クワガタ メス 寿命。 クワガタの寿命はどれくらいだろう。長生きさせるにはどうするの?

本土ヒラタクワガタの飼育方法と解説

クワガタ メス 寿命

そう言うと思ったから代表的なクワガタの寿命を調べて以下の表にまとめてみたよ。 このドルクス属のクワガタは日頃からあまり動かなく、どちらかと言うと樹木などの割れ目の部分などでじっとしているのです。 そのため、 エネルギーの消費量も少なくすむので長生きするのではと言われていますよ。 私が毎年飼育してるカブトムシも、去年はオスの方が長生きしていたけど、今年はメスの方が長生きしていた。 そうなると、メスが交尾後に 卵を産むにはかなりに体力を使うことが想像できますよね。 と考えると、寿命もメスの方が早くきてしまうかもしれませんね。 あと、クワガタは寿命が尽きる前によく動くまわる行動を取るとも言われています。 もしそのような様子が見えた場合は要注意ですね。 外国産のクワガタの寿命はどれくらいなの? 外国産のクワガタも、 ドルクス属の場合は寿命が2年ほどと長いことがわかりました。 でもやはりノコギリなどと付く名前のものは数カ月となるようですよ。 ちなみ私の好きな外国産のクワガタを例にして紹介しますね。 そのためには、• 飼育数• 飼育ケース• マット• ストレス を気をつけましょう。 飼育数は少な目 飼育する数は 多くても2匹まで。 それも オスとメスの1匹づつにしましょう。 オス2匹だと喧嘩をしてしまい、寿命が極端に短くなる恐れがありますからね。 ただ少しでも長生きをさせるなら、体力を消耗する交尾を避けるために1匹で飼うのがおすすめですよ。 飼育ケースは大き目 クワガタをゆったりと過ごさせてあげることで、自然環境に近い環境が作れます。 5cmのSサイズぐらいは欲しいですね。 そんな飼育ケースはダイソーでも手に入りますし、このあと紹介するグッズも販売されていますよ。 そうなるとなかなか起き上がることができずに、 体力を消耗し寿命も短くなってしまいます。 その予防のためにも、爪を引っ掛けることができる足場を作ってあげましょう。 ホームセンターや100均などでも買える樹木や枯れ葉などの 転倒防止用のグッズをたくさん入れてあげると安心ですよ。 そのためにも先ほどお伝えしたとおり、飼ケースは大きなサイズがおすすめになりますね。 マットは天然素材 マットは自然環境に近づけるためにも、クヌギやナラの朽木が配合された 天然素材のものがおすすめ。 たとえばこのようなものですね。 エサは水分量が少な目 スイカなど 水分量の多いエサは与えないようにしましょう。 なぜならおしっこの量が増えてしまい、飼育ケース内が汚れやすくなるからです。 そんな環境では衛生的にもよくないので、寿命を短くさせる原因に繋がりますね。 そのためにも、水分量も少なく栄養もあるリンゴやバナナを与えるようにしましょう。 または 昆虫専用に作られたゼリーなら栄養も満点ですしマットも汚しにくいのでおすすめですよ。 ちなみに私はカブトムシのエサをオリジナルで作りますが、クワガタも喜びますよ。 ファッション業界に勤めて30年以上が経ちました。 旅行や食べ歩きが大好きな中年オヤジではありますが、若さを保つ為に日々トレーニングも欠かさずやっている健康オタクでもあります。 旅行先は、仕事でバッグや服などの仕入と遊びを兼ねての韓国が多く、もう50回以上です。 そんな私が、今まで仕事や日常生活などで経験し培ったお役立ち情報をどんどん紹介していきます。 最近の投稿• 最近のコメント• に sarukici より• に シライシエイイチ より• に sarukici より• に より• に sarukici より アーカイブ• カテゴリー•

次の

クワガタの寿命ってどれぐらい?

