読書感想文 書き方 社会人。 読書感想文(社会人)の要点のまとめ方!バレないコピペの利用方法とは!

もう書けないなんて言わせない!読書感想文の書き方・考え方のコツを解説。書くことが見つからない人へ。

読書感想文 書き方 社会人

社会人の読書感想文の書き方です。 夏休みに読書感想文の宿題をした経験はありますか? まさか社会人になってから、読書感想文をするとは思わなかったはずです。 しかし、会社の上司からこの本の感想を書くようにと言われたら、ちょっと困ってしまいますよね。 小学生や中学生ならば、「面白かった」という一言でも許してくれそうですが、社会人となった今ではそんな簡単な感想ではとてもじゃないですが提出できないですよね。 この記事では、そんな社会人となった今だからこそ、 最強の読書感想の書き方をお伝えしていきます。 単純に読書感想文を提出するだけではなく、自分のスキルを上げてくれるような気づきを得られるような、役立つ読書感想文の書き方と、面倒くさがり屋さんのためのコピペを活用した、読書感想文の書き方をシェアしていきますね。 スポンサーリンク 読書感想文はなぜやる必要がある? 最近に関わらず、会社の方針として読書感想文を提出する場合も多くなってきたと言われています。 特に大企業にも多くなってきたと言われていますが、読書感想文を書いたことのない方や、苦手と感じる方も多いはずです。 まずは読書感想文をなぜ書く必要があるのか? 会社の決まりだからといやいや書かなくては行けない気持ちもありますが、 どうせなら自分のためになるようにこの無駄だと思われる時間を価値のある時間に変えていくほうが良いと思いませんか? 神田昌典さんや、斉藤ひとりさんといった有名企業かとして活躍している人物は、暇さえあれば読書をされているそうです。 つまり、 一流と呼ばれる人はスべからず読書をしているということです。 今回は会社の強制的な指示で読書をすることになりますが、その時間を価値のあるものとするために、読書から自分の人生を豊かにする知識を学び取るという観点で、読書を捉えたときに、とても貴重な時間に感じられるかと思います。 無駄な時間だと思えば、無駄になります。 そうではなく、新しい知識が増えるということを意識するだけで、より良い人生の糧になると思ってください。 コピペがなぜダメなのか?バレないやり方とは まず、読書感想文は面倒だと思う方は、ネットで本の感想などと検索をして、誰かの感想をそのままコピペする方も多いと思います。 時間の短縮になるし、私個人としてはコピペを否定はしません。 でも、会社の上司から指示された読書感想文となれば、かなり危険な行為だと思います。 なぜコピペが危険なのかと言うその理由は 「自分の言葉ではない」からです。 読書感想文とは、まずは自分の感じた事がメインになります。 それを どこの誰かがわからないような人物の感想を書いてしまうと、後で責任を取れないということになります。 コピペが悪いわけではなくて、ちゃんと理解をして、自分の言葉で書き換えることが重要だということですね。 その上で、この次の読書感想文の基本となる考え方を学んでください。 なぜこの本を読むのか?• あなたの仕事で役立ちますか?• この本から何を学びたかった?• この本のノウハウは仕事に役立つか?• 自分の人生にどのように関係する? 一冊の本を選ぶという行為はかなり理由が必要だと思います。 なぜこの本を手にとったのか?手に取るにはそれなりの理由がありますよね。 タイトルが気になった本もあれば、有名な起業家が書いた本だからと言う理由で手にとったかもしれませんよね。 その部分を冒頭に書くことで、読書感想文の8割は決まったと言っても過言ではありません。 読書感想文の要点のまとめ方 読書感想文は意外にも簡単です。 あまりにも難しく考えてしまうと、かなりハードルがあがってしまい、いつまで経っても読書感想文がかけないです。 読書感想文を書く上での要点のまとめ方をお伝えしていきます。 まず、私が普段やっている読書の方法を話します。 私は1冊の本を一言一句すべて読むことはしません。 ほとんど飛ばし読みに近い読書方法です。 言い方を変えれば速読と言う方法で読書をしていますが、それでも本の内容の要点をまとめることができます。 そこで読書感想文を書く上での要点のまとめ方として箇条書きでまずは説明します。 ・読者の主張(言いたいことは何?) ・自分の考えとの違いは何? ・勉強になったことは何? ・普段の行動に落とし込めることは何? ・この本を一言で説明すると? ざっくりとまとめると以上のようなことを一冊の本から書き出してみてください。 まず、ペラペラと本の全体像を眺めます。 次に目次を読んで気になる部分を読んでください、気になる部分をノートに書き写しておいて、後でその部分をまとめます。 重要な考え方は、 この本のノウハウは自分のためにどのように役に立てるか? 何を伝えていたのか?どういうことを学んだのか?それが自分にどう役に立つのか?普段の生活でどのように活かせるか? 以上のことが簡潔にまとめることができれば、読書感想文というレベルを遥かに超えた、価値のある知識となります。 よく国語の授業で習った「起承転結」というものを使っても良いのですが、私の場合は以下のようにまとめていきます。 ・全体的には何を伝えているのか? ・特に著者が言いたいことは何? ・自分が感じたことは何? ・要するに何が重要? ・自分のこれからに活かせそうなことを具体的に書く 以上の流れで十分に読書感想文になります。 それどころか、この本を読んだことのない人が一瞬でこの本のノウハウを実践できる秘伝書になります。 上司もこの読書感想文を読んで、自分の生活習慣を変えてしまうかもしれません。 それくらい影響力がある、読書感想文を書いてみてください。 最初はうまく行きません。 徐々にやっていくうちに慣れてきて、まとめるのがうまくなりますのでぜひチャレンジしてくださいね。 まとめ この記事では、社会人のための読書感想文の書き方をまとめていきました。 読書感想文は、形式的に捉えず、まずは自分が選んだ本をなぜ手にとったのか?その理由を明確にすることです。 さらにコピペを否定はしませんが、自分の言葉で書いていないコピペはかなり危険な行為です。 できるだけ、自分の言葉で書いて、理解をしている部分だけ書くようにしましょう。 読書は著者との対話でもあります。 何が書かれているのか?この本を一言で伝えるとすればどういうことになるのか? いろいろな読書の方法がありますが、無駄な読書で終わることなく、実践できて身になる読書方法を身につけることをおすすめします。

