メタ認知とは。 認知行動療法を超える?「メタ認知療法」の驚きの効果は..

メタ認知とは? メタ認知能力が高い人・低い人の解説と鍛え方

メタ認知とは

メタ認知能力について、理論的に説明されてもなかなか理解できないかもしれませんね。 では、実際メタ認知能力の違いによって、どういった違いが生まれるのでしょうか。 ここでは、メタ認知能力が高い人の特徴を見ていきます。 メタ認知能力が高い人は客観的な観察ができる メタ認知能力が高いということは、自己の情動や思考の活動を客観的に捉えて評価し、制御する能力が高いということです。 つまり、自分のことを客観的に観察し、相手への気配りができるので、適度な距離感を保ちながら付き合っていくことができるのです。 そういった意味では、恋愛力が高いと言えるかもしれませんね。 非認知能力とはメタ認知が低いということ 非認能力というものは、つまりメタ認知能力が低いということです。 非認知能力とは、自分が周りからどう見られているのか把握できていない能力を指します。 自己中心的な考え方で、ある物事において他社との認識がズレていても、自分が正しいと思い込んでしまう傾向にあります。 そのため、非認知能力がある人は、周りからは空気が読めない人と判断されてしまうのです。 メタ認知能力を鍛える方法 メタ認知能力が非常に重要な役割を果たしていることを理解していただけたでしょうか? それでは、メタ認知能力を鍛えるためには何をしたらよいのかを説明していきたいと思います。 メタ認知能力を鍛えることで、仕事はもちろん、私生活でも充実した日々が送れるようになるはずです。 自分の行動に意識を向け、できること、できないことを知る メタ認知能力を鍛えるために、無意識に行っていたことも、それが何なのか意識を向けることで、自分にできること、できないことを把握することが大切です。 自分の能力に目を背けず、現状の能力の限界を知ることで、衝動的にならず次の行動に移る際に選択することができるようなります。 自分の欲求を知り、やりたいこと、やりたくないことを区別する 自分の心と実際の行動とを結びつけるために鍛える練習です。 自身をモニタリングし、コントロールすることができるようになれば、周りに左右されずに冷静な判断を下すことができます。 そして、その行動が正しかったか、正しくなかったかを客観的に分析して、評価し、改善していくようにします。 文書化および会話をする 自分の内側の感情をアウトプットし、客観的に自分を見つめ直すことが重要です。 自分の気持ちや考えを日記やブログで文字に起こすことで自分の状態を客観的に把握することができます。 また、日常会話とは少し違った、もう少し深い内容の話をすることも鍛える方法としておすすめです。 読んだ本の感想を言ったり将来の夢を語ったり、いつもより時間をかけて会話をすると感情が整理され、鍛えることができます。 今注目されている非認知能力.

次の

【メタ認知特集:前編】今話題の“メタ認知”。仕事に活かせる3つの理由とは?

メタ認知とは

メタ認知 メタ認知という言葉をご存知でしょうか? 今日は「メタ認知」について解説していきます。 ウィキペディアでは「メタ認知」のことを次のように解説しています。 「メタ認知」とはとは認知を認知すること。 人間が自分自身を認識する場合において、自分の思考や行動そのものを対象として客観的に把握し認識すること。 それをおこなう能力をメタ認知能力 う〜ん何を言っているのかわかりにくいので解説します。 まず言葉の意味です「メタ認知」とは「メタ(高次元な・超)」などの言葉と「認知」という言葉が合わさってできた心理学用語になります。 ちなみに心理学用語での「認知」は客観的に自分の思考や行動を認識することとなります。 ですのでメタ認知とは簡単に説明しると「高次元に自分の思考や行動を認識すること」となります。 別の表現をすれば自分の言動などを客観視できる能力となります。 または「俯瞰して自分の言動を見ることができる能力」と言えるかもしれません。 私たちは自分の行動を客観視できている場合とそうでない場合があります。 ゆっくりお風呂に入っている場合や一人でいるときなどは比較的に客観視できていると言える人もいるかもしれません。 逆に客観視できていない場合とは感情の揺れ幅が大きい場合が多いです。 例えば激しい口喧嘩した場合のことを考えてみてください。 どうして喧嘩したの?という質問に 「覚えていません」という場合はメタ認知能力が低い方つまり自分を客観視できない方の答えとして多かったります。 メタ認知能力の高い方つまり客観視できるからすると「喧嘩の原因を覚えていないなんてそんなわけないやろ〜」となります。 しかしメタ認知能力が低い方だと本当に覚えていなかったりするのです。 というのは私たちの感情の変化はとても脳に影響を与えます。 激しい感情の変化が起きると脳内ブレーキがかかり、その事象自体を記憶から外してしまいます。 人が強い心理的なショックを受けると記憶が欠落するということは周知の事実です。 ですから激しい喧嘩をした後にそもそも何で喧嘩をしていたのかさえ忘れてしまっているということを皆さんも1度くらい経験されているのではないでしょうか? メタ認知能力つまり自分の言動を客観視できる能力が高い低いは人それぞれだと思います。 どちらが良い悪いということはないと私個人的にはないと思っていますが・・・ 目標達成や夢を実現している方の多くはどちらかというと メタ認知能力が高い方が多いように思えます。 ではなぜメタ認知能力の高い方が夢や目標を達成できる割合が高いのでしょうか? メタ認知能力が高いと夢が叶いやすい? 例えば、なんとなく営業をしている方がいたとします。 結果はどうでしょうか?おそらく上手くいくときもあればそうでないときもあるでしょう。 しかし全体的に見ると思っているよりも芳しくない場合が多いでしょう・・・ その状態を繰り返したところで多少良くなるかもしれませんが結果はなかなかついてこないのではないかと想像できます。 ではメタ認知能力が高い方はどうのような考え方をするのか? 最初は一緒です。 人の能力はさほど違いはありません。 しかし仕事が慣れてからが違ってきます。 メタ認知能力の高い方は何が自分に足りなかったのか?何をどうすればよかったかをより深く客観視するのです。 いやいやみんなそんなことは考えているよ と思われる方も多いと思いますが・・・ 根本的な違いは自分がそこでどのような言葉を使ったか?体の動きや、表情、声のトーンなどをメタ認知能力の高い人ほどよく覚えているのです。 覚えているからこそ反省点が生まれ、より改善することができ、結果が出るのです。 しかし、メタ認知能力の低い方は、はっきりと覚えていませんから結果うまくいけばラッキー、うまくいかなかったら残念となり、改善することが難しいのです。 上司に「何が悪かったかわかるか?」と聞かれて・・・ 「いや全然わからないです。 」と答える人か?それとも「あそこで資料を出すのは早かったと思います。 というのは相手の表情が資料を出した瞬間に警戒の表情になったのが見えました」と答えるかの違いです。 どちらが今後伸びていくでしょうか? 多くの方が後者の方の方が今後も伸びていくのではないかと思われたのではないでしょうか? これがメタ認知能力の高い人と低い人との差になって表れます。 ではこのメタ認知能力の高低は生まれつきで決まっているのでしょうか? いえいえそんなことはありません。 この能力は鍛えることができます。 ではどうやって鍛えていけば良いのでしょうか? メタ認知能力の鍛え方 多くの方法があります ここでは過剰書きで説明ます。 ここで一番大事なことを知らない自分を知ることができるのか?ということです。 私たちは自分のことを知っているようで知っていません。 様々な方法はありますが、まずは自分自身のことをよく観察することから始めることが一番の近道だと言われています。 人気記事ランキング• 72,010ビュー• 今日は発達課題の提唱者であるハヴィガースト先生のご紹介です。 このハビガースト先生は古ネームは「ロバート... 51,115ビュー• バンデューラの提唱している自己効力感とはどのようなものなのでしょうか? 今日はバンヂューラについて解説し... 33,134ビュー• ナラティブアプローチ ナラティブ分析とはそもそもどのようなものでしょうか?ここではナラティブアプローチの... 19,650ビュー• キャリア理論とはキャリア発達やキャリア選択に関する様々な現象を概念化し、一般化した科学的知識の体系のことです。... 19,093ビュー.

