カリモク キャット タワー。 キャットタワーのおすすめ20選。愛猫の運動不足解消グッズ

KARIMOKU CAT カリモク キャット CAT TREE キャットツリー

カリモク キャット タワー

また、大規模かつ高度な生産設備と職人の技を融合させる「ハイテク&ハイタッチ」という品質に重きをおいたコンセプトを掲げており、日本を代表する木製家具メーカーのひとつと言えます。 株式会社RINNは、猫目線を貫く独自の哲学を「キャット・ファースト」としてコンセプト化し、猫の健康をサポートする商品を企画・デザインする会社です。 猫目線でビジュアライズされた、美しいデザインと高度な技術を融合し、世界中の猫が健康で長生きできる豊かな社会を実現したいと考えています。 プロダクトデザイナーの小宮山洋氏によってデザインされたKARIMOKU CAT TREEは、ステップを角のない楕円形状にすることで、猫が安心して上下運動を行うことができます。 子猫から高齢猫まで永く愛用できる高さ124cmのサイズや、台座を三角形にする事で、お部屋のどんな場所にも気持ちよく収まるコンパクトさと省スペースを実現しました。 爪とぎの支柱には綿縄素材を採用。 ファブリックが張られたステップ表面には、猫が万が一、吐き戻ししても簡単にお手入れできるように撥水加工が施されております。 木材ステップの表面には、うづくり加工と呼ばれる家具従来の工法を用い、猫が足を滑らせにくい工夫がされています。 カリモク家具が長い歴史の中で培ってきた匠の技が細部に宿った一品です。 猫が人目を避けて排泄ができる空間や、上に物が置けるスペースが設けられており、スペースの有効活用にも最適。 猫砂が飛び散りにくく、扉は観音開きで、お掃除やお手入れもラクラクです。 扉を開けると猫砂や消臭シートを入れるための収納スペースが備わっています。

