ウォーターボーイズ 映画 高校。 社会現象になった映画『ウォーターボーイズ1』(2001)の考察!キャスト一覧やロケ地を解説

映画|ウォーターボーイズの動画を無料でフル視聴できるサイトまとめ

ウォーターボーイズ 映画 高校

って思ったら、絵が浮かんできました。 高校生たちが、お店に入っていく。 大きな瞳でじっと見詰めながら 「君たち、応援するよ」 とにっこりするのが IZAM。 濡れたくちびる。 ボックス席には GACKT が居て あさってのほうを見ながら、チケットを受け取るの。 お金を貰った高校生が、飛び上がって喜ぶ。 もちろん、オカマバーなんかじゃない。 ビジュアル系のお店です。 ママは、ピーターなんか、どうだろ。 隅っこのほうに、さりげなく、居てもらう。 学園祭当日 観客席の IZAM 「なかなかやるね」 口元のアップ。 妖しげに蠢くといいなあ。 あさっての方向に顔を向けた GACKT がつぶやく。 「明日も、晴れるかな」 のどアメしゃぶってたりなんかして。 でも、その視線を追ってカメラがパンすると しっかりウォーターボーイズを見ている。 ズレ過ぎたか…• 青春って、時間がたって美化されるから美しく感じるかもしれないけど、実際はぐちゃぐちゃで、決してきれいなものじゃないと思いますけどね。 男がシンクロしてもいいじゃないか! と 汚いけど、オカマで何が悪い! ってのは、ある意味かぶると思うけど。 柄本さんたちが必要でないという以上に、とんかちさんの上げた方々のそういう伏線はもっと必要ない(不要)んぢゃないでしょうか。 こんなもん、出されたら、ただの「ミーハーバカ映画」になってしまう。 私、そういうことを言っているのではありません。 この映画が、「実際はぐちゃぐちゃで、決してきれいなものじゃない」青春を描いている作品とは、思いません。 柄本さんたちのエピソードが、主人公たちの青春の、「ぐちゃぐちゃで、決してきれいなものじゃない」面を描くためのものとも思えません。 だから、なくてもいいと思う。 こういうギャグは、つまらない、と言っているのです。 というご指摘には、あっ! と息を呑んでしまいました。 なるほど、そういう見方もあるのか・・・ 賛成しないけど。 こんなもん、出されたら、ただの「ミーハーバカ映画」になってしまう。 まあまあ、そこは、私が遊んだだけですので。 「ミーハーバカ映画」というのは、よくわかりませんが、お気に障ったら、無視してください。 返信を投稿•

次の

ウォーターボーイズ(映画)のモデルになった高校はどこ?文化祭やシンクロ部はない!

ウォーターボーイズ 映画 高校

・かっこいい玉木宏さんが、ダサい恰好をして視聴者を本気で笑わせにかかっているのが面白かったから。 ・男の子たちがキラキラしていて、楽しい映画だった。 ・最後のシンクロのシーンはかなり感動的だったと思う。 笑いあり、感動ありの作品となっています。 玉木宏さんをはじめ、俳優陣にも人気が集まり1位となりました。 第2位 ちはやふる(2016年)186票 『ちはやふる』は、末次由紀による日本の少女漫画『ちはやふる』を原作に2016年に公開されました。 2部作として、上の句、下の句が同年に公開され、2018年に公開された『ちはやふる -結び-』で完結しています。 同級生の千早(広瀬すず)、太一(野村周平)、新(新田真剣佑)は、いつも仲良く競技かるたを楽しんでいましたが、小学校卒業を機にバラバラに。 高校に進学し再会を果たした千早と太一が一緒に競技かるた部を立ち上げ、全国大会を目標にしていきます。 ちはやふるを選んだアンケート回答者からは以下のようなコメントがありました。 ・マイナーな百人一首大会に挑む女子高生達のひた向きな姿勢とその過程の努力、勝利の時の達成感を自分も一緒になって味わった。 ・衣装がすごくよかった。 競技かるたの魅力いっぱいだった ・みんなで力を合わせて行く所がすき。 みんなが楽しそうに描いてある。 かるたをあまり知らない人でも楽しめる作品になっています。 広瀬すずや新田真剣佑など女優・俳優が良かったという声も多く、2位となりました。 第3位 ROOKIES -卒業-(2009年)152票 『ROOKIES -卒業-』は、2009年に公開された野球映画。 最終興行収入85. 5億円を記録し、2009年に公開された邦画・洋画全作品中で興行収入1位となっています。 主演はドラマ版と同じく佐藤隆太。 生徒役にも市原隼人、小出恵介、城田優、中尾明慶らドラマ版のメンバーが名を連ねました。 乱闘騒ぎを起こして出場停止になった野球部員たちを、1人の教師が再び野球をさせようとする熱血ドラマが、さらにスケールアップしています。 ROOKIES -卒業-を選んだアンケート回答者からは以下のようなコメントがありました。 ・佐藤隆太が好きで、生徒と教師のやり取りがとても感動したし、青春って最高だと思う ・どんな不良でも夢を諦めず戦ったら夢は叶うと言うストーリーが良かった。 グリーンの主題歌も良かった ・一見、悪そうな生徒でも導き方次第で真っ当な人間に生まれ変わるという内容も含めて、単なるスポーツ映画とは違うものを感じたから ただの野球映画ではなく、不良たちが夢に向かって頑張る姿に感動した人が多く3位となりました。 第4~30位 ここからは4位~30位をまとめて発表していきます。 男子高校演劇部(2011年)2票 第30位 ソフトボーイ(2010年)1票 部活といっても、スポーツ系から文化系のものまで色々あります。 部活映画を見て青春時代を思い返してみるのも良いかもしれませんね。 あなたはどんな部活をやっていましたか?.

次の

ウォーターボーイズ(映画)のモデルになった高校はどこ?文化祭やシンクロ部はない!

ウォーターボーイズ 映画 高校

話は、非現実的で、ばかばかしい内容。 ただ、最後のシンクロのシーンは 美しく、見ていて楽しい。 ほかは どうでもいい。 全体的に「ご都合主義」な感じで、重要なシーンは すべて省かれている。 こういう話の場合、一般的には「専門情報」の要素が重視される。 つまり、もし本当に男子高校生がシンクロを始めたい場合、どうすればいいのか、という情報だ。 その部分の調査が しっかりされていて、リアリティーが高い場合、話に信用性が増す。 そして説得力が出る。 そのうえ、トリビア的な要素も高いので、娯楽性も上昇する。 逆に、その重要な部分を大して調査もせずに話を作ると、台無しになる。 「イルカの調教師にはシンクロは教えられない」。 そして「男子生徒だけでシンクロをマスターするのは不可能」。 この2つの常識を、映画監督が理解できていない時点で、すべてが台無しだ。 「イルカの調教師にシンクロを習う」などといった非現実な話に走らず、普通に男子高校生がシンクロに挑戦する話にしたほうが、おもしろかっただろう。 惜しい作品だ。

次の