ライス バーガー。 マクドナルドがライスバーガーを販売。いつからいつまで?【期間限定ごはんバーガー】

ライスバーガーの絶品レシピ6選!美味しいバンズの作り方も紹介

ライス バーガー

おう、ワシじゃ。 ロケットニュース24で1番白黒をつけたい男、P. サンジュンじゃ。 世の中には白でも黒でもないグレーゾーンがあることはわかっちょる……が、 それがどうした? 優しい世界に興味はないんじゃ。 おうっ? そろそろ白黒つけようや。 変な口調はここまでにして、今回是が非でも白黒ハッキリさせたいのが「 マクドナルドのごはんバーガー」と「 モスバーガーのモスライスバーガー」である。 長きに渡りここ日本では、ライスバーガーはモスバーガーの専売特許と言っていいほど、その市場はモスバーガーの独壇場であった。 ライスバーガーといえばモス、この図式は多くの日本人にとって、もはや当たり前の事実として認識されていたハズだ。 そのパワーバランスが崩したのは、王者・マクドナルド。 2020年2月から夜マック限定メニューとして「」の販売を開始したのは記憶に新しいところ。 これがお調子者的なメニューが多いロッテリアやバーガーキングがやるならまだわかるが、 マクドナルドとなると話は変わってくる。 店舗数、売り上げともに国内最強のマクドナルドがライスバーガーに進出するとはどういうことなのか? 端的に言えば「 モスを殺(や)りにいってる」と考えていいハズだ。 世は資本主義。 サンキューセットしかり、100円マックしかり、時になりふり構わず攻め続けた結果、マックは今日の地位を手に入れているのだ。 ・モス、大ピンチ しかも、マクドナルドは「 構想から足掛け5年でごはんバーガーを完成させました」と言っているから本気度はMAXと考えて間違いない。 それじゃなくても明るい話題を聞かないモスなのに……ハッキリ言って大ピンチである。 とはいえ弱き者が淘汰されるのが世の定め。 心情的にはモスに肩入れしたいところだが、ウソを書いても仕方がない。 さあ、マクドナルドよ、そしてモスバーガーよ…… お前らの本気を見せてみろ。 ・出来立て熱々をハシゴでジャッジ というわけで、まず足を運んだのは近所のマクドナルド。 両方持ち帰ってから食べ比べしようかとも思ったが、ライスバーガーは できたて熱々が美味しいメニューである。 幸いにも近所のマックの50メートル先にはモスがあるため、今回は出来立て熱々をハシゴして食べ比べることにした。 マックのごはんバーガーは3種類。 「ごはんてりやき(390円)」と「ごはんベーコンレタス(410円)」そして「ごはんチキンフィレオ(410円)」である。 対するモスは「海老の天ぷら(459円)「海鮮かきあげ 塩だれ(347円)」「焼肉(398円)」とこちらも3種類。 もちろん 全てをオーダーした。 まずはマックのごはんバーガーから。 実は記者会見に潜入した1カ月ほど前に全種類を食べているのだが、やはり悪くない。 というか、ウマい。 中でも感心したのは「 既存の具をただ挟んでいるだけではない」という点だ。 ・0歳とは思えない完成度 具体的に言うと、ポークパティとてりやきソースの「ごはんてりやき」は、そのままだと重くなりそうなところに レモンソースでアクセントを付けているし、「ごはんベーコンレタス」もやや多めのマスタードソースで 全体的な汁気を演出し、結果的に一体感が生まれている。 「ごはんチキンフィレオ」だけは多少パワープレイな気がしなくもなかったが、それでもサクサクチキンの食感はそれだけでも十分ウマい。 少々暗い気持ちを抱えながら、突入したモスバーガー。 頼む、モス……! 意地を見せてくれ……!! モスライスバーガー、圧倒的にウマい! 始めに定番の「焼肉ライスバーガー」を口にした瞬間、思わず唸った……「 あれ? モスライスバーガーってこんなにウマかったっけ?」と。 もしかしたらごはんバーガーと食べ比べなかったらわからなかったかもしれないが、その差は決して小さくない……どころか1つの料理としての完成度は圧倒的にモスが上だ。 ・モスバーガーの底力 たとえば、焼肉の香ばしさやタレの味付けも、海鮮かきあげの具の歯ざわり(特にイカがシコシコしてて最高)も、そして海老の天ぷらの揚げ方や甘辛いタレも、その全てが図抜けている。 モスライスバーガー、とんでもなくウマいです。 思えばモスライスバーガーの誕生は1987年。 つまり、33歳なのだ。 いくら神童とはいえ、ごはんバーガーは0歳である。 33年分の技術力と意地が確かにそこにはあった。 もちろん個人差や好き嫌いはあるにせよ、食べ比べてさえもらえれば、私の言っていることがお分かりいただけると思っている。 これに関しては食感の好みの問題なので、大差はない。 どちらもそれぞれ美味しいお米である。 ・どんどん争え というわけで、白黒ハッキリつけた結果、今回はモスライスバーガーに軍配が上がった。 ただ先述の通り、 ごはんバーガーはまだ0歳である。 今後の成長が楽しみなことはもちろん、モスライスバーガーにとってもさらなる進化の刺激になるのではなかろうか。 大いに結構なことである。 逆に「これだけモスライスバーガーが美味しいのに、明るい話題がないモスってヤバくない?」とも思ったが、それはイイ。 モスライスバーガーもモスチキンも美味しいのだから、モスバーガーさん、どうか頑張ってください。 参考リンク: 、 Report: Photo:RocketNews24.