次の

オーダーメイドキャットタワー

カリモク キャット タワー

猫を飼っている家庭ではほとんどが室内飼いといわれています。 しかし、室内で飼う場合はどうしても運動不足になりがち。 そんなときに活躍してくれるのが キャットウォークや キャットタワーです。 室内で飼われているのがほとんどなため、運動不足解消だけではなく、ストレスを軽減してくれる役割も担っています。 キャットウォークというと大がかりなリフォームが必要だと思われるかもしれませんが、 家具と兼用で使える便利なキャットウォークや、狭いスペースにも適した 突っ張り式のキャットタワーなども展開されています。 今回はキャットウォーク一体型の家具やキャットタワーの選び方を解説しつつ、人気の家具ブランドLOWYA(ロウヤ)のキャットウォークやキャットタワーを種類別にご紹介していきます。 キャットウォークの選び方 キャットウォークとは、名前の通り 猫の歩く道です。 もちろん、広い空間で思いっきり遊ばせてあげるのが一番ではありますが、人と暮らす以上スペースにも制限がでてきます。 また、賃貸マンションなどでは壁に工事をして取り付けるわけにもいかない場合がほとんどです。 そんなときには、 家具と兼用になっているキャットウォークもぜひ視野に入れてみてください。 見た目も普通の家具とあまり変わらず、家具として使えるので部屋のスペースの問題も解決してくれるでしょう。 大きさで選ぶ 家具と一体化しているキャットウォークなので、設置する場合は室内で ある程度のスペースが必要です。 元々の使い道にプラスの機能としてのキャットウォークなのでそこまで圧迫することはありませんが、必ず事前に寸法をチェックしておくことが重要です。 特に、 高さがある家具だと天井までの距離が狭くなってしまうこともあるので注意が必要です。 遊べる形状で選ぶ キャットウォークにも様々な種類があります。 階段を駆け上ったり、トンネルをくぐったりなどの バリエーションが豊富なものを選ぶとより楽しく遊ぶことができますね。 また、遊び場と収納のどちらにも使えるスペースがあると荷物が増えても安心です。 耐荷重で選ぶ 耐久性や安全面からそれぞれの家具には 耐荷重が設定されています。 駆け上がったり飛び乗ったりすることを想定して、必ず耐荷重は守って使用してください。 体重が重い場合は、しっかりした造りのものを選ぶと安心ですね。 デザイン、カラーで選ぶ キャットウォークであり家具でもあるこれらのアイテム。 部屋のインテリアに合わせて選びたいですね。 同じ家具のシリーズで組み合わせができたりもするので、素材や色味なども考慮して選ぶとよいでしょう。 賃貸マンションの場合の注意点 賃貸マンションでペットを飼う場合、ペット可の物件を選ぶことはもちろんですが、加えて家具を置くスペースを確保することも重要です。 完成品などの場合は 家具の搬入や搬出に問題がないかどうかも考慮しましょう。 また、高いところから飛び降りる機会も増えるため、床がフローリングなどの場合は 防音対策なども気をつけた方がよいかもしれません。 では、ここからは「収納棚」「テレビ台」「猫ハウス・トンネル付きテーブル」の3つについて、種類別におすすめアイテムをご紹介していきます。 pinimg. com 登ったり降りたりできる階段、ひょっこり顔を出せるトンネル、階段状のキャットウォークが特徴のオープン収納です。 階段の段差は猫が上り下りしやすい高さになっています。 トンネルの場所は、シリーズで組み合わせたときに隣とつながるように設計。 また、背板の位置を変えることができるので、置く位置に合わせた配置ができるのもポイントです。 サイズ:123. 