ゴミ収集車 構造。 富士車輌株式会社

塵芥収集車の読み方は?(ゴミ収集車・パッカー車)必要な免許と種類や特徴について

ゴミ収集車 構造

日頃生活するのに欠かせないゴミ収集車にはどんな種類があるのか知っていますか。 ゴミ収集車の種類には、回転板を使用した仕組みの回転板式車(パッカー車)・圧縮板を使用した仕組みの圧縮板式車 ・荷箱回転式車などがあります。 またゴミ収集車に使用されている車種としては、いすずのフォワード、日野のレンジャー、三菱ふそうのファイターなどです。 また小型タイプのゴミ収集車として、いすずのエルフ、日野のデュトロ、三菱ふそうのキャンター、マツダのタイタンなどがあります。 メーカーによってゴミ収集車の呼び名が変わる さらに メーカーによってゴミ収集車の呼び名が変わることもあります。 例えば、滋賀県守山市に本社を置く富士車輌の場合は、圧縮板式のゴミ収集車をプレスローダー、回転板式のゴミ収集車をクリーンパッカー、荷箱回転式のゴミ収集車をロータリープレスと呼びます。 兵庫県西宮市に本社を置く極東開発工業の場合は、圧縮板式のゴミ収集車をプレスパック、回転板式のゴミ収集車をパックマンと呼んだりします。 また兵庫県宝塚市に本社を置く新明和工業の場合は、圧縮板式のゴミ収集車をタウンパック 、回転板式のゴミ収集車をルートパッカー と呼びます。 ゴミ収集車の作業員の待遇 家庭から出せる生ゴミの臭さや排水処理後に出た汚泥、生ゴム、天然ゴムくず、工作物の新築、改築などで出たがれき類、鉱物性油・動植物性油・潤滑油など廃油といった産業廃棄物を回収するお世辞できれいな仕事とは言えない人が嫌がる仕事をしているゴミ収集車の作業員の待遇はいいのでしょうか。 地方自治体で雇われたゴミ収集作業員の場合 回転板を使った仕組みのゴミ収集車は、上に開くテールゲート底部にあるプレート(回転板)でゴミをかき上げ、上部にあるプレート(押込板)によってゴミを積込む仕組みです。 この回転板式のゴミ収集車はゴミや汚水の飛び散りや戻りが少ないので生ゴミや水気が残る缶などの回収に適しています。 圧縮板式のゴミ収集車の仕組み 圧縮板を使用した仕組みのゴミ収集車は、テールゲート内にあるプレスプレートとプッシュプレートの2種類のプレートによってゴミを圧縮して小さくなったゴミを積込む仕組みです。 家具や大きな電化製品なども圧縮できる強い力のあるプレスプレートにより産業廃棄物処理回収用に適しています。 荷箱回転式のゴミ収集車の仕組み 荷箱回転式の仕組みのゴミ収集車は、コンクリートミキサー車のような円形のドラムを回転させながら、ゴミを積み込む仕組みです。 この箱回転式のゴミ収集車は狭い路地にあるゴミの回収に適していますが、現在は回転板式のゴミ収集車・圧縮板式のゴミ収集車が主流であまり見かけないゴミ収集車です。 ゴミ収集車の積載量やサイズは ここでは、あまり知られていないゴミ収集車の仕組みと構造について説明します。 ゴミ収集車の構造は、ゴミを車両から排出する仕組みを持つ排出板、ゴミを圧縮する仕組みを持っている回転板(プレスプレート)、プレスプレートを調整するための操作パネル、生ゴミから出る汚水を貯める汚水タンクで構成されています。 ゴミを車両から排出する仕組みを持つ排出板とは ゴミを車両から排出する仕組みを持つ排出板とは、回転板(プレスプレート)で圧縮されたゴミを荷箱の奥から外へ押し出す仕組みになっているのが排出板です。 回転板(プレスプレート)とは 回転板(プレスプレート)がゴミを圧縮する仕組みは、ゴミ圧縮するというよりは、ゴミを重ねていくイメージです。 ゴミ収集車の投入口に放ったゴミを回転板がかき込みながら同時に押し込み板で奥に詰めていくという仕組みです。 汚水タンクとは ゴミ収集車での作業の注意点として、プレスプレートとプッシュプレートの2種類のプレートによってゴミを圧縮する仕組みの圧縮板式のゴミ収集車は、圧縮力が強力なのでプレスプレートに巻き込まれて怪我をしないような注意が必要です。 事例としてゴミ収集車にゴミを収集していた作業員がゴミを投入するエリアに誤って転落した事故などが報告されています。 この事例では、ゴミを収集していた作業員が一人だったためにゴミ収集車の備えてある緊急停止ボタンを押す人がいなかったことが原因で起きた事故です。 ゴミ収集車は火災が起きやすい ゴミ収集車が回収するものは、生ゴミや木材などの一般的なゴミとライターやガスボンベ缶・スプレー缶などといった火気厳禁の危険なものまで回収するため、もし排出されたガスボンベ缶・スプレー缶などにガスが残っていると爆発による火災事故が発生する可能性があるので注意が必要です。 ゴミ収集車の豆知識.