次の

メタ認知とは?メタ認知能力の高い人・低い人との特徴とトレーニング方法

メタ認知とは

メタ認知能力が高い人とは? たとえば、相手への気配りができ、適度な距離感を保ちながら付き合っていくことができたり、ビジネスで数字に弱い自分の弱点を把握して、仕事を計画的に早めに進められたりするでしょう。 教育現場では、テストでうっかりミスが多い生徒がそれを認識して、次のテストを受ける時に意識にミスを回避し満点をとったら、その生徒はメタ認知能力が高い生徒と言えます。 それらの行動は、自分の能力を「何ができて何ができないか」や「どの程度できるか」と冷静に分析できているからこその結果で、当たり前なことようですが、実はすべての人が、メタ認知能力が高いとはいえないのです。 メタ認知が低い人とは? 「メタ認知の低い人」は、「非認知能力が低い人」ともいわれます。 国立教育政策研究所の報告書では、「非認知能力」を「社会情緒的コンピテンス」と言い換えていて、IQ(知能)に関係なく、「意欲」「協調性」「粘り強さ」「忍耐力」「計画性」などの個人の特性のことを指します。 たとえば、ビジネスにおいて、自己中心的な考え方で、ある物事において他社の認識とかみ合っていなくても、自分が正しいと思い込んでしまう傾向があり、そのこと息がつけなかったりします。 また、協調性がないので、相手に合わせる大人な対応が出来ずに、周りからは空気が読めない人と言われてしまうのです。 メタ認知能力が高い人はなにができるのか メタ認知能力が高いとなにができるのか具体的にわからない方も多いと思います。 メタ認知能力が高いとなにが出来るのかを以下で解説していきます。 周囲への配慮や気配りができるためリーダーとして活躍できる メタ認知能力が高い人は空気を読むことが得意な人が多いです。 他人の気持ちを読むのが得意で一人一人に適切な対応をとることができます。 また、協調性も高く争いごとを基本的には好まないため、リーダーとなって先頭に立つことに向いています。 集中力が高いため細かい作業に向いている 細かい作業をするとき、思うようにいかず焦ってしまうことがありますよね。 メタ認知能力の高い人は客観的に自分は焦っていると冷静に自分を見ることができます。 そのため、深呼吸をするなどして自らを落ち着かせることができます。 集中力を長く保つことができるため、細かい作業や神経を使う作業に向いています。 感情のコントロールが上手い メタ認知能力が高い人は感情のコントロールが上手いです。 感情のコントロールが上手いということは万が一怒りを感じるようなことが起きたとしても、人前で爆発させたりすることはありません。 感情のコントロールが上手い人は人との関わりも上手く人間関係を快適に築くことができます。 何事にも意欲的で積極的に行動できる 何もすることがなく、ダラダラしてしまう人も多いと思いますが、メタ認知能力が高い人は基本的に無駄な行動をしません。 何事にも意欲的で行動的な人が多いです。 積極的に行動するため、新しい発見を多く見出すこともできます。

次の