今しばらく。 「今しばらく」と「少々」の意味の違いと使い分け

今しばらくお待ちくださいって英語でなんて言うの?

今しばらく

「今しばらくお待ちください」という言葉の「いましばらく」という部分はしばらく、もうすこしのあいだ、などという表現です。 時間を開けて経過させることを説明するためのひとつの表現です。 すぐではないけれど、あまり時間がかからないさまとしても使われる場合があります。 少しの間、しばしなど表現されます。 前置きを使いうまく表現しよう 「今しばらくお待ちください」という言葉の適切な使用方法をしている例をご紹介します。 「いま定期講座の準備期間中です。 たいへんおそれいりますが今しばらくお待ちください」 「予約が込み合っておりまして現在お取り扱いしておりません。 誠に勝手ながら今しばらくお待ちくださいませ」 「現在サイトを改修中です。 今しばらくお待ちください。 」 このような表現によって、会話を構築することができます。 「今しばらくお待ちください」は待機・保留・控えるなどが類義語 「今しばらくお待ちください」の同じ意味と働きを持つ言葉は「少しの間保留にしておいてはいただけないでしょうか」「いましばらく待っていただけないでしょうか」などがあります。 待機・保留・控える・待ち受けるという類義語や、福は寝て待て・石の上にも三年・運は寝て待て ・待てば海路の日和ありなど、「待つ」に関連したことわざもあります。 接客や接待時には使い方に注意する 「今しばらくお待ちください」という言葉は仕事や接客、接待の際には適切な言葉の使用法をこころがけたいものです。 表現や適切な使い方があります。 ビジネスシーンや上司との会話の中で会話がマナー違反にならないように気をつけましょう。 「待っていてください」「ちょっと待っていてください」にならないように常に心がけましょう。 「今しばらくお待ちください」は気配りや心遣いが言葉に現れる 仕事や電話応対のとき「今しばらくお待ちください」という言葉を適切に使えると、とても好印象にうつり相手との交流がスムーズにおこなえるものです。 簡略化させて「今しばしお待ちください」と表現することもとても適切であるといえるでしょう。 こうした小さな気配りと心遣いが言葉に表れて会話のマナーを重要視される場においては大切な意識となってくるでしょう。 あらかじめ断りを入れる際に用いる 「今しばらくお待ちください」の使い方にはタイミングがあります。 主に相手を短・長時間待たせてしまい相手の時間を削いでしまう恐れのある事柄など、あらかじめ断りを入れる必要があります。 電話対応や来客に対して用いる際にも、相手にお待たせしてしまい申し訳ない意思を伝えるために必要です。 人や状況によって意識をはたらかせ言葉遣いを変えるなども問題ありません。 「今しばらくお待ちください」とあらかじめ断りをいれ相手に不快を与えないように努めよう 相手をどうしても待たせてしまって申し訳ない、相手を気遣う気持ちなどを表現するために「お時間をおかけしてしまい申し訳ありません」「今しばらくお待ちください」の適切な使い方をこころがけてコミュニケーションを行ってゆきたいものです。 相手と正しく交流する意識を働かせることで円滑にコミュニケーションをおこなえるよう気を付けましょう。

次の

「今しばらく」の意味と敬語の使い方を解説!「少々」との違いも

今しばらく

「今しばらくお待ちください」という言葉の「いましばらく」という部分はしばらく、もうすこしのあいだ、などという表現です。 時間を開けて経過させることを説明するためのひとつの表現です。 すぐではないけれど、あまり時間がかからないさまとしても使われる場合があります。 少しの間、しばしなど表現されます。 前置きを使いうまく表現しよう 「今しばらくお待ちください」という言葉の適切な使用方法をしている例をご紹介します。 「いま定期講座の準備期間中です。 たいへんおそれいりますが今しばらくお待ちください」 「予約が込み合っておりまして現在お取り扱いしておりません。 誠に勝手ながら今しばらくお待ちくださいませ」 「現在サイトを改修中です。 今しばらくお待ちください。 」 このような表現によって、会話を構築することができます。 「今しばらくお待ちください」は待機・保留・控えるなどが類義語 「今しばらくお待ちください」の同じ意味と働きを持つ言葉は「少しの間保留にしておいてはいただけないでしょうか」「いましばらく待っていただけないでしょうか」などがあります。 待機・保留・控える・待ち受けるという類義語や、福は寝て待て・石の上にも三年・運は寝て待て ・待てば海路の日和ありなど、「待つ」に関連したことわざもあります。 接客や接待時には使い方に注意する 「今しばらくお待ちください」という言葉は仕事や接客、接待の際には適切な言葉の使用法をこころがけたいものです。 表現や適切な使い方があります。 ビジネスシーンや上司との会話の中で会話がマナー違反にならないように気をつけましょう。 「待っていてください」「ちょっと待っていてください」にならないように常に心がけましょう。 「今しばらくお待ちください」は気配りや心遣いが言葉に現れる 仕事や電話応対のとき「今しばらくお待ちください」という言葉を適切に使えると、とても好印象にうつり相手との交流がスムーズにおこなえるものです。 簡略化させて「今しばしお待ちください」と表現することもとても適切であるといえるでしょう。 こうした小さな気配りと心遣いが言葉に表れて会話のマナーを重要視される場においては大切な意識となってくるでしょう。 あらかじめ断りを入れる際に用いる 「今しばらくお待ちください」の使い方にはタイミングがあります。 主に相手を短・長時間待たせてしまい相手の時間を削いでしまう恐れのある事柄など、あらかじめ断りを入れる必要があります。 電話対応や来客に対して用いる際にも、相手にお待たせしてしまい申し訳ない意思を伝えるために必要です。 人や状況によって意識をはたらかせ言葉遣いを変えるなども問題ありません。 「今しばらくお待ちください」とあらかじめ断りをいれ相手に不快を与えないように努めよう 相手をどうしても待たせてしまって申し訳ない、相手を気遣う気持ちなどを表現するために「お時間をおかけしてしまい申し訳ありません」「今しばらくお待ちください」の適切な使い方をこころがけてコミュニケーションを行ってゆきたいものです。 相手と正しく交流する意識を働かせることで円滑にコミュニケーションをおこなえるよう気を付けましょう。

