なかやま ふみ か。 なかやまきんに君 久々イベントで世界初!?検温ポージング「まったくブランク感じない」

中山史奈

なかやま ふみ か

略歴・人物 [ ] 姉のと同じくの中学校に在籍していたが、出演した『』への芸能活動に伴い、墨田区立の中学校へ転校する。 公立中学校卒業後は、に進学したものの、諸般の事情に伴い大原高等学校に転校した。 デビュー後は雑誌のや、司会のにレギュラー出演するなど活躍していたが、2001年(平成13年)6月に自ら起こした毒物及び劇物取締法違反の触法行為によりされ勾留された。 後に起訴され有罪となったため、所属していた芸能事務所が契約解除を通達し解雇された。 この触法行為が多方面に影響してしまい、通学していた高等学校も中途退学して芸能関係の仕事に復帰する事が事実上不可能となり、デビューからわずか1年余りで完全引退に追い込まれた。 引退後は一般の仕事に従事し、2010年2月に男児を出産した事を姉の梨花が報告 している。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• 第5部 () - 阿部カオル役• 第5回『卒業儀式』• () - 橘冴子役 バラエティー [ ]• CM [ ]• 「」 脚注 [ ]• 2011年11月15日閲覧。 この項目は、(・・・・などを含む)に関連した です。

次の

なかやま

なかやま ふみ か

診療内容 産婦人科診療 1. 妊婦健診 当院では分娩はおこなっていませんが、仙台産科セミオープンシステムに基づく妊婦検診をおこなっています。 仙台赤十字病院、 仙台市立病院、 仙台医療センター、 東北公済病院、 東北大学病院 で分娩をなさる妊婦さんの妊婦検診を病院と連携しながらおこないます。 胎児4Dエコーの画像 2. 乳がん検診、子宮がん検診 仙台市乳癌検診(マンモグラフィー検診および超音波検診も可能です。 ) 仙台市子宮がん検診 (二次精密検診にも対応します。 ) 3. 仙台市基礎健診、特定健診 要電話予約 仙台市基礎健診、特定健診を行っております。 レントゲン、眼科診察がある場合は他院での追加検査をお願いしております。 不妊症に関する相談 5. ブライダルチェック 結婚に備えての健康診断 6. 避妊、人工妊娠中絶など ピル、モーニングアフターピル、IUD、初期の人工妊娠中絶 7. 性感染症の検査・治療 8. 各種ワクチン接種 HPVワクチン、インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチン、風疹ワクチンの接種 9. 尿もれや頻尿の相談(膀胱炎、神経因性膀胱など) 皮膚科 火曜午前、木曜午後、土曜午前は皮膚科専門医による診療に行います。 内科 風邪、生活習慣病、ワクチン接種などの診療を行います。

