甘いお酒でうがい キャスト。 『甘いお酒でうがい』豪華キャスト陣が共演!予告編&ポスタービジュアルが解禁!|映画の時間

甘いお酒でうがい | 無料映画倶楽部

甘いお酒でうがい キャスト

じろうさんが同作の脚本も手掛けており、「自分の中の女性が勝手に書いている」と公言するほど、日記の中のエピソードは女性が共感するものばかりで、その中から、同作のメガホンをとる大九明子監督とじろうさんが選りすぐったエピソードが映像化される。 ベテラン派遣社員として働く40代独身OLの川嶋佳子(松雪)は、毎日日記をつけていた。 撤去された自転車との再会を喜んだり、変化を追い求めて逆方向の電車に乗ったり、踏切の向こう側に思いを馳せたり、亡き母の面影を追い求めたり・・・佳子の一番の幸せは会社の同僚である若林(黒木華さん)ちゃんと過ごす時間。 そんな佳子に、ある変化が訪れる。 それは、ふた回り年下の岡本くん(清水尋也さん)との恋の始まりだった・・・。 松雪は、日常の中に散りばめられている小さな喜びにそっと寄り添って生きる主人公・川嶋佳子を演じる。 イベントにて松雪は、「この作品のお話をいただいたのがちょうどお休みに入っている時でした。 お休みの時は本を読んだり、映画を観たり、演劇に足を運んだりしてインプットするのですが、そんな時にオファーをいただいた作品。 キャストの皆さんと共に丁寧に作り上げた作品です。 今日はそのお話をさせていただければと思いますので、どうぞよろしくお願いします。 」と挨拶。 オファーを受けた時のことについて、「まさか自分にお話をいただけるとは思っていなくて、率直に嬉しかったです。 読ませていただいた時に、じろうさんの言葉がとても美しくて、なんて詩的でユーモアがあって可愛らしいんだと思いました。 いい行間があることによってイマジネーションが広がるというか、読んでいくだけで一本映画を観終わったような感覚になる素敵な本でした。 」と振り返った。 自身が演じた佳子は、じろうさんが元々コントでも演じていた役だが、「脚本と原作を読んだ後にコントを観させていただいたのですが、全然違ったのでビックリしました(笑)。 まっさらな気持ちで演じました。 」と話した。 佳子と似ている部分は?と聞かれ、「モノローグで(佳子の)心の中がずっと表現されていくので彼女の内面で起きていることは観ていただく方には伝わっていくかと思うのですが、普段、人って何か行動したり、人と相対したり、景色を見たりする度に心の中でいろいろなことが起きているじゃないですか。 佳子さんとは少し違いますが、自分もわりといろいろなイマジネーションが広がっていくタイプなので、そういう意味では共感できました。 あとは物を大切にして愛着があるところが似ているとな思いました。 また面白い発想だと思ったのは、新しいハイヒールがこれから外の世界でいろいろなことを体験していくから、先に大変なことを経験させるためにあえて雨の日に履いていくところ。 とても彼女らしい感性だと思いました。 」と回答した。 また、黒木さんと若林ちゃんの共通点は?という質問には、「華ちゃんは良い意味でとても強くて美しい人。 演劇で2作品共演しているので華ちゃんのいろいろな素敵な瞬間を見ているのですが、華ちゃんが持っている一番ピュアな部分が若林ちゃんにピッタリ。 癒しでしかないです。 」と話すと共に、清水さんと岡本くんの共通点を、「俳優さんとしていろいろな側面を持っていらっしゃるので、そういう意味で今回の作品ではとても新鮮に感じながら一緒にお芝居をしていました。 岡本くんという役をナチュラルに演じて現場でも明るく過ごしてくださっていて、控え室に居る時と演じる時の境界線もなく、共通点というか現場では一体化している感じがしました。 」と話した。 この日はタイトルにかけ、最近ハマっている甘い物は?という質問も。 春だ、いちごだなって。 あとは干し芋です。 」と笑顔で答えた。 ぜひご期待ください!• 松雪泰子主演映画「甘いお酒でうがい」の予告編動画とポスタービジュアルが解禁となった。 じろうさんが同作の脚本も手掛けており、「自分の中の女性が勝手に書いている」と公言するほど、日記の中のエピソードは女性が共感するものばかりで、その中から、同作のメガホンをとる大九明子監督とじろうさんが選りすぐったエピソードが映像化される。 ベテラン派遣社員として働く40代独身OLの川嶋佳子は、毎日日記をつけていた。 撤去された自転車との再会を喜んだり、変化を追い求めて逆方向の電車に乗ったり、踏切の向こう側に思いを馳せたり、亡き母の面影を追い求めたり・・・。 そんな佳子の一番の幸せは会社の同僚である若林ちゃんと過ごす時間。 そんな佳子に、ある変化が訪れる。 それは、ふた回り年下の岡本くんとの恋の始まりだった・・・ 松雪は、日常の中に散りばめられている小さな喜びにそっと寄り添って生きる主人公・川嶋佳子を演じる。 この度解禁となったポスタービジュアルは、岡本くんに対する自分の気持ちに揺らぐ佳子が、以前住んでいた街を訪れ、昔を懐かしむことで、平静を保とうする姿を大きく配置。 自身を「根本が後ろ向き」と思う佳子が、「新しいことに挑戦するよりは、かけがえのないものを守り続ける方が好き」と思いながら、目をつぶり後ろ歩きで歩み始める姿が印象的なビジュアルが完成した。 また、予告編では、「川嶋佳子」が日記に綴った1年5カ月の日常が描かれる。 「上ったことのない歩道橋の上から見る景色は、見たことのない景色だった」、「母親の後ろ姿に似た人の後ろに並ぶのが好き」など、彼女が書き留めるのは、誰でも見覚えのある人生の悲哀と日常に散りばめられた小さな喜び。 それらに一喜一憂するのではなく、そっと寄り添って生きていくひとりの女性の日々が映し出されており、ちょっぴり後ろ向きだけれどポジティブに生きる川嶋佳子の日常は、平凡だけれどちょっぴり切ないことも、そして嬉しいことも。 穏やかな優しい映像美で、観る人の心に束の間の平穏をもたらす映像となっている。 2020. 17 2020. 02 2020. 12 2020. 18 2020. 15 2020. 05 2020. 24 2020. 17 2020. 09 2020. 08 2020. 06 2020. 03 2020. 02 2020. 25 2020. 25 2020. 25 2020. 20 2020. 17 2020. 16 2020. 13 2020. 26 2020. 19 2020. 28 2019. 16 2019. 07 2019. 02 2019. 29 2019. 24 2019. 16 2019. 16 2019. 15 2019. 12 2019. 18 2019. 17 2019. 12 2019. 10 2019. 05 2019. 02 2019. 28 2019. 03 2019. 28 2019. 01 2019. 15 2019. 12 2019. 12 2019. 12 2018. 24 2018. 12 2018. 09 2018. 07 2018. 01 2018. 07 2018. 03 2018. 03 2018. 28 2018. 13 2018. 07 2018. 17 2018. 16 2018. 07 2018. 04 2018. 01 2018. 25 2018. 01 2018. 27 2018. 02 2018. 01 2018. 25 2018. 09 2018. 06 2018. 02 2018. 02 2018. 29 2018. 16 2018. 12 2018. 12 2018. 09 2018. 08 2018. 27 2018. 24 2018. 22 2018. 12 2017. 06 2017. 04 2017. 01 2017. 21 2017. 21 2017. 31 2017. 30 2017. 20 2017. 16 2017. 05 2017. 05 2017. 12 2017. 10 2017. 31 2017. 31 2017. 22 2017. 25 2017. 25 2017. 19 2017. 13 2017. 28 2017. 27 2017. 20 2017. 26 2017. 19 2017. 19 2017. 17 もっと見る.