次の

読書感想文 題名の書き方・タイトルの付け方例!長い時や書く場所は?

読書感想文 書き方 社会人

読書感想の基本的な構成 読書感想文の基本的な構造は以下の通り。 簡単な物語の説明 (文字数は全体の1割) 印象に残ったエピソードとその理由(文字数は全体の5割) 自分の経験に引き寄せる(文字数は全体の2割) 読書の内容をこれからの生活にどう生かすか(文字数は全体の2割) 指定された文字数に応じて、それぞれどのくらいの文字数を割くのかを事前に考えてから書きましょう。 先に文字数を割り振っておくことで、 「あと200字足りない!」 みたいなことを防ぐことができます。 物語の内容を簡潔に書く。 まず、物語の内容を簡潔にまとめます。 これは読書感想文全体の1~2割くらいに収まるといいです。 「走れメロス」だったら 王に処刑されることになったメロスが、友達を人質に3日間の猶予をもらいます。 メロスが友達を助けるために必死に走る姿が印象的な話です。 課題図書が設定されている場合は、先生もその課題図書の内容は知っているので、 このパートを飛ばしてもいいです。 といった感じになります。 どんな本を読むかを生徒が選べる場合は、先生にどのような話だったかわかるように物語の説明を簡潔に行います。 印象に残ったエピソードとその理由 次に、物語の中で特に印象的だったエピソードとその理由を書きます。 という感じです。 例えば走れメロスで考えると この物語の中で一番心に残ったのは、メロスが一度諦めかけたけれど、また走り出した場面です。 というような感じになります。 場面の説明が長くなりそうなときは一度区切ってもいいです。 以下が長いバージョンです。 この物語の中で一番心に残ったのは次の場面です。 メロスは走り疲れて倒れてしまい、セリヌンティウスを助けることを一度はあきらめます。 しかし考え直して立ち上がり、また走り出すのです。 こんな感じで書きます。 次に、その場面がなぜ印象的なのかを書きます。 メロスはとても疲れているはずなのに、どうしてまた走り出すことができたんだろうと考えました。 セリヌンティウスがメロスを心から信頼しているということがメロスに大きな力を与えたのだろうと思いました。 人は独りだとくじけやすいけど、応援されたり信頼されたりすることで強くなれます。 といったような感じですね。 なんでその場面が心に刺さったのかを、先生にわかるように説明します。 自分の経験に引き寄せる 読書の内容を自分の経験に引き寄せたエピソードも入れるといいです。 私も部活動をやっていて、辛くて投げやりな気分になることがあります。 でも試合などで勝ち負けが自分にかかってくるような場面になると、「仲間のために頑張ろう」という気になります。 こんな感じで、自分の経験も交えながら書くと文章に深みが出てきます。 読書の内容をこれからの生活にどう生かすか 最後のしめは、読書の感想をどう生かすかということを書きます。 例えば、走れメロスで書くとしたら以下のような締め方がいいでしょう。 走れメロスを読んで、私もメロスとセリヌンティウスのような信頼で結ばれた関係を築けるようになりたいと思いました。 そのためには、まず自分が相手を信頼することが大切です。 相手を信頼し、自分も信頼されるという関係を多くの人と築いていきたいです。 こんな感じで、 本を読んだ感想をこれからの生活にどう反映させていくかを書いておわります。 基本的に感想文系のものはこういった形で終わらせると文章がまとまります。 以上で解説したことをつなげると以下のようになります。 走れメロスの感想文の例文 この物語は、王に処刑されることになったメロスが、友達を人質に3日間の猶予をもらいます。 メロスが友達を助けるために必死に走る姿が印象的な話です。 この物語の中で一番心に残ったのは次の場面です。 メロスは走り疲れて倒れてしまい、セリヌンティウスを助けることを一度はあきらめます。 しかし考え直して立ち上がり、また走り出すのです。 