次の

中山史奈

なかやま ふみ か

略歴 [ ] 生い立ち [ ] 母親の再婚相手の義父は出身で 、義父も歌手を目指して上京した人で 、に入る予定だったが、直前で辞め後で悔んでいたとのこと。 はの白鳥幼稚園。 幼稚園の頃から、に憧れ、歌手になりたいと強く願った。 「テレビに出れるし、目立つし、人前に出れればキャアキャアいわれる」という単純な動機から。 でスカウトされる以前も、映画やのを多数受けていた。 からに進学。 アイドル期 [ ] 、1年生の時に原宿でスカウトされる 「ラッキーッ! 」っと心の中で叫び 、疑惑も不安も迷いもなく 、芸能界に飛び込む。 当時、歌手志望の夢をまだ捨てていなかった父から「おまえが先に芸能界に行くのか!?」と驚かれたくらいで、まわりの誰からも芸能界入りの反対はされなかった。 モデルクラブ・に所属。 雑誌『』のページの写真モデルが初仕事。 テレビに出るのが幼少期からの夢だったため、『』に出るのが最大の目標だった。 最初は広告、ポスター等の活動のほか、カセット「スプレンダー」やのに出演。 ビジュアルでは昭和の歴代アイドルの中でもトップクラスという評価があり、この時期の活動がそれを根拠づけている。 芸能活動が活発になってきた中学3年の時に東京都板橋区立板橋第五中学校に転校し 、のちに卒業。 高校は定時制に進学したが、芸能活動を優先するために1年二学期に中途退学した。 高校は無理やり行かされたため、一週間で辞めた。 1月、系ドラマ『』のツッパリ少女・ のどか役で女優デビュー。 女優としてより、テレビデビューできたことが幼少期からの夢を叶えたと思えた。 思春期の性をテーマにしたホームコメディードラマで、刺激的なシーンやセリフが多く、今までにないその鮮烈な内容が大いに注目されて大ヒットした。 また彼女はドラマ開始時は無名な存在だったが、ドラマの要でもある役柄を当時14歳にして体当たりで演じきり、型どおりの清純派とは一味違ったキャラクターで一躍注目を集めた。 演じた"のどかイメージ"が強烈に本人とダブるほどの人気だった。 同ドラマ終了後、傘下のに移籍する。 同年6月21日、シングル「」でとしてもデビュー。 同12月には、ヒロイン役で初出演した映画『』が劇場公開されて大ヒット。 また年末には、新人アイドルが豊作だった中で、その頂点に達する最優秀新人賞を受賞するなど活躍が続いた。 また同期には当時ドラマ共演がきっかけで親友だった、、、、、、、、、、、、、など、のちにトップアイドルになる華々しい顔ぶれと並んでのデビューだった。 それぞれ歌手、役者、タレント、モデルなどの道を進み活躍している。 には前年以上の活躍を見せ、ヒット曲を連発。 トップアイドル歌手として多くの歌番組に出演。 そして、この頃からやなど大手企業のCM出演も多くなるなど、名前も全国区となる。 に放送された主演ドラマ『』の役柄・中山美穂の愛称 ミポリンが、実際の中山の愛称としても定着した。 同年売上枚数が女性部門でトップになる。 しかし、11月にに罹り、主演ドラマ『』(系)の撮影中断を余儀なくされ、当初の予定より1話減らした9話で完結することになった。 に『』に初出場し、以後の『』まで7年連続で出場した。 1月、枠のドラマ『』に主演。 男性だけではなく女性からも憧れを誘う存在となって、以後、その月9枠の常連となり、主演が7作品と、女性では最多を記録している(男性を含めるとに次ぐ第2位)。 また、主演と主題歌を担当した作品も4作で、最多である。 80年代後半に最も活躍した女性アイドル四人(中山美穂、、、)は当時 女性アイドル四天王と呼ばれていた。 別冊宝島の調査によると、1980年代のシングル総売上げは年間ベスト50位以内のものに限定しても245. 6万枚と、当時の女性アイドル中5位だった。 年間ベスト50位以内ランクイン曲数10曲と当時の女性アイドル中3位だった。 歌手と女優の両立 [ ] 1990年代に入り、1980年代にデビューした多くのアイドルが女優もしくはへと転向を図る中、年1本の連続ドラマ、映画、CM、アルバム発売、コンサートツアーと、歌手業と女優業の両立を維持する。 よりデビュー以来初めてとなる3カ月の長期充電期間に入る。 に滞在してボイストレーニングやダンスレッスンを受けるが、4月リリース予定だった『』の主題歌「」のレコーディングは充電期間前に済ませていた(当時のレギュラーラジオ番組「」内での本人談 [ ])。 3月末に帰国し4月、の開幕戦ので投手役を務める。 デビュー以来初めて女優活動を休止し歌手活動メインの1年を過ごした。 2月、「」が100万枚を超える売り上げ(オリコン最高位1位)を記録し、自身単独名義での初ミリオンヒットとなる。 前出の『』と合わせると2曲目のミリオンヒットとなり、80年代デビューの女性歌手でミリオンヒット2曲は初の快挙で、現在までにこの快挙達成は中山美穂との2人だけである。 に映画『』(監督作品)に主演し、各映画祭で主演女優賞を受賞。 11月、シンガーソングライターとのコラボレーションにより「」をリリース。 公開の映画『』(監督作品)がロングランヒットを記録。 また、映画賞で主演女優賞を受賞。 秋クールの連続ドラマ『』(フジテレビ系)に主演。 の木村拓哉と共演し、最高視聴率30. 9月にリリースした「」が、現時点での最後のシングル発表曲である。 以後、歌手活動を休止している。 