ヤフコメ 気持ち悪い。 ヤフコメの人たちって凄い気持ち悪いですね。今日ヤフコメを初...

ヤフコメの民度が低すぎるわけ、無職ニートと情報弱者の負け犬に承認欲求肥大が混ざった本物のクズの集まり。

ヤフコメ 気持ち悪い

Yahooニュースが最近あざとい そう感じている人も、少なくはないはず… 記者がズル賢い。 ハッピーな記事は箸休め程度に、あきらかに ネット民が食いつきそうなゴシップネタを放り込んで、甘い餌の如く「釣りタイトル」で誘き寄せるもんだから つい、クリックしちゃうじゃんね… 【たむけん罵倒ラーメン店 閉店】 来店したタレントのたむらけんじに対し、SNSで中傷する投稿をし、騒動となった大阪市内のラーメン店が5月25日に閉店するとツイッターで発表。 「マイク、カメラなかったらおもろ無いヤツ」などと記していた。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 出典: YahooNewsTopics こんなの、芸能人がちょろっと絡んだだけの、「一般人のその後」なのにねぇ。 わざわざ時間をかけて記事にするってことは、ネット民が罠にかかりそうなことを予測しての業。 「たむけんの騒動が原因じゃないだろ」 「これがなくても時間の問題だったと思う」 「もともと流行ってなかったのでしょう」 「当たり前の結果、自業自得。 報道が先走っている印象もある小室氏については、「憶測で叩かれ過ぎている」と擁護する声もあっておかしくないと思うのだが。 その反響を狙ってか、小室氏や秋篠宮家関連の記事が増えているのも、また事実。 悠仁さまへのバッシングなんて、皇族に対してとは思えない、本当に酷いものばかりだ… これって、「ネット民が食いつく」って見抜いている記者の戦略だよね。 で、それにまんまと乗っかっちゃっているっていう… 岸谷香、プリプリ名曲披露 変わらぬ歌唱力にネット反響「すごい」 — MusicVoice — ミュージックヴォイス musicvoicejp 出典: musicvoicejp 一方、ゴシップやネガティブな内容でない記事については、それなりに様々な意見が交わされているワケで。 岸谷香の歌唱が「ガールズバンド全盛期を代表するヴォーカリスト」との絶賛もあれば、「いやいや、以前より明らかに歌唱力落ちたでしょ」との批判的なものもある。 つまり、「叩きやすいターゲット」を見つけては… みんなで袋叩きにしたいだけか スポンサーリンク そんな見解も、ちらほらね… みんなで叩くから気持ちいい? ネットの炎上を可視化し話題、BOT制作者の思い — BuzzFeed Japan News BFJNews 出典: BFJNews コチラの記事によると、それは「 みんなで叩くから気持ちいい」という心理状態からくるものだとか。 ネット民にとっては、情報のインプットなぞどうでもよく、感情のアウトプットこそ今のネットニュースに求めるもの。 「記者の質が悪いんだよ!」なんて叩いている奴ほど、記事の内容なんてちゃんと読んじゃいない。 ただ誰かに難癖をつけて、叩きたいだけっていう… 「みんなと一緒に叩くのが気持ちいいんだろ」 「本質的に自分に関係ないものを叩く傾向」 「標的を叩くのだけを楽しんでるって感じ」 「実際炎上しても2週間ぐらいで収まるしな」 出典:ツイッターより その人物や記事を本当に批判したいのではなく、一時的に「ストレス解消」できればそれでいい、ってところだろうか。 ニュース 懸念していたことが、実際に次々と起こっている。 ご存知の通り、ヤフコメやツイッターは、アカウント名をクリックすることで、過去の投稿一覧が浮上する。 つまり、そのブレブレの投稿が、明るみになってしまうのだ。 中には、ご丁寧に投稿しては削除し…を繰り返している小心者もいるようだが… そのヘンは結構ズボラというか、わきが甘いというか。 そのまま放置して、「お前、あの記事ではこう言ってたよな?」なんて、別のネット民にツッコミを食らったりもしている。 ヤフコメの面白みは、コメ主同士の地味で くっだらない小競り合いも、そのひとつにある… つまりだ ヤフコメなんてシカトしていいんだよ だって、くっだらない誰かの、ただの暇つぶしなんだもん… ヤフーもツイッターも、IDなんて何の審査もなく即作成できる。 身分がバレないからと何でも投稿しちゃっていいと勘違いしているネット民は、あらためて自身の投稿を見直した方が身のためというか 今度は自分が袋叩きにされちゃう、なんて可能性もゼロじゃないよ… ご注意あれ スポンサーリンク 荒んだニュースの後は、癒し動画をどうぞ.

