アベノマスク 製造 会社。 アベノマスク製造先の会社工場はどこ?なぜ公表しない?返品方法!|トレンド口コミ~コーヒーイノベート~

アベノマスク製造会社の残り1社(4社目)はどこ?なぜ公表できない理由は何?

アベノマスク 製造 会社

「アベノマスクの存在意義が... 」 アベノマスクは新型コロナウイルスの感染拡大による国内のマスク不足を解消する目的で、2020年4月17日から各世帯へ投函が始まった。 厚生労働省の公式サイトによれば、6月1日時点での推計配布率は約53%。 地域別では東京都が「概ね配布完了」となっている一方、宮城県や静岡県、和歌山県など配布率が10〜20%にとどまっている県もあり、配布状況には大きな差が出ている。 ツイッター上ではアベノマスクが届かないことを嘆く声がある一方で、市場のマスク供給量が増え、販売価格の低下も起きていることから「アベノマスクいらない」「届いたら寄付します」と、今後届いたとしても必要性を感じないという声も目立っている。 そうした中、100円ショップのダイソーが2枚入りのガーゼマスクを110円(税込み)で販売していた、とする画像付きのツイートが5月中旬頃から見られるようになった。 透明なパッケージに入った長方形のガーゼマスクは、同じく透明な袋に入って送られてくる「アベノマスク」とそっくりで、 「ジェネリックアベノマスク100均で売ってた」 「ダイソーマスクがアベノマスクの市場をも取りに来た」 「アベノマスクの存在意義が... 」 と指摘する声もあった。 気になる産地は... J-CASTニュースは6月4日、都内のダイソー店舗で「ダイソーマスク」を購入し、すでに記者宛に届いている「アベノマスク」との比較を試みた。 ただし、マスク自体に個体差がある可能性については注意されたい。 「ダイソーマスク」のパッケージには「やさしいつけ心地 綿100%ガーゼ」と商品の特徴が書かれている一方で、その下に小さく「マスクは感染を完全に防ぐものではありません」という注意書きも見られる。 また、パッケージ裏面にも「臭いで気分が悪くなった場合は使用を中止してください」「肌に異常を感じた場合は、直ちに使用を中止してください」などの注意書きがある。 一方、アベノマスクの同封資料にこうした注意書きはない。 「ダイソーマスク」のパッケージ裏面には「MADE IN VIET NAM」(ベトナム産)と書かれている。 「アベノマスク」に産地の記述はないものの、過去には発注先の企業がベトナムからマスクを輸入したことが報じられている。 マスクを開けて並べると、高さはほぼ一緒だが、横幅はアベノマスクの方がわずかに長いことがわかる。 ダイソーマスクは全体的に布の弛みが目立ち、縫い目が曲がっている箇所もある。 アベノマスクも縫い目の曲がりはあるものの、ダイソーマスクほどの弛みは見られない。 また、ダイソーマスクの方が厚みがあり、布自体の目も粗くなっている。 一度洗うと見た目に変化が 実際に洗う前の状態で着用してみると、ダイソーマスクの方は厚みがある分、若干の息苦しさを感じる。 ただ、布の弛んだ部分が頰や顎の部分にうまい具合にフィットしているようにも思える。 アベノマスクは弛みがなく、鼻の横や頰のあたりに隙間ができるため、空気がそこから抜けてしまう。 ゴム紐はダイソーマスクの方が短く、しばらく着けていると耳に負担を感じてくる。 ただ、布マスクは洗って使うことを想定して作られている。 そこで、一度手洗いした状態で比べてみると、ダイソーマスク、アベノマスクともに洗う前からサイズの「縮み」が見られた。 ただ、ダイソーマスクの方は縮み方が大きく、洗う前ではアベノマスクとほぼ一緒だった高さが1センチメートル近く縮んでしまった。 実際に着けてみても、はみ出なかった顎や鼻の部分がはみ出てしまうなど「小ささ」は否めない。 一方のアベノマスクは、サイズこそ若干小さくなったものの、布に弛みが生まれ、洗う前よりもフィット感が出たように感じた。 菅義偉官房長官は6月1日の定例会見で、不要な布マスクを寄付する動きが広がっていることを受けて、今後に備えて洗って使える布マスクを保有してほしいとの認識を示した。 マスク不足が深刻だった春先に比べ、1箱数十枚入りで1000円を切るような安価なマスクが復活し、暑さ対策で「冷たさ」を売りにしたマスクも登場するなど、選択肢は広がっている。 こうした状況で2枚110円の「ダイソーマスク」に手を伸ばすかどうかは、消費者の判断に委ねられそうだ。