8kg 耐荷重:12kg(階段ステップ)8kg(収納棚) 素材:プリント紙化粧パーティクルボード カラー:ナチュラル 価格:10,990円 木製キャットウォーク付き壁面収納(シェルフ) さきほど上で紹介した棚とつなげて使える同シリーズの収納。 女性でも届く高さで見晴らしの良いキャットウォーク、トンネルの中はまったりとくつろげる猫ハウスをつくりました。 使いやすいオープン収納の下には、フタの取り外しで開閉ができる大容量の収納スペースを用意しています。 クッションなどのかさのあるアイテムを収納するのにも便利なスペース。 同シリーズの「ステアーズ」や「ストレージ」と組み合わせて置くことで、さらに大容量の収納を叶えてくれます。 サイズ:105. pinimg. com デザイン性と機能性を両立した大容量の収納棚です。 猫のスムーズな動線を確保しながら収納力にも優れています。 眺めのよい高さとくぐって通り抜けできるトンネルで満足してくれること間違いなし。 猫ハウスの中は、開閉式の扉でつながっているので、お掃除も簡単です。 オープン棚は書籍などを収納したり小物を飾ったりするのにもおすすめ。 背板はナチュラルとホワイトの2つの色から選べるリバーシブル仕様です。 pinimg. com スリムでコンパクトな設計ながら、きちんと猫の動線も確保されています。 洞穴のような猫ハウスで安心してお昼寝もしてくれそうですね。 正面からは見えにくい秘密の裏側通路も確保。 秘密基地感覚で楽しく遊ぶことができます。 おしゃれでナチュラルな木目調は部屋のインテリアにも合わせやすいのでおすすめ。 背板もナチュラルとホワイトの2色からリバーシブルで選べます。 pinimg. com 壁面収納、キャットウォークとテレビ台としての機能のすべてを叶えています。 眺めのよい絶妙な高さと高い位置にあるトンネル、交差ステップなど遊んで楽しい要素も充実しています。 上下の抜け穴もあるので、飽きずに遊べそう。 約32~43インチまでのテレビが収納可能。 オープン棚にはAV機器をすっきりとおさめることができます。 裏側には配線を通しやすいコードスリットも用意。 下段の引き出し収納はプッシュオープン式ながら猫に開けられにくい設計になっています。 扉収納の中は可動棚なので、アイテムに合わせた設定ができるのもうれしいですね。 各ユニットの連結部分はボルトとナットでしっかりと固定されているので安心です。 pinimg. com おしゃれですっきりとしたデザインが特徴のテレビボード。 最上段のトンネルをくぐれる仕様は狭くて高い場所が大好きな猫にはぴったりです。 交差ステップは、猫が登ったり降りたりしやすい絶妙な高さを試行錯誤して設計されています。 テレビの大きさは約32インチから49インチまで対応。 レコーダーなどの機器と合わせて、背面のコードスリットでスマートな収納ができます。 おしゃれな木目調のデザインはナチュラルとウォルナットの2色展開です。 2kg 耐荷重:15kg(天板)12kg(上部トンネル)12kg(交差ステップ板)10kg(ネコハウス)25kg(テレビ収納スペース)10kg(オープン収納)7. pinimg. com 家具の街でもある大川の職人がつくりあげた国産のキャットウォーク付きテレビボード台です。 上部には見やすい天窓付きで、いつでもかわいい姿を見ることができます。 トンネルやのぞき穴、ステップなどの設備も充実。 テレビの大きさは約32インチから43インチまで対応しています。 コード穴付きなので配線のごちゃつきもなし。 可動棚やオープンラックでアイテムの収納にも適しています。 上下セパレート式の半完成品でのお届けで、完成までは4箇所のネジ止めのみ。 組立が苦手な人にもぴったりです。 pinimg. com デザイン性に優れた猫ハウス付きのローテーブルです。 