電気料金 関東。 電気・ガスはまとめてお得!電気・ガスセット料金プラン比較

関東地方の電気代平均、夏冬の電気代平均と特徴は?

電気料金 関東

CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE• CLOSE•

次の

電力自由化、日本最大の激戦区「関東の事業者」を比較してみました | 電気料金比較ポータルサイト【エネポタ 】

電気料金 関東

世帯人数別におすすめの電力会社を紹介します。 一人暮らし世帯には 条件 おすすめの電力会社 東京ガスのガスを契約中 ずっとも電気1 東京ガスの契約無し 2・3人世帯で、かつ東京ガスのガスを契約している場合は、の「ずっとも電気1」というプランがおすすめです。 月275円のセット割引があるので、トップクラスの低料金となります。 関連記事• 東京ガスのガスを使っていない場合は、がおすすめです。 電気料金だけでトップクラスの安さを実現しています。 関連記事• 4人以上の世帯には 電気を多く使う4人以上の世帯では、が安いです。 新電力大手のF-Power社が提供しています。 注意点としては1年以内に解約すると2千円の違約金が発生します。 違約金が発生するプランを避けたい場合にはがおすすめです。 入会特典としてキャッシュバックがあるので、ピタでんよりもお得に使える場合もあります。 関連記事• オール電化住宅には オール電化プランを契約している場合は、上で紹介した新電力のプランに切り替えることで、かえって料金が高くなってしまいます。 必ずオール電化用プランに切り替えてください。 関連記事• ガスの自由化も 2017年4月からは、ガス会社も選べるようになりました。 元々の料金が安いため乗り換えのメリットは電気よりも小さいですが、年間数千円以上の節約になります。 内容 ガス料金 電気料金 月合計 月の差額 東京ガスのガスと 東京電力の電気 5007円 9306円 14313円 - 電気・ガスともに東電 4857円 9156円 14013円 -300円 電気・ガスともに東ガス 5007円 8573円 13580円 -733円 のガスと 4797円 8620円 13417円 -896円.