次の

マクドナルドがライスバーガーを販売。いつからいつまで?【期間限定ごはんバーガー】

ライス バーガー

ライスバーガーは自宅で簡単に作れる ライスバーガーの作り方はレシピサイトなどにたくさんアップされていて、簡単に作れるようになりました。 その中でも 冷凍食品を使ったレシピはぜひともおすすめしたい作り方です。 通常のパンのバンズを使ったハンバーガーは見慣れていることもあり、何かしらのアレンジはできても、ライスバーガーのご飯の部分(バンズ)はどうするの?と思ってた方におすすめしたいのが ご飯の部分(バンズ)に「冷凍焼おにぎり」を使う作り方が美味しいと評判ですなんです! 「冷凍焼おにぎり」をレンジでチンして三角形のまま上からちょと押してつぶし、チーズと葉物野菜や海苔をそのまま載せれば火を使わずとも簡単にライスバーガーが作れるんです。 朝、時間がないときにこの作り方でお弁当にすれば見た目以上の美味しさにビックリしますよ。 食べやすさと見た目の映えも兼ねて、100均で販売されているおしゃれなクッキングシートなどで包んでそのまま容器に入れてしまえば崩れる心配もほとんどないでしょう。 この方法で冷凍おにぎりをラップに包み、レンジでチンしてから平たく形成したバンズに、これまた便利な「お弁当用の小さめな冷凍ハンバーグ」をケチャップとレタスとなどを挟んで、とにかく簡単にライスバーガーができちゃうんです。 例えば、きんぴらごぼうやレンコンのきんぴら煮などを具材に、あらかじめラップで包んでおいたご飯にバターを混ぜ入れ(この方法だと片栗粉なしでもOK)フライパンでギューと押して平たく焼き、軽く甘辛いたれを塗ればこちらも コクがありながら簡単なバンズができちゃいます。 ちょっと凝りたいときには甘辛く焼いた豚肉や鶏肉を挟んでも美味しく、具材はよく見られるハンバーグよりレパートリーが広がります。 いつもはおにぎりにしてる方も、たまにライスバーガーのお弁当にしてみてはいかがでしょうか? 見た目が映えた包み方のSNSもたくさんアップされているので、ぜひ参考になさってみてください。 ライスバンズの作り方のコツ そもそも「ライスバンズ」ってなに? 一般的なハンバーガーはパンとパンの間にハンバーグなどの具材を挟みますよね、そのパンのことを「バンズ」と言います。 そのパンの代わりに ご飯(ライス)をギューっと圧縮したものを「ライスバンズ」と呼びます。 ただしこの「ライスバンズ」はご飯を焼き固めるので、食べるときにバラバラになってしまう事もあります。 このようになりにくいように、ちょっとしたコツをご紹介します。 用意するもの• 温かいご飯 400g(お茶碗2杯分)• 片栗粉 大さじ2杯• 醤油 小さじ2杯• お好みでみりん小さじ1杯(入れなくてもOK)• ごま油 小さじ1杯 上記分量のご飯と片栗粉、ごま油をボウルやどんぶりに入れてスプーンなどで粗くつぶしながら混ぜます。 だいたい混ざったらラップに四等分したものを載せて丸めてラップの口をギューっと絞ります。 できればこれを冷蔵庫に入れて少し冷やし固めた方が焼くときにきれいな形になりやすいです。 ご飯と一緒にごま油と片栗粉を混ぜているので、冷やすとこの二つが のりの役割をしてくれます。 では、焼きに入ります。 フライパンに載せる前にラップかごと潰し、平たくしたご飯をフライパンに載せます。 