剣盾 キャラランク。 ランク世界一が教える最強ポケモンランキング最新版!【ポケモン剣盾/バンビー】

【ポケモン剣盾】ランクバトルのルール詳細とバトルスタジアム解説【ポケモンソードシールド】

剣盾 キャラランク

また、折角の対戦できる時間を記事作成に使ってしまった…。 でも、やりたいことはやりたいときにやるのが1番なんですよね。 【その他のキャラ雑感記事】• 炎 火傷状態になることがないため、実は物理アタッカーの方がお得な属性である。 ちなみに キョダイゴクエンのダメージを受けないが、 ステルスロックのダメージは2倍になってしまう。 また、固有技の 火炎ボールは 命中90で フレアドライブと同等の 威力120の 接触判定がないため、 キングシールドや 鉄の棘、 ゴツゴツメットの影響を受けない。 【エースバーンの定番技構成】• 拘りスカーフ( 火炎ボール/ 跳び膝蹴り/ アイアンヘッド/ 蜻蛉帰り)• 拘り鉢巻( 火炎ボール/ 跳び膝蹴り/ 不意打ち/ 蜻蛉帰り)• 命の珠,達人の帯,突撃チョッキ( 火炎ボール/ 跳び膝蹴り/ 飛び跳ねる/ 不意打ち)• チイラの実( 火炎ボール/ 不意打ち/ ビルドアップ/ 身代わり) ちなみに従来の炎ポケモンと違って 鬼火は 覚えられない。 また、ハンドはタブーなのか、 雷パンチは覚えられず、電気属性の攻撃技は エレキボールを採用しなければならない。 そのため、威嚇特性の ギャラドスにはやや苦戦することになる。 同じ特性を持っている キュウコンと比べて 素早さが遅すぎるため、 雨降らし、 砂起こし、 雪降らし特性のポケモンと同時に場に出たときに天候を残し易い。 【コータスの定番技構成】• オボンの実( 火炎放射/ ボディプレス/ ステルスロック/ 欠伸)• 木炭( 噴火/ 噴煙/ ソーラービーム/ 地割れ)• 水 昔からあまり耐性には恵まれていない属性だと思っているが、 ウオノラゴンや ガラルヒヒダルマの登場によって意外と馬鹿にはできなくなったようにも感じている。 水属性の攻撃技自体は 水、 草、 ドラゴンに半減されるが、主に ウオノラゴンの影響で、 貯水や 呼び水、 乾燥肌特性のポケモンを見かけることが増えた印象があり、以前ほど攻撃の通りの良さは感じられない。 その他のフェアリーポケモンとは違って鋼弱点を持たないため、 サザンドラ対策として非常に優秀である。 【アシレーヌの定番技構成】• 拘りスカーフ( ムーンフォース/ 泡沫のアリア/ エナジーボール/ ハイドロカノン)• 気合の襷( ムーンフォース/ 熱湯/ 円らな瞳/ アクアジェット)• 拘り眼鏡( ムーンフォース/ 熱湯/ サイコキネシス/ ハイドロポンプ)• 突撃チョッキ( ムーンフォース/ 熱湯/ エナジーボール/ アクアジェット)• 食べ残し( ムーンフォース/ 熱湯/ 瞑想/ 身代わり)• オボンの実( ムーンフォース/ 熱湯/ 滅びの歌/ 渦潮) 現在の対戦環境で人気のある TOP5とそれなりに交戦のできる強さを持っている頼もしいポケモンだが、 ナットレイだけはダイマックスを切るか、 滅びの歌や アンコールのような搦手を使わないと突破がやや難しい。 ただし、決して攻撃的なダイマックス技ではないため、積極的に切って強いわけではない。 特性はキョダイラプラス自身で戦うことを重視するなら、壁の効果を無視する急所に当たらなくなる シェルアーマーか、 ダイストリームで発生させた雨によって状態異常を回復できる 潤いボディになる。 そうでなければ、 ウオノラゴンに強くなる 貯水が便利。 【ラプラスの定番技構成】• 食べ残し( 泡沫のアリア/ フリーズドライ/ 身代わり/ 地割れ)• 弱点保険,光の粘土( 泡沫のアリア/ フリーズドライ/ 雷/ 絶対零度)• 突撃チョッキ( 泡沫のアリア/ フリーズドライ/ 地割れ/ 氷の礫) ドラパルト、 トゲキッス、 ドリュウズなど比較的人気のあるポケモンには強めだが、 ミミッキュにはそれほど強くなく、 ドレインパンチで体力を吸収されたり、 呪い 痛み分けなどでいいように粘られてしまうことが多い。 