる「草食性」の虫ですよね。 ダンゴムシは?というと、動物性(肉食系)の餌も食べるし、植物性(草食系)の餌も食べるので「雑食性」となります。 ダンゴムシの餌の基本は落ち葉(枯れ葉)でOK! ダンゴムシは何でも食べる雑食性とはいえ、 「餌は何?」となれば、ズバリ 基本は「落ち葉」です!。 ダンゴムシって、湿った落ち葉とか石をひっくり返すと見つけられますよね。 ダンゴムシにとって、落ち葉は私たちでいう「ご飯」のような主食の餌と思えばOK!。 飼う側とすれば、枯れた落ち葉はほとんど臭わないし、公園で拾ってくればいいのだから安上がり!(笑)。 さらに、拾ってきた落ち葉に熱湯をかけた後、ザルなどで湯切りして乾燥させておけば、ヘンな虫も湧かずに保存できてるので長く餌に使えます。 但し、ダンゴムシは雑食性であるが故に、落ち葉だけでは「たんぱく質」や「カルシウム」などの栄養が不足してしまいます。 ダンゴムシを大切に長く飼いたいと思えば、 チーズや煮干しなどたんぱく質が得られる餌も与えるのがいいといわれます。 ダンゴムシが好きな葉っぱと嫌いな葉っぱ! また、単に「落ち葉」といっても、 ダンゴムシが好きな葉っぱと嫌いな葉っぱがあるようで、なかでも サクラの落ち葉が大好物のようです。 サクラの葉っぱの匂いを嗅ぐと、うっすらと桜餅のような甘い香りがすることがわかりますが、この 香りに惹かれるみたいですね。 そのほか、クヌギやコナラの葉っぱも食べてくれますが、 残念ながらクスノキの葉っぱは食べません。 手っ取り早いのは、ダンゴムシを捕また場所に落ちている色々な枯れ葉を、ごっそり持ちかえり餌にするのが一番だと思います。 また、ダンゴムシは柔らかくよく朽ちた枯れ葉が好きなようで、落ちたばかりでまだ 硬い落ち葉は嫌いなようです。 青々とした葉っぱは、おそらく全く食べてくれません。 ダンゴムシの餌は何?野菜は?何でも食べる? ダンゴムシは雑食性だけに、 きゅうりやニンジンなど野菜 も食べるし、 煮干しや焼き魚など、 ホント 何でも食べてくれるので、結構それが楽しみだったりします。 ここでは、ダンゴムシが好きな餌を 「草食系(植物性)」と「肉食系(動物性)」の違いにわけて、ランキング形式で見ていきましょう!。 ダンゴムシが好きな草食系(植物性)の餌ランキング! もちろん落ち葉(枯れ葉)が、ダンゴムシの主食であり別格の餌!。 こちらのランキングからは除外しますね。 1位:きゅうり きゅうりは、ダンゴムシが大好きな餌です!。 皮よりも柔らかい実の部分が好きで、皮の部分を残してきれいに食べてくれます。 きゅうりは、ほとんどが水なので栄養面での期待はできませんが、 ダンゴムシは水を飲みませんから水分補給にもってこいなのでしょう。 2位:炒り胡麻(ごま) 胡麻じたいが カルシウムが豊富に含まれているので、栄養的にも優れた餌といえます。 手間なく与えやすいので、常備しておくといいかもしれませんね。 炒り胡麻だと傷むこともなく、臭いもないのでおすすめです。 3位:ニンジン ニンジンも、よく食べます。 きゅうり同様、硬い皮は苦手なようです。 4位:カボチャ 食いつきはニンジンと同じくらいです。 やはり、硬い皮は食べられません。 5位:大根の茎 私たちは大根の葉っぱを捨ててしまいがちですが、本当は ビタミンや葉酸、カルシウムなどの栄養素は葉っぱの方が多いのです。 中でも、ダンゴムシは 大根の茎をよく食べてくれます。 ダンゴムシの餌は、きゅうりやニンジン、大根の茎など毎日食事をお料理する際にでる端材で十分です!。 ダンゴムシが好きな肉食系(動物性)の餌ランキング! 1位:加熱したエビ ダンゴムシも「グルメ」ですね~!(笑)。 加熱したエビを餌に与えると殻の裏側まで好んでよく食べ、乾燥した殻なら耳を澄ますと 「カリカリ」と齧っているのがわかるかもしれません。 殻まで齧れば、カルシウムを豊富に吸収できるのはいうまでもありません。 2位:アサリやシジミ(貝柱) 加熱したエビの殻が好みだったので、「アサリやシジミの殻も?」と思えましたが、案外「殻」はお好みでないようです。 