弱火で焼くのと、多少お焦げがあった方が美味しいので、ここで改めて油をひかなくても良いです。 心配な方は少量の油をひくか、クッキングシートやアルミホイルを敷いた上に、この丸めたご飯を載せて焼くと焦げ目がつき過ぎなくて良いかもしれません。 味つけはお弁当用にする場合や、挟む具材によってはもう少し濃いめにアレンジしてもいいですね。 両面にうっすら焼き色がついたらでき上がりです! お醤油やみりんを 焼肉のタレで代用するレシピもあるので、具材に合わせて変えてみるのも、美味しそうですね。 この方法でライスバンズが上手く形にして焼けない方(端がボロボロになってしまったり、全体的に割れたりする)は 100円ショップにあるお菓子用の型などにこのご飯を入れて焼くとうまくいくので試してみてください。 おすすめのライスバーガーレシピ6選 以前、日本テレビ 「ヒルナンデス」の中で紹介されたライスバーガーレシピが美味しい!と話題になりました。 この他にも絶品レシピがあるのでご紹介しますね。 本家も圧倒!?モスバーガー風の焼肉ライスバーガー• 総菜がメイン!きんぴらライスバーガー• えっ焼くだけ?ベーコンエッグライスバーガー• 家族で頬ばりたい!和風月見つくねライスバーガー• まるで天丼!?天ぷらのライスバーガー• 100均グッズが大活躍!ハンバーグライスバーガー 読んでるだけでヨダレが出そうですね。 では、厳選ライスバーガーレシピ6選をご紹介します! 本家も圧倒!?モスバーガー風の焼肉ライスバーガー 元祖ライスバーガーと言えばモスバーガーが浮かぶ人が多いはずです。 この味を自分でも再現したいと、研究されたレシピがあります。 日本テレビ 「ヒルナンデス」で放送されるやいなや、超絶美味しい!と評判になりました。 作り方も 包み方まで細かく画像付きでが説明されているので、とても参考になります(ちなみに動画もあります。 ちょっと焦げたタレの味と海苔の風味が、ライスバーガー専門店もびっくりの止まらなくなる美味しさです! これなら カロリーを気にしている人も罪悪感なしで食べられそうですね。 超簡単!ベーコンエッグライスバーガー 名前の通り 超簡単!な作り方でできちゃうベーコンエッグライスバーガーです。 ベーコンエッグを作り、レタス、マヨネーズとそのまま挟むだけ、というシンプルな工程が嬉しくなります。 家族で頬ばりたい!和風月見つくねライスバーガー 鶏ひき肉は つみれとして販売してるものを使ってお好きな野菜などを入れても美味しそうです。 子どもも大好きなつくねを使うことで、野菜嫌いなお子さんも歯ごたえのあるごぼうやレンコンを入れてあげると気にせず食べられそうですね。 まるで天丼!?海鮮かき揚げのライスバーガー こちらもライスバーガーの元祖であるモスのものをアレンジしたレシピですが、海鮮かき揚げを挟みガッツリ系となってます。 年頃のお子さんも大満足のお弁当になるのではないでしょうか。 焼肉ライスバーガーのレシピもあり、100均のものを取り入れていて、包み方の工夫も参考になりますよ。 100均グッズが大活躍!ハンバーグライスバーガー ライスバンズがどうにもうまくできない、焼くときにボロボロになってしまいがち、という方必見です! こちらのレシピでは 100均で手に入るバーガープレートというアイテムでライスバンズを作っているので失敗なさそうです。 ハンバーグと目玉焼きの王道コンビで味も失敗なしですね!.

