プロセス マップ。 バリューストリームマップとは何?

株式会社 日本能率協会コンサルティング

プロセス マップ

こんにちは。 Masterです。 試験対策ブログ更新していきます。 率直にもうしますと、ただ暗記するだけでは、第6版以降になってからの試験で得点していくことは難しいと思われます。 でも苦労の割に、あんまり効果がないような・・ というよりも、ただの丸暗記では使い物になりませんでした。。。 <8つの大事なポイント> 試験対策 8つのプロセス• (各プロセスの実行)• 検証済み成果物確認(品質コン)• スコープ妥当性検証(スコープコン)• この8つのプロセスが、プロジェクトライフサイクル中の基本になるので、ガイド全体に取り掛かる前に、このプロセスをイメージしてみてください。 私の試験対策講座ではこのように説明しております。 その後に、各プロセスでの重要な特定、コスト設定、資源・調達やリスクなどの情報を肉付けして問題を解きながら自分に落とし込んでみてください。 <まとめ> 大事な8つのポイントを図でイメージできるようになってから、各プロセスを見ていきましょう! これらの流れが、自分の言葉で説明できるようになっているとき、すでに49のプロセスは頭にインストールされており、暗記ではなく理解した形で試験問題のような応用された形で問われても、きちんと正解にたどりつけるようになっているはずです!! 今後ともご愛読よろしくお願いいたします。 試験対策関連、試験申し込みについて、疑問などがございましたら、お気軽のお問い合わせください。 試験受験を考えている方• 資格にご興味がある方• 企業の研修を担当されている方• 英文作成サービスにお申込みを考えている方• リスクマネジメントにご興味のある方• その他プロジェクトマネジメントの興味のある方 皆様、無料にてご参加いただけます。 <無料 説明会の内容>• 試験の概要について(どのような試験であるのか等)• 試験対策講座について(どのような講座なのか)• 英文作成サービスについて(どのような英文を作成しているのか)• リスクマネジメントナーについて(どのようなナーを実施するのか)• ご質問• etc. 各日程で、会場の定員が10名です。 無料ですのでお気軽にお申込みください。 お名前、ご希望の日時を記載して、上記お申込みフォームからお申し込みください• お申込み後、すでに定員をオーバーしておりました際は、次回以降の説明会に優先でご案内させていただきます お申込み後、追って Masterからメールにて詳細をご連絡させていただきます。 注意:同業者の方のご参加は、ご遠慮願います。 〈受験申請用 英文作成代行サービス〉 試験申請のプロセスにサポートが必要な方、試験申請のための英文作成にお困りの方、英文作成代行サービスをご活用ください。 英文作成代行サービスをご利用の方で、試験申請の疑問や監査に該当してしまった場合などは、無料でサポートさせていただきます。 試験対策講師として、 受験英文作成代行サービスをしております。 受験申請用に、今すぐ英文作成が必要な方はお問い合わせください。 ご理解いただけますよう宜しくお願い申し上げます) 所要期間:一週間程度 ご自身の必要な記載プロジェクト数が3つ、4つ、5つ、それ以上であっても、4500時間 7500時間)のプロジェクト数で同一のパッケージ料金にて代行させていただきます。 もし監査対象になった場合でも、監査対応に関する英文作成はサービスでさせていただきます。 日本語記載にて、あなた様のプロジェクトマネジメントの経歴を教えていただければ、試験申請のためのポイントを踏まえた英文の経歴を、「1週間程度」で作成いたします。 英文作成サービスをご利用をご希望される方は、まずは下記のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

次の

プロセスマップ (PMBOK)

