ジーザス バージェス。 【検証】黒ひげ海賊団の実在モデルまとめ

ジーザス・バージェスのタメグチに見る黒ひげとの絆【ワンピース伏線考察】

ジーザス バージェス

だからと言って頭脳戦が苦手というわけではなく、状況に応じて自分がどのような立ち回りをするか瞬時に見極めることもできます。 黒ひげ海賊団の船長を務めるのことを慕っており、凶暴な性格をしていながらもティーチの言うことだけは素直に聞くという一面も。 ティーチが提督と呼ばれるようになった今でもジーザス・バージェスは頑なに「船長」と呼び続けるほどの信頼を寄せていることが分かります。 この当時は初登場なのにも関わらず「ジーザス・バージェス」という名前すら出てなく、また、ジャヤ島の人々からも認識されていませんでした。 大きな身体に覆面姿という不思議な格好しているので、島民からも怪しまれました。 後に新世界編のドレスローザ編にて再登場するのですが、その時には黒ひげ海賊団の1人。 が使用していた悪魔の実「メラメラの実」をかけた頂上決戦に参加するのですが、決勝にて敗退してしまい、代わりにルフィを殺害してゴムゴムの実を奪おうと企みます。 2階建ての建物を持ち上げて簡単に投げてしまうほどの怪力キャラクターで、作品の中でも上位に入るほどのパワータイプです。 悪魔の実の能力者ではないながらも腕力と脚力が優れているため、初登場した場所であるジョヤ島では素手だけで犠牲者を出したり、ドレスローザのときには巨大な岸壁を軽々と跳ねる身体能力を見せています。 しかし、一つ一つの攻撃が大きい故に、相手に攻撃が当たらないとジーザス・バージェス自身に隙が生まれてしまうのが欠点です。 稲田さんは1994年から声優とナレーターとして活動しており、ギャクアニメや女児アニメなどさまざまな作品に出演しています。 声質は低くきりっとした眉毛が特徴的な素顔から強面の印象を持たれやすいですが、性格は温厚でアフレコの現場ではムードメーカーとして場を盛り上げたり、いろんな場面でアドリブを入れようと考えるおちゃめな性格をしています。 また、趣味がプロレス観戦で稲田さん自身も身長が184cmと高くガタイが良いので、覆面を付けプロレスラーを彷彿とさせる見た目のジーザス・バージェスの声優にぴったりです。 ジーザス・バージェスの名シーン・名セリフ ジーザス・バージェスの名シーンや名セリフについて紹介していきます。 ジーザス・バージェスはお調子者な性格をしていながらも実力が分かるシーンばかりです。 このシーンがジーザス・バージェスの初登場ではありませんが、彼の名前と素顔が初めて明かされたシーンなので、ある意味初登場と言えるシーンでもあります。 ジョヤ島では無名の存在であったジーザス・バージェスが、素顔を見せただけで観客がざわつくほどの知名度になったのには、黒ひげ海賊団の「10人の巨漢船長」に選ばれ活躍を見せているからです。 憎い性格をしていますが、ジーザス・バージェスが陰ながら努力を重ねて、実力が実を結んだ結果であることが分かります。 しかし、なぜジーザス・バージェスが異名である「チャンピオン」と呼ばれている理由や、ジャヤ島では身に着けていなかったチャンピオンベルトはどこから入手したのかはいまだに明らかになっていません。 奪ってやる!ゴムゴムの実ィ~~!.

次の

黒ひげ海賊団の懸賞金などメンバーまとめ!悪魔の実を食べた能力者は誰がいる?

