クッキー 生地 柔らかい。 クッキーの生地がまとまらない・ボロボロ・固まらない原因と対処法!

クッキー生地の種類とおいしいサクサククッキーの作り方

クッキー 生地 柔らかい

クッキー生地がゆるくてまとまらないときの解決策は? クッキー生地がゆるい時、単純に想像するのは 水分が多いということですよね。 なので、まずは 薄力粉を少しずつ足してみましょう。 ティースプーン1杯程度の薄力粉をふるいながらクッキー生地に加え、切るように混ぜていきます。 あまり粉が多過ぎると、焼き上がったクッキーが粉っぽい味になるので、少しずつ加えるのがポイントです。 クッキー生地がややまとまってきたなと思ったら、ラップで包んで冷蔵庫で寝かせます。 このとき、 生地を混ぜすぎると粘りが出るので注意してくださいね。 少し冷蔵庫で寝かしてもまだ生地がゆるいと感じるなら、 冷凍してしまいましょう。 クッキー生地を冷凍庫で1時間ほど冷やし固め、ダレる前にすばやく型押ししてしまえば、きれいに天板に並べることができますよ。 クッキー生地がゆるい原因はココにあった! クッキー生地がゆるいのは、 ・粉類に対して水分が多い ・水分と油分がまだ馴染んでいない のが主な原因です。 クッキー生地にバターを混ぜると分離するので、あえて溶かしバターにして入れると聞くことがあります。 しかし、溶かしすぎてバターが液状になってしまうと、薄力粉を混ぜ合わせると、クッキー生地がトロッとしてしまいます。 また、レシピには卵1個とあるので、レシピ通りに卵を1個入れたらクッキー生地がゆるくなった、ということがあります。 同じ卵1個と言っても、SサイズとLサイズの卵ではかなり大きさが違いますよね。 なので、卵の大きさによって 卵白の量が違うために、生地がゆるくなることがあるんです。 そのため、卵を入れて生地がゆるくなったと感じる時は、卵黄のみにするとまとまりが良くなります。 もし、レシピ通りにしっかり計量して混ぜ合わせたのに生地がゆるい時は、 室温や湿度が高いせいかもしてません。 材料をしっかり揃えたつもりでも、室温でバターが溶けてしまいます。 さらに、 ぐるぐると混ぜ合わせると、なおさら生地に粘りが出て、ゆるくなってしまいます。 卵やバター、砂糖などの材料がうまくなじんで混ざったら、後から加える薄力粉はよくふるって、切るようにさっくりと混ぜ合わせましょう。 クッキー生地が粉っぽくて固まらない原因はコレ! クッキー生地が粉っぽくなる原因は、ゆるくなる生地とは逆に、 水分や油分の量が粉類より少なく、アンバランスになるのが原因です。 なので、まずは正確に計量することが大事ですね! また、バターが冷たくまだ硬いために粉になじまないと、 必要以上に混ぜてしまい、生地を固くしてしまうこともあります。 その他、 グラニュー糖の代わりに上白糖を使ったり、バターの代わりにオイルを使用すると、他の材料とうまく混ざらないことがあります。 砂糖やバターの代用品を使ってクッキー生地を作る場合、その分量にも要注意です。 例えば、レシピにバターとあるのに、サラダ油などのオイルを代わりに使うと、バターとオイルの比率が違うため、生地がまとまらない場合があるんですね。 代用品を同量で混ぜると分離したりいつもと違う状態になりやすいので、代用品を使う場合は、代用品仕様のレシピで作ると失敗が少ないですよ。

