淋し見舞いとは。 お淋し見舞いとお返しについて/香典返し・法事のお返し・49日引き出物専門店[ギフトニシバ]

お見舞い ご贈答マナー|タカシマヤのご贈答マナー ギフトのマナーガイド|高島屋

淋し見舞いとは

葬儀には「地方差」があります。 ある地方では当たり前とされていることが、ほかの地方ではまったく見られない風習だということもよくあります。 今回はそのなかのひとつである、「お淋し見舞い」について取り上げます。 お淋し見舞いは愛知県や岐阜県で見られる風習 「お淋し見舞い」という風習は、ごく一部の地域で見られる風習です。 愛知県や岐阜県、また三重県などで行われているもので、ほかの地方ではあまりみられません。 ただし、「通夜見舞」などとして、お淋し見舞いとほぼ同じような風習が残っている地域もあります。 お淋し見舞いとは、「故人が亡くなって、忙しいさなかにあるご家族のためにお持ちするもの」です。 一般的なお供えは信仰対象(神様や仏様など)や故人に捧げられるものであるのに対し、お淋し見舞いは「家族」を対象とするものであるという違いがあります。 「通夜のときはばたつくでしょから、これをお召し上がりください」「お寂しい気持ちが少しでも紛れますように」「長い夜を、これを召し上がってお過ごしください」といった気持ちを込めて贈るものです。 また、ご家族に対してお渡しするものではありますが、同時に「故人を偲びその思い出話をするときにお召し上がりください」と考えて贈るものでもあります。 何を贈るべきなのか、表書きはどうする? お淋し見舞いは、通夜のときに持参するものです。 現金で持っていくこともあります。 この場合は、2000円~3000円程度が相場です。 ただ、「お召し上がりください」という気持ちを込めるものですから、お菓子や飲み物を持参する方がより良いかもしれません。 このときのお菓子として特によく選ばれるのが「饅頭」です。 饅頭は、こしあんのものを選びます。 また、「とりわけがしやすいように」という理由で、小分けにされたお菓子を贈る場合もあります。 饅頭がよく使われますが、洋菓子を贈っても構いません。 日持ちするものならば喜ばれるでしょう。 飲み物としてよく選ばれるのは、お茶やコーヒーです。 また、故人がお酒が好きな人であったのならば、お酒を選ぶこともあります。 掛け紙をする場合は、黒白の水引を使います。 表書きは「御淋し見舞い」「御淋見舞」などです。 不祝儀と同じように、自分の名前をフルネームで書きましょう。 薄墨で書くのも、不祝儀との共通点です。 なお、お淋し見舞いは「不祝儀」の代わりにはなりません。 お淋し見舞いを持っていく場合でも、不祝儀は別に用意しなければならないので注意してください。