次の

中国株のスピード調整でリスクテークに陰り、今しばらくドル強ぶくみに戻るか|持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

今しばらく

ビジネスシーンなどでよく使われる「今しばらく」という言葉ですが、意味や使い方を理解していないと、相手に不快に思われてしまったり、怒らせてしまう場合があります。 ここでは「今しばらく」の意味と使い方についてご紹介します。 普段使ってはいるけど、使い方に不安があるという方はぜひご覧ください。 「今しばらく」の意味 「今しばらく」とは、しばらくの間や、ちょっとの間という少しの時間や期間という意味で使われる言葉です。 そのため、少し時間がかかってしまうときや、期間が長くなってしまう場合には使用を避けた方が無難です。 「今しばらく」は「しばらく」に「今」が付いた言葉です。 「しばらく」に「今」がつくことによって、「しばらく」よりも短い時間、期間を表す表現となっています。 接客シーンなどで、従業員に「しばらくお待ちください」といわれると、どのくらい待たされるのか不安になりますが、「今しばらくお待ちください」と言われると、それほど時間がかからない印象を受けます。 そのため、接客する立場の場合は、もし時間がかかってしまうようならば、「少々お時間いただきますがよろしいでしょうか」など、言い回しを変えたり、具体的にどのくらい待つことになるか、お客さまに伝える必要があります。 「今しばらく」の使い方 「今しばらく」は相手に少しの間待っててもらうときに使います。 何かの問い合わせや、クレーム対応のときなど、相手に少しお時間をいただきたいときに使われる言葉です。 また、上司や先輩に対しても、何か聞かれてすぐに回答できない場合に使われることがあります。 謝罪の言葉に付け加えて使われることもあります。 クレーム対応では、謝罪は必須です。 さらに、すぐに対応する必要があります。 「今しばらく」の前に「申し訳ございません」と付けて、「申し訳ございませんが、担当の者に確認いたしますので、今しばらくお待ちください」というような使い方をします。 メール 「今しばらく」とは、「今しばらくお待ちください」と使われ、短い時間待ってくださいという意味の言葉ということが分かりました。 また、メールでは「今しばらく」待つ期間が口頭で伝える場合とは違うということも分かりました。 ここでは「今しばらく」を使った例文をご紹介します。 今しばらくお待ちください 「今しばらくお待ちください」は「今しばらく」を使った例文の中でよく使われる言葉です。 少しの間お待ちくださいという意味になります。 「今しばらくお待ちください」は口頭でもメールでもよく使われます。 「申し訳ございませんが、ただいま早急に手配しておりますので今しばらくお待ちください」など、相手に少しの間お待ちくださいという意味で使います。 しかし、こちらは丁寧な言葉遣いで相手に伝えたつもりでも、「今しばらく」を使うと、人によってははっきりしないために、不快に感じる人もいるので、使い方には注意が必要です。 今しばらくお時間いただきたく 「今しばらく」は「今しばらくの猶予」と使うこともあります。 「今しばらく猶予をください」や、「今しばらくの猶予をお願いいたします」などと使われますが、「猶予」の意味と、「今しばらくの猶予」の使い方をご紹介します。 猶予の意味 「今しばらくの猶予」の例文の前に、「猶予」という言葉の意味を確認して見ましょう。 「猶予」とはぐずぐずと引き延ばしてしまい、実行や決定をしないことや、実行する日時を延すという意味で使われる言葉です。 「猶予」という言葉はテレビドラマやニュースなどで耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。 「一刻の猶予も許されない状態」「執行猶予」というような使われ方をします。 「今しばらくの猶予」の例文 「今しばらくの猶予」は、もう少し期間を延ばしてくださいという意味で使われます。 「今しばらくの猶予をお願いいたします」や、「今しばらくの猶予をいただきたく存じます」というような使われ方をします。 しかし、相手側も何度も「今しばらくの猶予」と言われて、先延ばし先延ばしにされてしまっては困ってしまいます。 信頼関係も失ってしまう可能性があります。 「今しばらくの猶予」は1度限りの言葉として使うようにした方が無難です。 「もうしばらくお待ちください」の意味は、すでに待たせた状態で、さらに待ってくださいという意味で使われます。 「もうしばらく」は「しばらく」に「もう」がついています。 しばらく待っていた過去の状態に「もう」がつくことによって、まだ時間がかかるということを伝えています。 「もうしばらく」の使い方 「もうしばらく」は、よく「もうしばらくお待ちください」と使われます。 相手に待っててもらっているときに、さらに時間がかかってしまいそうなときに「申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちください」と使われます。 