高校生等奨学給付金 支給日いつ。 高等学校等就学支援金の支給日はいつ?どんな方法で支給される?私学の場合は?

令和2年度高校生等奨学給付金申請受付開始のお知らせ

高校生等奨学給付金 支給日いつ

奨学給付金/兵庫県教育委員会 > > > >奨学給付金 兵庫県国公立高等学校等奨学給付金(奨学のための給付金) 国公立高等学校等奨学給付金とは 平成26年4月以降に高等学校等(高等学校、中等教育学校後期課程、高等専門学校(1~3年生)、専修学校(高等課程)、各種学校)及び高等学校等専攻科に入学した生徒のいる世帯のうち、一定の要件を満たす世帯を対象として、授業料以外の教育費負担を軽減するため、世帯区分に応じて奨学給付金を支給します。 今年度から新たに、新型コロナウイルス感染症の影響等により保護者等が失職するなど、 家計急変により収入が激減した世帯について、支給対象に追加しました。 新型コロナウイルス感染症対策のための臨時休業及び段階的学校再開期において、子どもたちの学びを保障できるように、 オンライン学習に係る通信費を追加支給します。 就学支援金制度、学び直し支援制度または専攻科の生徒への修学支援制度の受給資格を有する高校生等の保護者であること• 保護者等が兵庫県内に住所を有していること• 対象となる高校生等が児童福祉法に規定する児童福祉施設に入所している場合は、措置費(見学旅行費または特別育成費に限る。 )が措置されていないこと• 下記のいずれかの場合 ・生活保護(生業扶助)受給世帯であること 専攻科の生徒は除く ・保護者等全員の道府県民税所得割及び市町村民税所得割が非課税(0円)世帯であること ・家計急変による経済的理由から、「保護者等全員の道府県民税所得割及び市町村民税所得割が非課税(0円)世帯」に 相当すると認められる世帯 〈ご注意〉• 平成26年3月以前から引き続いて高等学校等に在籍している場合は対象外です。 高校生一人につき、申請できる回数は3回(定時制・通信制は4回)までです。 2人目以降の高校生等 または• 提出期限 1.兵庫県内の国公立高校に通っている場合 在学する学校が指定する期日までに学校へご提出ください。 2.兵庫県外の国公立高校に通っている場合 【生活保護受給世帯及び非課税世帯の方】 令和2年8月28日 金 必着 【家計急変により非課税である世帯に相当すると認められる世帯】 ・7月までに家計急変が発生した場合 令和2年8月28日 金 必着 ・7月以降に家計急変が発生した場合 令和3年2月26日 金 必着 申請方法 1.兵庫県内の国公立高校に通っている場合 在学する学校から申請書等が配布されます。 7月に入っても申請書類が配布されない場合は、学校に請求してください。 2.兵庫県外の国公立高校に通っている場合 申請書類等は下記からダウンロードしてください。 (A4サイズで印刷してください。 ) 申請書等に記入し、必要な添付書類を準備のうえ、下記お問い合わせ先まで、郵送または持参によりご提出ください。 (県外在学者用申請書類) 詳しくはをご確認ください。 【生活保護受給世帯及び非課税世帯の方】• 【家計急変により非課税である世帯に相当すると認められる世帯】• 【家庭においてオンライン学習に係る通信費の追加支給を希望される方】• PDFファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。 お持ちでない方は左のバナーから入手してください(無料)。 外部サイトへ移動します。