ニンフィアと同様、 欠伸の使い手としては 特殊攻撃技をメインとし、 鬼火を持った ドラパルトは勿論、 アーマーガアにもあまり苦戦しないところが最大の長所である。 【シャワーズの定番技構成】• 食べ残し( 守る/ 欠伸/ 冷凍ビーム/ 波乗り)• 食べ残し( 熱湯/ 欠伸/ バトンタッチ/ 身代わり) -。 ただし、 ウオノラゴンや ガラルヒヒダルマ対策としては 火炎珠の発動タイミングさえミスしなければ信頼できる。 シーズン4から 絶対零度を覚える ラプラスが急増し、ほぼほぼ見かけなくなってしまっている。 【ミロカロスの定番技構成】• 火炎珠( 熱湯/ 凍える風/ 黒い霧/ 自己再生)• 達人の帯( 熱湯/ チャームボイス/ 黒い霧/ 自己再生) ちなみに ガオガエンの解禁で 勝ち気の発動機会は若干増えたが、 ガオガエンへの 交代 読み 交代で、 自分の交代前が 相手の交代前よりも早い必要がある。 【ウオノラゴンの定番技構成】• 拘りスカーフ( エラ噛み/ サイコファング/ 寝言/ 逆鱗)• 拘り鉢巻( エラ噛み/ 寝言/ 逆鱗/-) 先発ダイマックスアタッカーと ミミッキュの トリックルームと組み合わせるものが一時期流行ったが、 トリックルームに強めの 欠伸& 守る型の カビゴンや 貯水特性の ラプラスの流行で、あまり見かけなくなっている。 【オニシズクモの定番技構成】• 突撃チョッキ( アクアブレイク/ 飛び掛かる/ ミラーコート/ 虫食い)• 潮のお香( アクアブレイク/ 飛び掛かる/ ミラーコート/ ねばねばネット) ウオノラゴンと差別化できるポイントは 火傷にならないことだと思われるが、現状 オニシズクモでなければならない理由があまり見つからない。 ガマゲロゲや ルンパッパと比べて ギャラドスにあまり苦戦しないところが大変優秀である。 【カジリガメの定番技構成】• 命の珠( アクアブレイク/ 諸刃の頭突き/ 馬鹿力/ 剣の舞)• 気合の襷( アクアブレイク/ 諸刃の頭突き/ カウンター/ ステルスロック) -。 アシレーヌの解禁が向かい風である。 叩き落とすが特に強力であり、受け出しから対応するのは難しい。 【シザリガーの定番技構成】• 気合の襷( クラブハンマー/ 叩き落とす/ 剣の舞/ アクアジェット) 先発で登場させて荒らすか、 追い風や トリックルーム要因のポケモンを組み合わせて繰り出すかのどちらになりがちである。 耐久力は ドラパルトの特化 ドラゴンアロー耐えまで調整していることが多いが、 拘り鉢巻持ちなら簡単に調整を崩すことができる。 今作から同じ 天然特性の ヌオーが覚えられない ミラーコートを覚えられるようになっている。 同じ特性の ヌオーよりも弱点は多いものの、耐久力はでは上回っている。 【ナマコブシの定番技構成】• 食べ残し( 守る/ 毒毒/ 水浸し/ 自己再生) ダメージソースは 毒毒のみであるため、 水浸しや 胃液も無効化する 身代わりを繰り出されると詰んでしまいやすい。 また、 胃液は技スペースの関係で採用できないことが多く、 マジックガードや 免疫特性のポケモンでの対策が使用しやすい。 また、 火炎珠持ちの ミロカロスなども障害となり易い。 ちなみに 天然特性は 型破りにも無効されてしまうため、 毒毒を仕込むまでに 水浸しを挟む必要のある ドリュウズの 剣の舞から突破されてしまい易い。 ドラゴン 第6世代で フェアリーが台頭するまでは最も攻撃の通りが良かった属性であるが、 ミミッキュを筆頭に強力なフェアリーポケモンが第7世代で多数台頭して今ではそれほどでもなく、 逆鱗や 流星群もそのリスクをより考慮して使わなければならない。 防御面では 炎・ 水・ 電気・ 草を半減でき、フロスト以外の 家電ロトム全般に強めであるところは第5世代の ラティオスの頃から相変わらずである。 