次の

地域のお葬式事情-名古屋のお葬式 : お葬式なるほどチャンネル

淋し見舞いとは

日本には昔から伝わる沢山の慣習が存在します。 お淋し見舞いもそのひとつで、岐阜県と愛知県の一部に残っているお通夜の場で行われている慣わしです。 お通夜や葬儀では、その地方によって様々なしきたりや慣習が存在しているので、ある地域では常識なことであっても、他の地域ではそうでないことが日本中には多くあります。 場合によっては地域の決まりに従わないとマナー違反となってしまうことも考えられます。 そのようなことを避けるためにも、あらかじめ自分出席するお通夜やお葬式についての様々な知識を得ておくことが大切です。 今回はお淋し見舞いの意味やマナー、のしや封筒の書き方、お供えの選び方などについてご紹介していきます。 お淋し見舞いとは? お淋し見舞いは、 岐阜県の一部と愛知県の西部に残っているお通夜での風習のことを指し、 「おさみしみまい」または 「おさびしみまい」と言います。 現代では、「寂しい」という漢字が一般的に使用されていますが、昔からの慣習でもあるため「淋し」の漢字が使われています。 このお淋し見舞いは、「お通夜の長い夜を残された遺族の人達が、少しでも淋しい思いをしないように」という思いを込めて渡す手土産のことです。 また、「お通夜や葬儀で忙しくなる遺族の人達が、少しでもこのお淋し見舞いでまかなえるように」という思いが込められています。 他にも、みんなで分け合って食べたり飲んだりしながら故人を偲び、遺族を元気づけるという意味があります。 持参するものは 現金やお供え、お線香やお菓子などの品物を持参することが主流となっています。 食べ物の場合は、お淋し見舞いをもらった遺族がその場ですぐに出し、遺族や参列者、持参してくれた人みんなで分け合えるようにします。 他の地域では 「伽見舞い(とぎみまい)」や 「通夜見舞い(つやみまい)」が似たようなものとしてあります。 地域によって呼び方や意味合いが異なる場合があるので、疑問に感じたときは親族や友人、葬儀会場などに確認すると良いでしょう。 お淋し見舞いの書き方 お淋し見舞いは、品物ならのし、現金の場合は封筒にいれて持参します。 のしの場合 品物を持参するときはのしを付けることが礼儀とされています。 お店で品物を購入する際は、包装と同時に必ずのしをお願いしましょう。 お淋し見舞いののしは、 一般的な弔事用ののしを使用します。 黒白の双銀5本結びきりのものであれば、どの地域でも使用することができます 「 御淋見舞」「御淋見舞い」「御淋し見舞」「淋し見舞い」など様々な書き方がありますが、全て正しい書き方です。 のしの下には、 自分の名前を記入します。 だれが持ってきたものかがすぐわかるように、きちんとフルネームで書きましょう。 ただし、本当に近い親族間の場合では、口頭で持参したことを伝え、そのまま周りの人にふるまう場合もあります。 これらの 表書きや氏名は、ボールペンなどは使わずに、薄墨の筆で書くことが基本です。 薄墨を使う理由は、悲しい涙で墨が薄まったという気持ちを表現するからです。 封筒の場合 現金の場合は 弔事用の封筒を使用します。 表書きや名前の書き方はのしの場合と同じになります。 これらを 薄墨で書くことも同様です。 封筒の中袋には、 金額や名前、住所を記入します。 中に入れる お札は新札や汚れのひどいものは避けましょう。 どうしても新札しか持っていない場合は、一度折り目をつけてから袋に入れるようにします。 すべてのお札の向きを揃えてから、 袋に対してお札の裏面が来るように入れるのが一般的とされています。 ちなみに、お札は人物が印刷されている方が表面、人物がない方が裏面です。 お淋し見舞いに持っていくおすすめのもの 本来、お淋し見舞いには、京都の和菓子である「薯蕷饅頭」を持参するのが決まりとなっていました。 しかし現代では特に決まりはありません。 ではお淋し見舞いに持って行く場合、どのようなものを持参すればよいでしょうか。 ここでは、おすすめのお淋し見舞いをご紹介します。 お供え お淋し見舞いで使われる「お供え」という言葉は、一般的に使用されている故人へ捧げるものとしてではなく、遺族へ対して渡す手土産という意味で使われます。 食べ物ではお菓子が多く使われます。 お淋し見舞いで持参する場合の饅頭は上用饅頭にします。 じょうよういもを使って作った白い饅頭のことです。 中身は必ずこしあんを使用したものにします。 それはつぶあんはおめでたい時に使用されるあんこだからです。 ただし、みんなが気軽に分け合えるように、小分けにされているものを選びましょう。 小分けにされ袋詰めにされていれば、余った場合でも持ち帰る場合にも便利です。 故人の好んでいたお酒やお茶、ジュースや紅茶などがあります。 飲み物の場合も個別包装になっている方が持参するのには適しています。 缶ビールや缶コーヒー、紅茶やお茶であればティーバッグが良いでしょう。 通夜や葬式が終わった後も、長く使用することができます。 現金(金額の相場)と香典との違い お淋し見舞いで渡す現金は、香典とは全く別の意味合いも持ちます。 香典は故人に対して供えるもので、お花の代わりとされています。 一方お淋し見舞いでの現金は、遺族に対して渡すものです。 一般的には2~3千円が相場とされており、お線香やお菓子の詰め合わせ代に見合った金額が良いとされています。 一緒に用意する香典の金額が高額であっても、お淋し見舞いで渡す金額は香典に合わせる必要はありません。 お供え物を用意する時間がない場合や、あらかじめ遺族のもとにお淋し見舞いとしてのお供え物が多く集まっているのが判明した場合などは、現金を包んで渡しても良いでしょう。 【合わせて読みたい】 お淋し見舞いのマナーと渡し方 お淋し見舞いは遺族に対して渡すものですが、このような時は取り込んでいるため受付の人に渡すようにしましょう。 お通夜に限った慣わしなので、 葬儀の際に持参することはしないようにしましょう。 お供え物を渡す際に注意することは、 必ず風呂敷で包んでいくことです。 現金はふくさに包んで、香典とは別の封筒に入れて受付に渡すようにします。 お淋し見舞いはお通夜、香典は葬儀の際に持って行くのが一般的とされています。 お通夜しか行けない場合には、お淋し見舞いと香典の両方を受付に渡すようにします。 正しい渡し方は、 必ず相手から見て封筒の表書きがきちんと読める方向にして、差し出すようにすることです。 弔事用のふろしきやふくさの色は紺色や緑色などの寒色系を使用します。 紫色のふくさは、弔事用、慶事用の両方で使うことができます。 また、暖色系のものは結納や結婚などの慶事で使用するものなので、注意しましょう。 まとめ お淋し見舞いについておわかりいただけたでしょうか?お淋し見舞いは、愛知県と岐阜県で行われている古くからの慣習のひとつです。 またその中でも地方によって少しずつ違いがあるとされています。 お淋し見舞いで分からないことや不安なことがあれば、地域の人や年長者、その土地の葬儀会社の人に聞いてみるのが良いでしょう。 1番大切なのは、故人を偲ぶ気持ちと遺族を思いやる気持ちです。 しっかりと知識を身につけ、分からないことは周りの人に聞き、葬儀の場で慌てることがないようにしましょう。

次の

お淋し見舞いってなに?どういうものを持っていけばいいの?