次の

【芸能】ヤフコメ欄は “上から目線” すぎ… ネットの書き込みには愛を! スリムクラブ [jinjin★]

ヤフコメ 気持ち悪い

著名人の不倫が報じられると、ヤフーニュースのコメント欄(ヤフコメ)には、激怒する書き込みが相次ぐ。 なぜ人々は「芸能人の不倫」に怒るのか 2017年も芸能人の不倫や大相撲の問題などがワイドショーなどで特集された。 多くの人にとって芸能人の問題も大相撲の問題も他人事であるにもかかわらず、なぜ人々は怒りを込め、問題を論じようとするのだろう。 それだけ人々はニュースを「自分のこととして」共感したからかと言われれば、そうではないようにも思う。 ではなぜ我々は自分と関係ない事件にあれほどまで怒るのだろう。 この問題について考えたい。 写真=iStock. com/bgblue 英犯罪学者のジョック・ヤング(1942-2013)は2007年に著書『後期近代の眩暈』を出版している(翻訳は2008年出版)。 SNSが本格的に普及する前に書かれた本だが、その後の社会を見通す上で示唆に富んでいる。 我々は社会問題を論じる際、排除されている人と富裕層などの包摂されている人々の二項対立で考えることが多い。 しかしヤングによれば、問題はむしろ多くの人々が社会に包摂された多数派と思ってしまう点にあるという。 以下ヤングの議論を概観しよう。 「私も一発逆転できるかも」という思考回路 言うまでもなく日本社会に生きる多くの人々が不安に苛まれている。 不況やグローバル化などによる年功序列制度の実質的な崩壊や、非正規雇用が増大化し、未来に向けた見通しが立てづらい世の中だ。 金銭による労働者のインセンティブ=動機づけが困難な社会において、職場環境の向上など、新たなインセンティブ獲得のための試行錯誤が求められている。 他方、職業選択の自由や様々な価値の多様化によって、労働の自由も拡大している。 職業においては「ユーチューバー」などが典型だが、芸能界とも異なる新しい労働形態が出現している。 まだ人数は少ないが、社会的な成功を収めた人もいる。 こうした新たな成功パターンは、努力よりも発想が重視される。 従来であれば成功は、専門技術を獲得する努力の対価だった。 だが近年は「一見すると」自分でもできそうなことで成功しているように受け止められる。 「発想があればユーチューバーで稼げる」と考える人は、一昔前に比べて増えているはずだ。 無論成功には発想だけでなく努力が不可欠だ(当然ユーチューバー等の人々が努力していないなどと考えているわけではない)。 しかし「報酬の恣意性」とヤングが呼ぶように、どうすれば儲かるか、成功するかという道筋は複雑化し、そのため「私も一発逆転できるかも」という思考回路も増える。 創造性はその性質故に、創造的であるための道筋を教えてはくれない。 したがって現代社会は不安定化する一方、「夢(だけ)は無限に増殖する」中で一発逆転を夢みるという、期待と不安が同居した状況を呈している。

次の

ヤフコメ民(底辺)が偉そうな理由と特徴6つ!気持ち悪いから廃止すべき?

ヤフコメ 気持ち悪い

ヤフコメ臭すぎるので書いてみました。 本当あそこのレベルの低さ、 思考の偏り、 気持ち悪さ。 まあ集団あって放っておくと、 こうなるんだろうという社会実験としてはいいと思うんだよね。 板作って評価順に並べると、 こういう臭いどうしょうもない状況になっちゃうと、 そういうことなんだと思うんです。 暇なが社会への怒りと嫉妬で、 コメント書いてそれに賛同したコメントが上位に並ぶと、 まあこういうコメントが並ぶんだろうなと、 そういう結果はもう皆さんはわかったと思うんですよ。 それでそれ放っておくべきかって論点なんですね。 別にヤフコメ民が時間無駄にしてヤフーに搾取されているだけじゃん、 そう考える人多いと思うんですよ。 ですがね、 あれで普通の人が間違ってヤフコメ民になっちゃうことたくさんあると思うんですよ。 腐ってもヤフーのニュースサイトですから。 Yahoo!のブランド使ってが自分たちの主張を主張しているようなもんですよ。 それ本当にいいんですかと、 考えてほしいんです。 ゴミみたいな主張もヤフーのコメント欄の上位だから、 これが正しいんだろうと思ってしまうが、 ヤフコメ民になってしまう。 これについてヤフーはどう考えるんですかね。 については責任取れない自己責任だという考えでしょうけど。 ですがねやっぱり最低限の対策は講じるべきだ思うんです。 テレビメディアの中立規定が批判されて、 そろそろ廃止した方がいいみたいになっていますけど、 最低限ヤフーも双方の意見を流した方がいいんじゃないですかね。 ヤフコメ民が好きなニュースだけ見やすくなっていくと、 もうそこら辺のワイドショー以下になっていますからね。 きちんと硬質な意見、 双方の意見もちゃんと順位を上げて見やすくしたら。 商業主義でヤフコメ民が喜ぶニュースだけ上げるんじゃなくてさ。 、 検索サイトの社会的な役割少しは考えてもいいと思いますよ。 本当ゴミみたいなコメントで臭すぎます。 manabu15.

次の