プロセス マップ

Part1:バリューストリームとは バリューストリームマップとは何を理解するために、まずは バリューストリームを明らかにする必要があります。 バリューストリームは、原材料を製品までに生成し、さらにそれに価値を付加するための製造プロセス中のすべての作業を意味します。 サプライヤーから原材料を購入し、企業がそれを最終製品を加工し、販売プロセスにより顧客に提供することが含まれます。 原材料から製品までの物流のほかに、社内、企業とサプライヤー、企業と顧客間の情報交流からなる情報の流れもバリューストリームの一部分とされます。 サプライヤー間のコミュニケーション、材料の輸送、生産計画の策定と実施、原材料から製品までの変換、製品の顧客への提供方法など、バリューストリーム内の活動と作業には付加価値と非付加価値活動があり、さらに非付加価値活動は非付加価値と必要の非付加価値活動を含みます。 バリューストリームは、以下の3つの特性があります。 隠し - サプライチェーンの全体的なプロセスに直接表示されていなくて、企画、製造、顧客や他の人員がそれを掘り下げる必要があります。 連続性 - サプライチェーン上のバリューストリームは連続的に行って、相互に関連しています。 周期性 - バリューストリームは、製品の周期性(製造、販売など)によりその周期的な行いをします。 Part2:バリューストリームマップとは 上記に述べたように、バリューストリームは、隠しの特性を有し、関係者はそれを掘りなければならないのです。 では、どうやってバリューストリームを掘り出しますか?どうやってバリューストリームを図式に表現しますか?それは、バリューストリームマップが必要とされます。 バリューストリームマップは、VSMと略して、文字通りにはバリューストリームの図式で、物と情報の流れ図とも言えます。 具体的には、バリューストリームマップは、原料から完成品まで、製造プロセスのすべての活動を記述するダイアグラムです。 歴史的には、1980年代に、バリューストリームマップは最初、トヨタのチーフエンジニアによって開拓され、生産性を改善するために設計されました。 今は、トヨタのリーン生産システムフレームワークにおける物と情報の流れを可視化するためのツールとなっています。 バリューストリームマップを使う最大の目的は、生産プロセス内の無駄(非付加価値活動)を発見し、さらにそれを排除することにあります。 バリューストリームマップは生産プロセス内のサイクルタイム、ダウンタイム、物品の在庫、材料の流れ、情報の流れなどの状況を明らかに示し、一般には、「現在の状態」と「将来の状態」二つの状態の可視化を含みます。 物と情報の流れ図による可視化の説明を介して、現在と将来の価値状況を識別し、生産プロセスにおける問題を発見し、改善の機会を探すことができます。 さらに、バリューストリームマッピングの記述は、生産プロセスを最適化し、指導するのにも役立ちます。 バリューストリームマップは、次の4つの部分から構成されます。 サプライヤー - 原材料を提供します。 社内システム - 社内の業務管理システム、ERPなど。 物の流れ - 会社内部の生産ラインの物流れを指し、人間、機械、材料によって構成されます。 顧客 - 顧客は注文を提出したりしてメッセージを送信します。 以下は基本のバリューストリームマップ記号です。 椅子製造 バリューストリームマップ• リーン生産 物と情報の流れ図 Part4:バリューストリームマップ作成ソフト Edrawはバリューストリームマップを簡単で効率的に作成するために一連のツールを提供します。 プログラムには、ベクターのバリューストリームマップ記号、オンラインで無料でダウンロード可能な物と情報の流れ図のテンプレートと事例が組み込まれています。 このバリューストリームマッピングツールを介して、必要の記号をドラッグ&ドロップするだけでプロ並みの物と情報の流れ図を作成するのは可能になります。

次の

【業務フローを考える】フローチャートの良さって何だろう?

プロセス マップ

こんにちは。 Masterです。 試験対策ブログ更新していきます。 率直にもうしますと、ただ暗記するだけでは、第6版以降になってからの試験で得点していくことは難しいと思われます。 でも苦労の割に、あんまり効果がないような・・ というよりも、ただの丸暗記では使い物になりませんでした。。。 <8つの大事なポイント> 試験対策 8つのプロセス• (各プロセスの実行)• 検証済み成果物確認(品質コン)• スコープ妥当性検証(スコープコン)• この8つのプロセスが、プロジェクトライフサイクル中の基本になるので、ガイド全体に取り掛かる前に、このプロセスをイメージしてみてください。 私の試験対策講座ではこのように説明しております。 その後に、各プロセスでの重要な特定、コスト設定、資源・調達やリスクなどの情報を肉付けして問題を解きながら自分に落とし込んでみてください。 <まとめ> 大事な8つのポイントを図でイメージできるようになってから、各プロセスを見ていきましょう! これらの流れが、自分の言葉で説明できるようになっているとき、すでに49のプロセスは頭にインストールされており、暗記ではなく理解した形で試験問題のような応用された形で問われても、きちんと正解にたどりつけるようになっているはずです!! 今後ともご愛読よろしくお願いいたします。 試験対策関連、試験申し込みについて、疑問などがございましたら、お気軽のお問い合わせください。 試験受験を考えている方• 資格にご興味がある方• 企業の研修を担当されている方• 英文作成サービスにお申込みを考えている方• リスクマネジメントにご興味のある方• その他プロジェクトマネジメントの興味のある方 皆様、無料にてご参加いただけます。 <無料 説明会の内容>• 試験の概要について(どのような試験であるのか等)• 試験対策講座について(どのような講座なのか)• 英文作成サービスについて(どのような英文を作成しているのか)• リスクマネジメントナーについて(どのようなナーを実施するのか)• ご質問• etc. 各日程で、会場の定員が10名です。 無料ですのでお気軽にお申込みください。 お名前、ご希望の日時を記載して、上記お申込みフォームからお申し込みください• お申込み後、すでに定員をオーバーしておりました際は、次回以降の説明会に優先でご案内させていただきます お申込み後、追って Masterからメールにて詳細をご連絡させていただきます。 注意:同業者の方のご参加は、ご遠慮願います。 〈受験申請用 英文作成代行サービス〉 試験申請のプロセスにサポートが必要な方、試験申請のための英文作成にお困りの方、英文作成代行サービスをご活用ください。 英文作成代行サービスをご利用の方で、試験申請の疑問や監査に該当してしまった場合などは、無料でサポートさせていただきます。 試験対策講師として、 受験英文作成代行サービスをしております。 受験申請用に、今すぐ英文作成が必要な方はお問い合わせください。 ご理解いただけますよう宜しくお願い申し上げます) 所要期間:一週間程度 ご自身の必要な記載プロジェクト数が3つ、4つ、5つ、それ以上であっても、4500時間 7500時間)のプロジェクト数で同一のパッケージ料金にて代行させていただきます。 もし監査対象になった場合でも、監査対応に関する英文作成はサービスでさせていただきます。 日本語記載にて、あなた様のプロジェクトマネジメントの経歴を教えていただければ、試験申請のためのポイントを踏まえた英文の経歴を、「1週間程度」で作成いたします。 英文作成サービスをご利用をご希望される方は、まずは下記のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

次の