【サザンドラの定番技構成】• 拘りスカーフ( 悪の波動/ 流星群/ 大文字/ 蜻蛉帰り)• 拘り眼鏡( 悪の波動/ 流星群/ 大文字/ ラスターカノン)• ラムの実( 悪の波動/ 流星群/ 悪巧み/ ラスターカノン) ドラパルトの持ち物が判明するまで窮屈な動きを強いられるポケモンであるが、ドラパルトと対面したときに ドラパルトサイドは ドラゴン属性の攻撃技か 蜻蛉帰りしか選べないため、裏に アシレーヌのような フェアリーポケモンを用意しておいて、交代したときに相手が居座れば、 拘りスカーフや 気合の襷であると見当が付く。 また、同時に交代を選択した場合で、自分が 拘りスカーフのときに相手が後攻だった場合は相手の持ち物に 拘りスカーフがないことが分かる。 ただし、相手にこちらの サザンドラが 拘りスカーフ装備であることもバレてしまう。 シーズン4で アシレーヌが解禁になって オノノクスよりも1だけ 素早さが高い サザンドラが減少傾向にあるため、やや動かし易くなっている。 【オノノクスの定番技構成】• 拘りスカーフ( 逆鱗/ インファイト/ 地震/ アイアンテール)• ラムの実( ダブルチョップ/ アイアンテール/ 竜の舞/ 地震)• 命の珠( インファイト/ アイアンテール/ 竜の舞/ 逆鱗) オノノクスの対策側に回ると持ち物の判別ができない点が厄介であり、 威嚇特性の ギャラドスなどで相手に 逆鱗を打たざるを得ないようにしながら、保険として フェアリーポケモンを控えさせて対策するのがベストのような気がする。 ちなみに特殊耐久力はあまり高くなく、できることなら 氷、 ドラゴン、 フェアリーの特殊攻撃技で早々に殴り倒したい。 特性は 草食であることが多いが、もともと半減できるため、草属性の攻撃技に対して発動機会は多くない。 どちらかと言えば、 家電ロトムと相性の良い ナットレイの 宿木の種を無効化するための特性と言えるだろう。 そのほか、 眠り粉のような草属性の変化技にも有効である。 【ヌメルゴンの定番技構成】• 突撃チョッキ( 竜の波動/ 10万ボルト/ 火炎放射/ アシッドボム) 純ドラゴンの オノノクスと比べて 特殊耐久力が凄まじく高く、 物理攻撃技で殴ることがお勧めである。 特に ミミッキュには背中を向けやすい。 氷 凍り状態にならず、 絶対零度と 霰のダメージを受けない…という今となってはあまりパッとしない長所しか持たない属性である。 フェアリーの台頭によってドラゴンに強い数少ない属性としての魅力は薄れつつあるが、 飛行ポケモンが今作で大幅強化されたことにより、対戦で氷属性の攻撃技が刺さる場面は増えたような気がしないでもない。 拘り鉢巻と同じ効果のある 五里霧中特性がシングルバトルでは定番であり、同じリスクを持った 拘りスカーフ若しくは 拘り鉢巻を巻いて採用することがほとんどである。 体力が半分になるとフォルムチェンジする ダルマモード特性の ガラルヒヒダルマは通常の ガラルヒヒダルマの動きを装って意表を突く目的で使われる。 【ガラルヒヒダルマの定番技構成】• 拘りスカーフ( 氷柱落とし/ 馬鹿力/ フレアドライブ/ 蜻蛉帰り)• 拘り鉢巻( 氷柱落とし/ 馬鹿力/ 地震/ 蜻蛉帰り)• 気合の襷( 氷柱落とし/ 馬鹿力/ 炎のパンチ/ 欠伸) ガラルヒヒダルマの対策は 厚い脂肪特性の カビゴンの 守ると ミミッキュのような ゴーストポケモンで対策するのがベストだが、 馬鹿力を守られた瞬間に 交代 読み 交代を決められることがある。 また、ナイスフェイス状態のときに天候が 霰になると アイスフェイスに戻り、物理攻撃技のダメージをもう一度無効化することができる。 なお、フォルムチェンジを見越して 素早さは最速にしていることが多い。 【コオリッポの定番技構成】• オボンの実( 氷柱針/ 諸刃の頭突き/ 思念の頭突き/ 腹太鼓)• 特殊攻撃技でフォルムチェンジを封じて殴り倒すか、 欠伸などの 変化技での足止めでの対応がベスト。 