ジーザス バージェス

個々の強さ、卑劣さも半端じゃありません。 黒ひげも四皇になりました。 荒々しく豪快な「THE 海賊」の海賊団 尾田先生は黒ひげ海賊団に関して、最も海賊らしい海賊団にしたかったそうです。 デカくて、荒々しくて、豪快。 そんな「THE 海賊」の雰囲気を出して考案された海賊が『黒ひげ海賊団』。 マーシャル・D・ティーチ 黒ひげ海賊団の船長&提督。 『人の夢はおわらねェ!!!! 』 完全ヒール役ですが、名言も残しています。 僕は好きなキャラです。 年齢:40歳 身長:344cm 誕生日:8月3日 《エドワード・ティーチ》【公認】 海賊史上、最強最悪と恐れられる海賊。 パイレーツオブカリビアンやディズニーにも登場してるので、知名度もかなり高いと思われます。 様々なあだ名・異名があり、その一つが「黒ひげ」。 49巻のSBSにて公認されてる人物モデルです。 ヴァン・オーガー 異名は『音越』。 スコープをかけた狙撃手。 ラッパのような長銃が特徴的。 こいつも大きい。 《アドルファス》 映画「バロン」のアドルファスというキャラに似ています。 片目スコープに長いラッパ銃を持つ狙撃手。 能力も『千里眼』。 オーガーも似た能力を発揮していましたよね。 映画バロンは超人的な能力を持った豪傑たちを従えた奇想天外な冒険物語。 ちなみに天竜人にそっくりのキャラも登場します。 ジーザス・バージェス 異名は『チャンピオン』。 黒ひげ海賊団の一番船船長。 「ウィーッハハ」という笑い声が特徴の怪力の持ち主。 プロレスラー的な体格と技。 こいつも豪快ですねぇ。 《サミュエル・バージェス》 ウィリアム・キッド海賊団の一員。 17世紀にマダガスカル、ケープタウン、南アフリカ、などを航海。 ドクQ 異名は『死神』。 爆発するリンゴを食べさせ攻撃します。 悪い魔法使いみたい。 現在、元ネタは不明です。 (わかり次第、追記します) ラフィット クルーの中で、唯一小柄(普通)な体型のラフィット。 ただ、その行動は残虐非道。 船内では、クルーのまとめ役的役割を果たしています。 《ジャン・ラフィット》 海賊のモデルとされているのは「ジャン・ラフィット」。 フランス生まれの海賊で、19世紀のメキシコ湾で活動。 密輸商売が上手で、最後の「バッカニア(カリブの海賊)」とも言われました。 いいやつ。 《マリリン・マンソン》 見た目候補はこの男。 ラフィットの初見で思い出した人もいると思います。 非公式ですが、特徴はすごく似ています。 マリリン・マンソンといえばマトリックスのテーマ曲「Rock Is Dead」。 懐かしい。 シリュウ 異名は『雨のシリュウ』。 元インペルダウンの看守長。 副船長的存在。 でもこういう看守いそうだな。 ショーシャンク思い出したなぁ。。 《鄭芝龍》 「鄭芝龍(ていしりゅう)」が名前に上がります。 中国の海賊です。 元海賊商人の政府高官でもあります。 今の日本海で活動していました。 政府関係者で海賊という来歴がシリュウと似ていますね。 経歴は逆ですけど。 サンファン・ウルフ 異名は『巨大戦艦』。 でかい。 とにかくでかい。 オーズより大きいビックサイズ! 世界一巨大な生き物。 フランシス・ドレーク(Xドレークのモデル)やジョン・ホーキンス(バジル・ホーキンスのモデル)の私掠船団を撃退した功績もある鉄壁のかったい要塞。 バスコ・ショット 異名は『大酒のバスコ・ショット』。 大酒飲みの酔っ払い野郎。 名前はかっこいい。 笑い声は「トプトプトプ」。 《ヴァスコ・ダ・ガマ》 一人は南アフリカを発見した航海者「ヴァスコ・ダ・ガマ」。 《バスコ・ヌーニェス・デ・バルボア》 もう一人が中南米を開拓した探検家「バスコ・ヌーニェス・デ・バルボア」。 ちなみにこっちの探検家は先住民に対し略奪などの海賊行為をしていた史実があります。 バスコつながりの考察です。 カタリーナ・デボン 異名は『若月狩り』『史上最悪の女囚』。 黒ひげ海賊団の紅一点。 元々は綺麗な(美魔女的な?)顔にしようとしたらしいですが、黒ひげ海賊団のイメージに合わないということで破棄。 現在のお顔になったそうです。 《カタリーナ・デ・エラウソ》 スペインの女海賊「カタリーナ・デ・エラウソ」が有力視されてます。 元は修道女。 鞭打ち行に耐えられず、外の世界へ。 男装し、海賊になったそうです。 見た目は男勝り。 筋骨隆々の肉体で背も高く、女というより男のような体格だったとか。 兵士より兵士らしい女でした。 多分ここからきたかも。 ちなみに彼はXドレークのモデルで、歴史上の王下七武海。 アバロ・ピサロ 異名は『悪政王』。 化け猫みたいなキャラ。 語尾の「にゃー」が特徴的。 あわよくば自分が船長になろうと虎視眈眈。 《フランシスコ・ピサロ》 バスコショットで出てきたバスコ・ヌニュス・デ・バルボアの副官がこの男。 かなりの切れ者のようですね。 のちにバルボアを反逆罪として逮捕したのもこの男。 さらにさらに、、この男、インカ帝国を滅ぼしてます。 そしてえげつない政治戦略でインカ帝国に引導を渡しています。 キャラそのままのような人物でした。 実在した黒髭の主力戦「クィーンアンズリベンジ号」 「アン女王の復讐」と名付けられたこの船はティーチの主力船でした。 この船の看板で部下の膝を撃って威厳を保っていたりしたそうです。