次の

千葉県私立高等学校等奨学のための給付金(高校生等奨学給付金)/千葉県

高校生等奨学給付金 支給日いつ

全ての意志ある高校生等が安心して教育を受けられるよう、授業料以外の教育費負担を軽減するため、道府県民税所得割及び市町村民税所得割非課税世帯で国公立高校生等がいる世帯の保護者等に対し、教科書費や教材費などの授業料以外の教育に必要な経費について給付金を給付する制度です。 給付対象者 保護者等及び高校生等が、基準日(原則7月1日現在。 秋入学等の高校生等はその入学日現在)において次の全ての要件に該当する場合、給付金の対象となります。 (1)高校生等が国公立の高等学校等に在学していること。 (2)高校生等が高等学校等就学支援金の受給資格者又は学び直し支援金の受給権者又は家計急変世帯への支援として実施した授業料減免措置の受給権者であること。 (3)高校生等が平成26年4月1日以降に国公立の高等学校等に入学した者であること。 (4)保護者等が青森県内に住所を有していること。 (5)基準日において生活保護法による生業扶助を受けていること又は基準日の属する年度分の保護者等全員の道府県民税所得割及び市町村民税所得割が非課税(家計急変世帯を含む。 )であること。 (両親が保護者等の場合、父母両方が非課税又は家計急変により非課税相当である必要があります。 ) なお、 次のいずれかに該当する場合は、給付の対象とはなりません。 (ア)高校生等が児童福祉法による措置に要する費用の支弁対象であり、その高校生等に係る見学旅行費又は特別育成費が支弁されている場合 (イ)高校生等又は保護者等が青森県以外の団体又は個人から授業料以外の教育に必要な経費の負担軽減を目的とした金銭を受けたことにより、給付金を給付する必要がないと認められる場合 (ウ)高校生等がその年の4月1日から翌年の3月31日までの全期間、休学している場合 (1)生活保護(生業扶助)受給世帯 …… 年額 32,300円 (2)道府県民税所得割及び市町村民税所得割非課税世帯(生活保護(生業扶助)受給世帯を除く。 ) ア 通信制以外に在学している給付金の対象となる高校生等 (ア) 当該高校生等以外に被扶養者である通信制に在学している高校生等がいる世帯 …… 年額 129,700円 (イ) 当該高校生等以外に被扶養者である通信制に在学している高校生等がいない世帯 a 当該高校生等以外に被扶養者である15歳以上23歳未満の兄弟姉妹がいる世帯 …… 年額 129,700円 b 当該高校生等以外の15歳以上23歳未満の兄弟姉妹がいない世帯 (a) 被扶養者である給付金の対象となる高校生等の兄又は姉がいる世帯 …… 年額 129,700円 (b) 被扶養者である給付金の対象となる高校生等の兄及び姉がいない世帯 …… 年額 84,000円 イ 通信制に在学している給付金の対象となる高校生等 …… 年額 36,500円 申請手続 (1)県内の高等学校等に在学する高校生等の保護者等 ・高校生等が在学する学校へ各学校が定める期限までに、申請書類を提出してください。 (2)県外の高等学校等に在学する高校生等の保護者等 ・12月28日までに、学校施設課へ申請書類を提出してください。 ただし、家計急変世帯については、随時申請書類を提出できます。 申請書類 (1)生業扶助受給世帯の場合 ア 生業扶助を受けていることを証明する書類(生業扶助受給証明書。 ・ 市町村が発行する課税証明書、非課税証明書 ・ 道府県民税及び市町村民税の特別徴収額の決定・変更通知書 ・ 道府県民税及び市町村民税の納税額通知書 ウ 当該国公立高校生等以外の15歳以上(中学生を除く。 エ 給付金の振込先口座の通帳の写し(口座番号がわかるもの) (3)家計急変世帯の場合 ア 世帯の状況に関する申立書 イ 保護者等(保護者等が2人以上いるときはその全員)の家計の状況が確認できる書類 ウ 給付金の振込先口座の通帳の写し(口座番号が分かるもの).

次の

奨学金の制度(給付型)

高校生等奨学給付金 支給日いつ

高校生等奨学給付金を知っていますか? 高等学校等の授業料以外の経済的な負担を軽減するために、県が低所得(非課税・生活保護)世帯を対象に 返済不要な給付金を支給する制度です。 高校の授業料以外の捻出に困っている方はこちらをチェックしてみてください。 高校生の支援策には主に、国が授業料を補助する「就学支援金」と、都道府県が教材費や学用品代などを支給する「奨学給付金」がありますが、どちらも返済不要で、非課税世帯(年収目安が250万円未満)の場合は、両方とも受給できますよ。 高校生等奨学給付金の目的 高校に通うためには必要な費用は授業料だけではありません。 教科書費、教材費、学用品費、通学用品費、校外活動費、生徒会費、PTA会費、入学学用品費など様々な費用がかかります。 「高校生等奨学給付金」はこのような授業料以外の教育費を援助するための制度です。 給付なので返さなくてよいので助かりますね。 高校生等奨学給付金の給付金額 国の補助基準は下記のとおりですが、各都道府県において制度の詳細が異なりますので詳しくはお住まいの各都道府県に問い合わせる必要があります。 申請される場合は公式のサイトで確認くださいね。 高校生等奨学給付金の問い合わせ先 手続き方法 高校生等奨学給付金はお住まいの都道府県が窓口となります。 また通学が私立か公立かでも異なりますので詳しくはこちらでご確認下さい。 奨学給付金、就学支援金、高等学校等奨学金の違い 奨学給付金は、就学支援金や高等学校等奨学金とは異なるもので、就学支援金などと一緒に利用することができますし、就学支援金や奨学金の額が減額されることもありません。 就学支援金…授業料を支払う代わりに学校に納められる補助金です。 生徒が申請し、返済は不要です。 高校授業料無償化)• 奨学給付金…授業料以外の教育費のために現金が給付されます。 保護者が申請し、返済は不要です。 このページの内容)• 高等学校等奨学金…授業料以外の教育費のために現金が貸与されます。 生徒が申請し、返済が必要です。 申請漏れに注意 2018年1月28日付けの情報ですが、低所得世帯の高校生を対象にした都道府県の「奨学給付金」に支給漏れがあることが、文部科学省の調査でわかったようです。 制度の周知不足で保護者が申請できなかったケースが多いとみられ、2016年度は全国の私立高校生だけで約2万人、推計約12億円に上っており、文科省は専門家会議で対応策の検討を始めています。 今度入学・進学する方は忘れないように申請しましょう。 で最新情報を見てくださいね。

次の