エキサイト ipv6。 騙されるな!光回線はエキサイト光をおすすめできない全理由

エキサイト光の料金や評判、通信速度事情。IPv6に対応していないから遅い?メリットやデメリットを解説

エキサイト ipv6

光回線・・・フレッツ光ネクスト(マンションタイプ・VDSL方式)• プロバイダー・・・BIGLOBE• 接続方式・・・IPv4(PPPoE接続)• LANルーター・・・WSR-1166DHP2(BUFFALO) 朝から夕方くらいまでは10~20Mbpsほどの速度が出ますが、夜になると有線LAN・無線WiFiともに10Mbps以下になってしまいます。 特に20~24時くらいになると回線の混雑状況がひどくて、 約2~5Mbpsくらいになってしまうことも。 で、有線LAN(パソコン)の通信速度を計測した結果がこちら。 無線WiFi(スマホ)で計測した結果がこちら 両方とも遅いですよね。 YouTubeや動画配信サービスを利用しているときも、動きがカクカクしたり、動画が止まってしまう場合もあるくらいです。 画像の表示にも時間がかかることがあったので、常にストレスを感じる状況でした。 「これはネット環境を改善するしかないな・・・」と思い、IPv6への切り替えを決めました。 IPv6に切り替える条件 IPv6に切り替えるためには光回線に契約をしていて、プロバイダーとLANルーターがIPv6(IPoE方式)に対応していることが必要です。 私の場合、光回線はフレッツ光ネクスト(マンションタイプ・VDSL方式)です。 プロバイダーはBIGLOBEと契約しており、IPv6接続サービス(IPv6オプション)を利用できます。 IPv6接続サービスの名前はそれぞれ違いますが、主要なプロバイダーにはIPv6の接続サービスが用意されていると思います。 Yahoo! BB・・・IPv6高速ハイブリッド• So-net・・・v6プラス• BBエキサイト・・・transix• NTTぷらら・・・ぷららv6エクスプレス• BIGLOBE・・・ IPv6オプション IPv6の利用条件はプロバイダーごとに異なるので、ご自身が契約しているプロバイダーで確認してみてください。 そしてLANルーターですが、かなり古いです。 無線LANルーターWSR-1166DHP2(BUFFALO)を使っていて、IPv6(IPoE方式)に未対応です。 BIGLOBEで無線LANルーターの貸し出しもしていますが、コストパフォーマンスを考えて、新しく購入することにしました。 LANルーターを選ぶときの注意点 無線LANルーターを選ぶときには、 IPv6(IPoE方式)に対応している機種を選ぶ必要があります。 私は、これまで使っていたバッファローの後継機で、IPv6に対応している「WSR-1166DHPL」を選ぶことにしました。 選んだ理由は、ネット環境の条件に合っていて、コストパフォーマンスが高かったからです。 公式サイトで確認したところ、 BIGLOBEのIPv6オプションとの動作も確認済みだったので、安心して購入することができました。 WSR-1166DHPLは価格も手頃で、主要プロバイダーのIPv6サービスにも対応しています。 もし、IPv6に対応する無線LANルーターを探しているのであれば、検討してみる価値がある機種だと思います。 ルーター変更後に速度を再計測 WSR-1166DHPLと取り替えた後、通信速度を改めて計測してみました。 というのも、これまで使っていた無線LANルーターに不具合が生じたため、通信速度が遅くなってる可能性もあったからです。 回線が混み合う夜(20~24時)に何度か計測してみましたが、通信速度に大きな変化はありませんでした。 有線・無線ともに、5Mbps前後という感じ。 やはりIPv4のままだと、回線の混雑状況に大きく影響されてしまうようです。 ここまでのネット環境はこちら• 光回線・・・フレッツ光ネクスト(マンションタイプ・VDSL方式)• プロバイダー・・・BIGLOBE• 接続方式・・・IPv4(PPPoE接続)• プロバイダーによって申し込み方法は違うと思いますが、フレッツ光回線を利用している場合、お客様番号とアクセスキーが必要になると思います。 