ゾム 愛され 小説。 【wrwrd】愛されています/愛しています【ゾム】

【wrwrd】愛されています/愛しています【ゾム】2

ゾム 愛され 小説

【愛され】…【嫌われ】主人公の対になるもの。 男女を含めた登場人物全てに好かれている状態。 「逆ハー」では男性にアプローチされることが趣旨で 女性キャラはあまり描かれないが 「愛され」では女性にも(友人として) 好かれている描写が多い。 男女が主人公を取り合ったりする。 【逆ハー】…逆ハーレムの意。 主人公の周囲にいる男性が 老いも若きもこぞって主人公を恋愛対象として見ている状態。 「逆ハーA寄り」「逆ハーA落ち」と表記される場合は 全員の男性に好かれているが、結局Aという人と公認の 恋人(結婚)になる筋書き。 【総受け】…BL用語。 夢小説用語ではない。 BLにおいて主人公の男性が 他の男性キャラクターの全てに「受け」として 好かれている状態。 主人公が男性の夢小説の場合は 「逆ハー」の状態を「総受け」で表すときもある。 補足 【嫌われ】…主人公が登場人物の 多くに嫌われている状態。 最初から最後までずっと嫌われているわけではなく 誤解によって嫌われ、誤解が解けてその反動で より愛される。 というのがベタな筋書き。

次の

Renta!

ゾム 愛され 小説

ゾムロボ 食害 ほのぼの ?• こんにちは。 作者です。 だが、1週間ずっと会っていなかったのだ。 今日はバツを与えるためにロボロの家に来た。 普通のトントンとかであればいいのだが、なんせ腹がブラックホールの ロボロなので食害は効かないのだ。 となるとやはり強行行為だな。 くらわせるぜ! 「ロボロ?1週間ほっといてなんか 言うことないん?」 「ゾム…ほっといて悪かったな…」 「ちゃうやん?」 「え?ちゃうん?」 「もっと言うことない?」 「ご、ごめん?」 「何でもしますぐらいいったら どうや?」 「は?はぁ? それはお前…ちょっと… 何されるか分かったもんじゃないしな。 」 「俺の事…嫌いなん?」 そういってゾムは涙目になりながら言う。 「ひぁっ…!? なっ…何すんねんゾムっ!」 「お仕置きって言ったやん。 「入れるでー」 ズブブ… 「あーっ…」 ビュルッ 「うぁっ!? ゾムっやめて…イったばっかやから…」 「中出してええ?」 耳元で囁く。 「ひゃう…ええよ… ゾムの…頂戴…」 「ロボロっ…出すわ…」 ビューッ 「はぅ…」 「一緒にイったなぁ…」 「スゥ…」 「寝てる…」 寝ているロボロを抱えてベッドまで 運ぶ。 「眠…」 そのまま倒れて寝てしまった。 「起きてー…ゾムー…」 「まだ…寝てたい…」 「仕事やぞ?休むん?」 「休みたい…ロボロと居たい…」 「ほんっと…こういう時だけ 可愛く猫かぶりよって…」 そう言って会社に電話を かけてくれるロボロ。 「ロボロ…ありがとう」 ニコッと笑顔でお礼を言うと 「ほんまに可愛ええわ… こういう時だけ…な。 」 と、ベッドに入ってくる。 」 はい。 作者です。 どうでしたかね…? いやっ…ほのぼのじゃないわ… なんかこう…分からないね! ではまた!•

次の

【wrwrd】愛されています/愛しています【ゾム】2

ゾム 愛され 小説

【愛され】…【嫌われ】主人公の対になるもの。 男女を含めた登場人物全てに好かれている状態。 「逆ハー」では男性にアプローチされることが趣旨で 女性キャラはあまり描かれないが 「愛され」では女性にも(友人として) 好かれている描写が多い。 男女が主人公を取り合ったりする。 【逆ハー】…逆ハーレムの意。 主人公の周囲にいる男性が 老いも若きもこぞって主人公を恋愛対象として見ている状態。 「逆ハーA寄り」「逆ハーA落ち」と表記される場合は 全員の男性に好かれているが、結局Aという人と公認の 恋人(結婚)になる筋書き。 【総受け】…BL用語。 夢小説用語ではない。 BLにおいて主人公の男性が 他の男性キャラクターの全てに「受け」として 好かれている状態。 主人公が男性の夢小説の場合は 「逆ハー」の状態を「総受け」で表すときもある。 補足 【嫌われ】…主人公が登場人物の 多くに嫌われている状態。 最初から最後までずっと嫌われているわけではなく 誤解によって嫌われ、誤解が解けてその反動で より愛される。 というのがベタな筋書き。

次の