次の

アベノマスクの真の予算はいくら?謎の内訳と製造元!最後の2社が公表されて更に深まる闇

アベノマスク 製造 会社

アベノマスクが酷評・非難された理由 日本中の人々が苦しむ中、安倍首相が満を持して発表した対策が、1世帯に布マスク2枚の配布です。 他国が経済刺激策として国民に現金給付をしている状況を知っているので、日本も現金給付をすると期待していた人は多いことでしょう。 しかし、当時の安倍首相は、全国民に現金給付する気は全くなく、マスク2枚で済まそうとしました。 当然、多くの日本国民の怒りを買い、「マスクよりも現金給付!」「1世帯2枚じゃ足りない!」と酷評・非難されたのです。 しかも、海外でも冷笑され、「アベノマスク」と揶揄されました。 その後、安倍首相は、迷走しながらも全国民への10万円給付を決定し、「もっと早く決断しておけば良かった」と後悔の言葉を口にしています。  アベノマスクの問題点 「新型コロナウイルスの感染防止」と「マスク不足解消」のために配布されることが決定したアベノマスクですが、最初から大きな問題を抱えていました。 さらに、配布後も大きな問題となっています。 アベノマスクの特徴• 家族で暮らしている場合、1世帯2枚では足りない• 使い捨ての不織布マスクに比べ、布マスクは防御力が弱い• 洗ってキレイな布マスクを使わないと逆に病気になる• 小さすぎて口と鼻を覆うことが難しく、給食マスクみたい• 左右のゴムひもの長さが違う• 髪の毛や虫が混入している• アベノマスクに466億円費やした こう見ると、凄い不良品マスクですね。 もちろん、マスク入手が困難な状況の中で、アベノマスクの配布を喜んでいる人もいます。 アベノマスクの受注企業と生産国 気になるのは、「アベノマスクを誰が作ったか? 」ということです。 野党の追及により、厚労省マスク班が書面で回答しました。 受注企業4社と契約額は、次のとおりです。 【興和株式会社】 約54・8億円• 【伊藤忠商事株式会社】 約28・5億円• 【マツオカコーポレーション】 約7・6億円• 非公表の企業1社 生産国は、中国、ミャンマー、ベトナムとのこと。 いい加減な作りだったので日本製ではないとは思っていましたが、やはり外国製でした。

次の

アベノマスク「謎の4社目」ユースビオとは?代表が「癒着は一切ない」にネットの声は?

アベノマスク 製造 会社

スポンサーリンク アベノマスクやアベノブリーフと呼ばれ、466億円の費用を使い「1世帯あたり2枚」の布マスクを配布すという安倍晋三首相のコロナ施策に、またしても批判が集まっています。 届いたマスクに「汚れ付着」「虫が混入されている」「髪の毛が入っていた」等の大量の不良品があるようです! 清潔であるべきマスクが、このような状態では受け取った皆さんが不安になるのは当たり前ですよね… これらのマスクはどこで作られたのでしょう? 政府は、配布したマスクのメーカー名、製造元を発表していませんし… 気になります。 そこで、今回は「アベノマスクはどこのメーカーで作った?製造元や工場と不良品はも」と題して、アベノマスクはどこのメーカーで作ったのか?製造元や工場と不良品についても調べてみました。 Contents• アベノマスクの不良品は アベノマスクじゃなくて アベノブリーフね。 マスクの届いた自治体から指摘があった。 厚労省は自治体に確認徹底を呼び掛けた。 これまでに配布されているマスクについても「不良品」はあったようですが、「不良品」の多くは妊婦向けのもののようで、妊婦向けのマスク配布から「変色している」「髪の毛が混入していた」などの報告が相次いでいます。 報告は80市区町村の1901件で、介護施設や小中学校、国内全戸への発送分でも確認がされています。 マスクは国内メーカー4社から納入していたようですから、今回のマスクを納入したメーカーの製造環境に問題があったのでしょうか? 厚労省は、マスク約50万枚を全国の自治体に発送、14日から各自治体の窓口で配布を始めていた。 マスクは国内メーカー4社から納入されたが、原因は分かっていない。 ちなみに、安倍晋三首相を皮肉って布マスクを「アベノマスク」と呼んでいますが、「アベノブリーフは介護施設に配送されたマスクが 「ブリーフ型」のパンツのようだと報じられたことからと「アベノブリーフ」と呼ばれています。 マスクなので、呼び方が嫌ですね。。 政府はきちんと国民に説明する義務がある(日刊ゲンダイ) — KK Trapelus 政府は、配布するマスクの製造元やメーカー名について公表をしていません。 立憲民主党の蓮舫副代表がツイッター投稿で、安倍政権が400億円以上を投入して開始した1世帯2枚の布マスク配布(俗称・アベノマスク)に関して、どこのメーカーの製品なのか「何度も厚労省に確認していますが、いまだに返事が来ません」とした。 ですから、製造元やメーカー名については分かっていません。 一枚あたりの単価は200円程度。 配布コストはまだわからない。 4月13日から配布がはじまるが、いつまでかかるかは明示的にいえない。 複数の業者から海外から輸入する。 布マスクについて、専門家会議で議論があったわけではない。 とのこと。 — 宮本徹 miyamototooru そして、製造工場は海外のではないかと思われます。 << 追記 >> アベノマスクの製造元が明らかになりました! 受注先は、興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社。 妊婦向けマスクはこの3社のほかに1社加えた4社で、この会社についての情報は未だに発表されていません! 厚労省から回答。 布マスクは興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社と契約。 7800枚の不良品が混入していた妊婦向けマスクはこの3社のほかに1社加えた4社。 しかし、「アベノブリーフ」を受け取った方の情報によると、ベトナム製のようです! 厚生労働省からの施設への配布 片方はベトナム製でつけ心地は良い。 片方は給食アベノマスク 400億以上使って送りつけてくるマスクはどちら? — コンドル anaheimelectro1 「アベノブリーフ」がベトナム製という事は、布製の「アベノマスク」もベトナム製の可能性は高いですね。 アベノマスクの不良品は? 厚生労働省は18日、政府が国民に配布を始めた布マスクの一部に、汚れが付着するなどの不良品が見つかったと発表した。 妊婦向けのものが中心だが、学校への発送分では虫の混入なども確認されているという。 同省は不良品を回収し、交換に応じる方針。 厚生労働省は不良品を回収し、交換に応じると言っています。 それは当たりますと思いますが、送料などに、また税金がつかわれると思うと悲しくなりますね… 同省は各自治体に発送前の徹底確認を求め、メーカーには検品強化などを要請した。 担当者は「不良品を見つけたら居住自治体に連絡してほしい」としている。 情報をまとめると、日本国内メーカー4社が海外の工場で製造したマスクを輸入し、それらが国民の元へ届くという事になります。

次の