次の

わかりやすく説明!パッカー車の比較6サイト

ゴミ収集車 構造

このページの目次• それぞれについて特徴などを見てみましょう。 プレス式ゴミ収集車 プレス式のゴミ収集車は、家庭用のゴミ収集車として活躍しており、町で一番見かけることの多いタイプのゴミ収集車です。 一般的に2トン車が使用され、おおよそ1? 4トン程度のゴミを1度に収集することが出来ます。 どうやったら、そんなにたくさんのゴミが入るんだ?と思いますよね。 そのカラクリは、以下の図の様に2段階に分けて大きな力でプレスすることで、ゴミを圧縮して奥に詰め込んで回収している点にあります。 出典:) 回転板式ゴミ収集車 回転板式のゴミ収集車は、2枚の回転プレートを使ってゴミをかき込んだ上で奥に押し込むことで回収をしていきます。 出典:) プレス式と比べると力が弱めとなっています。 ぱっと見た感じプレス式と違いが分かりにくいので、町を走っていても気付かないかもしれないですね。 荷箱回転式ゴミ収集車(ロータリー車) 荷箱回転式のゴミ収集車は内部にある円形のドラムを回転させ、ゴミを巻き込む方法で収集をするタイプです。 (出典:) ゴミの連続投入をすることが可能で、また、汚水が飛び散る事もないというメリットがあります。 さらに後述しますが、このタイプのゴミ収集車には回転板が無いので巻き込み事故の危険がなく安全性が高いです。 メリットの多いロータリー車ですが、積載能力が他のタイプよりも低めなのであまり使用されることがなく、町で見かけたことがある方はあまりいないかもしれませんね。 要は、「集めたゴミをどのようにゴミ収集車から出すか」で分類しています。 押し出し方式• ダンプ方式 押し出し方式は集めたゴミを、奥の方から押し出す事で外に排出する方式です。 一方のダンプ方式は、ダンプカーが土などの運搬物を排出するときと同じ様に、ゴミの入っているタンクごと傾けてゴミを排出する方式です。 何れも下のイラストを見ると分かりやすいですね。 出典:) 悲惨な事故に繋がるケースも ゴミ収集車はかなり強い力でゴミを押しつぶして集めていきます。 家庭用家具等であれば簡単に潰してしまうくらいの力がかかっています。 つまり、一歩間違えるとゴミ収集の作業員や近くにいた人は機械に巻き込まれて悲惨な事故に繋がる可能性を秘めているという事です。 実際に機械に巻き込まれ即死となった事故が、年に数件程度発生しているのも事実です。 便利で生活に欠かせないゴミ収集車だけに、事故の無い様に安全に気をつけたいですね。 また、スプレー缶のガスが抜けきっていない為に、プレスしたときに爆発したり火災となるケースもよく発生しています。 これはゴミを捨てる各人が気をつけることで回避出来る事故なので、スプレー缶を捨てるときはガスを全部抜くか底に穴をあける等してから捨てるようにしましょう。

次の

ゴミ収集車の仕組み・圧縮・注意点|サイズ/積載量/はい出板

ゴミ収集車 構造

冷蔵庫やテーブルも砕いて圧縮できるんですよ ただし、ハイパワーゆえに注意点もあります! 過去には、作業員が プレスプレートに巻き込まれて押しつぶされてしまった事故がありました。 () 巻き込まれた本人は、とっさに緊急停止ボタンを押せない場合もあります。 作業員は最低でも2人、可能なら3人に増やすといった安全対策をとりましょう。 回転板式(別名:巻き込み式) 回転板式は、プレス式ほどの圧縮力はありません。 圧縮というよりは、 ゴミを重ねてまとめていくといったイメージです。 作業員が投入口に放ったゴミを回転板が荷箱へかき込み、押し込み板で奥に詰めていくという仕組みです。 圧縮力が弱いぶん 積める容量は少なめで、長い鉄製品などが混ざると回転板が停止してしまいます。 そのため粗大ゴミには不向きなものの、小さなゴミであれば十分に収集できます。 剪定作業後の小枝の収集などに最適なので、 造園会社からのお問い合わせは多くなっています。 回転板式に適したゴミ• 家庭ゴミ• 事業ゴミ• 木くず• 繊維くず…etc. ロータリー式(別名:荷箱回転式) ロータリー式は、 大きな円柱型ドラムがゆっくり回りながらゴミを荷箱へ押し込んでいきます。 このタイプは常にドラムが回っているため、 ゴミを続けて投入できるという点がメリット。 現場からは「小さな回転板のようにゴミをかき込むわけではないので、汚水が飛び散らない」「シンプルな構造だから清掃しやすい」という声があがっており、 作業員にとっては扱いやすい車両として重宝されています。 しかし3種類の中で圧縮力はもっとも弱く、 積めるゴミの容量が少ないため運送効率が良いとは言えません。 たくさんのメリットはあるものの、最近は中古トラック業界でもあまり見かけなくなりました。 ロータリー式に適したゴミ• 家庭ゴミ• 汚水を含むゴミ…etc.

次の