同じ特性の ユキノオー、 バイバニラよりも 素早さが高く、 オーロラベールの恩恵を 繰り出しターンから受け易い。 【アローラキュウコンの定番技構成】• 光の粘土( ムーンフォース/ フリーズドライ/ オーロラベール/ 絶対零度) 気合の襷や 弱点保険を持たせたものもランクマッチで見かけるが、 光の粘土持ちがランク上位帯では多いようである。 アローラキュウコン自体は鋼属性の攻撃技に物凄く弱く、壁込みでもそれほど苦戦はしないが、裏の積みエースポケモンをどのように処理するかを考えて選出したい。 欠伸& 守るで時間を稼いだり、 すり抜け特性のポケモンで対応するのも有効。 氷4倍弱点のポケモンもほぼおらず、現状は マンムーでなければならない必要性が薄い。 今後のDLCで ガブリアス、 ランドロス、 ボルトロスが解禁されるとこれまでより需要が高まりそうである。 【マンムーの定番技構成】• 気合の襷( 地震/ 氷柱針/ ステルスロック/ 氷の礫)• 【パルシェンの定番技構成】• 気合の襷,命の珠( 氷柱針/ ロックブラスト/ 殻を破る/ 氷の礫)• 王者の印( 氷柱針/ ロックブラスト/ 殻を破る/ 身代わり) ただし、 厚い脂肪特性の カビゴンがとても厄介であり、 火炎珠持ちの ミロカロスや 天然特性の ナマコブシなども天敵中の天敵になる。 鋼 タイプ耐性が最も多く、 ドラゴン属性の攻撃技を半減できる数少ない属性であることが魅力だったが、最近は フェアリーの台頭で、それに有効打を与えられる数少ない属性ということが魅力の1つになっている。 また、 毒や 砂嵐のダメージを受けない。 弱点は 格闘と 地面のみであり、どちらも物理攻撃技で繰り出されることが多い為、あまり弱点が気にならないポケモンにも感じられる。 しかし、その反面 特殊耐久力は絶望的に低く、 水、 電気、 エスパーなどを半減できたとしても大ダメージを受けてしまいかねない。 そのような理由から カビゴンや ギャラドスのような物理攻撃技をメインとするポケモンの対策として起用されることが多い。 特性は ライトメタル (20. 0kg/けたぐり被弾40)、 筋金入り (40. 0kg/けたぐり被弾60)、 ヘヴィメタル (80. 0kg/けたぐり被弾80)の3種類から選択となり、体重関連の被弾ダメージを考慮して選択することになるが、 カビゴンの ヘビーボンバー及び ヒートスタンプの威力は ヘビィメタルを採用しても被弾威力が変わらないため、シングルバトルでは被弾する けたぐりの威力が小さくなる ライトメタルほぼ一択となる。 【ジュラルドンの定番技構成】• 喉スプレー( ラスターカノン/ 10万ボルト/ 金属音/ 悪の波動)• バンジの実( 竜の波動/ ラスターカノン/ 鉄壁/ ボディプレス)• 弱点保険( ラスターカノン/ 10万ボルト/ 悪の波動/ 流星群)• 突撃チョッキ( ラスターカノン/ 10万ボルト/ 岩石封じ/ 流星群)• 食べ残し( ラスターカノン/ 10万ボルト/ 身代わり/ 流星群) 弱点が 格闘と 地面しか存在しないが、等倍の ゴースト、 炎、 氷、 ドラゴン、 悪、 フェアリーの 特殊攻撃技で殴りつけた方が素早く攻略できるといったことも少なくない。 地震は ボディプレスに取って代わられ、あまり採用され易くなったため、 ギルガルドや ニダンギルに対してかなり苦戦するようになっている。 これらのポケモンと当たった場合は敢えて選出を避けることも作戦の内である。 【ハガネールの定番技構成】• 食べ残し( ヘビーボンバー/ ボディプレス/ 鉄壁/ ドラゴンテール)• カゴの実( ジャイロボール/ ボディプレス/ 鉄壁/ 眠る)• フィラの実( 地震/ ボディプレス/ 鈍い/ ジャイロボール) なお、特性は カビゴンの 地割れを無効化する 頑丈一択であり、ダイマックスアタッカーの足止めにも役に立つ。 攻撃技は 物理攻撃力を無振りで トゲキッスを倒せる ジャイロボール、全振りで トゲキッスを倒せる ヘビーボンバーの二択になる。 どう考えても前者の方がお得だが、トゲキッスには エアスラッシュで6割の確率で怯ませてから 火炎放射で倒されてしまうので、あまり対 トゲキッス性能はアテにはならない。