「もうしばらく」を付けることによって、さらに待つ時間が増えてしまうことを伝えているので、謝罪の言葉と一緒に使われることが多いです。 「今しばらく」と「もうしばらく」の違い 「今しばらくお待ちください」と同じような言葉で「少々お待ちください」という言葉がありますが、何が違うのでしょうか。 どちらもビジネスシーンではよく耳にする言葉です。 ここでは「今しばらく」と「少々」の違いについてご紹介します。 「少々」の使い方 「少々」という言葉は、さまざまなシーンで使われます。 例えば、お客さまに少しだけ待っててもらいたいときに、「少々お待ちください」と使ったり、お料理などで少し塩気が欲しいときに、「塩を少々追加してください」などというように使ったりします。 このように、「少々」はほんの少しという意味で使われます。 「少々」と言っておきながら、長い時間お待たせしてしまうと、相手から怒られてしまう可能性があります。 もし、「少々」を使うときには時間に気をつけると安心です。 「今しばらく」の類語はどのようなものがあるのでしょうか。 「今しばらく」の類語についてご紹介します。 幾ばくかして 「幾ばくかして」は「しばらく」と似た意味を持つ言葉で、ある程度して、若干の意味で使われます。 「今しばらく」とは少し意味が違います。 「今しばらく」と比べると、「幾ばくかして」のほうが期間が長く感じられます。 「幾ばく」とは数量や程度が不明ではっきりしないことを意味します。 「今しばらく」も期間や時間がはっきりしないことから、類語と考えられます。 須臾 「須臾」とは、短い時間や、ほんの少しの間という意味で使われる言葉です。 「須臾」は「しゅゆ」と読みます。 あまり聞きなれない言葉ですが、「今しばらく」と似た意味を持つ言葉です。 「須臾」は数の単位としても使われます。 今のところ 「今のところ」は今の時点ではという意味で使われる言葉です。 「今しばらく」とは少し意味は違ってきますが、「今しばらく」が今からの時間や期間を表していて、「今のところ」は今の時点でのことを表しています。 どちらも今現時点でのことを表現しているため、類語と言えます。 「今のところ」の使い方は、「この問題は今のところ分かりませんが、もう少しお時間いただければ解けると思います」「今のところこの状態が続きますが、徐々に改善していくのでご安心ください」というように使います。 今の時点から将来は変わる可能性があるということを言います。 現時点では 「現時点では」も今のことを表現しているため、「今しばらく」の類語と考えられます。 「現時点では」の使い方は、「現時点では分かりかねますので、結果が出次第ご報告させていただきます」「現時点ではまだ咲いていませんが、来週には咲くでしょう」というように使います。 「現時点では」も「今のところ」と同様に、未来には状態が変わる可能性があるあるという意味があります。 「今しばらく」はどれくらいか 「今しばらく」の日数は決まっていません。 言った本人や、言われた人の捉え方によって変わってきます。 しかし、「今しばらく」が短い期間を表す表現ということから、3日~7日程度を考えておくと無難です。 「今しばらく」の日数は状況や人によって捉え方が変わってくるので、1週間を超えて日数がかかってしまいそうな場合は、「しばらく」を使ったり、日数がかかることを伝えたり、「こちらからご連絡します」と伝えたりしたほうが安心です。 時間 「今しばらく」の時間も特に決まっていません。 この場合も、そのときの状況や、言った本人と言われた相手の捉え方によって変わってきます。 もし、「今しばらく」を使う状況になった場合、「今しばらく」の時間は、おおよそ5~10分程度と考えておいたほうが無難です。 「今しばらく」を使って、時間がかかってしまった場合、相手を怒らせてしまう可能性があります。 そのため、自分が使うことになった場合には、なるべく時間がかからないシーンで使うことをおすすめします。 相手からのクレームになることがないように「今しばらく」をうまく使っていくことが大切です。 「今しばらく」の使い方に気をつけて使おう 「今しばらく」はよく使われる言葉ではありますが、はっきりした時間や期間が決まっていないため、使い方によっては相手を怒らせてしまう可能性があり、注意が必要です。 もし使う場合も、どのくらいの時間までと決めて使ったほうが無難です。 「今しばらく」だけを使うのではなく、そのときの相手の様子や状況によって「少々」や「しばらくの間」など、さまざまな言葉を使い分けていくことが大切です。 さまざまな言葉を使い分けていくことで、自分の言葉の引き出しも広がっていき、自分の経験値にもつながっていきます。 「今しばらく」や、他の言葉を上手に使って、相手との良好な関係を築いていきましょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の