次の

しっとりやわらかい・アメリカンチョコチップクッキー

クッキー 生地 柔らかい

手作りクッキーが 柔らかい原因• 焼きたてクッキーをサクサクにする 冷まし方• 生焼けクッキーの見分け方• クッキーの 焼き加減と 焼き直し方法について• クッキーが サクサクになる 生地のコツ• サクサクの クッキーレシピ 柔らかくて生焼けのクッキーは困りますが、 焼き直して硬くくなるのも嫌ですよね。 生焼けのクッキーが焦げてしまわないような、上手な 焼き直しの方法をお伝えします。 また、せっかくならサクサクのクッキーにしたいので、 クッキー生地の作り方のコツや 焼き時間などを調べてみました。 意外と失敗しやすい、 手作りクッキーをサクサクに作れるレシピもご紹介しますよ。 クッキーが柔らかかったり、サクサクにならない理由を知って、美味しいクッキーを作れるようになりましょう! 生焼けのクッキーの見分け方• 裏にきつね色の焼き色がなく、 白いまま• 生の生地の味がする 表部分に焼き色がついていても、 裏面が白いままなら中まで火が通っていない可能性が高いです。 1つ食べてみて、 生の生地の味がしないか確認してみることをおすすめします。 このように、時間を置いてもクッキーが柔らかいのは なぜなのでしょうか? 柔らかくなる原因と焼き直し方法について、詳しく解説していきます。 なぜ冷めてもクッキーが柔らかいままなの?その原因や焼き直し方法も紹介! 冷めてもクッキーが柔らかいままなのは、 生焼けが大きな原因です。 明らかに 生焼けの味がしなくても、中心がふにゃふにゃしたままの場合もありますよね。 なぜクッキーの中心まで サクサクに焼きあがらないのか、原因を調べてみました。 クッキーが柔らかいままの理由• 焼く 温度が低い• 焼き 時間が短い• 生地が厚い• バターや牛乳、卵の量が 多い 大きく分けると、 焼き加減と生地の作り方に原因があるようです。 特に 焼き加減は、クッキーが柔らかい大きな原因なので、 焼き直し方法と併せて解説していきますね。 温度が高くて焼き時間が短いと、表面だけ焦げて中が柔らかいままになってしまいます。 クッキーが柔らかい理由はまだあった!失敗を防ぐ焼く前の注意点とは? 柔らかいクッキーになるのは、 焼く前の生地の状態にも原因があります。 先ほどご紹介したように、 生地が厚すぎる場合や バターなどの分量が多すぎると柔らかくなりやすいです。 クッキー生地が厚い クッキーの 生地が厚すぎると、中まで 火が通りにくいです。 また生地の厚さが均一でないと、 サクサクになるものもあれば、中心が柔らかいままのクッキーもできてしまいます。 我が家のクッキーは焼けているものあったので、これが一番の原因だったようですね。 生地の厚さは 5~8mmにして、均一に伸ばしましょう。 分量を間違えている また、 バターや牛乳、卵の分量が多すぎると柔らかくなってしまう場合があります。 粉っぽいとバターなどを足したくなる場合もありますが、 レシピ通りにつくることをおすすめします。 しかし分量通りに作っても、生焼けとはいかないまでも、もっさりしていてサクサクしないこともありますよね? サクサクのクッキーを作るには、他にどんなことに気を付ければいいのか、 コツをご紹介します。 クッキーがサクサクしないのはなぜ?クッキー生地の作り方をご紹介 クッキーは以外と サクサクさせるのが難しいですよね。 生焼けにちかい もっさりした感じになったり、逆に硬くなりすぎてしまったり…。 サクサクのクッキーにするには、焼き加減も大事なポイントですが、焼く前の 生地の作り方にも コツがあるのです。 焼きたてのクッキーは 柔らかい• 焼いた後 1~2分冷ますと硬くなる• 生焼けかどうかは、 裏まで焼き色がついているかで確認する• クッキーが柔らかくなるのは、 焼き加減や 生地の厚さなどが原因• 冷ましても柔らかい場合は、 オーブンやトースターで 焼き直す• 生地の混ぜ方などに注意すると サクサクになる• おからや チョコチップなどを入れたクッキーレシピも人気 バターは溶かしちゃいけなかったんですね…。 溶けていた方が混ざりやすいのかと思って、レンジでチンして 完全に溶かしていました。 生地もこれでもかと言うほどこねていたような気がします。 クッキーが柔らかくなる理由を調べてみると、なぜ 上手にクッキーを焼けなかったのかよくわかりました。 子供と作るとどうしてもうまくいかないこともありますが、 ポイントを押さえて工夫しながら作っていきたいです。 皆さんも今回の情報を参考に、 サクサクの美味しいクッキーに挑戦してみて下さいね! 【不要な外出を減らす食材宅配サービス】 新型コロナウイルスによる外出自粛は緩和されつつありますが、第2波を警戒する状況は現在も続いています。 外出自粛の期間中、 食材の宅配サービスを利用する人が急激に増えており、当サイトで紹介していた Oisix オイシックス のお試しセット等の新規受付は 一時休止している状況です。 そこで、類似の人気サービスを改めて調べてみました。 食材の宅配サービスが良いのは、 ・スーパー等に行くのを避けられる ・カートや買い物かごの接触を避けられる ・レジに並ぶ時など人に近づくことを回避 ・宅配される食材そのものが安全である ・ 無農薬野菜や厳選食材を入手できる 供給量の限界もありますので、100%安心できませんが、外出自粛が強まったときの準備にもなります。 今求められているサービスと感じ、今回2つ紹介させていただきます。

