外壁 塗装 ミサワホーム。 ミサワホームの外壁塗り替えをする前に!知っておきたい基本情報 【ファインドプロ】

ミサワホームの家塗り替え 「すごくきれい、家族みんなで喜んでます」 岐阜・本巣市

外壁 塗装 ミサワホーム

どんな見栄えかよりも重要なこととは? いろいろな人の住宅にまつわるブログを読んでいると、外壁を何にするかは大問題の様です。 高級感があるとか、重量感があるとか、展示場で実物を見たら思ってたよりチープな外観とか、色々書いてあるんですよね。 しかし、外壁なんてそんなに大切か? こんなことを、エクステリアのリフォームを数多く手がけている工務店の社長と話していました。 確かに見た目は大切かもしれませんが、家の中に住んでしまったら外壁なんか見えないしなあ。 高級感があるといっても、光り具合とか実際に高いとかそんなものから来るだけ。 重量感があるといっても、本当に重量があるレンガ積みとかで造っているわけでもない。 じゃあ、見栄えなんてなんでもいいじゃないか?という結論に達しました。 どんな外壁を他所の家が使っているかなんて、実は誰も関心が無かったりして、、、。 耐久性で考えるならやっぱり外壁はタイル すると、ミサワホームで選ぶならばタイル外壁がよさそうです。 何が優れているかというと、表面を焼いているという点。 焼き物の耐久性が高いというのは、遺跡などから出土した紀元前とかのタイルが美しさを保っている点で、説得力があります。 加えてミサワホームのタイルはコーキングを用いて固定する方法をとっていません。 接着剤で固定していくのがミサワホームの方法、ならば経年劣化も抑えられているでしょう。 接着剤がどの程度の耐久性を持っているか?ミサワホームならば定期点検がありますから、その際にチェックしてくれます。 表面の汚れも光セラミックならば光で汚れを分解した上で、雨で洗い流してくれる。 ミサワホームが言うことを信じるならば30年間はメンテナンスフリーなのです。 コーキングを用いていない分、自分で高圧洗浄機を使って汚れを落としてやることも可能です。 ただ、初期投資が高い、、、。 これがタイル外壁の悩みではあるのですが、メンテナンスフリーという点を考えれば充分元は取れるのです。 本当に30年とかの長い間、メンテナンスフリーなのかどうなのか? こればかりは、ミサワホームがいっていることを信じるしかなさそうなのですが。

次の

ミサワホーム宅の外壁塗装をお考えの方へ ハウスメーカー塗装専門店がポイントをお伝えいたします

外壁 塗装 ミサワホーム

みすずの提案 ベーシックなシリコン塗料からハイグレードの無機塗料まで、全4つの塗装プランを提案。 S様にはその中から屋根を高性能遮熱塗料であるアドグリーンコート、外壁を透湿性と防汚性を兼ね備えた光触媒K2コートで塗装するプランを選んでいただきました。 築20年、ミサワホームのALCの建物でした。 シーリングは亀裂が入るなど劣化し、汚れも付着していました。 外壁には錆汁が付着しているところも。 日の当たりにくい北面などに コケやカビの繁殖が見られました。 屋根は色が褪せ、汚れが付着していました。 換気フードなどの細部も一緒に塗装します。 S様には2度みすず店舗にご来店いただきました。 1回目の来店では見積りの説明を行いました。 2回目のご来店時の写真になります。 大型モニターを使用してのカラーシミュレーションを行いました。 S様はブルーやイエローなどのお色を悩まれていましたが、 最終的に落ち着いたグレーに決定しました。 足場は安全性と作業性の高いクサビ式を採用。 足場設置後、メッシュシートと弊社のロゴを張らせていただきました。 コケやカビなどを分解できるバイオ洗浄剤を使って高圧洗浄を行いました。 【コーキング工事】 既存のシール材を剥がし、プライマーを塗布。 シール材を充填後、バッカーでならせば完成です。 【屋根塗装工事】 アドパーミエイトで下塗りを行います。 アドグリーンコートで2回上塗り。 色はネオブラックです。 【外壁塗装】 下塗り後に着色塗料で塗装。 仕上げに光触媒K2コート K2コートは吹付けで 2回塗布することにより機能を発揮します。 軒天 雨樋 シャッターボックス 換気フード ガスメーター管 バルコニー笠木 バルコニー鉄柵はケレン 目荒し をしてから塗装しました。 S様、この度は大変お世話になりました!.

次の

ミサワホームの口コミ・評判とは?

外壁 塗装 ミサワホーム

将来の負担が重いサイディングの外壁 新築で家を建てるとなると外壁に何を用いるかというのは、非常にシビアな問題です。 理由は部位の面積がとても広く、用いる外壁材によって価格が大きく変わるから。 そして、値段によってメンテナンスが必要な期間も変わるから。 少々乱暴に言ってしまうと、安い外壁材ならばメンテナンスまでの時期が短く、高い外壁材だと長い。 今しんどいか、将来的にしんどいか、、、ね、シビアでしょ? 近年の住宅に多く用いられているのが、窯業系のサイディング。 セメント系の素材を固めてボード状にして、例えばレンガ風にしたり塗り壁風に仕上げたもの。 ミサワホームで注文住宅を建てると標準で用意されているのも窯業系のサイディングです。 短所はメンテナンスまでの時期が10年程度と短いこと。 表面を保護しているのが塗装だけですから、劣化したら外壁塗装をしなおさなくてはならないのです。 費用次第でメンテナンスの手間も軽減 まあ、高価な窯業系のサイディングならば表面の塗装も、光触媒塗装とかになって持ちは長くなる。 しかしメンテナンスは必須、サイディング本体が劣化していなければ外壁塗装をおこなう。 劣化が激しければ、サイディング自体を貼り直すということになります。 メンテナンスの外壁塗装にしても様々な塗料が用意されており、ミサワホームイングのリフォームメニューでも4種類。 高い塗料を用いれば次のメンテナンスまでの期間が長いという理屈です。 メンテナンスの費用がかかるのはいやだ!それぐらいならば、最初にドーンとローンを組む。 そんな場合にミサワホームが用意しているのがタイル。 ガラス質が表面をしっかり保護しますから、外壁塗装の必要はないのです。 しかし、タイルを固定している下地は劣化しますし、窓枠などとの接合部分のコーキングももちろん劣化します。 定期点検をおこなっていなれければ、タイルが落下するという事故にもつながりかねません。 ただ、見た目はカッコいいですし、外壁塗装というメンテナンスは不要にはなるのです。

次の