次の

電気・ガスはまとめてお得!電気・ガスセット料金プラン比較

電気料金 関東

0 提携企業が多く、各企業でお得な 「セット割」が受けられる(スマホ・携帯・光通信など) ライフスタイルに合わせた料金プランが設定できる(電気を多く使う時間帯など) 提携ポイント ここでは、東京を中心とした「関東の電気事業者」を紹介したいと思います。 関東は(2016年4月以降の電力自由化において)日本でも有数の「激戦区」です。 何が激しく戦われるのか…それは、電気契約のサービスや価格における競争です。 関東には、どのような事業者があり、どのようなエネルギーが導入されるのでしょうか? 都道府県別に見ていくことにしましょう。 この記事の目次 [ 非表示 表示]• 関東地方(1都6県)で、利用できる「電気事業者」について 関東には、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県の6県があります。 まずは、大都市東京の事業者と「エネルギーの利用状況」について確認しましょう。 東京都で利用できる、電気事業者一覧 東京都は日本だけで無く、世界でも有数の大都市です。 街中にはオフィスやたくさんのビルが建ち並び、日本で最も電力を消費するエリアとして、多くの事業者が(2016年4月移行)新規参入します。 意外に安い、都内の電気代 意外なことに東京では全国的にも電気代が安く(光熱費の安さは全国第14位=月額約8,500円程)企業や商店の電気代も比較的リーズナブルにおさまっています。 エネルギーの使用率は電気、ガスの順に高くなっています。 再生可能エネルギーの導入は早いが、大きな土地は使えない… 都市部では土地の確保が難しく、メガソーラーの設置はありませんが、太陽光発電の導入には積極的です(全国で三番目に設置台数が多い)。 実際に、マンションや集合住宅には、多くの太陽光発電設備が導入されています。 また、各家庭でも補助金(住宅用太陽光発電補助金)等を利用して、太陽光発電システムや、オール電化を取り入れる傾向が見られます。 都内で利用できる、電気事業者一覧 ・ 東燃ゼネラル石油 ・ 東京電力 ・ 東京ガス ・ 東急パワーサプライ ・ 中部電力 ・ 青梅ガス ・ 新出光 ・ 昭和シェル石油 ・ みんな電力 ・ ミツウロコグリーンエネルギー ・ ソフトバンクでんき ・ サイサン ・ エネット ・ エヌパワー ・ イーレックス・スパーク・マーケティング ・ アイ・グリッド・ソリューションズ ・ MCリテールエナジー ・ KDDI ・ J:COM 電力 ・ HTBエナジー ・ F-Power ・ ENEOSでんき (五十音順に記載) ここで紹介したのは、2016年2月末時点の事業者リストです。 今後は、新しい事業者や電気料金プランも増え続けることでしょう。 これまでは、東京電力の独占状態になりましたが、中部電力や関西電力等の「大手電気事業者」も、以下の形態で「関東エリアへ」の参入を予定しています。 神奈川県で利用できる、電気事業者一覧 横浜などの大都市を抱える神奈川県は、東京に次いで人口の多い県ですが、意外に「月々の電気使用量」は比較的少なく、総消費電力使用量は「全国8番目」です。 神奈川県は、東京電力の供給エリアでしたが、既に工場やオフィスビルに対して、新電力の導入が完成しています。 家庭への電力自由化が本格的にスタートすると、都内同様、各事業者同士の価格競争が激化します。 今後は、神奈川を巻き込んだ、首都圏エリアの「顧客取り込み」が激しさを増すでしょう。 神奈川で利用できる、電気事業者一覧 ・ 東燃ゼネラル石油 ・ 東京電力 ・ 東京ガス ・ 東急パワーサプライ ・ 中部電力 ・ 青梅ガス ・ 新出光 ・ 昭和シェル石油 ・ みんな電力 ・ ミツウロコグリーンエネルギー ・ ソフトバンクでんき ・ サイサン ・ エネット ・ エヌパワー ・ イーレックス・スパーク・マーケティング ・ アイ・グリッド・ソリューションズ ・ MCリテールエナジー ・ KDDI ・ J:COM 電力 ・ HTBエナジー ・ F-Power ・ ENEOSでんき (五十音順に記載) 神奈川では、クリーンエネルギーシステムの導入にも積極的で、バイオマス発電や太陽光発電導入で、高い実績を上げています。 今後は、各家庭にも環境にやさしい電力が普及し、エコを意識した契約プランも増えてくるでしょう。 埼玉県で利用できる、電気事業者一覧 埼玉は都市部へのアクセスにも優れ「東京のベットタウン」として、全国5番目の人口(約730万人)を誇っています。 このため、電気の使用量も比例して多く、全国で6番目に「電力を多く消費する」場所です。 再生可能エネルギーの導入は、早くから取り組んできた 埼玉では、早くから再生可能エネルギーを積極的に導入してきました。 実際に、国や県の補助金を利用して、太陽光発電システムを導入する家庭も多く見られます。 また、蓄電システムと組み合わせた「オール電化」型住居も、増加傾向にあります。 