次の

第787話“4分前”サボ対ジーザス・バージェス!鳥カゴ収縮速度UPあと3分!ルフィ覇気回復まで4分!

ジーザス バージェス

個々の強さ、卑劣さも半端じゃありません。 黒ひげも四皇になりました。 荒々しく豪快な「THE 海賊」の海賊団 尾田先生は黒ひげ海賊団に関して、最も海賊らしい海賊団にしたかったそうです。 デカくて、荒々しくて、豪快。 そんな「THE 海賊」の雰囲気を出して考案された海賊が『黒ひげ海賊団』。 マーシャル・D・ティーチ 黒ひげ海賊団の船長&提督。 『人の夢はおわらねェ!!!! 』 完全ヒール役ですが、名言も残しています。 僕は好きなキャラです。 年齢:40歳 身長:344cm 誕生日:8月3日 《エドワード・ティーチ》【公認】 海賊史上、最強最悪と恐れられる海賊。 パイレーツオブカリビアンやディズニーにも登場してるので、知名度もかなり高いと思われます。 様々なあだ名・異名があり、その一つが「黒ひげ」。 49巻のSBSにて公認されてる人物モデルです。 ヴァン・オーガー 異名は『音越』。 スコープをかけた狙撃手。 ラッパのような長銃が特徴的。 こいつも大きい。 《アドルファス》 映画「バロン」のアドルファスというキャラに似ています。 片目スコープに長いラッパ銃を持つ狙撃手。 能力も『千里眼』。 オーガーも似た能力を発揮していましたよね。 映画バロンは超人的な能力を持った豪傑たちを従えた奇想天外な冒険物語。 ちなみに天竜人にそっくりのキャラも登場します。 ジーザス・バージェス 異名は『チャンピオン』。 黒ひげ海賊団の一番船船長。 「ウィーッハハ」という笑い声が特徴の怪力の持ち主。 プロレスラー的な体格と技。 こいつも豪快ですねぇ。 《サミュエル・バージェス》 ウィリアム・キッド海賊団の一員。 17世紀にマダガスカル、ケープタウン、南アフリカ、などを航海。 ドクQ 異名は『死神』。 爆発するリンゴを食べさせ攻撃します。 悪い魔法使いみたい。 現在、元ネタは不明です。 (わかり次第、追記します) ラフィット クルーの中で、唯一小柄(普通)な体型のラフィット。 ただ、その行動は残虐非道。 船内では、クルーのまとめ役的役割を果たしています。 《ジャン・ラフィット》 海賊のモデルとされているのは「ジャン・ラフィット」。 フランス生まれの海賊で、19世紀のメキシコ湾で活動。 密輸商売が上手で、最後の「バッカニア(カリブの海賊)」とも言われました。 いいやつ。 《マリリン・マンソン》 見た目候補はこの男。 ラフィットの初見で思い出した人もいると思います。 非公式ですが、特徴はすごく似ています。 マリリン・マンソンといえばマトリックスのテーマ曲「Rock Is Dead」。 