必要事項を記入して申込み完了です。 あとは反映されるのを待つだけです。 IPv6(IPoE方式)で通信速度はどのくらい速くなる? IPv6への切り替え完了 申し込みをした翌日、 プロバイダーによる設定が終わっており、IPv6に切り替えが完了していました。 ここでちょっとしたトラブル発生。 GoogleやYouTubeなど、IPv6に対応したサイトにはつながりますが、ほとんどのサイトが通信不良で見れなくなってしまいました。 プロバイダーに連絡して色々調べた結果、ルーターの設定をもう一度行う必要があったようです。 BUFFALOのAirStationにつないで、インターネット接続設定を改めて行ったところ、すべてのサイトを見ることができるようになりました。 いや~焦りました。 ほっとひと安心です。 ひかり電話対応ルーターの「PPP」ランプが消えていると、IPv6が通るようになったということです。 なんとかトラブルを解決して、IPv6への切り替え完了です。 通信速度を計測してみた ここまでのネット環境はこちら• 光回線・・・フレッツ光ネクスト(マンションタイプ・VDSL方式)• プロバイダー・・・BIGLOBE• まずは有線LAN(パソコン)で何度か計測した結果、 通信速度の平均は約40Mbps前後になりました。 IPv4のときは約2~5Mbps前後だったので、通信速度が 約8倍の速さになりました。 次に無線WiFi(スマホ)ですが、 通信速度の平均は約20Mbps前後。 有線LANに比べると速度は出ていませんが、IPv4の時に比べると通信速度は 約4倍になります。 参考に、利用者が多いで計測した数値もご紹介しておきます。 BIGLOBEの計測結果よりも、かなり早いですね。 VDSL方式は最大100Mbpsなので、十分な結果だと思います。 IPv4からIPv6に切り替えた感想 IPv6の設定で少し戸惑いましたが、有線・無線ともに通信速度が上がったのは良かったです。 マンションタイプの VDSL方式(100Mbps)だとあまり速くならないのかなと思いましたが、想定よりも速度が出て満足しています。 特に、通信量が増加して回線が混雑する夜間に、速度が安定していることはありがたいですね。 IPv4のときは、動画が止まってしまったり、動きがカクカクしたりすることが多くありました。 しかし、Ipv6に変えてからは動画のストリーミングで待たされることもなく、スムーズに視聴できるようになりました。 ゲームのダウンロードが速くなったことも良かったです。 また、通信速度に安定感があるのも、IPv6のメリットだと思います。 IPv4は通信速度を測定するたびに数値が乱高下しましたが、Ipv6は時間帯を問わず数値が安定しています。 有線LANで測定するときは約40Mbps前後で、 無線WiFiで測定するときは約20Mbps前後です。 「ネットがつながりにくいなあ~」と感じることもなくなり、さらに使いやすくなったと思います。 切り替えによるデメリットについて 元々Ipv6に対応したLANルーターを使っていれば問題ありませんが、古いLANルーターだと買い替える必要があります。 また、LANルーターを交換したり、Ipv6に切り替えた後の設定もめんどくさいです。 上手く接続できないときには、いろいろ調べたり、プロバイダーに確認するといった作業も必要です。 まとめ IPv4とIpv6の通信速度を比較した表がこちらです。 (BIGLOBEによる回線測定) IPv4 IPv6 倍率 有線LAN 約2~5Mbps 約40Mbps 約8倍 無線WiFi 約2~5Mbps 約20Mbps 約4倍 結論としては、Ipv6に切り替えて正解だったと思います。 インターネットを使いたい時間帯に、通信速度を気にせず利用できるのは大きなメリットです。 回線が混雑しやすい時間帯に、ネットが繋がりにくいという悩みを持っているなら、切り替える価値はあると思います。 多くのプロバイダーが無料でIpv6サービスに申し込めるので、試してみてはどうでしょうか。 夜でも快適にネットサーフィン・動画視聴ができますよ。