暗くて狭いスペースと黒ガラスを使った天窓付のスペースで楽しく遊ぶことができます。 天板の裏面には脱臭シートを配置し、快適な使い心地を実現しています。 また、天板には安全面を考えた強化ガラスを採用しているのもポイント。 半完成品でと到着で、天板のガラスを設置するだけの簡単組立なのもうれしいですね。 pinimg. com 4方向に通り抜け可能なトンネルを配置したローテーブルです。 中央の猫ハウスは洞穴仕様でお昼寝にもぴったり。 90センチ四方のテーブルサイズはリビングに置いてもちょうどよいサイズ感です。 中央の猫ハウス上部には天板でフタをすることも可能なので、お昼寝中やテーブルを広く使いたいときにも活躍してくれます。 家具と独立しているので置く場所を選ばずにコンパクトなものなら簡単に移動も可能です。 猫が喜ぶ素材や仕掛けも盛りだくさん。 遊びや昼寝の定位置としても、安心できる空間になること間違いなしですね。 気になる土台の安定感や爪とぎスペースなどにも注意して選んでいきましょう。 大きさで選ぶ キャットタワーは名前の通りタワーの形なので、 設置面積は少なくてすみます。 種類によって高さが異なるので、部屋のスペースに合わせたサイズ選びが大切です。 家具は高さがあるとそれだけ圧迫感も感じてしまうので注意が必要です。 遊べる種類で選ぶ 上ったり隠れたりトンネルをくぐったりと様々な遊びができるキャットタワー。 部屋になっていたりお昼寝スペースとしても活躍してくれます。 好みの遊び方や使い方に合わせたアイテムを選びましょう。 また、おもちゃを付属して遊んだり爪とぎスペースがあるものもあります。 飼い猫の行動に合ったものを選ぶと満足度も上がるでしょう。 足場の強度で選ぶ 飛び乗ったり飛び降りたりすることを考えると、キャットタワーの場合 足場の強度は重要です。 使っている素材や造り、柱の太さなどもチェックしましょう。 また、実際に使っている人の口コミも参考にしてみるとよいですね。 耐荷重で選ぶ 足場の強度と合わせて、安全面から 耐荷重は必ず確認が必要です。 また、高さがあると転倒の危険もあるので置く位置や設置方法にも注意が必要です。 耐荷重にはある程度のゆとりをもったものを選ぶことをおすすめします。 おすすめキャットタワー つっぱりタイプキャットタワーおもちゃ・お昼寝ベッド付き 天井までの突っ張りタイプなので、安定感も抜群です。 天井付近の突っ張り部分には金属パーツなどに直接ふれないように布製のカバーも用意。 トンネル、ハンモック、猫ハウスなど設備も充実しています。 ベッドの側面はウレタン素材でフワフワの極上な寝心地です。 付け替え可能な4種類のおもちゃ付です。 好奇心をくすぐる6つのアトラクションで大満足の一台です。 見晴らしのよい展望台、爪とぎスペースも用意。 子猫にもぴったりな広々ステップもうれしいですね。 さらに、ぐらつき予防として台座にネジが埋まるような設計になっているので安心ですね。 まるで小さな遊園地のようにわくわくする仕掛けがたくさん。 最上部には展望台、体のサイズが小さい子猫も登りやすい1枚板のステップや麻素材の爪とぎコーナー、リゾート気分のハンモックは取り外し可能です。 分厚い土台とネジ止めしきの支柱でグラつきも予防しながら安心して使うことができます。 9kg 耐荷重:15kg 素材:麻、ポリエステル、MDF 繊維板 カラー:ベージュ 価格:5,990円 まとめ 室内飼いが一般化してきている近年、大切なペットが家の中でも楽しく遊べて、運動不足などでストレスを貯めないことが大切ですね。 家具としても使えるキャットウォークや遊びのバリエーションが広がるキャットタワーで、飼い猫も飼い主も快適な暮らしを手に入れましょう。