結婚~離婚、現在 [ ] 、でのと。 同時に、当初予定されていた主演映画『』の製作が延期と発表された。 この年の10月クールの連続ドラマ『』(フジテレビ系)を最後に日本での芸能活動を一時休止し、・に移住。 2004年1月、長男を出産。 に専念していたが、2005年6月に「茶来」のCMで3年ぶりにメディア出演をした。 2006年3月、シングルを全て収録した『』が発売された。 2007年からの女性月刊誌『』でエッセイの連載を開始。 同年、社の缶コーヒーやのCMにも出演。 また、夫とツーショットで女性誌にも登場した。 2008年夏、ドキュメンタリー映画『』を元に作成された絵本『』の朗読を担当、その朗読CDが絵本に付属され限定で発売された。 2009年、女性月刊誌『』でのフォトエッセイに加筆された『』が5月に単行本化されより発売された。 また、製作延期とされていた主演映画『サヨナライツカ』の製作が監督をはじめとするスタッフ・キャスト陣を改め2008年より新たに敢行された。 2009年10月から2010年3月にかけて『中山美穂"恋ドラ"DVDコレクション』として、フジテレビで放送された中山の主演ドラマ『』『』『』『』の4作品がDVD化された。 さらにドラマ『』『』及び1991年に公開された映画『』がDVDとして2010年3月から順次DVDリリース。 1月23日、主演映画『』(監督作品)公開。 2009年10月、2001年のドラマ「Love Story」の制作発表以来となる公の場である制作発表記者会見及び試写会に登壇した。 また同年末から映画が公開される年初にかけ数多くのテレビ番組に出演。 2010年7月7日にはベストアルバム『』が発売。 3月21日、に起こったの被災地へ向け作詞した楽曲「I am with you(とおくはなれてても)」を動画共有サイト・YouTubeで公開した旨を(当時の)夫でミュージシャンの辻仁成が自身のツイッターで明らかにした。 同曲を制作した辻のアコースティックギターの伴奏にあわせ、久々に歌声を披露した。 辻はツイッターで「この歌が、被災された方々の心によりそえますように」とメッセージを贈っている。 7月8日、辻仁成と協議離婚が成立。 、の年末大型『』で、18年ぶりの出演及び19年ぶりの『』出演を果たして、「」「」の2曲を披露した。 2016年3月、デビュー30年にして初めてとなる、本格的舞台『魔術』(共演:、、)に出演し、東京公演のほか全国6か所で公演を行った。 2018年春、日韓同時公開の映画「蝶の眠り」で5年ぶりの映画主演。 公開に先駆け2017年秋にでワールドプレミアとして上映が決定。 一部編集盤を除き大半が。 (2000年7月7日)• Lagrimas Negras (2000年10月20日)• キミがいるから(2000年12月15日)• I am with you(とおくはなれてても) YouTube 2011年3月21日 アルバム [ ] オリジナルアルバム [ ] 発売日 タイトル 最高位 1st 11位 2nd 1985年 13位 3rd 8位 4th 1986年 6位 5th 3位 6th 1位 7th 1988年 2位 8th 1988年 3位 9th 1位 10th 1989年 9位 11th 3位 12th 1990年 3位 13th 2位 14th 3位 15th 4位 16th 3位 17th 7位 18th 13位 19th 28位 20th 9位 21st 29位 22nd 28位 ベストアルバム [ ] 発売日 タイトル 備考 最高位 1st 初のシングル・コレクション 1位 2nd 初のバラード・セレクション 2位 3rd シングル・コレクション第二弾 2位 4th セレクション・アルバム 1位 5th ドラマ主題歌のみをコンパイルしたコンピ集 2位 6th 新録音ベスト・アルバム 9位 7th シングル・コレクション第三弾 3位 8th バラード・セレクション第二弾 25位 9th 初の本格的ベスト・アルバム 3位 10th リクエスト投票によるベスト・アルバム 28位 11th 62位 12th 67位 13th 68位 14th シングル・コレクション第四弾 300位圏外 15th 歌手デビュー20周年を記念した初のコンプリート・シングルボックス 147位 16th レコード会社企画のコンピレーション・アルバム 105位 17th 133位 18th 歌手デビュー30周年を記念したシングル・ボックス 169位 リミックスアルバム [ ]• (1988年10月21日)• (1991年7月25日)• (1997年12月3日)• ライブアルバム [ ]• (1986年8月1日)• (限定盤) (1994年11月23日)• (1995年3月1日) 映像作品 [ ]• (1985年11月21日)• (1986年7月21日)• (1988年4月5日)• (1988年12月21日)• (1989年7月5日)• (1990年9月10日)• (1990年12月5日)• (1990年12月21日)• (1991年7月21日)• (1992年7月4日)• (1992年12月4日)• (1993年12月10日)• (1996年3月16日)• (1996年12月21日)• (1998年12月23日)• (2003年7月24日) 公演 [ ] コンサートツアー [ ]• VIRGIN FLIGHT (1986年) - 全国5公演• MIHO NAKAYAMA 1986 AUGUST - OCTOBER CONCERT "VIRGIN FLIGHT in Summer" (1986年) - 全国26公演• ONE AND ONLY これっきゃない! (1987年) - 全国30公演• MIHO Catch '88 (1988年) - 全国63公演• 1988 Japan Concert Tour "Miho Catch '88 Summer" (1988年) - 全国58公演• 1989 SPRING TOUR "WHUU!! NATURAL" (1989年) - 全国45公演• 1989 Summer Live "The Natural Syndrome" (1989年) - 全国50公演• Japan Spring Concert Tour 1990 "Koiiro" (1990年) - 全国35公演• '90 MIDSUMMER CONCERT TOUR "真夏の夜の熱帯夢 A REVUE ON THE ROOF" (1990年) - 全国28公演• MIHO NAKAYAMA CONCERT TOUR '91 "MIHO the FUTURE, MIHO the NATURE" (1991年) - 全国40公演• MIHO NAKAYAMA CONCERT TOUR '92 "Mellow 月の輝く未来あるいは、ムーンライト・キス" (1992年) - 全国35公演• MIHO NAKAYAMA CONCERT TOUR '93 "On My Mind" (1993年) - 全国34公演• Miho Nakayama Concert Tour '94 "Pure White" (1994年) - 全国39公演• Miho Nakayama Concert Tour '95 "f" (1995年) - 全国34公演• MIHO NAKAYAMA CONCERT TOUR '96 "Sound of Lip" (1996年) - 全国32公演• Miho Nakayama CONCERT TOUR '97 "Groovin' Blue" (1997年) - 全国38公演• MIHO NAKAYAMA TOUR '98 "Live・O・Live" (1998年) - 全国29公演• Miho Nakayama Concert Tour 1999 (1999年) - 全国19公演• Miho Nakayama Live House Tour 1999 "manifesto" (1999年) - 全国7公演 イベント [ ]• EAST FIRST LIVE '86(EAST、1986年11月9日)• 美穂といっしょにWAKUWAKUクリスマス(、1986年12月22日)• (1987年)• (1987年)• (1987年)• (1987年)• 一生懸命 中山美穂写真集 (1985年、) - 写真集• 透明でいるよ めいっぱい女の子 (1985年、ワニブックス) - エッセー集• 美穂がんばる (1986年、) - 写真集• どっちにするの。 (1989年、集英社) - 写真集• アンビバレンス Ambivalence 中山美穂写真集 (1989年、ワニブックス) - 写真集• SCENA miho nakayama pictorial (1991年、ワニブックス) - 写真集• I LOVE YOU (1991年、・) - エッセー集• LETTERS in Love Letter(中山美穂写真集) (1995年、ワニブックス) - 写真集• 中山美穂 in 映画『東京日和』 (1997年、ワニブックス) - 写真集• (1997年、) - 小説• ANGEL (1998年、ワニブックス) - 写真集• 中山美穂・魂の旅 小説アルケミストの世界を旅して (2002年7月7日、)• 「パティシエ青木定治とつくる あこがれのパリ菓子」第7回・第8回(2013年1月21日・1月28日、NHK) - 生徒役• - 1985年4月 - 9月 アシスタント 系• 日曜スペシャル「」 (1999年5月23日)• 日曜スペシャル「」(2000年10月22日)• おはようスタジオ(1985年4月~9月23日)月曜日アシスタント• 幸せのホテルが誘う旅〜ルレ・エ・シャトーへようこそ〜(2020年1月3日) - 旅人(スイス) 舞台 [ ]• 『魔術』(2016年3月 -4月、東京本多劇場、ほか神戸、名古屋、高知、愛媛、仙台、北海道公演) 紅白歌合戦 [ ]• 1988年 第39回NHK紅白歌合戦 - 歌唱曲: (紅組トップで出演、紅組代表として選手宣誓も務める)• 1989年 - 歌唱曲:• 1990年 - 歌唱曲:• 1991年 - 歌唱曲:• 1992年 - 歌唱曲: (後半戦トップバッター、と共演)• 途中コーナーでは・と共に『』のテーマ曲を披露)• 1993年 - 歌唱曲:• 1994年 - 歌唱曲: CM [ ]• AD-S SPLENDOR (1983年 - 1984年)• コーンスナック (1984年)• ジェットストリーム (1985年)• Lo-D 8ミリビデオカメラ (1985年 - 1991年)• インテグレート、ラステア (1986 - 1989年、1993年)• ブロン液W、新エスタックW、新エスタック12、エスタックイブ (1986年 - 1997年)• 雪見だいふく、トッポ、アロマスティック他多数出演 (1987年 - 1995年)• 晴れ着の丸昌 (1987 - 1990年)• ライトハウス (1988年 - 1989年)• - - (1990年 - 1992年)• ティークオリティ (1991年 - 1993年)• (1992年 - 1993年)• (1992年 - 1994年)• (1992年 - 1994年)• 新・GINGA、快速銀河、パワステヘッド他多数出演 (1992年 - 1996年)• 正月超特大号<お茶の間編> (1993年)• (1994年 - 1996年、、、、、らと共演)• スーパーライト (1996年 - 1997年)• UCCレギュラーコーヒー (1996年 - 1997年)• アンテリージェ、、ドゥセーズルミナス、(1996年 - 2003年)• ラガー (・、と共演)• 一番搾り (、と共演)• 日産自動車 (1997年 - 1998年、と共演)• バリュースターNX (1998年 - 2001年、と共演)• (1999年)• 23区 (1999年 - 2002年、と共演)、自由区(2008年 - )• 明治製菓 アーモンドチョコレート、メルティキッス(2000年)• (2001年 - 2002年)• 茶来 (2005年 - )• イリューム (2006年 - )• ザ・コスギタワー (2006年)• (2006年 - )• ヴィンテージーレーベル (2007年、と共演)• やさしお (2007年 - 2008年)• ドクターデヴィアス (2008年 - )• (2011年2月 - )• アサヒSlat(すらっと)(2012年3月20日 - )• MVNE(2014年4月 - )• KOSE ESPRIQUEシリーズ【ESPRIQUE Eclat】(2017年10月 - )• ノアール(2017年12月 - ) 他多数出演 ラジオ [ ]• 中山美穂 ちょっとだけええかっこC ()• 中山美穂のまんまるキューピッド ()• (ニッポン放送) ゲーム [ ]• (1987年、、、CMにも出演) 受賞歴 [ ] 音楽 [ ]• 1985年 最優秀新人賞 「C」• 1985年 第23回最優秀新人賞• 1986年 第13回決定! 優秀音楽賞 「WAKU WAKUさせて」• 1986年 金賞 「ツイてるねノッてるね」• 1987年 第18回金賞• 1988年 第21回LP部門• 1988年 第15回決定! グランプリ 「Witches」• 1988年 金賞 「You're My Only Shinin' Star」• 1988年 第26回ゴールデンアロー賞音楽賞• 1989年 第2回ベストアーティスト、同ベストアルバム 『COLLECTION』• 1990年 第3回日本ゴールドディスク大賞ベストアーティスト• 1993年 第6回日本ゴールドディスク大賞女性アイドル部門賞 『Miho's Select』• 1994年 第7回日本ゴールドディスク大賞作品賞ベスト5シングル賞 「世界中の誰よりきっと」• 1994年 第12回金賞 「世界中の誰よりきっと」• 1994年 賞 「世界中の誰よりきっと」 映画 [ ]• 『』(1991年度)• 話題賞• 『』(1995年度)• 第20回最優秀女優賞• 第17回主演女優賞• 第10回最優秀主演女優賞• 主演女優賞• 『』(1997年度)• 優秀主演女優賞• 第12回高崎映画祭最優秀主演女優賞 ドラマ [ ]• 1995年• 第4回 主演女優賞(『』)• 1998年• 第19回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『』) その他 [ ]• 新人賞(1987年) 脚注 [ ] []• 117. [ ]• ちょっぴり不思議で、たっぷりキュート。 そんな美穂ちゃんの15年間を探ってみたよ! 」『月刊平凡』1985年9月号、、 56-57頁。 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p. 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p. 週刊 2012年6月28日特大号 80年代アイドルたちの美熟化• com速報 映画. com. 2017年9月11日. 2019年12月17日閲覧。 72-73. Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2017年11月9日. 2017年11月9日閲覧。 まんたんウェブ. 2018年7月19日. 2018年7月19日閲覧。 com. 2019年12月17日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2019年5月16日. 2019年5月16日閲覧。 2015年8月26日. 2015年8月26日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 公式サイト• - の公式ページ• MihoNakayamaMg -• - YouTube.

次の