次の

クッキーのいろんな種類の名前や味をまとめてみました

クッキー 生地 柔らかい

クッキー生地は何でできている? クッキーを食べたことがある方はほとんどだと思いますが、作ったことがないという方は大勢いると思います。 クッキーは主に薄力粉を原料とした焼き菓子です。 一般的な生地には薄力粉・バター・砂糖・卵が入っていて、そこにココア・抹茶などを入れて味を変えていきます。 バターや粉の比率を変えることで、サクサクした食感にしたり、パリッとした固めの食感にしておいしいクッキーを作ります。 このようになっています。 クッキー生地の種類 クッキーといっても色々な種類があり、おいしいと思うクッキーも人によって違うと思いますが、これは生地の配合によって変わります。 一般的には、型抜きクッキー・絞り出しクッキー・アイスボックスクッキーが基本の3種類で、それ以外にもガレット・サブレノルマンドなどクッキーと言っても実に色々な種類があり、特徴も違います。 立体的なクッキーを作れる。 2種類の生地を使うと綺麗なグラデーションを作れます。 フランスのブルターニュ地方の代表的なクッキーです。 フランスのノルマンディー地方のクッキーです。 おいしいサクサク生地クッキーの作り方 クッキーを作ったことのある方は、おいしいサクサクのクッキーを作ろうとしたのに、固すぎるクッキーになったことはないでしょうか? レシピ通りに作っても、混ぜ方や温度によって別物になりますので、クッキー生地を作るときに押さえておきたいポイントを教えたいと思います。 分量をしっかり計量し、レシピ通り作っても下準備ができていないと、焼き上がりがイマイチになります。 ・オーブンの予熱をする。 ・粉をふるいにかけて、ダマをなくしておく。 ・バターが固いと上手く撹拌することができず、クリーム状になりません。 ・卵が冷たいと分離しやすくなります。 卵は30分前に、バターは春秋は1時間前・夏は30分前・冬は常温だと柔らかくならない可能性があるので、レンジで少し温めて指で押して、跡が付けば大丈夫です。 粉を入れてから混ぜすぎると、グルテンが出てしまい焼き上がりのクッキーが固くなります。 混ぜるときは、練るようにではなく切るように混ぜて下さい。 白っぽい場合はもう少し焼き、うす茶色の場合はオーブンから出して大丈夫、濃いめの茶色の場合は焼き過ぎですので、1つひっくり返して確認して見て下さい。 スーパーとお菓子屋のクッキーの違い スーパーにもたくさんクッキーがあり、お菓子屋のクッキーと変わらないくらい、おいしいサクサクした生地で、量も多く値段も手頃で売っていますが、原材料を見れば家庭では置いていない材料がたくさん入っていると思います。 それを見て添加物を知らなくても、聞き慣れない材料は添加物の可能性が高いです。 お菓子屋のクッキーは薄力粉・バター・卵にこだわっているお店が多く、香りや素材の味がしっかりしています。 もちろん少し添加物が入っていますが、チェーン店・店舗数が多いところは添加物も多く入ってる場合が多く、個人で営業してるお菓子屋は添加物が少なめです。 添加物と聞くと体に悪いというイメージですが、保存料や防腐剤も添加物の1つになります。 保存料や防腐剤が入ってないものは確かに安心できますが、賞味期限が短くなり、添加物が入ってるものは、体には良くないですが賞味期限が長くなります。 原材料を気にされる方は、自宅で作れば体にいいものだけで作ることができるので、たまに手作りしてみてはどうでしょうか? おいしいクッキー生地レシピ おいしいクッキーを作るポイントを押さえることで、失敗することも少なくなります。 生地を作るポイントを紹介しながら、レシピを紹介したいと思います。 ・オーブンを160度で予熱する。 ・粉をふるっておく。 (空気を含ませることで、卵を入れた時に分離しにくくなります。 ) 2.ヨーグルト・牛乳・卵を1つずつ入れ、その都度しっかりと混ぜる。 (分離した時は、薄力粉を大さじ1杯入れると元に戻すことができます。 ) 3.ゴムベラに持ち替えて、薄力粉・塩・レモンの皮を入れ、切るように混ぜる。 (生地をまとめるときは混ぜすぎないようにする。 ) 4.絞り袋に入れ、好きな形に絞っていきます。 5.オーブン160度で20分ほど焼きます。 (底がうす茶色になれば完成) アレルギーでも食べられるおいしいクッキーレシピ クッキーの材料は薄力粉・バター・卵と主にアレルギーの食材が入っています。 アレルギーの人でも食べられるおいしいクッキーのレシピが今はたくさんありますが、今回は小麦粉だけで作るクッキーを紹介していきますので、是非自宅でも作ってみて下さい。 ・薄力粉・きなこを合わせてふるっておく。 2.1に粉と塩を入れて切るように混ぜていき、ひとまとまりにできたら冷蔵庫に30分ほど寝かせる。 3.2の生地を3ミリ程の厚みに伸ばして、型で抜いていく。 160度のオーブンで25分焼く。 きなこを抹茶・ココアなど違うパウダーにすることでいろんな味を楽しむことができます。 バター・卵がなくても、きなこやナッツ系を使うことで十分コクのあるおいしいクッキーを作ることができます。 手作りのクッキーに挑戦 よく食べるクッキーですが、家庭でも簡単に作れます。 トッピングを変えれば、簡単に味を変えることができ、アレルギーの人でもおいしく食べられるレシピもたくさんあります。 手軽にいろんなものを買えて便利ですが、手作りしたものは一段とおいしいと思いますので、是非作ってみて下さい。

次の