いのち の よろこび 歌詞。 でんぱ組.inc「いのちのよろこび」MV

でんぱ組.inc いのちのよろこび 歌詞&動画視聴

いのち の よろこび 歌詞

でんぱ組. inc「いのちのよろこび」MV MV Dir. 26 Release!! New Single いのちのよろこび 1. いのちのよろこび Instrumental 4. inc 2019春ツアー 「我々はどこから来たのか? 我々はでんぱ組. incなのか、我々はどこへ行くのか ~とりま東名阪~」 2019年4月30日 名古屋 ダイアモンドホール(前編) 1. Future Diver 2. FD3, DEMPA ROCKET GO!! 太陽系観察中生命体 4. バリ3共和国 5. ちゅるりちゅるりら 6. キラキラチューン 7. なんてったってシャングリラ 8. 破!to the Future 9. 世界が私の味方ならば・・・ 10. ギラメタスでんぱスターズ 11. NEO JAPONISM Music Video 12. inc 2019春ツアー 「我々はどこから来たのか? 我々はでんぱ組. incなのか、我々はどこへ行くのか ~とりま東名阪~」 2019年4月30日 名古屋 ダイアモンドホール(後編) 1. 絢爛マイユース 2. でんぱれーどJAPAN 3. エバーグリーン 4. サクラあっぱれーしょん 5. でんでんぱっしょん 6. いのちのよろこび 7. ファンファーレは僕らのために 8. プレシャスサマー! Music Videoメイキング 9. 昨年、宇宙をテーマに活動を行ってきたでんぱ組. incが、次に辿り着いた先はちょっと妙な原始のパラレルワールド。 「いのちのよろこび」はそんなでんぱ組. incの新しい世界観を体現した楽曲で、ネイチャー感溢れるパーカッションのリズムに乗せて民族の祭り、オペラなどの要素が詰まった音楽に乗せて生きるよろこび、人類の愛を歌った壮大な楽曲。 『未確認フェスティバル2018』でも審査員特別賞を受賞した、今最も注目すべき才能溢れるアーティストによる初の提供楽曲。 inc 全国ホールツアー 「UHHA! YAAA!! TOUR!!!