懐かしい。 シリュウ 異名は『雨のシリュウ』。 元インペルダウンの看守長。 副船長的存在。 でもこういう看守いそうだな。 ショーシャンク思い出したなぁ。。 《鄭芝龍》 「鄭芝龍(ていしりゅう)」が名前に上がります。 中国の海賊です。 元海賊商人の政府高官でもあります。 今の日本海で活動していました。 政府関係者で海賊という来歴がシリュウと似ていますね。 経歴は逆ですけど。 サンファン・ウルフ 異名は『巨大戦艦』。 でかい。 とにかくでかい。 オーズより大きいビックサイズ! 世界一巨大な生き物。 フランシス・ドレーク(Xドレークのモデル)やジョン・ホーキンス(バジル・ホーキンスのモデル)の私掠船団を撃退した功績もある鉄壁のかったい要塞。 バスコ・ショット 異名は『大酒のバスコ・ショット』。 大酒飲みの酔っ払い野郎。 名前はかっこいい。 笑い声は「トプトプトプ」。 《ヴァスコ・ダ・ガマ》 一人は南アフリカを発見した航海者「ヴァスコ・ダ・ガマ」。 《バスコ・ヌーニェス・デ・バルボア》 もう一人が中南米を開拓した探検家「バスコ・ヌーニェス・デ・バルボア」。 ちなみにこっちの探検家は先住民に対し略奪などの海賊行為をしていた史実があります。 バスコつながりの考察です。 カタリーナ・デボン 異名は『若月狩り』『史上最悪の女囚』。 黒ひげ海賊団の紅一点。 元々は綺麗な(美魔女的な?)顔にしようとしたらしいですが、黒ひげ海賊団のイメージに合わないということで破棄。 現在のお顔になったそうです。 《カタリーナ・デ・エラウソ》 スペインの女海賊「カタリーナ・デ・エラウソ」が有力視されてます。 元は修道女。 鞭打ち行に耐えられず、外の世界へ。 男装し、海賊になったそうです。 見た目は男勝り。 筋骨隆々の肉体で背も高く、女というより男のような体格だったとか。 兵士より兵士らしい女でした。 多分ここからきたかも。 ちなみに彼はXドレークのモデルで、歴史上の王下七武海。 アバロ・ピサロ 異名は『悪政王』。 化け猫みたいなキャラ。 語尾の「にゃー」が特徴的。 あわよくば自分が船長になろうと虎視眈眈。 《フランシスコ・ピサロ》 バスコショットで出てきたバスコ・ヌニュス・デ・バルボアの副官がこの男。 かなりの切れ者のようですね。 のちにバルボアを反逆罪として逮捕したのもこの男。 さらにさらに、、この男、インカ帝国を滅ぼしてます。 そしてえげつない政治戦略でインカ帝国に引導を渡しています。 キャラそのままのような人物でした。 実在した黒髭の主力戦「クィーンアンズリベンジ号」 「アン女王の復讐」と名付けられたこの船はティーチの主力船でした。 この船の看板で部下の膝を撃って威厳を保っていたりしたそうです。

次の