次の

エキサイト光の料金や評判、通信速度事情。IPv6に対応していないから遅い?メリットやデメリットを解説

エキサイト ipv6

なぜなら1年目(12ヶ月)の月額が安くなるから。 月額利用料が安い• 縛りや違約金なし(いつでも解約OK) 「月額利用料が安い」 月額もマンションタイプなら、ipv6オプション込みで3500円と安いものの、さらにキャンペーンで月額3,100円は安い(12ヶ月間)。 「IPv6 IPoEもコミコミ」 エキサイト光だと非対応だったIPv6もMEC光では、月額コミコミで対応しているから嬉しいメリット。 ちなみにenひかりだと月額180円、またおてがる光でも月額150円など、別でオプション料金がかかる。。 「違約金なし縛りなし」 エキサイトMEC光のいち推しのメリット。 シンプルだけど、賃貸マンションや集合住宅なら引越しなどで違約金がないのは、嬉しいサービス。 デメリット3つ• 通常料金が最安ではない• 開通手続きや事務手数料が4,000円発生する• 支払い方法がクレジットカードのみ 「通常料金が最安ではない」 記事の冒頭でも触れてるけど、通常の月額利用量はenひかりやおてがる光の方が月額が少し安いものの、今ならキャンペーン適用で最安になる。 「開通手続きや事務手数料が4,000円」 これは高いです。 他のネット回線でも事務手数料が3000円は良くあるけど、MEC光の場合は、全部で4000円請求されるから注意しよう。 「支払い方法がクレジットカードのみ」 こちらも他社の光コラボでは、殆ど口座振替に対応しているのでデメリットですね。 エキサイトMEC光の評判や口コミ ネット速度の評判 家のネット回線をMEC光に変えた。 この速度を日中も維持してくれたら本物だろうな。 — friday's beer fridaysbeer 1枚目、現行のMEC光。 2枚目、昨日まで加入してたauひかりちゅら。 問題はどこがボトルネックになってるか?なんだけど。 — N nknzmi 必ず高速ネットというわけでも無いけど、激悪とかの口コミは見当たらない 気になる評判 引っ越したマンションネット回線ないから入居して二日目にしてもう死にそうw テザリングしてるけど1日めっちゃ制限してネットしたとしても1GBぐらい使ってるから、あと何日かでパケットが死ぬw だからとりあえず急ぎでexcite MEC光の申し込みした 無線ルーター付きで毎月3600円(税抜)なら頃合いかと — ささもん sasamon210 今日はexcite MEC光からドコモ光の乗り換えのために、午後から半休とって工事立会い。 といっても、もともと光回線は引いてあるので、ONUを取り替えて終わり。 今のところ満足しています。 wifiの親機と子機を5. 0ghzでつないでいるせいかもしれない。 — terry telsaku• IPv6 IPoE(v6プラス)は月額コミコミで対応• スマホとのセット割はなし• 最低利用期間や違約金なし• 支払い方法はクレジットカードのみ•