メロスはとても疲れているはずなのに、どうしてまた走り出すことができたんだろうと考えました。 セリヌンティウスがメロスを心から信頼しているということがメロスに大きな力を与えたのだろうと思いました。 人は独りだとくじけやすいけど、応援されたり信頼されたりすることで強くなれます。 私も部活動をやっていて、辛くて投げやりな気分になることがあります。 でも試合などで勝ち負けが自分にかかってくるような場面になると、「仲間のために頑張ろう」という気になります。 走れメロスを読んで、私もメロスとセリヌンティウスのような信頼で結ばれた関係を築けるようになりたいと思いました。 そのためには、まず自分が相手を信頼することが大切です。 相手を信頼し、自分も信頼されるという関係を多くの人と築いていきたいです。 これで500文字くらいですね。 以上が基本的な読書感想文の書き方です。 以下は応用編になります。 書くことがなくて困ったら、先生に好まれそうなことを書こう。 読んだけど、別に何とも思わなかった。 読んだけど、内容が思ったよりエグくてこれで読書感想文を書いていいか迷う こういうこともあります。 特に、上は課題図書が決まっている場合、下は決まっていない場合に起こりがちです。 「大好きな本なんだけど、読書感想文を書く本としては微妙だなあ」 ということもあります。 特にライトノベルとか。 私は中学校から高校にかけてライトノベルに浸かっていたので、個人的にはライトノベルで読書感想文を書くのはありだと思っています。 その場合は 落としどころを先に決めるのです。 落としどころとは「その本から何を学んだか」ということです。 ちなみに学校の先生に好まれる落としどころとしては以下のようなものがあります。 命の大切さ 目標に向けて頑張る大切さ 自分で考えて行動する大切さ 人を信じる大切さ こういうテーマに無理やりつなげてしまえばいいんですね。 恋愛ものであれば人を愛する大切さ ホラーであれば命の大切さ 戦闘系であれば仲間とともに戦う大切さ などなど。 十中八九はこういった「先生が好みそうなテーマ」につなげることができます。 あなたの書いた読書感想文を読んで成績をつけるのは先生です。 困ったらとりあえず先生の好みそうなことを書いておきましょう。 文章の長さを調整する方法あれこれ 「あと100文字足りない!」ってなることもありますよね。 そういう場合はどうすればいいのでしょうか。 いくつか文章の長さを調整する方法をご紹介します。 印象に残ったエピソードとその理由を複数入れる 印象に残ったエピソードを複数挙げるのが、一番簡単な文字数の増やし方です。 エピソードを1つ書いた後で、以下のようにつなげます。 もう1つ、感動した場面があります。 それは~ 1つのエピソードにつき200文字くらい稼げるので、これで文字数不足はカバーできます。 主人公以外の人物にも注目する 主人公以外の人物にも注目すると、感想が深いものになります。 例えば「走れメロス」の場合はディオニス王に注目してみてもいいでしょう。 ディオニスは暴君と書かれていますが、とても苦しんでいるように見えます。 本当は周りの人を信じたいし、平和を望んでいる人物です。 人は信じられないと思いながらも、どこかで人を信じたいと思い、その2つの考えに苦悩しています。 メロスははセリヌンティウスを救うために走ったことで、結果的にディオニスも救ったのです。 こんな感じでディオニス王の分析をして、最終的にメロスとセリヌンティウスの信頼がディオニスも救ったという形にもっていけばいいです。 自分の経験を詳細に書く 読書の内容を、自分の経験に引き寄せて書こうという話をしました。 自分の経験をどのくらい詳細に書くかで、文章の多さを調整することができます。 上の例では 私も部活動をやっていて、辛くて投げやりな気分になることがあります。 でも試合などで勝ち負けが自分にかかってくるような場面になると、「仲間のために頑張ろう」という気になります。 という感じで比較的さらっと書いていますが、これを詳細に書くとこんな感じになります。 