次の

いのちのよろこび 歌詞「でんぱ組.inc」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

いのち の よろこび 歌詞

inc D. inc D. inc D. inc 枯れ木1本こすって イーカライーカラ ぼわっと煙がたって これめっちゃ熱い わお 試しにちょっと昨日の イーカライーカラ お肉あぶってみたら これめっちゃうまい やったー 天変地異もなんのその ほら猛獣たちと鬼ごっこ 地球はどでかい球だって? そりゃすんげーすんげーすんげーな 夜になったら真っ暗 けど瞬く星がキラキラ ああなんて素晴らしい 僕たちは ああなんて美しい この星で 確かな何かを見つけられた気がすんだ ONE LIFE, ONE LOVE 雨が降りゃ 花が咲いて やがて生命の光が溢れて 誰しもが皆 愛し愛されて そして千年も万年も 続くのさ 太陽にお祈りを 月に労いを 空と大地の恵みに感謝を 世界の全てが 通じ合えたなら それがおっきなおっきな いのちのよろこび 大地 空の上 ざわめく森と サンライズ ホライズンに沈むサンセット 天の神様 ひとりひとりの かんばしる生命の唸り聞きたまえ 腹の底から声出せ ウッハ!ヤー! ウッハ!ヤー! 胸の鼓動を響かせ ウッハ!ヤー! ウッハ!ヤー! 共に共に手を合わせ ウッハ!ヤー! ウッハ!ヤー! 鳴らす!鳴らす! いのちのよろこび めっちゃバナナ甘い ちょっと木の実硬い 相当マンモスでかい そんで鳴き声うるさい 恵の雨嬉しい けどやっぱ超寒い そんな僕らが生きてるこの星はめっちゃ最高 愛とはなんじゃ 命とはなんじゃ この高ぶった感情は一体なんなんじゃ 初めて触れた 生きている証し ずっと今世も来世も続くのさ 人類は皆 動物は皆 自然も草木も繋がっているから なんもかんも超えて 信じあえたなら それが素敵な素敵なあいするよろこび D. inc D. inc 悲しいことや争いごとが起きたら ああ 胸が痛くて涙止まらないよ けど僕らはきっと一つになれるはずさ だって この地球ででっかい愛を この命の輝きたちを 見つけることができたのだから 宇宙が生まれて そして広がって いつか世界は永遠になるのさ だから今 歩んでる日々を 一人一人 十分に 噛み締めて 今日もどっかでまた 生まれてこんにちは こうやって生命は紡がれ継がれて 進化も退化もさ 巨大な天寿 そして光年も兆京も超えるのさ 太陽にお祈りを 月に労いを 空と大地の恵みに感謝を 世界の全てが 通じ合えたなら それがおっきなおっきな とても素敵な素敵な かけがえのないいのちのよろこび Singing! Oh one life, one love 歌を歌おう愛のメロディー Oh one life, one love この惑星に光あれ Oh one life, one love 歌を歌おう愛のメロディー Oh one life, one love この惑星に光あれ One love One love One love One love One love One love One love D. inc D. inc D. inc D. inc ka re ki 1本 kosu tte i- kara i- kara bo watto kemuri ga tatte kore mettya atu i wa o tame sini tyotto kinou no i- kara i- kara o niku abuxtu te mi tara kore mettya umai yaxtu ta- tenpentii mo nannosono hora mouzyuu tati to oni gokko tikyuu ha dodekai tama datte ? sorya sun ge — sun ge — sun ge — na yoru ni naxtu tara ma xtu kura kedo matata ku hosi ga kirakira aa nante suba rasii boku tati ha aa nante utuku sii kono hosi de tasi ka na nani ka wo mi tuke rare ta ki ga sun da ONE LIFE , ONE LOVE ame ga hu rya hana ga sa i te yagate seimei no hikari ga ahu re te dare simo ga minna ai si ai sa re te sosite sennen mo mannen mo tuzu ku no sa taiyou ni o ino ri wo tuki ni negira i wo sora to daiti no megu mi ni kansya wo sekai no sube te ga tuu zi a e ta nara sore ga okkina okki na inoti no yorokobi daiti sora no ue zawameku mori to sanraizu horaizun ni sizu mu sansetto ten no kamisama hitorihitori no kanba siru seimei no una ri ki ki tamae hara no soko kara koe da se uhha ! ya- ! uhha ! ya- ! mune no kodou wo hibi kase uhha ! ya- ! uhha ! ya- ! tomo ni tomo ni te wo a wase uhha ! ya- ! uhha ! ya- ! na rasu ! na rasu ! inoti no yorokobi mettya banana ama i tyotto ki no mi kata i soutou manmosu dekai son de na ki goe urusai megumi no ame ure sii kedo yappa tyou samu i sonna boku ra ga i ki teru kono hosi ha mettya saikou ai to ha nan zya inoti to ha nan zya kono taka buxtu ta kanzyou ha ittai na n na n zya hazi mete hu re ta i ki te iru aka si zutto konse mo raise mo tuzu ku no sa zinrui ha minna doubutu ha minna sizen mo kusaki mo tuna gaxtu te iru kara nan mo kan mo ko e te sin ziae ta nara sore ga suteki na suteki na ai suru yorokobi D. inc D. inc kana sii koto ya araso i goto ga o ki tara aa mune ga ita ku te namida to mara nai yo kedo boku ra ha kitto hito tu ni nareru hazu sa datte kono tikyuu de dekkai ai wo kono inoti no kagaya ki tati wo mi tukeru koto ga deki ta no da kara utyuu ga u marete sosite hiro gaxtu te ituka sekai ha eien ni naru no sa dakara ima ayu n deru hibi wo hitorihitori zyuubun ni ka mi si me te kyou modoxtu ka de mata u marete konnitiha kouyaxtu te seimei ha tumu ga re tu ga re te sinka mo taika mo sa kyodai na tenzyu sosite kounen mo tyou kyou mo ko eru no sa taiyou ni o ino ri wo tuki ni negira i wo sora to daiti no megu mi ni kansya wo sekai no sube te ga tuu zi a e ta nara sore ga okkina okki na totemo suteki na suteki na kakegaenonai inoti no yorokobi Singing ! Oh one life , one love uta wo uta o u ai no merodhi- Oh one life , one love kono wakusei ni hikari are Oh one life , one love uta wo uta o u ai no merodhi- Oh one life , one love kono wakusei ni hikari are.