次の

甘いお酒でうがいとは

甘いお酒でうがい キャスト

女優の松雪泰子を務める映画『甘いお酒でうがい』が4月10日 金 より公開されることが決定、本作の世界観が伝わる場面写真が公開となった。 松雪が主人公の40代独身OL・川嶋佳子を演じる。 佳子にとって何気ない日常の中で一番幸せな時間を過ごせる同僚・若林ちゃんを黒木華、ふた回り年下の岡本くん役を清水尋也が演じる。 本日、本作の場面写真が解禁された。 また、キャストと監督から、初日決定にあたり、コメントも到着した。 「川嶋佳子」ちょっと複雑でちょっと残念で、後ろ向きだけどポジティブで、本当に魅力的な女性。 佳子の言葉と、その日常を覗き見するような感覚で見ていただける、詩的な映画です。 是非劇場にて佳子の世界を覗き見してください。 黒木華(若林ちゃん 役) 甘いお酒でうがい。 なんて詩的で魅力のある言葉なんでしょうか。 川嶋佳子さんの日記からなるこの物語を男性のじろうさんが書いているなんて、なんて繊細で才能のある方なのだろうかと改めて思います。 大九監督とは初めてのお仕事でしたが、じろうさんの脚本のテンポ感や魅力を凄く引き出されていて、若林ちゃんをやらせていただいている間ずっと楽しかった記憶があります。 是非皆さんにチャーミングな佳子さん 松雪さん! を覗き見して頂きたいです。 清水尋也(岡本くん 役) ついに皆さんに観て頂けると思うと嬉しい気持ちで一杯です。 佳子さんの人生に少しでも彩りを与えられるように、そんな想いで岡本くんを演じました。 温かくも切なくもある、人の心に寄り添える映画になっていると思います。 4月10日公開、是非劇場でご覧頂きたいです。 大九明子監督 お母さんでも、奥さんでもない、大人の女性を主人公にした映画を撮りたいと思っていたところ、じろうさんがしたためた美しい日記文学を知り、何も起こらない40代女性の日常を映画にしたっていいでしょ別に、という心持ちで映画にしました。 劇場にてひたひたに浸って下さい。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