次の

剣盾シングルキャラ雑感:格闘・フェアリー・毒・エスパー・虫

剣盾 キャラランク

剣 盾 鎧となる前に取り敢えず終わらせましょう。 そんなわけで最後。 【その他のキャラ雑感記事】• 格闘 飛行、 フェアリー、 ゴーストポケモンが強い対戦環境であるため、あまり活躍のチャンスがない。 ただし、 ゴーストポケモン増加の影響で ノーマルや 悪ポケモンが、 飛行ポケモン増加の影響で 岩や 氷ポケモンが対戦環境に増えているので 格闘属性の攻撃技自体は活躍のチャンスが拡がっている。 54倍)で、 雷パンチや 冷凍パンチといったサブウエポンの火力がほぼ同等となり、 物理攻撃力に特化するとこれらの補正で、耐久無振りの ドラパルトや トゲキッスを1発で倒すことができる。 なお、 竹箆返しについては(初登場した第4世代と違って)相手の受け出し時には後攻扱いとならず、威力が倍にならないため、受け出してきた ドラパルトを1発で倒すことができず、 冷凍パンチの採用が必要になる。 ローブシンは HPに全振りした程度では ドラパルトの 拘り眼鏡装備の 流星群で1発で倒れてしまうので、 突撃チョッキ装備でもなければ 竹箆返しの採用は選択肢に入ってこない。 【ローブシンの定番技構成】• 火炎珠,命の珠( ドレインパンチ/ 雷パンチ/ 冷凍パンチ/ マッハパンチ)• 突撃チョッキ( ドレインパンチ/ 雷パンチ/ 竹箆返し/ マッハパンチ) ローブシンの技構成は、 カビゴンや ブラッキーの 欠伸に強い 火炎珠装備のものが多いが、 ゴーストや 飛行ポケモンに対して 交代読みで圧力をかけなければならないため、読み外したときの 火炎珠のスリップダメージが重くのしかかり易い。 また、 カビゴンを捨てて 化けの皮の残った ミミッキュの 剣の舞の起点にされてしまうことが多く、 ミミッキュの対策が完璧にできるポケモンを裏に用意しておかないとなかなか活躍させることができない。 第6世代から有名な並びである サザンドラ& ギルガルドにとても強い。 急所ダメージは壁の効果も無視するため、 ラプラスの キョダイセンリツにもそれなりに強いが、 ラプラスが シェルアーマー特性だった場合は急所に当たらず、 弱点保険で切り返されるので注意したい。 【ネギガナイトの定番技構成】• 長葱( インファイト/ リーフブレード/ 毒突き/ フェイント)• 気合の襷( インファイト/ カウンター/ 命懸け/ フェイント) ちなみに見かけ通り耐久力は高くないので、 拘り眼鏡装備の ドラパルトの 流星群などで大ダメージを押し付けて先手で倒すことが望ましい。 命の珠を装備させれば、耐久無振りの トゲキッスも ダイサンダーで1発で倒せる。 剣の舞を1回積めれば、それらにダイマックスを切られても1発で倒せるということになる。 【ルチャブルの定番技構成】• ラムの実,命の珠( ブレイブバード/ インファイト/ 雷パンチ/ 剣の舞) ただし、 鬼火や 欠伸に弱い為、 命の珠を諦めて ラムの実を装備させていることも多い。 鬼火や 欠伸を覚えたポケモンと後発にダイマックス権のある フェアリーポケモンを用意するのが対策としては無難だろうか。 ちなみに今作の特性は、これまでの不屈の心と違って、威嚇が無効で、怯みの発生しない精神力が定番となっている。 【ルカリオの定番技構成】• 気合の襷(インファイト/コメットパンチ/雷パンチ/バレットパンチ)• 拘り鉢巻( インファイト/ コメットパンチ/ 地震/ バレットパンチ)• 電気珠( 鉄蹄光線/ 命懸け/ 投げ付ける/ 岩石封じ)• 拘り眼鏡( 気合玉/ 命懸け/ 鉄蹄光線/ 真空波) 雷パンチや 冷凍パンチを覚えさせて攻撃範囲を拡げたり、 剣の舞や 悪巧みのような積み技を積むものなどもランクマッチで見かけるが、 ルカリオで好成績を叩き出している人ほどそういった技は採用していないようである。 