次の

【超速報】マクドナルド初の「ごはんバーガー」誕生! 夜マック限定で販売開始へ!! → 世界一早く食べてみた結果…

ライス バーガー

便利な生協の宅配、おうちコープとパルシステム。 我が家は、両方使っています。 同じ生協なので、同じ商品を取り扱うこともありますが、独自のアイテムも多いです。 特にパルシステムは、パルでしか買えないもの多数。 今回は、ライスバーガーを食べ比べてみました。 国産牛バラ肉はしょうゆ、りんごピューレ、みそ、おろしにんにくが入った特製たれで味付けし、甘辛く旨みのある味わいに。 お米はCOOP特別栽培米・秋田大潟村あきたこまちを使用。 通常の栽培方法に比べ、節減対象農薬と化学肥料を5割削減して栽培しています。 お米は、産直米「秋田あきたこまち」と「秋田めんこいな」を使用。 10種以上の素材を生かした甘辛たれで味付けした、国産牛焼肉をはさんでいます。 共通点 ・冷凍ライスバーガー。 ・国産産地米使用。 ・国産牛使用。 ・化学調味料不使用。 ・調理は電子レンジ加熱。 オーブントースター不可。 コープVSパルシステム食べ比べ サイズ比較 まず、外袋を開けると、1個づつ包装されたライスバーガー(焼きおにぎりバーガー)が入っています。 コープは袋入り、パルシステムは紙に包まれています。 どちらも電子レンジで、個包装のまま温めます。 パスシステムはそのまま、コープは袋に切込みを入れて加熱します。 コープ 500Wで、1個、約3分30秒 パスシステム 500Wで、1個、約2分30秒 加熱後、袋ごと食べた方が食べやすいですが、比較のためお皿に出しました。 上から撮った写真。 コープの方がライスの色が薄く、丸の大きさが小さめ。 横から撮った写真。 コープの方がライスの厚みがあります。 お肉の量は、コープの方が多いかな? 味は違うの? 味は、コープの方が、ライスが柔らかめ。 焼肉の味がしっかり濃い目。 パルシステムの方が、ライスが硬め、焼肉の味は薄目ですが、ライスにはしっかり味がついています。 どっちが美味しいの? というと、私的にはパルシステムが好み。 ライスバーガーではなく、「焼きおにぎりバーガー」という名の通り、ライスが香ばしく、焼きおにぎりのようなしっかりした焼き具合です。 私は焼きおにぎりなら、しっかり焼いた硬めが好き。 ライスパテが薄めなので、カリッと焼き上げっているのでしょう。 ただ、固すぎると感じる方もいるかもしれませんね。 コープの方が、ライスパテが柔らかく、しっとりした「ごはん」の感じが味わえます。 お肉についてはそれほど違いを感じませんでした。 どちらも美味しいです。 というわけで、ライスが硬めが好きならパスシステム、柔らめが好きならコープがオススメ。 お買い得なのは? 主婦なら気になるお値段の比較。 1個当たりで計算すると、コープは約200円、パルシステムは240円。 重量はコープの方が10g多いのに、値段は40円ほど安いです。 うーん。 たくさん食べるなら、コープの方が主婦にはありがたいかも。 まとめ 腹ペコで帰ってくるお子さんのおやつに、勉強を頑張る受験生の夜食に、お母さんの一人ランチに、とっても便利な冷凍ライスバーガー。 気になった方は、是非食べてみてくださいね。 我が家は生協の宅配で注文しますが、お近くにCOOPがあれは「指定産直米と国産牛のライスバーガー」は買えると思います。 パルシステムは宅配しかやっていませんので、「焼きおにぎりバーガー」はお店では買えません。 生協の宅配って、便利ですよ。 お試ししてみませんか? パルシステムのお試しはこちらから。 2000円分の商品が、1000円で試せます。 おうちコープは資料請求はこちら。

次の