次の

雅致溢るるカリモク謹製キャットタワー、猫の姿も映え映えしく(猫ジャーナル)

カリモク キャット タワー

猫を飼っている家庭ではほとんどが室内飼いといわれています。 しかし、室内で飼う場合はどうしても運動不足になりがち。 そんなときに活躍してくれるのが キャットウォークや キャットタワーです。 室内で飼われているのがほとんどなため、運動不足解消だけではなく、ストレスを軽減してくれる役割も担っています。 キャットウォークというと大がかりなリフォームが必要だと思われるかもしれませんが、 家具と兼用で使える便利なキャットウォークや、狭いスペースにも適した 突っ張り式のキャットタワーなども展開されています。 今回はキャットウォーク一体型の家具やキャットタワーの選び方を解説しつつ、人気の家具ブランドLOWYA(ロウヤ)のキャットウォークやキャットタワーを種類別にご紹介していきます。 キャットウォークの選び方 キャットウォークとは、名前の通り 猫の歩く道です。 もちろん、広い空間で思いっきり遊ばせてあげるのが一番ではありますが、人と暮らす以上スペースにも制限がでてきます。 また、賃貸マンションなどでは壁に工事をして取り付けるわけにもいかない場合がほとんどです。 そんなときには、 家具と兼用になっているキャットウォークもぜひ視野に入れてみてください。 見た目も普通の家具とあまり変わらず、家具として使えるので部屋のスペースの問題も解決してくれるでしょう。 大きさで選ぶ 家具と一体化しているキャットウォークなので、設置する場合は室内で ある程度のスペースが必要です。 元々の使い道にプラスの機能としてのキャットウォークなのでそこまで圧迫することはありませんが、必ず事前に寸法をチェックしておくことが重要です。 特に、 高さがある家具だと天井までの距離が狭くなってしまうこともあるので注意が必要です。 遊べる形状で選ぶ キャットウォークにも様々な種類があります。 階段を駆け上ったり、トンネルをくぐったりなどの バリエーションが豊富なものを選ぶとより楽しく遊ぶことができますね。 また、遊び場と収納のどちらにも使えるスペースがあると荷物が増えても安心です。 耐荷重で選ぶ 耐久性や安全面からそれぞれの家具には 耐荷重が設定されています。 駆け上がったり飛び乗ったりすることを想定して、必ず耐荷重は守って使用してください。 体重が重い場合は、しっかりした造りのものを選ぶと安心ですね。 デザイン、カラーで選ぶ キャットウォークであり家具でもあるこれらのアイテム。 部屋のインテリアに合わせて選びたいですね。 同じ家具のシリーズで組み合わせができたりもするので、素材や色味なども考慮して選ぶとよいでしょう。 賃貸マンションの場合の注意点 賃貸マンションでペットを飼う場合、ペット可の物件を選ぶことはもちろんですが、加えて家具を置くスペースを確保することも重要です。 完成品などの場合は 家具の搬入や搬出に問題がないかどうかも考慮しましょう。 また、高いところから飛び降りる機会も増えるため、床がフローリングなどの場合は 防音対策なども気をつけた方がよいかもしれません。 では、ここからは「収納棚」「テレビ台」「猫ハウス・トンネル付きテーブル」の3つについて、種類別におすすめアイテムをご紹介していきます。 pinimg. com 登ったり降りたりできる階段、ひょっこり顔を出せるトンネル、階段状のキャットウォークが特徴のオープン収納です。 階段の段差は猫が上り下りしやすい高さになっています。 トンネルの場所は、シリーズで組み合わせたときに隣とつながるように設計。 また、背板の位置を変えることができるので、置く位置に合わせた配置ができるのもポイントです。 サイズ:123. 8kg 耐荷重:12kg(階段ステップ)8kg(収納棚) 素材:プリント紙化粧パーティクルボード カラー:ナチュラル 価格:10,990円 木製キャットウォーク付き壁面収納(シェルフ) さきほど上で紹介した棚とつなげて使える同シリーズの収納。 女性でも届く高さで見晴らしの良いキャットウォーク、トンネルの中はまったりとくつろげる猫ハウスをつくりました。 使いやすいオープン収納の下には、フタの取り外しで開閉ができる大容量の収納スペースを用意しています。 クッションなどのかさのあるアイテムを収納するのにも便利なスペース。 同シリーズの「ステアーズ」や「ストレージ」と組み合わせて置くことで、さらに大容量の収納を叶えてくれます。 サイズ:105. pinimg. com デザイン性と機能性を両立した大容量の収納棚です。 猫のスムーズな動線を確保しながら収納力にも優れています。 眺めのよい高さとくぐって通り抜けできるトンネルで満足してくれること間違いなし。 猫ハウスの中は、開閉式の扉でつながっているので、お掃除も簡単です。 オープン棚は書籍などを収納したり小物を飾ったりするのにもおすすめ。 背板はナチュラルとホワイトの2つの色から選べるリバーシブル仕様です。 