ちなみに 命懸けは自分が瀕死になる代わりに自分の現在HP分の固定ダメージを与える技であり、最大HP157の ドヒドイデなどを共倒れにするような形で使われるらしい。 フェアリー 第5世代まで攻撃の通りが最もよかった ドラゴンのキラーとなる属性。 ミミッキュや トゲキッス、 アシレーヌなどは複合属性の項目で紹介したが、今作でも非常に信頼のおける属性である。 また、 ドラゴン以外にも 悪と 格闘ポケモンに対して攻撃面でも防御面でも強く、苦手な 毒と 鋼に対しては攻撃面でも防御面でも弱い為、 強い相手と弱い相手がハッキリしている属性である。 オーロンゲや アローラキュウコン、 ラプラスなどのいかにも壁貼り展開をしてきそうなものと組み合わされている場合は大体 天然特性であることが多いだろうか。 【ピクシーの定番技構成】• 命の珠( ムーンフォース/ 10万ボルト/ 火炎放射/ 草結び)• アッキの実( ムーンフォース/ 火炎放射/ 瞑想/ 月の光)• 火炎珠( ムーンフォース/ ステルスロック/ トリック/ 月の光)• 食べ残し( 守る/ 願い事/ ステルスロック/ ムーンフォース) どちらかと言えば、 天然で要塞化する ピクシーの方が対応が難しい為、一撃必殺技や滅びの歌を覚えられるポケモンで対応すると良い。 特に 火炎珠& トリックで大きくパワーダウンしない ラプラスの人気がある程度高い背景にこのポケモンの評価の高さがあると言っても過言ではない。 サザンドラ対策としてより優秀な アシレーヌ解禁以降は 突撃チョッキや リリバの実を持たせたものは少なく、ほぼ 食べ残し持ちの 欠伸& 身代わり型しか見かけなくなっている。 身代わりは マジカルフレイムを アーマーガアに対して打ったときの ミラーアーマー対策になるため、ほぼ必須である。 【ニンフィアの定番技構成】• 食べ残し( ハイパーボイス/ マジカルフレイム/ 欠伸/ 身代わり) 特性は フェアリースキンであることがほとんどだが、 パンクロックや 地獄突きを意識するなら ムーンフォースにして メロメロボディの採用も(火力は落ちてしまうが)なくはない。 なお、 炎ポケモンに対しては攻撃が通りづらい。 毒 フェアリーのキラーとなる属性だが、同じ条件を持った 鋼ポケモンに対して 毒属性の攻撃技が無効化されることもあってあまり対戦ではメジャーな属性になり切れていない。 ちなみに 毒ポケモン自体は毒(猛毒)を受けず、毒毒の命中が必中化し、ゴーストダイブや飛び跳ねるなどで身を潜めている相手も確実に猛毒を仕込むことができる。 また、持ち物の 黒いヘドロを 食べ残しと同じ効果にして採用することができる。 隠れ特性の 再生力と 毒無効がとても強力であり、 免疫や マジックガード特性のポケモンを採用していないとなんだかんだで苦戦しやすい。 最近は 悪巧みを覚えた トゲキッスをダイマックスして返り討ちにする 突撃チョッキ型なども存在する。 【ドヒドイデの定番技構成】• 黒いヘドロ( 熱湯/ 毒毒/ トーチカor 黒い霧or 身代わり/ 自己再生)• 突撃チョッキ( 熱湯/ ヘドロ爆弾/ 冷凍ビーム/ 祟り目) 具体的な対策の方法としては、 一撃必殺技で倒す、 命懸けで倒す、 渦潮& 滅びの歌で倒す、 腹太鼓などを積んで倒す、 挑発で 変化技を封じる、 身代わり& 痛み分けで抗戦する、 眠るを覚えたポケモンで戦うなどがある。 ただし、フォルムチェンジに関わる特性( 化けの皮や アイスフェイス、 バトルスイッチ、 ARシステムetc. )は無効化することができない。 【ガラルマタドガスの定番技構成】• 達人の帯( ワンダースチーム/ ヘドロ爆弾/ 大文字/ 10万ボルト)• 黒いヘドロ( ワンダースチーム/ 大文字/ 毒毒/ 守る) 攻撃力も耐久力もあまり高くはない為、特性に依存しないポケモンであれば、あまり攻略するのは難しくない。 