埼玉で利用できる、電気事業者一覧 ・ 東燃ゼネラル石油 ・ 東京電力 ・ 東京ガス ・ 東急パワーサプライ ・ 中部電力 ・ 青梅ガス ・ 新出光 ・ 昭和シェル石油 ・ みんな電力 ・ ミツウロコグリーンエネルギー ・ ソフトバンクでんき ・ サイサン ・ エネット ・ エヌパワー ・ イーレックス・スパーク・マーケティング ・ アイ・グリッド・ソリューションズ ・ MCリテールエナジー ・ KDDI ・ J:COM 電力 ・ HTBエナジー ・ F-Power ・ ENEOSでんき (五十音順に記載) 埼玉でも「東京電力の独占状態」が長かったのですが、2016年4月以降は、全国の大手事業者(電力系や通信、交通系)が、続々と参入します。 千葉県で利用できる、電気事業者一覧 千葉県は、埼玉に次いで人口の多い県です。 古くから大規模な港湾や工場地帯が多く、電力自由化はいち早く整備が進められてきました。 また、県内には千葉火力発電所や富津火力発電所などを抱え、別名「関東の巨大発電地帯」とも呼ばれています。 全国的にも人口が多い千葉県ですが、電気代平均は「全国で二番目」に安く、環境にやさしい都市としても、大きな注目を集めています。 千葉で利用できる電気事業者は、次の通りです。 千葉で利用できる、電気事業者一覧 ・ 東燃ゼネラル石油 ・ 東京電力 ・ 東京ガス ・ 東急パワーサプライ ・ 中部電力 ・ 青梅ガス ・ 新出光 ・ 昭和シェル石油 ・ みんな電力 ・ ミツウロコグリーンエネルギー ・ ソフトバンクでんき ・ サイサン ・ エネット ・ エヌパワー ・ イーレックス・スパーク・マーケティング ・ アイ・グリッド・ソリューションズ ・ MCリテールエナジー ・ KDDI ・ J:COM 電力 ・ HTBエナジー ・ F-Power ・ ENEOSでんき (五十音順に記載) 新たな事業者の活動が目立ちますが、以前からある事業者も「新しい電力プラン」で、価格への勝負を挑んでいます。 茨城県で利用できる、電気事業者一覧 茨城県は、全国で11番目に人口が多い県です。 しかし、関東の中では比較的人口密集度が低く、電気の需要もバランスよく分散されています。 ただ、県庁所在地の水戸市ではエネルギーの消費量が高く、冬の寒い時期には、電気やガス、灯油の使用量が総じて多くなります。 環境にやさしい街作りを行う、茨城 茨城県でも、太陽光発電システムやバイオマス発電など「再生可能エネルギー」の導入を積極的に行っています。 茨城で利用できる、電気事業者一覧 ・ 東燃ゼネラル石油 ・ 東京電力 ・ 東京ガス ・ 東急パワーサプライ ・ 中部電力 ・ 青梅ガス ・ 新出光 ・ 昭和シェル石油 ・ みんな電力 ・ ミツウロコグリーンエネルギー ・ ソフトバンクでんき ・ サイサン ・ エネット ・ エヌパワー ・ イーレックス・スパーク・マーケティング ・ アイ・グリッド・ソリューションズ ・ KDDI ・ HTBエナジー ・ F-Power ・ ENEOSでんき ・ MCリテールエナジー (五十音順に記載) これまでは「関東エリア=東京電力」という図式が当たり前でしたが、電力自由化に伴い、県内の新しい事業者も参入します。 このため、全国展開する大手、東京電力の間で(顧客の)獲得競争が激化するでしょう。 栃木県で利用できる、電気事業者一覧 関東の中でも内陸に位置する栃木県は、産業用の電力消費が多い県です。 また、家庭の電気使用量も比較的多く、冬場は電気のほか、ガス、灯油の使用量も多くなります。 認定された、再生可能エネルギーの数は全国第4位 栃木県でも「再生可能エネルギー導入」に力を注いでおり、認定を受けた再生可能エネルギーは「全国で4番目に多い」ことでも知られています。 栃木県に参入する電気事業者は、以下の通りです。 栃木で利用できる、電気事業者一覧 ・ 東燃ゼネラル石油 ・ 東京電力 ・ 東京ガス ・ 東急パワーサプライ ・ 中部電力 ・ 青梅ガス ・ 新出光 ・ 昭和シェル石油 ・ みんな電力 ・ ミツウロコグリーンエネルギー ・ ソフトバンクでんき ・ サイサン ・ エネット ・ エヌパワー ・ イーレックス・スパーク・マーケティング ・ アイ・グリッド・ソリューションズ ・ MCリテールエナジー ・ KDDI ・ HTBエナジー ・ F-Power ・ ENEOSでんき (五十音順に記載) 内陸部の栃木でも、中部電力、大手通信系、石油系が「家庭との契約数」を伸ばしています。 今後は東京電力、東京ガスも交えて、より一層の「低価格化」が進んでいくでしょう。 群馬県で利用できる、電気事業者一覧 群馬県は、温泉地や保養地として古くから栄えた場所です。 しかし、関東エリアの中では人口が少なく(約200万人)全国18番目に位置しています。 日照時間が長く、太陽光発電システムの導入に適した県 群馬県は、比較的日照時間が長く、太陽光発電システムの導入が盛んな県です。 再生可能エネルギーの導入はもちろん、クリーンエネルギーの研究、専門家の派遣にも積極的で、関東エリア内では「環境整備が進んだ県」として、評価されています。 