クワガタ メス 寿命

今回はクワガタの寿命についてです。 いろんな種類がいるクワガタ、 それぞれ寿命に違いはあるのか?いろいろ探ってみます。 クワガタの寿命はどれくらいだろう? 国産のクワガタの寿命 種類別 国産クワガタはどれくらい生きるのか?種類によって様々ですが、ざっくりと言いますと、こんな順で長生きします。 最長で7年生きた例もあるとの事です。 上位の3種は、分類学的にはドルクス系と言いい、主に長生きをする種類です。 ノコギリやミヤマは成虫での寿命が短い種類の昆虫のため越冬はせず、春を迎えるまえに死んでしまう事がほとんどです。 もちろんこれは一般的な寿命ですので、後ほどご説明致しますが、より長く生きてもらう方法ももちろんあります。 ここでクワガタの成虫の寿命というものの考え方的な部分をご説明致します。 先ほど書かせて頂きました種類別の寿命ですが、但し書きで、成虫としての活動期間と書かせて頂きました。 これはどういう事かと言いますと、実はクワガタは国産のカブトムシと違いまして、 羽化してから野外に出てくるまでの休眠期間が長いのです。 ですので 羽化して成虫でいる期間でいうなれば上記の期間よりは長い事になります。 飼育下ではその辺がごっちゃになり易いですが、野外のクワガタをベースに考えますと整理し易くなります。 越冬とはその名の通り、冬を越すという意味です。 カブトムシなどは幼虫時代に越冬します。 成虫では基本的には越冬しません。 クワガタでも野性のノコギリクワガタやミヤマクワガタは基本的には活動期を迎えて以降は越冬しません。 結果、その2種の活動期が始まってからの寿命は、越冬するクワガタと比べ短いという事になります。 上記の主要5種の中では、オオクワガタやコクワガタは成虫として活動を開始してからも越冬します。 ヒラタクワガタも越冬する事は多々あります。 ここでも活動期を迎えてからという但し書きになりましたが、これは 羽化して成虫になってからもすぐには活動せず、幼虫・サナギ時代を過ごした木の中で越冬しているという事も考えられるからです。 ちなみに外国産のクワガタでも日本同様の気候の地域のクワガタは越冬し、寿命も長い種類も多くおります。 クワガタの寿命はどれくらいだろう まとめ 1 国産クワガタで最も長生きなのはオオクワガタ 2 活動期を迎えて以降の成虫には越冬する種としない種がいる 3 外国のクワガタの中にも越冬する種はいる クワガタの寿命あれこれ オオクワガタはなぜ長生きなのか オオクワガタが国産の中では最も長生きする事は先に述べました。 ではなぜ長生きなのか?まぁそういう種類なのだといえばそれっきりなのですが、中にはこういった理由もあるのではないかという事をご紹介します。 オオクワガタは国産のなかでも最も大型な種類の1つです。 大きいものは80mmを超え、横幅も結構あります。 ですが実は性格は温厚で争いごとは好まない性格です。 ですので動きも比較的にのんびりしていて、エネルギー消費も少ない。 なので長生きが可能なのだと。 この事が全てではないにせよ、何らかの関係はありそうです。 言われてみれば、比較的寿命の短いノコギリクワガタは動きも活発で攻撃的でもあるなぁと考えてみると、この理由もまんざらではないような気もします。 飼育下のクワガタです。 ましてライバルや敵も存在し、バトルになる可能性も大いにあります。 結果体力を消耗し易いのは野性のクワガタになると思われます。 やはり野性の世界で生き抜く事は大変なのですね。 その方法に迫ります。 飼育ケースは何が良い? せっかく飼い始めたクワガタ達、できれば長生きしてもらいたい。 そんな場合はどういった飼育を心がければよいのか。 まず飼育ケースのサイズですが、Sサイズ以上のケースを使用します。 なるべくゆったり感を与えてあげましょう。 ケースの中に入れるハスクチップは4~5分目まで敷き、クワガタ達が潜れるようにしてあげます。 転倒防止用の止まり木や枯葉を入れておく事も尚良いです。 あとは昆虫ゼリーを置いておきましょう。 この事に関しましては、別の記事でもご紹介しておりますのでご参考までに見てみて下さい。 参考記事: NG行為はあるのか では、長生きをさせる上でのNGな事もご紹介します。 要するに快適で過ごしやすい環境にて安静にしていてもらうという感じになります。 月虫の見解では冬眠はさせた方が良い、という事になります。 より自然に近い環境を提供してあげて、冬はしっかり冬眠させてあげます。 冬場は活動を休止してもらって温かくなってきたら活動再開、これも長生きの秘訣だと思います。 冬眠用のセットは別の記事でも扱っておりますので参考にしてみて下さい。 愛情をもって育ててあげて下さい。 > > > > > > > > > > >.

次の

クワガタの寿命は種類で様々!最長は!オスとメスでの差はあるの?

クワガタ メス 寿命

クワガタの寿命・種類別には? ここではクワガタの寿命を、 種類別に ご紹介します。 まずはポピュラーな ノコギリクワガタ ですが、 冬眠することができないので、 成虫になった年の冬には死んでしまいます。 次に、小さくてかわいい コクワガタですが、 こちらは冬眠することができるので、上手く 飼育すれば 2~3年は生きられるようです。 次に、頭やアゴの形がおもしろく、なかなか 見つけることのできない ミヤマクワガタは、 冬眠できないので 1年で死んでしまいます。 暑さにも弱いタイプのクワガタなので、 温度管理をしないとすぐに死んでしまう こともあります。 次に、国産クワガタの 王様とも言える オオクワガタ。 天然のものを捕まえるのは難しいですが、 お店で買うことができます。 こちらは冬眠するので、長くて 3年は 生きられます。 次に、オオクワガタと同じくらい人気の ある オオヒラタクワガタ。 こちらも冬眠することができるので、 上手くいけば 3年は生きられます。 外国産のクワガタは日本のものと違い、 四季がない場所で活動しているものが多い ので、冬眠することはできません。 クワガタの寿命・最長のギネス記録は? クワガタの中で最も長生きできるのは やはり オオクワガタです。 長くて3年ほど生きられると言いましたが、 国産のものと 「ホペイオオクワガタ」という 2種類が最長と言われています。 残念ながらギネス記録には クワガタの体長 に関するものしかありません。 それでも、一番長生きしたオオクワガタは 7年間も生きていたという報告があります。 ただし、これだけ長生きするとなると、 よほど一定の温暖な環境が必要となると 予想されます。 クワガタの寿命・オスとメスで違いはあるの? クワガタは メスの方が少し長生きします。 しかし、オスとは1ヶ月~3ヶ月ほどしか 変わりません。 交尾や 産卵によって寿命が縮んでしまうので、 長く飼いたいときには、オスとメスを別々に 飼育するといいかもしれませんね。 また、活動し過ぎると寿命が短くなると 言われています。 外に出して遊んだり、クワガタ同士で 戦わせたりしなければ、長生きします。 いかがでしたか? 種類によっては冬を越して長生きできる クワガタもいるんですね。 ぜひ上手に飼育して、ギネス記録に載るような 長生きのクワガタを育ててみてくださいね。

次の