エスパー 毒と格闘があまり対戦で見かけないので強いわけがない残念な属性。 強かったのは攻撃の通りがとてもよかった第1世代の頃だけである。 ただし、攻撃手段は コスモパワー一本なので 剣の舞や 悪巧みを覚えた 悪ポケモンの切り返しに注意を払わなければならない。 【ゴチルゼルの定番技構成】• 拘りスカーフ( アシストパワー/ コスモパワー/ トリック/ 眠る)• カゴの実( アシストパワー/ コスモパワー/ 挑発/ 眠る)• 虫 悪、 草、 エスパーに対して攻撃的に強いが、対戦で虫属性の攻撃技をほぼ 蜻蛉帰りしか見かけない程度にあまり使われない。 おまけに ダイジェットが強力な飛行ポケモンにとても弱いという点がかなり痛い。 弱点が 炎のみであるため、奇跡的にもダイマックスと相性が良い。 同じ特性の パッチラゴンとは違って ダイスチルと鋼属性によって ミミッキュにも止められ辛い。 タイプ:ヌルや ガオガエンの後攻 蜻蛉帰りで有利対面を作るか、 オーロンゲの 光の壁や リフレクターで援護して採用されることが多い。 【アイアントの定番技構成】• 命の珠( 出会い頭/ アイアンヘッド/ 馬鹿力/ 雷の牙)• 気合の襷( 出会い頭/ アイアンヘッド/ 馬鹿力/ 岩雪崩) ただし、特殊耐久力は絶望的な低さであるため、 アイアントに先手の取れる 炎属性の特殊攻撃技を覚えたポケモン(ドラパルトetc. )で対策されることが多い。 Gold.

次の

【ポケモン剣盾】ポケソルキャラランクメーカー使い方解説! #PCR

剣盾 キャラランク

使用率集計 『ランクマッチ シングルバトル』の『マスターボール級』にて1000戦行い、対戦相手の使用ポケモンを集計しました。 順位 ポケモン名 採用数 採用率 変動 1位 ドリュウズ 443 44. 元採用率1位のミミッキュに強いだけでなく、 強力なダイマックスであるバンギラスやトゲキッスにも「ダイロック」+「すなかき」や「ダイスチル」の防御上昇を駆使して勝てるため、現環境の中心ポケモンと言っても過言ではなさそうです。 また、「アイアンヘッド」や「つのドリル」など 確率で負け試合を覆す能力も持っているため、ただただハイスペックであると言えます。 現在は「みがわり」+「チイラのみ」の型がほとんどですが、夢特性が解禁されれば様々な型が現れると予想されるので、まだまだ伸びしろのあるポケモンです。 ただし、最近では「ラムのみ」持ちをかなり多く見かけるため、安易な行動を取ると取り返しのつかない状況になってしまいます。 弱点の少なさに加え 「あくび」で同一ポケモンの連続した攻撃を許さないため突破が難しい点が強力ですが、絶妙な数値の足りなさとカバルドン同様不意の「ラムのみ」で崩されがちです。 これまではドヒドイデと組んで電気受けを担っていましたが、そもそも受け構築が減っていることやその役割をヌオーに奪われたこと、また最近流行りの 「ちょうはつ」アーマーガアに起点にされてしまうことが原因であると考えられます。 前述した通りエースバーンが増えたことや特殊ドラパルトの増加、 先にダイジェットを使われていると1度も動くことなく上から倒されてしまうなどの弱点を使用者が痛感し手放していった結果なのではと考えられます。 Sランク ミミッキュ 採用率1位の座から落ちたとは言え、前回のキャラランクから変わらずのSランクです。 自身より遅いポケモンばかりで「ダイホロウ」の防御ダウンを押し付けた崩しが強力なのは変わらずですが、発売から十分な時間が経ちダイマックスの強力さが浸透したため、特性「ばけのかわ」でダイマックスターンを確実に稼げる点がこれまで以上に評価されるようになりました。 以前までは「いのちのたま」持ちの"じゃれつく・シャドークロー・かげうち・つるぎのまい"型ばかりでしたが、最近では 「のろい」型やゴースト技をターンの稼げる「ゴーストダイブ」に変えた型などが登場し、今まで以上に対処しにくいポケモンになりました。 