かわりに、ダンゴムシは殻に残る 「貝柱」によく食いつき、きれいに食べ尽くしてしまいます。 アサリやシジミの味噌汁で出た貝殻を、水気を切ってから与えてみましょう。 3位:煮干し 煮干しは、ダンゴムシにとって「カルシウム源」だろうと思いきや、骨を上手に残して食べることから、どうやら 「たんぱく源」 として食べるようです。 別の記事、> では、鈴虫はたんぱく質が不足すると共食いをはじめてしまうことを紹介しました。 ダンゴムシが共食いしてしまうのは別の理由のようですが、雑食であるが故に、ダンゴムシのカラダはたんぱく質も欲するようです。 4位:かつお節 かつお節は臭いが強いので、ダンゴムシもすぐに集まってきます。 かつお節は薄いので、ダンゴムシが齧る様子をよく観察できるのですが、ふわふわと安定感がなく散らかりやすいのが難点。 5位:チーズ ダンゴムシ如き(苦笑)の餌に チーズとは、少々贅沢な気もしますが、よく食べる!。 グラタンやピザなどを作るときに多めに買った 「とろけるチーズ」などを、少しだけプレゼントしてみてはいかがでしょうか。 「ダンゴムシの餌は何?」ということで、 草食系・肉食系の餌にわけ、それぞれランキング形式で紹介してみましたが、ダンゴムシは雑食ということもあって、煮干しやかつお節のほか、エビやチーズまで 「何でも食べる」ことがチョッと驚きですね。 スポンサーリンク ダンゴムシの餌の量はどれくらい? ダンゴムシに与える餌の量は、落ち葉の場合とランキングで紹介したような別の餌と分けて考えるべきです。 落ち葉の場合は? ダンゴムシの餌の中心であり、主食である落ち葉(枯れ葉)の場合、日々観察するなか 見た目に減ったら補給するという感じで大丈夫。 無くなる前に、落ち葉を注ぎ足すようにすれはOKです。 落ち葉(枯れ葉)はダンゴムシの主食とはいえ、葉っぱの中心の「葉脈」なる部分は食べ残しますから、時折取り除いてあげましょう。 落ち葉以外、ダンゴムシが好む餌の場合は? 先のランキングで紹介したようなダンゴムシが好む餌の場合は、 1度に与える餌の量は「様子を見ながら」少しづつがいいと思います。 ダンゴムシに大人気ですぐに無くなってしまうなら、その量を増やしたり、ケースの中に数か所に分けて置いてあげるようにしてみて下さい。 逆に、しばらく置いても食べないようであれば、お好みではない餌だということ。 傷んで環境を悪くするまえに、はやめに取り除いてしまいましょう。 ダンゴムシの飼い方で必要なモノ! まずは、「ダンゴムシの餌は何?」の疑問が解決したところで、いよいよ 「ダンゴムシの飼い方」をみていきましょう!。 ダンゴムシの飼い方で必要なモノは、 ・昆虫飼育ケース ・土 ・隠れ家 ・霧吹き ・餌 それぞれ、具体的にみていきましょう。 飼育ケース ダンゴムシを飼うケースは、プラスチックや瓶・缶など、基本的には何でも大丈夫なのですが、観察も含めてシッカリと飼うと決めたなら 「昆虫飼育ケース」と呼ばれるような網状の蓋がついたモノを用意しましょう。 ダイソーなど100均ショップでも扱っていますし、ホームセンターでも500円前後で購入できます。 但し、よく見る「網目状の蓋」のケースの場合、 コバエが沸くこともあります。 蓋にフィルターが付いた 「コバエシャッター」だと、ダンゴムシがよく観察できてコバエの侵入も防げるのでおすすめです。 値段も、網目状の蓋のケースと大きく違いません。 リンク 土は入れる?入れない? ダンゴムシを飼うケースの中を、ダンゴムシが生息する自然環境により近づけてあげるなら、 「土」は入れてあげるべき。 (見た目にも) ダンゴムシは乾燥を嫌いますから、土があると湿気を保つという面でも効果的です。 また、ダンゴムシは土に潜って隠れる性質もありますから、土を入れた方が環境的にはストレスが少なくなるかもしれません。 土は、ダンゴムシを捕まえた場所の土を持ち帰り、願わくば電子レンジやフライパンで10分ほど熱して 「殺菌処理」するのがベスト。 天気がいい日に新聞紙やシートの上に土を広げるように薄く敷いて、乾燥させるという方法もいいですね。 