次の

エキサイト、IPv6のIPoE方式で快適にネットを利用できる新プラン

エキサイト ipv6

excite光 Fitの特徴 BB. excite光 Fitはエキサイトによるの光回線サービスです。 この章ではBB. excite光 Fitの特徴をご紹介します。 従量制の料金プラン 出典: BB. excite光 Fitは、「30GB未満」「200GB未満」「500GB未満」「500GB以上」というふうに利用した通信量に応じて料金が毎月変動する従量制の料金システムになっています。 普段からそれほどインターネットを利用しない方やあまり使わなかった月などは料金が抑えられる上に、多めに利用したとしても料金に上限が設定されているので安心して利用できます。 最安だと マンション(集合住宅)なら2,400円~、ファミリー(戸建て)なら3,200円~でお手軽に光回線を利用できます。 また、2020年9月末日までの20GB増量キャンペーン期間中は30GB未満の料金で50GB未満まで利用できるので、まさに今が契約のタイミングであると言えるでしょう。 2020年10月1日より「30GB未満」となります。 従量制だとなぜお得? 現在、光回線をはじめとしたインターネット回線サービスは定額制の料金プランが主流です。 しかし、あまりインターネットを利用しない方や月ごとに使用する通信量に幅がある方にとっては、毎月頻繁にインターネット回線を利用している方と同じ月額料金を支払わなければいけない定額制はかなり無駄の多いプランになってしまいます。 例として、大人2名、中学生1名、小学生1名の4人家族を想定してシミュレーションしてみましょう。 パソコン2台とスマホ3台で1日に全端末合計でYou Tube動画を1時間分閲覧し、その他標準的なサイト閲覧、メール、LINE等を利用した場合の推定月間通信量は約45GBになります。 この一般的なインターネットの利用時間でもBB. また普段より多くインターネットを利用した月でも通信量に合わせて月額料金が変動するので、無駄な出費を払う必要がありません。 自動的に毎月の使用量に応じて無駄のない月額料金になるので、従量制のBB. excite光 Fitはお得なのです。 2020年10月1日より「30GB未満」となります。 最低利用期間、契約期間縛りなし 一般的に光回線サービスには最低利用期間が設定されています。 最低利用期間内に解約しようとすると違約金を支払わなければなりませんが、BB. excite光 Fitには最低利用期間が設定されていません。 さらに言うとBB. excite光 Fitには解約の際にかかる事務手数料、いわゆる解約金がありません。 賃貸だからいつ解約するか分からないという場合や、仮にサービスに不満があった場合でも違約金を支払わずに解約することができるので、どんな方でも安心して契約できます。 IPv6 IPoE採用で高速通信 出典: BB. excite光 Fitはを採用し、高速かつ安定した通信を実現しています。 IPv6 IPoE接続は、従来の接続方式と違って混雑しやすいポイントを避けて通信するため、 アクセスが集中する夜間や週末でも混雑しにくく、快適にインターネットを利用できます。 「IPv6 IPoE接続」とは? 出典: 従来の接続方式というのは「PPPoE」と呼ばれる接続方式です。 NTTと「プロバイダ」と呼ばれる代理店を繋ぐ際に、「IPv4」という接続口を使った接続方式です。 PPPoEのデメリットとして挙げられるのが、帯域が1Gbpsと細く動画の視聴者などが増えると混雑が起きやすく速度の低下が起きてしまう点です。 それに対しIPv6 IPoE接続は100GbpsとPPPoEに比べて100倍太い上に、まだ利用者も少ないため混雑が起きず安定した高速通信が可能になります。 また夜間だと通信速度がさらに速くなります。 また、PPPoE接続だとIDやパスワードの設定をする必要がある一方で、IPv6 IPoE接続は設定の必要がないので非常に簡単にインターネット接続ができるのです。 excite光 Fitの月額料金 では実際にBB. excite光 Fitを利用した場合の月額料金はどうなるのでしょうか。 現在BB. excite光 Fitを契約した場合の月額料金を表にまとめました。 さらに今ならキャンペーンで初期費用・工事費が無料になるので、よりお得に光回線を利用できます。 2020年10月1日より「30GB未満」となります。 現在実施中のキャンペーン 現在BB. excite光 Fitでは2つのキャンペーンを実施しています。 どちらも非常にお得なキャンペーンなので、ぜひチェックしましょう。 初期費用・工事費無料キャンペーン 出典: 現在BB. excite光 Fitに契約すると初期費用・工事費が無料になるキャンペーンを行っています。 具体的に割引される費用は以下の通りです。 【初期費用】• キャンペーン期間 初期費用・工事費無料キャンペーンは2020年2月26日(水)から実施されており、終了時期は未定となっています。 キャンペーン適用条件 このキャンペーンが適用されるのは以下の条件のうちひとつを満たしている必要があります。 新規契約• フレッツ光からの転用申し込み• 他社光コラボからの乗り換え ルータープレゼントキャンペーン 出典: 現在BB. excite光 Fitに契約するとWi-Fiルーターがプレゼントされるキャンペーンを行っています。 このWi-FiルーターはIPv6 IPoEに対応しておりBB. excite光 Fitの高速通信をWi-Fi接続でも実現できるルーターなので、是非このキャンペーンを利用しましょう。

次の