人は独りだとくじけやすいけど、応援されたり信頼されたりすることで強くなれます。 私も部活動をやっていて、練習などが辛くて投げやりな気分になることがあります。 でも団体戦などで、自分が負けたら他のチームメイトに負担がかかってしまう時などは負けられないです。 特に自分が負けたらチームの負けが決まってしまう場合は「チームのために絶対に負けられない」という気持ちになります。 そういう時のために今の辛い練習があると考えると、投げやりな気持ちを抑えて前向きに練習に取り組むことができます。 という感じで、倍くらいに伸ばすことができます。 自分の感想につっこみを入れてみる 自分の感想につっこみを入れることも文章量を増やすのに有効です。 今回の場合だと、「メロスとセリヌンティウスの信頼」というところにつっこみを入れてみるのです。 やみくもに人を信頼するのは危険だという意見もあります。 セリヌンティウスはメロスを信頼したばかりにもう少しで殺されるところでした。 大切なのは、信頼できるかどうかをしっかり見極めることです。 セリヌンティウスもメロスは信頼に足る人物だと思ったからこそ、人質になることを受け入れたのだと考えます。 このように、 最後には自分の言いたいことに戻す必要があります。 文字数を長くしたバージョンの読書感想文 王に処刑されることになったメロスが、友達を人質に3日間の猶予をもらいます。 メロスが友達を助けるために必死に走る姿が印象的な話です。 この物語の中で一番心に残ったのは次の場面です。 メロスは走り疲れて倒れてしまい、セリヌンティウスを助けることを一度はあきらめます。 しかし考え直して立ち上がり、また走り出すのです。 メロスはとても疲れているはずなのに、どうしてまた走り出すことができたんだろうと考えました。 セリヌンティウスがメロスを心から信頼しているということがメロスに大きな力を与えたのだろうと思いました。 人は独りだとくじけやすいけど、応援されたり信頼されたりすることで強くなれます。 私も部活動をやっていて、練習などが辛くて投げやりな気分になることがあります。 でも団体戦などで、自分が負けたら他のチームメイトに負担がかかってしまう時などは負けられないです。 特に自分が負けたらチームの負けが決まってしまう場合は「チームのために絶対に負けられない」という気持ちになります。 そういう時のために今の辛い練習があると考えると、投げやりな気持ちを抑えて前向きに練習に取り組むことができます。 やみくもに人を信頼するのは危険だという意見もあります。 セリヌンティウスはメロスを信頼したばかりにもう少しで殺されるところでした。 大切なのは、信頼できるかどうかをしっかり見極めることです。 セリヌンティウスもメロスは信頼に足る人物だと思ったからこそ、人質になることを受け入れたのだと考えます。 ディオニスは暴君と書かれていますが、とても苦しんでいるように見えます。 本当は周りの人を信じたいし、平和を望んでいる人物です。 人は信じられないと思いながらも、どこかで人を信じたいと思い、その2つの考えに苦悩しています。 メロスはセリヌンティウスを救うために走ったことで、結果的にディオニスも救ったのです。 走れメロスを読んで、私もメロスとセリヌンティウスのような信頼で結ばれた関係を築けるようになりたいと思いました。 そのためには、まず自分が相手を信頼することが大切です。 相手を信頼し、自分も信頼されるという関係を多くの人と築いていきたいです。 これで900字くらいです。 元は500字だったので、400字プラスできました。 読書感想文は自分の考えを深めるいい機会 読書感想文は自分の考えを深めるいい機会です。 自分のことってよくわからないですよね。 でも読書感想文を書くことで、今まで気が付かなかった自分の感情を発見することができます。 「あれ、私こんなこと思ってたんだ・・・」 みたいな。 怪しい心理テストなどで「自分とはどういう人なのか」を探るよりは、読書を通して自分と対話した方が新しい発見が多いです。