但し、公園などの土を持ち帰れないのであれば、カブトムシやクワガタの飼育で使われるような市販の 「昆虫マット」がいいですね。 隠れ家 ダンゴムシは、枯れ葉の下や石をどけるといたりしますよね?。 ダンゴムシは夜行性なので、明るい日中は身を隠す暗い場所が必要です。 餌にもなる 枯れ葉はもちろん、 石や 木の枝などを入れてあげましょう。 ダンゴムシを見つけた環境に近づけてあげるのがベストです!。 あまりに大きな重い石だと、ダンゴムシが潰れてしまわないかと心配になりますが、それも大丈夫。 何でも置いてあげれば、自分が居心地のいい隠れ家を探してダンゴムシは移動します。 霧吹き 乾燥を嫌うダンゴムシに、 霧吹きは必須です!。 1日1回程度で十分ですから、隠れ家であり主食となる枯れ葉の他、土や石などに霧吹きしてあげましょう。 自然界では、雨も降るし夜露で枯れ葉や土も湿りますが、ケースの中は乾燥しがちです。 湿気とという意味では、 飼育ケースの内側全体に霧吹きしてあげるのが効果的です。 スポンサーリンク ダンゴムシの飼い方と注意点! ダンゴムシは、さほど気を使わなくても簡単に飼える生物です。 先に紹介した「必要なモノ」が用意できれば自然環境に近いベストなものとなりますが、身の回りにある道具を使えば十分飼うことはできます。 ここからは、より具体的に ダンゴムシの飼い方と注意点についてみていきましょう。 ダンゴムシは乾燥に弱い! ダンゴムシは丈夫そうに見えますが、実は 乾燥にとても弱い生物で、湿気がない環境では数日のあいだに死んでしまいます。 ダンゴムシの飼い方で 一番のポイントは 「水やり」といっていいでしょう。 「ダンゴムシの飼い方で必要なモノ!」のところで紹介した 「霧吹き」を使い、 1日に1回程度の頻度で枯れ葉や石、土などを湿らせてあげます。 水やりの注意点! ダンゴムシのお腹には呼吸をするための 「呼吸器官」があるので、そこを濡らしてしまうと呼吸できなくなってしまいます。 すぐに死んでしまう状態にはなりませんが、水やりのときは 「ダンゴムシに直接水が掛からないように」注意しましょう。 ダンゴムシの寿命は?ダンゴムシは越冬するのか? 可愛いダンゴムシも、その 寿命は平均3年~4年といわれてます。 なかには、5年も生きる長寿の個体もいるのだとか。 クワガタの中でもっとも寿命が長いというわれる「オオクワガタ」でも、成虫後2年~3年ですから、所謂「ムシ」と呼ばれる中では、ダンゴムシは長生きな方ではないでしょうか。 平均寿命が3年~5年ということは…。 そう、 ダンゴムシは「越冬」します。 ダンゴムシは、寒い冬を 「冬眠」して暖かくなる春を待ち過ごすのです。 自然の環境下では、仲良く寄り添うように固まって冬眠している姿を見つけられますよ。 ダンゴムシを冬眠させて越冬させる方法! 上手に 冬眠させてあげられれば、ダンゴムシの寿命を伸ばすことに繋がります。 但し、 凍ってしまうほど極端な低温は要注意!。 草食系(植物性)の餌ランキング ・1位:きゅうり ・2位:炒り胡麻(ごま) ・3位:ニンジン ・4位:カボチャ ・5位:大根の茎 肉食系(動物性)の餌ランキング ・1位:加熱したエビ ・2位:アサリやシジミ(貝柱) ・3位:煮干し ・4位:かつお節 ・5位:チーズ 煮干しやかつお節は「アリ」かなと思いましたが、エビやチーズまでホント 「何でも食べる」ことにあらためて驚かされました。 ダンゴムシの飼い方の注意点としては、ダンゴムシは乾燥に弱く、湿気のない環境では数日のあいだに死んでしまうこと。 一番のポイントは「水やり」であり、「ダンゴムシに直接水が掛からないように」注意しながら、飼育ケースの内側全体に霧吹きしてあげるのが効果的です。 ダンゴムシの寿命は、平均3年~4年といわれてます。 なかには、5年も生きる長寿の個体もいるのだとか。 もちろん、自然環境で生きるのがダンゴムシの最高の幸せに間違いありません。 それでも、子供たちが捕まえていたダンゴムシを飼うと決めたなら、パパ・ママも一緒になって、好みの餌を考えながら楽しんでお世話してあげましょう。 今回の記事が、少しでも参考になれば幸いです。

次の