最新映画ニュース|『甘いお酒でうがい』豪華キャスト陣が共演!予告編&ポスタービジュアルが解禁!

甘いお酒でうがい キャスト

提供:シネマクエスト 1991年に女優デビュー以降、数々の映画やドラマなどに出演し、昨秋も「ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~」の主演を務めるなど活躍の域をますます広げる 松雪泰子 や、「凪のお暇」ほかで今や女性にも絶大な人気を誇る 黒木華 、『ホットギミック ガールミーツボーイ』ほかで唯一無二の存在感を放つ若手個性派俳優の 清水尋也 、そして『勝手にふるえてろ』や『美人が婚活してみたら』などで人生を上手く渡り歩き切れていない女性を撮らせたら右に出る者がいない 大九明子監督 が結集した映画『甘いお酒でうがい』が、4月10日(金)より、テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほかにて公開されることが決定した。 じろうは、原作のみならず、本作の脚本も手掛けている。 じろう本人も「自分の中の女性が勝手に書いている」と公言するほど、日記の中のエピソードは女性が共感するものばかり。 その中から、大九監督とじろうが選りすぐったエピソードが映像化された。 松雪泰子、黒木華、清水尋也ら実力派キャストが集結! 主人公の40代独身OL・川嶋佳子を演じるのは 松雪泰子。 強烈なキャラクターから子供をもつ母まで幅広い役柄を演じてきたベテラン女優・松雪泰子が、日常の中に散りばめられている小さな喜びにそっと寄り添って生きる女性を演じている。 佳子にとって何気ない日常の中で一番幸せな時間を過ごせる同僚・若林ちゃんを 黒木華。 本作を観た女性は「若林ちゃんのような後輩が欲しい!」と切望するのは必至!佳子の生活にある変化をもたらす、ふた回り年下の岡本くん役を 清水尋也 が、フレッシュに、そして愛らしく演じている。 この度、ポスタービジュアルと予告編が解禁となった。 ポスタービジュアルは、岡本くんに対する自分の気持ちに揺らぐ佳子が、以前住んでいた街を訪れ、昔を懐かしむことで、平静を保とうする姿を大きく配置。 自身を「根本が後ろ向き」と思う佳子が、「新しいことに挑戦するよりは、かけがえのないものを守り続ける方が好き」と思いながら、目をつぶり後ろ歩きで歩み始める姿は、強い印象を残す。 また、解禁となった予告編では、「川嶋佳子」が日記に綴った1年5カ月の日常が描かれる。 「上ったことのない歩道橋の上から見る景色は、見たことのない景色だった」、「母親の後ろ姿に似た人の後ろに並ぶのが好き」など、彼女が書き留めるのは、誰でも見覚えのある人生の悲哀と日常に散りばめられた小さな喜び。 それらに一喜一憂するのではなく、そっと寄り添って生きていくひとりの女性の日々を描く。 ちょっぴり後ろ向きだけれどポジティブに生きる川嶋佳子の日常は、平凡だけれどちょっぴり切ないことも、そして嬉しいことも。 穏やかな優しい映像美で、観る人の心に束の間の平穏をもたらす。 予告編のナレーションを務めるのは、日本テレビ「女芸人No. 1決定戦 THE W 2019」で見事、3代目チャンピオンの栄冠に輝いた、3時のヒロインの3人。 映画のナレーションは初めての経験と語る3人それぞれの予告編が作られ、この度、一気に解禁となった。 同じセリフのナレーションにも関わらず、声に個性が感じられ、それぞれ魅力的な予告編に仕上がっている。 映画『甘いお酒でうがい』 予告編90秒 福田さん Ver. 映画『甘いお酒でうがい』 予告編90秒 ゆめっちさん Ver. 映画『甘いお酒でうがい』 予告編90秒 かなでさん Ver.

次の