群馬で利用できる、電気事業者一覧 ・ 東燃ゼネラル石油 ・ 東京電力 ・ 東京ガス ・ 東急パワーサプライ ・ 中部電力 ・ 青梅ガス ・ 新出光 ・ 昭和シェル石油 ・ みんな電力 ・ ミツウロコグリーンエネルギー ・ ソフトバンクでんき ・ サイサン ・ エネット ・ エヌパワー ・ イーレックス・スパーク・マーケティング ・ アイ・グリッド・ソリューションズ ・ MCリテールエナジー ・ KDDI ・ J:COM 電力 ・ HTBエナジー ・ F-Power ・ ENEOSでんき (五十音順に記載) 県内には「一般財団法人中之条電力」があり、県内における(メガソーラー設置など)、環境にやさしい発電事業を推進しています。 こうした「地域型」の電力業者は、エネルギーの地産地消にとって、欠かせない存在です。 山梨県で利用できる、電気事業者一覧 山などの大自然に囲まれた山梨県では、2050年までに「県内でのエネルギー自給を100%」になるよう、県独自のエネルギー計画を進めています。 地産地消を意識した、エネルギーへの取り組み 山梨では、エネルギーに対する「地産地消への意識が高い」のが特徴です。 自然を活かした水力発電のほか、太陽光発電システムは、県全体で積極的に取り入れています。 山梨で利用できる、電気事業者一覧 ・ 東燃ゼネラル石油 ・ 東京電力 ・ 東京ガス ・ 東急パワーサプライ ・ 青梅ガス ・ 新出光 ・ 昭和シェル石油 ・ みんな電力 ・ ミツウロコグリーンエネルギー ・ ソフトバンクでんき ・ サイサン ・ エネット ・ エヌパワー ・ イーレックス・スパーク・マーケティング ・ アイ・グリッド・ソリューションズ ・ MCリテールエナジー ・ KDDI ・ HTBエナジー ・ F-Power ・ ENEOSでんき (五十音順に記載) 山梨県内の人口は多くありませんが(人口約87万人・全国41位)、電気事業者の数は多く、再生可能エネルギーの売買も盛んに行われています。 まとめ:関東エリアで、今後も増え続ける「新しい事業者」 ここで取り上げた以外にも、さまざまな事業者が「関東エリアでの電力供給」を計画しています。 今後「関東エリア」への参入を予定している企業(一部) 一緒に読まれている記事• 関東に次いで「新規事業者」間の価格競争が激しいのが、関西の2府4県です。 関西エリアには、琵琶湖で有名な滋賀県、日本を代表する観光都市京都府、商業の中... 電力自由化の仕組みは、全国一律ではありません。 実は、各都道府県別に「利用できる事業者」が異なります。 ここでは、北海道から沖縄まで「どのような事業者」... 本記事で取り上げる「中部エリア」には、静岡県、長野県、岐阜県、愛知県、三重県があります。 全国的にも人口の多い地域で(特に)愛知県は、日本を代表する工... 最近は、沖縄への移住者が増えていると言います。 また、九州と言えば福岡などの大都市があり、大きな企業が集中しています。 ここでは、九州と沖縄の電力事情と... 同じカテゴリの関連記事• ここでは、東京を中心とした「関東の電気事業者」を紹介したいと思います。 関東は(2016年4月以降の電力自由化において)日本でも有数の「激戦区」です。 何が激しく戦われるのか…それ... ここでは、東京を中心とした「関東の電気事業者」を紹介したいと思います。 関東は(2016年4月以降の電力自由化において)日本でも有数の「激戦区」です。 何が激しく戦われるのか…それ... ここでは、東京を中心とした「関東の電気事業者」を紹介したいと思います。 関東は(2016年4月以降の電力自由化において)日本でも有数の「激戦区」です。 何が激しく戦われるのか…それ... ここでは、東京を中心とした「関東の電気事業者」を紹介したいと思います。 関東は(2016年4月以降の電力自由化において)日本でも有数の「激戦区」です。 何が激しく戦われるのか…それ... ここでは、東京を中心とした「関東の電気事業者」を紹介したいと思います。 関東は(2016年4月以降の電力自由化において)日本でも有数の「激戦区」です。 何が激しく戦われるのか…それ... ここでは、東京を中心とした「関東の電気事業者」を紹介したいと思います。 関東は(2016年4月以降の電力自由化において)日本でも有数の「激戦区」です。 何が激しく戦われるのか…それ... ここでは、東京を中心とした「関東の電気事業者」を紹介したいと思います。 関東は(2016年4月以降の電力自由化において)日本でも有数の「激戦区」です。 何が激しく戦われるのか…それ... ここでは、東京を中心とした「関東の電気事業者」を紹介したいと思います。 関東は(2016年4月以降の電力自由化において)日本でも有数の「激戦区」です。 何が激しく戦われるのか…それ... ここでは、東京を中心とした「関東の電気事業者」を紹介したいと思います。 関東は(2016年4月以降の電力自由化において)日本でも有数の「激戦区」です。 何が激しく戦われるのか…それ... ここでは、東京を中心とした「関東の電気事業者」を紹介したいと思います。 関東は(2016年4月以降の電力自由化において)日本でも有数の「激戦区」です。 何が激しく戦われるのか…それ...

次の