アーマーガア 前作までの物理受けポケモンの代表であるエアームドと同タイプであるためその考えに引っ張られ受けポケモンとして見られることが多かったのですが、最近になって「 ダイジェット」を使うことで攻め側に転じられることに多くのプレイヤーが気付き、それを見据えた持ち物や努力値配分が使われるようになりました。 特に、素早さに振った「ラムのみ」持ち型で普段は「はねやすめ」で受けに回るものの、タイミングを見計らってダイマックスし「ダイジェット」で一転攻勢するといった使われ方が増えています。 Aランク トゲキッス 以前のランクから1つ落ちAランクとなりました。 広い技範囲のおかげで多くのポケモンに対して殴り合いで勝てるものの、同ランクかつ圧倒的採用率を誇るバンギラスとドリュウズに対して弱く、またそれらはこちらの交代を許してくれるような優しいポケモンではないため、ポテンシャルは高いですが 少し使い辛い環境といった印象を受けます。 一方、これまでは「じゃくてんほけん」と「ラムのみ」の2つが主流でしたが「ピントレンズ」持ちの強運型が出現し、型の多様性が生まれるといった追い風もありました。 さらに新たな型が生まれる余地のある豊富な習得技のおかげでまだまだ最強の1体に戻り得るポケモンです。 同時に、この2つの技を使用するためにサブウェポンを捨てているためロトム 水 に止められてしまうという弱点も生まれました。 ヒヒダルマ 「こだわりハチマキ」を持つことでほとんどのポケモンの受けを不可能にし、上から倒そうとしようものなら「こだわりスカーフ」でさらに上を取られ倒されてしまうという、持ち物じゃんけんを押し付けられます。 また、 パーティにいるだけで相手の選出を制限できるためそれを利用できるかどうか、プレイヤーの腕次第でかなり強さの変化するポケモンです。 サザンドラ 前回のランキングではミミッキュより速い点と受けを崩せる点が評価されSランクに君臨していましたが、受けポケモンが減ると同時に 受けパーティには露骨な対策をされ、さらには 一般ポケモンに対してダイマックスを切らないと対面から勝てることが少ないことが露見し大きく評価を落としました。 と言ってもその高い数値と一貫性の高い悪技は唯一無二のモノで、 スカーフ型による奇襲やダイマックスした時の崩しは強力なので、まだまだ一線級のポケモンであり続けるだろうと予想されます。 Cランク パッチラゴン 特性「はりきり」がダイマックス技に対して威力上昇補正だけ乗せ命中率は下げないという仕様と技「ダイジェット」によって上から高火力を押し付ける動きが強力です。 採用率の高いポケモンの多くが電気タイプに耐性がないので通るときは簡単に勝利をもたらしてくれますが、 採用率最上位のドラパルト・ミミッキュ・ドリュウズに壊滅的に弱く安定性が低いことが目立ちます。 Dランク ラプラス ドヒドイデ+ヌオーという 受け構築のテンプレに対し「みがわり」と「フリーズドライ」を駆使することで一方的に勝つことができます。 また、裏によく採用されるアーマーガアすら倒してしまうのどスプレー型なども開発され、受けキラーとしては高い性能を誇ります。 Eランク よく見る並び スタンダード• パーティにドリュウズがいた場合のミミッキュとドラパルトの同時採用率はそれぞれ41. また、ドリュウズとドラパルトは様々な型が存在し常に流行りが変化しているため、 これらを相手にするためには常に最新の情報を追うことが求められます。 ステロ展開• カバルドンのステロ欠伸展開で相手のポケモンの「きあいのタスキ」を潰した後、裏から強力な「ダイジェット」持ちポケモンを出し全抜きを狙います。 考えることが多いですが 目指すべきゴールが最初から見えているため初心者にもオススメできる構築です。 終わりに 以上がシリーズ1最後の環境調査・考察となります。 各々の目標を達成するにあたってこの情報を活用していただければ幸いです。 シリーズ2も集計を続けていく予定ですので、更新情報をチェックできる公式アカウント のフォローをよろしくお願いします。

次の