pinimg. com スリムでコンパクトな設計ながら、きちんと猫の動線も確保されています。 洞穴のような猫ハウスで安心してお昼寝もしてくれそうですね。 正面からは見えにくい秘密の裏側通路も確保。 秘密基地感覚で楽しく遊ぶことができます。 おしゃれでナチュラルな木目調は部屋のインテリアにも合わせやすいのでおすすめ。 背板もナチュラルとホワイトの2色からリバーシブルで選べます。 pinimg. com 壁面収納、キャットウォークとテレビ台としての機能のすべてを叶えています。 眺めのよい絶妙な高さと高い位置にあるトンネル、交差ステップなど遊んで楽しい要素も充実しています。 上下の抜け穴もあるので、飽きずに遊べそう。 約32~43インチまでのテレビが収納可能。 オープン棚にはAV機器をすっきりとおさめることができます。 裏側には配線を通しやすいコードスリットも用意。 下段の引き出し収納はプッシュオープン式ながら猫に開けられにくい設計になっています。 扉収納の中は可動棚なので、アイテムに合わせた設定ができるのもうれしいですね。 各ユニットの連結部分はボルトとナットでしっかりと固定されているので安心です。 pinimg. com おしゃれですっきりとしたデザインが特徴のテレビボード。 最上段のトンネルをくぐれる仕様は狭くて高い場所が大好きな猫にはぴったりです。 交差ステップは、猫が登ったり降りたりしやすい絶妙な高さを試行錯誤して設計されています。 テレビの大きさは約32インチから49インチまで対応。 レコーダーなどの機器と合わせて、背面のコードスリットでスマートな収納ができます。 おしゃれな木目調のデザインはナチュラルとウォルナットの2色展開です。 2kg 耐荷重:15kg(天板)12kg(上部トンネル)12kg(交差ステップ板)10kg(ネコハウス)25kg(テレビ収納スペース)10kg(オープン収納)7. pinimg. com 家具の街でもある大川の職人がつくりあげた国産のキャットウォーク付きテレビボード台です。 上部には見やすい天窓付きで、いつでもかわいい姿を見ることができます。 トンネルやのぞき穴、ステップなどの設備も充実。 テレビの大きさは約32インチから43インチまで対応しています。 コード穴付きなので配線のごちゃつきもなし。 可動棚やオープンラックでアイテムの収納にも適しています。 上下セパレート式の半完成品でのお届けで、完成までは4箇所のネジ止めのみ。 組立が苦手な人にもぴったりです。 pinimg. com デザイン性に優れた猫ハウス付きのローテーブルです。 暗くて狭いスペースと黒ガラスを使った天窓付のスペースで楽しく遊ぶことができます。 天板の裏面には脱臭シートを配置し、快適な使い心地を実現しています。 また、天板には安全面を考えた強化ガラスを採用しているのもポイント。 半完成品でと到着で、天板のガラスを設置するだけの簡単組立なのもうれしいですね。 pinimg. com 4方向に通り抜け可能なトンネルを配置したローテーブルです。 中央の猫ハウスは洞穴仕様でお昼寝にもぴったり。 90センチ四方のテーブルサイズはリビングに置いてもちょうどよいサイズ感です。 中央の猫ハウス上部には天板でフタをすることも可能なので、お昼寝中やテーブルを広く使いたいときにも活躍してくれます。 家具と独立しているので置く場所を選ばずにコンパクトなものなら簡単に移動も可能です。 猫が喜ぶ素材や仕掛けも盛りだくさん。 遊びや昼寝の定位置としても、安心できる空間になること間違いなしですね。 気になる土台の安定感や爪とぎスペースなどにも注意して選んでいきましょう。 大きさで選ぶ キャットタワーは名前の通りタワーの形なので、 設置面積は少なくてすみます。 種類によって高さが異なるので、部屋のスペースに合わせたサイズ選びが大切です。 家具は高さがあるとそれだけ圧迫感も感じてしまうので注意が必要です。 遊べる種類で選ぶ 上ったり隠れたりトンネルをくぐったりと様々な遊びができるキャットタワー。 部屋になっていたりお昼寝スペースとしても活躍してくれます。 好みの遊び方や使い方に合わせたアイテムを選びましょう。 また、おもちゃを付属して遊んだり爪とぎスペースがあるものもあります。 飼い猫の行動に合ったものを選ぶと満足度も上がるでしょう。 足場の強度で選ぶ 飛び乗ったり飛び降りたりすることを考えると、キャットタワーの場合 足場の強度は重要です。 使っている素材や造り、柱の太さなどもチェックしましょう。 また、実際に使っている人の口コミも参考にしてみるとよいですね。 耐荷重で選ぶ 足場の強度と合わせて、安全面から 耐荷重は必ず確認が必要です。 また、高さがあると転倒の危険もあるので置く位置や設置方法にも注意が必要です。 耐荷重にはある程度のゆとりをもったものを選ぶことをおすすめします。 おすすめキャットタワー つっぱりタイプキャットタワーおもちