メトホルミン ダイエット。 メトホルミンがダイエットに良い!?糖尿病薬が注目されているので調べてみた。

【金森式 牛脂ダイエット】高脂質・糖質制限でやせる非常識なダイエットとは

メトホルミン ダイエット

ガレガソウから作られたメトホルミンの過去・未来はドラマチックです 糖尿病者にとって、長時間、または強度の強い運動は、低血糖になるか、高血糖になるかの相反するリスクがあります。 運動で適度に血糖値が下がるのは、基本的にコントロールのいい人だけなのです。 定期診察の日は、朝早く病院に着いた人たちが、少しでも血糖値を下げておこうと病院の周りをせっせと早足で歩き回っている姿をよく見かけます。 でも、実は逆に上がってしまうこともあるのです。 正常値だったのに必要以上に下げ過ぎて、血糖を上げるグルカゴンやエピネフリンが分泌されれば血糖が上がりますし、体にインスリンが十分にあるときに強い運動をすれば低血糖になることだってあります。 糖尿病者にとって、運動は大きな利益がある一方で、場合によってはリスクを伴います。 合併症がある人は新しい運動を始める前には医師に相談するよう勧められているのはそのためです。 でも、一般論としては運動は血糖値を下げます。 それは筋肉細胞がインスリン作用とは別のルートでブドウ糖を取り込むことができるからです。 GLUT4とインスリン GLUT(グルット)とは、細胞膜での糖取り込みを担う分子で、 糖輸送担体と言います。 主だったものが5~6種類あり、このGLUT4は特異的に筋肉細胞や脂肪細胞のみにあって、インスリンのシグナルを受けてからブドウ糖を取り込む特別な糖輸送担体です。 筋肉と脂肪以外の細胞にはインスリンが無くてもブドウ糖を取り込める糖輸送担体が常時あります。 一方でこのGLUT4だけは、血糖値が高くないときは多くが細胞膜上から姿を消して細胞の内側に潜り込んでいます。 食事をすると血糖が上がる。 そうすると膵臓のベータ細胞からインスリンが分泌され、それが筋肉細胞のインスリン受容体に結合する。 そして一連の情報伝達があって、GLUT4を細胞膜上に送り出してブドウ糖を取り込みます。 こうして食事で摂った炭水化物の70%以上を筋肉が取り込んで血糖値を一定に保っています。 ところがインスリン不足あるいはインスリンの作用不全で2型糖尿病になると、筋肉の糖利用が約半分になってしまいます。 だから高血糖になるのですね。 筋肉はインスリンと関係なく、強い運動でエネルギーを使うとブドウ糖を取り込まなくてはなりません。 細胞内のエネルギーの通貨のようなものがATP(アデノシン三リン酸)です。 これはアデノシンに化学エネルギー物質のリン酸が3個結合したもので、リン酸を切り離すときにエネルギーを生じます。 ADPがリン酸2個、AMPがリン酸1個です。 これらが相互に入れ換わってエネルギーのやり取りをしています。 これはインスリンの経路とは別ルートです。 メトホルミンはこのAMPKを活性化するのです。 つまり、運動の効果と同じ仕組みでブドウ糖を筋肉細胞に取り込むのです。 アメリカで行われた糖尿病予防プログラム(DPP で、メトホルミンの投与も糖尿病予防効果があることが証明されています。 AMPKの「K」はキナーゼのこと。 キナーゼというのはリン酸化を起こす酵素ですから、細胞内にあるいろいろなタンパク質をリン酸化させて、その部位に別のタンパク質を結合させます。 こうやって細胞内の情報が伝わります。 情報が誤ると、例えばがんになることもあるでしょう。 AMPKの活性化はリン酸化カスケード上流のLKB1というキナーゼの影響下にあります。 このLKB1を発現させる遺伝子は強力ながん抑制遺伝子として知られていますが、もし、遺伝的形質によってLKB1が変化するとAMPKが正常に作用しなくなる可能性があります。 AMPKは全身の細胞内のエネルギー代謝を調節していますから、がん細胞やウイルスの増殖にも関係があります。 がん細胞やウイルスにとっては、どうもAMPKを抑制することが都合がいいらしいのです。 そうならばメトホルミンでAMPKを活性化、つまり正常化することはがん予防をはじめいろいろな面で体を守ることになります。 上記のように、運動もAMPKを活性化します。 運動はがんと2型糖尿病を減らすという論文はかなりありますよ。 2型糖尿病者は何らかの理由でがんのリスクが高いのは疫学的に確かめられています。 その中で、メトホルミンを服用していた2型糖尿病者は、そうでない2型糖尿病者に比べて60%も膵がんのリスクを低減させたという発表が2009年にありました。 過去のデータを分析した後向き研究ですが……。 インスリンはがんのリスクを高めることはよく知られています。 インスリン分泌を促進するSU薬もそのようです。 メトホルミンの抗がん作用が証明できれば、私たちにとって願ってもない一石二鳥ですね。

次の

ダイエットだけでなくアンチエイジングにも!?メトホルミン(メルビンジェネリック)の効果と使い方とは?

メトホルミン ダイエット

気のせいかもしれませんが筋肉がつきやすくなった気がします。 また、食べ放題がだいすきで、3日に1回または4日に1回くらい行っていますが、こちらを飲んでいるおかげか体重、体脂肪、体型はキープできています。 もちろん食べ放題の前後に運動していますが!飲むタイミングは食前か食後どちらでも効果が変わらないので好きなタイミングで飲むことができ、便利です。 副作用は副作用は特にありませんが、医療用の薬なので用法はきちんと守ることをおすすめします。 飲み忘れても食後1時間程度なら効果があるそうです。 ひとそれぞれ効き目は違うと思いますが、これだけで痩せることはないと思います。 努力は必要です。 ここあ 様 女性 45歳 150cm 名前 性別 女性 男性 年齢 身長 使用前体重 使用後体重 使用期間 評価• 評価なし 未実施 or 質問 or 評価済み• あまり良くない• どちらとも言えない• まぁまぁ良い• 口コミが以下の内容を含む場合、チェックしてください。 飲み方・飲むタイミング• 副作用(下痢・便秘等)• トラブル(解約・通報・勧誘・電話対応等)• 確認事項• に従って口コミを投稿する。 メトホルミンに口コミを投稿する。

次の

メトグルコで「便の中にブドウ糖を出す」作用が発見される

メトホルミン ダイエット

メトホルミン(商品名:グリコラン、メトグルコ)は、 60年以上の使用実績があり、安全性、費用対効果に優れていることから、世界のほとんどの国で糖尿病治療の第一選択薬となっています。 作用機序は長い間不明でしたが、運動やカロリー制限でも活性化される AMPキナーゼという筋肉の中にある酵素を活性化することがわかりました。 少し違いますが、私はわかりやすさを優先して 「運動したのと同じような効果」がある薬と説明しています。 最近では、 腸内細菌を酪酸産生菌優位に変化させ、 GLP-1を増やしたり、腸内の抗酸化力を高めたりすることが明らかになりました。 また、酪酸のおかげで腸内の酸性度が高まり、ミネラルの吸収も良くなります。 ほかの糖尿病治療薬に、腸内細菌を変化させる作用はありませんので、非常に特殊な作用といえます。 おそらく、疑似運動効果に加えて腸内環境の改善が、抗老化、寿命の延長に貢献しているものと思われます。 一般に、糖尿病患者は、10年くらい寿命が短いのですが、メトホルミンを投与された70歳代の糖尿病患者は、健常者よりも15%死亡率が低いというデータがあり、たしかに、寿命を延ばす可能性はありそうですね。 cardiff. ( BMC Cancer 2011 Jan 18: 11 1 :20 免疫器官が集中する腸の状態を改善するのは、免疫系にとっても重要といえます。 そういった背景から、アンチエイジング薬としてのメトホルミンの効果を確かめる研究 TAME Targeting Aging with Metformin が予定されています。 65歳から80歳の健常者に対して1500mgのメトホルミンを投与して、アンチエイジング効果を見るデザインです。 virology-education. pdf GLP-1注射と比べるとささやかですが、糖尿病患者においては 体重減少効果が証明されており、少なくとも、これに伴う寿命延長効果はあると思います。 副作用としては、下痢、ビタミン B12の吸収阻害のほか、乳酸アシドーシス、ミトコンドリアへのダメージなども指摘されており、特にという意見も。 結構みかけるPCOS(polycystic ovary syndrome)では治療に使うのですけどね。 実際のところ、他の医師が処方したものも含め、少なくとも数千例はメトホルミン投与例をみてきましたが、消化器症状(下痢など)以外副作用はみたことないです。 学会から適正使用に関するリコメンデーションが出ていますので、これも参考に。

次の