次の

Blog. 「かぐや姫の物語」 わらべ唄 / 天女の歌 / いのちの記憶 歌詞紹介

いのち の よろこび 歌詞

その足りないもののシンボルが 「君」という人物です。 何か自分の日常に物足りなさを感じて、 バックパッカーのように人生を彷徨い歩く主人公。 衝動的な感情で行動を起こしたりなんかして、どこかで人生に 劇的な展開が起こることを期待しているようにも思えます。 しかしながらその一方で、 自分が追い求めている「君」という人物がもう来ないという現実も主人公はわかっている様子。 わかっていながらも、足りないものを探し歩いているようです。 しかし おまじないの効果なんてものは一時的で、結局は 満たされないことへのやるせなさが募っていきます。 そしてここで、 主人公が捜し歩いているものの正体が判明します。 それは 「握りしめる手」や 「温もり」。 分かりやすく言うならば、独りで人生を旅する彼は 自分以外の誰かの愛を待ち望んでいるのです。 間接的な表現が多いですが、要するに 「人生がどこか満ち足りない。 愛されたい。 」ということです。 心まで貧しくなって グレイの海を彷徨った 美は満ち溢れているんだ 見過ごすな 人の温もりを感じてこなかった主人公は、 心まで荒んでいってしまいました。 本当は 美しく輝いているはずの人生が、 グレイで面白みに欠けるものに思えてきてしまっている様子。 もったいないことをしているという自覚がある主人公は、 「美を見過ごすな」と自らに訴えかけます。 サビ1 夜が明ける前に酔いを醒まして 時間がないんだ君には 盲目でいたいの 退屈な今日を 超えていきたいんだきっと 命というものは限りあるもの。 主人公にも君にも、残された時間はそう長くはありません。 だからこそ、 酒に酔って呆然と人生を浪費してしまってはもったいない。 早く酔いを醒ますよう促します。 しかしその一方で、 退屈な毎日にいちいち構っていては心が持たないというのもまた事実。 くだらないことは盲目的に酒でも飲んでうまくやり過ごして、いつかきっと救われるはずだと未来に期待したくなる気持ちも痛いほどわかります。 主人公の心には、 相反する二つの感情が渦巻いているのです。 声が届くまで想いをぶつけて ふらふらになってしまうまで 僕らにそれを忘れることを許さないから 考えることすらやめてしまいな 「声が届くまで想いをぶつけて ふらふらになってしまうまで」は 主人公の愛への渇望です。 人との直接的な繋がりも薄くなって、上辺だけのやり取りも増えてきた昨今。 主人公が求めているのは、 「声を通じて想いをぶつける」という 人の温もりを感じられるやり取りなのです。 人間である以上、僕らは誰かと愛をもって過ごすことの喜びを忘れることなどありません。 独りぼっちの時間なんか 誰かと過ごす時間と比べると 無意味なものに思えてしまうから、主人公は孤独な今、 何かを考えることなんか無駄だからやめてしまおうとしているのではないでしょうか。

次の