淋し見舞いとは

愛知県にはお淋し見舞いという風習がある 愛知県には通夜を行う際、香典を渡す他に 「お淋し見舞い(おさみしみまい)」もしくは 「寂し見舞」と言われる風習があります。 この風習は、香典とは別にあるものを渡すことをそう呼んでいます。 お淋し見舞いで渡すものは菓子・酒・缶詰といった食料、飲料を渡すことが多いのです。 何故このような風習があるかといいますと、通夜の際、遺族は故人が寂しくならないように語って夜を明かしますから、参列者から頂いたお淋し見舞いのお菓子や飲み物を口にしながら過ごして、余った場合全員に配るようにしています。 そしてお淋し見舞いを下さった方には、香典返しで贈る品よりも多めにお返しを贈るのがしきたりとなっているのです。 ちなみに、地域によって故人の関係者が持って来てくれたお淋し見舞いを、下さった方達も一緒に全員でお淋し見舞いを食べるといった風習のところもあります。 この風習の場合、参列者の人達で遺族が寂しくならないよう励ますという意味があると考えられています。 出棺の際、額に三角の白布をつける風習 テレビなどでお化けが額に三角の白布をつけていますが、その三角の白い布は葬式を行う際、身に着ける風習が全国各地にあります。 愛知県の一部地域だと、出棺される時に白い三角の布を男性が、または白い紙を頭部に巻き、出棺に立ち会うといった風習があるのです。 白い三角の布は死装束の一つであり、白い三角の布は仏教だと 「宝冠(ほうかん)」と言われています。 涙を流す 「涙汁」とは何か? 精進落しを行う時、愛知県の尾張地方だと 「出立ちの膳」といわれる、故人の近親者がシンプルな精進料理を食べるのですが、その精進料理が出る際、胡椒汁・唐辛子汁が一緒に出ることがあるのです。 胡椒汁・唐辛子汁は涙汁(なみだじる)とも言われており、この汁が出される意味は 「酷く辛いことから涙を流す」といったものであり、悲しい出来事による辛さ・疲れをとる意味が込められていると考えられています。 静岡県の近隣組織や香典について 静岡県にも 「前火葬」と 「後火葬」を行うところが同じ地域で混ざっており、家によって前火葬するか後火葬か分かれます。 また、菩提寺によって葬儀の順番が異なることもあります。 静岡の地域の近隣組織は今でも機能しているところがあり、 「弔い組」 「班」と呼ばれている住民の組織が存在しています。 その弔い組達の主な役目は他の地域と同様、寺院との連絡、葬式の準備などを手伝うことですから、遺族は手伝ってくれる人がいて大変助かり、近隣組織は心強い組織となっているでしょう。 静岡県の一部では香典返しをしない地域もありますし、西部だと浜松・磐田・袋井で同じ西部でも地域で異なる為、周りに聞けそうになければ、その地域の葬儀社のスタッフまたは僧侶の方に聞いておきます。 山梨県で出棺する時、棺を3回まわしている 山梨県の大月市近郊での風習についてですが、出棺する際に故人の近親者で棺を担いだら、3度ぐるぐると棺を回すといった変わった風習があります。 この風習は 「三度回し」 「棺回し」と言われており、意味は諸説あるのですが、まずその1、故人の方向感覚を無くす為に棺を回すことにより、方向感覚を失った魂が家に戻ってこれないようにし、迷わず天国へ行って成仏できるようにという願いを込めているというものです。 その2は、回るというのは仏教の修行でもよくある行為であり、神聖な場所をお遍路さんが回るように、回る儀式をする事によって、現世でおかした罪を無くす修行である 「減罪信仰」からその風習が来ているとも考えられています。 土葬が残っているところがある 世界的から見ても日本は火葬の先進国と言える国であり、割合は99%以上にもなりますが、あとの1%は土葬です。 僅か1%ですが、現在でも土葬されているところがあります。 僅かですが、土葬の墓地の一部は山梨県の塩山にあるのです。 一般的なのは火葬となっているので、土葬に理解できないという方もいますが、法律では土葬を禁じられていませんし、火葬と平等に扱われているので法律上での問題はありません。 とはいえ、法律での問題はないということであって、土葬する場所・衛生上の問題があります。 ですから、自治体レベルだと土葬は禁止されている地域が多いので、土葬が行われるのはかなり少ないです。 山梨県のように昔からある文化を守っている地域があり、最近の葬送は自由を求める風潮になってきているので、宗教などによって土葬でなければならない人達の為にも土葬は残っておくべきなのかもしれません。 Filed Under: Reader Interactions.

次の