次の

読書感想文の書き方とコツ【小学生、中学生、高校生、社会人】

読書感想文 書き方 社会人

読書感想文と言えば学生の宿題だというイメージが強いですか? 近年企業によっては課題として読書感想文の提出を求めるところも少なくありません。 しかしながら読書感想文というのは苦手な人にとってはとても難しいものですし、そうでなくとも社会人として会社に提出しなければならないとなると緊張しますよね。 学生時代の読書感想文と、社会人として求められる読書感想文にはどのような違いがあるのでしょうか? 課題の目的を考察し、社会人として中身のある読書感想文が書けるよう努力しましょう。 内容や書き方についてもまとめてみましたので、悩んでいる方は参考にしてみて下さいね。 読書感想文の書き方は会社へ提出する場合どのようなものが望ましいのか? 読書感想文を会社から求められた場合、どのようなことを書けば良いのでしょうか? まず考えてほしいのは、会社がその読書感想文を通して何を求めているかということです。 学生であれば本を通しての成長や国語力を計るなどの目的が考えられます。 また、原稿用紙何枚分書けるかという量を評価する場合もあるかもしれません。 しかしながら社会人としての読書感想文とはたいていの場合そのようなものは求めていません。 言い方は悪いですが著書そのものの感想など会社としては聞きたくないのです。 その著書の素晴らしいところ、感動したところなんていうものをただ単に書いても良いのは学生時代までだと心得ていて下さい。 会社としては、仕事と絡めた形の文章を望んでいます。 社会情勢や自分自身の経験との対比において、その著書はどのようなことを示唆してくれたのか、そしてそれはどのように仕事に活かせるのか、このようなことを主に述べていきます。 とはいえこれだけ聞いてもなんだか難しくて余計書きづらくなってしまうかもしれませんね。 ですので読書感想文の内容についてもう少し詳しく触れていきたいと思います。 読書感想文は社会人ならどのように構成すべきか? 社会人として読書感想文を求められた場合、ただ本の感想を述べて終わり、ではいけません。 学生でしたらそのようなものが当たり前ですが、社会人として書く読書感想文は自分の仕事と絡めて書く必要があります。 まず読書感想文の内容を考えるに当たって、 その本から学び取れることをいくつでもいいので書き出してしまいましょう。 本に付箋を貼っても大丈夫ですよ。 そして次に 自分の業務内容や会社での役割を考えます。 こちらも書き出してしまうと分かりやすいかもしれませんね。 それら2つを結びつけることによって、本の感想と自分の仕事を比較するということが書き方としては基本です。 スポンサーリンク 例えば本に難題に立ち向かうときの考え方が書いてあったなら、「自分は今までこうするしかないと思っていた。 しかしこのような考え方もあると知り感銘を受けた。 今後自分の業務内容にこのように活かしていきたい。 」のように最終的に仕事に繋げていきます。 最も書きやすい形としては、仕事、もしくは社会人として自分が未熟である部分や課題を、本を読んでその解決手段を見出した、というような流れではないでしょうか。 この本で自分はこのような影響を受け、それを参考に仕事のこのようなところに活かしていきます、という旨が書かれていれば印象は悪くないでしょう。 つまり何が大事かというと、 感想だけでなく仕事と絡めて書く、そして出来るだけプラスの要素、前向きな意思表示をする、ということです。 学生時代の読書感想文と比べると難易度は高めですが、情報を整理して文章にまとめてみて下さいね。 読書感想文を社会人として課題に出された場合のおすすめの書き方は? 社会人として読書感想文を求められた時に 絶対やってはいけないことは違う口調の混在です。 内容はもちろん大事なのですが、それ以前に「 ですます調」と「 である調」が混在していると読みづらい上に違和感を覚えます。 最初のほうは「~です。 」という書き方なのに急に「~である。 」という言い方に切り替わったら不自然ですよね? 書いている時はもちろんですが、書き終わった後も口調はしっかり確認しましょう。 内容どうこう以前にしっかりと文章を仕上げる能力がないと判断されてはたまりません。 ちなみに社会人として会社へ提出するのであれば「である調」のほうが良いと思います。 「ですます調」が用いられるのは取引先やお客様などとのやりとりの場合であり、書類等で自分の意思表示をする際にはあまり使われませんからね。 参考にしてみて下さい。 まとめ 会社に提出する読書感想文というのは緊張しますよね。 難しいものではありますが、ポイントを抑えて感想を綴ってみて下さいね。 これだけでは書きにくい人は、 こちら【】 の記事も参考にしてみて下さい^^ 少しは書きやすくなるのではと思います。 また、そうではなくてフォーマットが知りたい人は、 こちら【】 の記事をどうぞ^^.

次の