あなた の 天気 防災 nhk。 ハザードマップの見方|災害 その時どうする|災害列島 命を守る情報サイト|NHK NEWS WEB

News Up “災害列島ニッポン” ~あなたの備え 見直してみませんか?~

あなた の 天気 防災 nhk

・社会、災害、政治、ビジネス、地域など。 ・現在位置や設定地域に応じて掲載。 ・雨雲の動きを地図上に掲載。 今後の予測も。 ・台風の進路予想を地図に掲載。 ・河川の洪水などに関する情報も掲載。 ・気象キャスターが動画で解説。 ・各地の情報を現在位置や設定地域ごとに。 ・最新情報を掲載。 ・自治体の出す避難に関する情報を掲載。 ・災害時などの放送同時提供やライブカメラ。 ・ニュース速報や災害などの最新情報をいち早く。 ・最新ニュースのラインナップもお届け。 0以降に対応しています。 ただし、ネット接続に必要な費用は お客様のご負担になります。 操作性については、様々な意味で洗練度がやや足りず、他社局のニュースアプリと肩を並べるにはもう一押し欲しい印象。 殊に「記事を逆スクロールさせても、ヘッドラインページへ戻るためのボタンがなかなか現れない」症状については、iOS13. 4へアップデート後、かなりの重症化傾向が見られるようになりました。 早期のバージョンアップによる改善をお願いします。

次の

NHKニュース・防災アプリの設定と使い方!無料で災害情報を見るには?

あなた の 天気 防災 nhk

もくじ• nhk. 公式サイトは検索エンジンで『NHK あなたの天気 防災』と検索するか、以下のリンクをクリックすれば簡単に開くことができます。 便利に使うための初期設定 サイトが開いたら初期設定をするために、画面右上の『地域設定』をクリックします。 地域を設定するために『郵便番号から探す』をクリックします。 登録したい地域の郵便番号を入力して『虫眼鏡』ボタンをクリックします。 検索結果に表示された地域をクリックします。 『設定する』ボタンが表示されるのでクリックします。 「追加しますか?」というメッセージボックスが表示されるので『はい』をクリックすれば登録完了です。 登録が完了したら画面左上の『あなたの天気・防災』をクリックしてトップページに戻ります。 トップページに戻ると、登録した地域専用の天気予報や防災情報を確認できるページに変わっていることを確認できます。 防災情報の見方 防災情報を見るには、トップ画面中央右側の『防災・減災情報』をクリックします。 登録した地域に警報・注意報・避難情報などがある場合は一覧に表示されるのでクリックします。 詳細を確認することができます。 登録した地域以外の防災情報を見たい場合は、画面左上の『全国』をクリックすることにより地域を切り替えることができます。 また、地震や台風に絞って情報を見たい場合は、画面上部のメニューをクリックすれば見ることができます。 天気予報の見方 トップ画面中央左の『天気予報』をクリックすれば、 時間ごとの予報・10日間予報・NHK「気象情報」の動画を見れます。 『現在のようす』をクリックすれば 気温・降水量・風向き・風速・データマップを見ることができます。 nhk. 公式サイトは検索エンジンで「 NHK NEWS WEB」と検索するか、以下のリンクをクリックすれば簡単に開くことができます。 NHK NEWS WEBは初期設定などは特に必要ないので、簡単に見方を紹介していきます。 NHK NEWS WEBが開くと画面上部でジャンルを選択できるようになっています。 画面右側を下にスクロールするとアクセスランキングがあります。 24時間で多く読まれている記事のランキングなので、みんなの関心のあるニュースがすぐに分かります。 まとめ 今回はNHKニュース・防災情報をパソコンで見る方法として、「NHK あなたの天気・防災」、「NHK NEWS WEB」の2つのサイトを紹介してきました。 どちらのサイトも直観的に分かりやすい作りになっています。 動作環境については特に明記されていませんが、Google Chrome、Firefox、Internet Explorerの最新版で見ることができましたので、有名どころのブラウザならほぼ見れると思います。 また、スマホアプリ版のインストール方法を以下の記事で紹介していますので、是非ご覧ください。

次の

‎「NHK ニュース・防災」をApp Storeで

あなた の 天気 防災 nhk

では、どうすればリスクの情報を実際の備えにつなげることができるのか。 重要な役割を果たすのが、自治体が作成、公表している「ハザードマップ」です。 青や紫の部分が浸水被害が出ると予想される地域です。 西日本豪雨では被災地のほとんどがハザードマップに示された災害の想定区域内でした。 ホームページの分かりにくい場所にあったり、文字が小さかったりして「とにかく調べづらい」という自治体も少なくありません。 土地勘がない人やパソコンなどが苦手な人は、よけいにそう思うはずです。 去年、大手損害保険会社が行った調査では、「ハザードマップを見たことがない」あるいは「見たことはあるが、自宅近くの水害リスクの確認までしていない」と答えた人は、72. 3%に上っています。 (2018年6月~7月 損害保険ジャパン日本興亜株式会社調べ) 「それなら、災害のリスクを教えてくれればいいじゃないか」という意見も聞こえてきそうです。 実際、津波と土砂災害については、東日本大震災と2014年の広島市の土砂災害をきっかけに、住宅を売買したり賃貸契約を結んだりする際に不動産業者などが行う「重要事項説明」で災害想定区域かどうかを説明することが法律で義務づけられています。 事前に災害のリスクを分かったうえで判断し、いざというときの行動につなげてほしいという思いが法制化につながりました。 しかし、毎年のように発生する洪水や内水氾濫による浸水については、そうではありません。 岡山県はことし6月、不動産業者でつくる業界団体と協定を締結して協力を要請しました。 また全国知事会は、浸水リスクの説明を義務化するよう国に提言しました。 しかし、国は業界団体への協力要請にとどまり、義務化にまでは至っていません。 住宅再建の悩みは豪雨災害に限らず、台風や地震、津波の被災地でも大きな問題として立ちはだかっています。 今回の台風19号でも多くの命が犠牲となり、住宅が失われ、再建に向けた支援が不可欠な状況です。 自宅を再建できず、ふるさとに戻りたくても戻れない。 それがどれほどつらく、絶望的なことなのか。 1年以上、西日本豪雨の被災地で取材を続けてきた私は、何人もの人からその苦しい胸の内を聞きました。 日本中の人たちが、災害の恐ろしさを痛感しているいまだからこそ、問いかけたいと思います。 「あなたの住む場所には、どんなリスクがありますか?」 「その備えで、本当に十分ですか?」.

次の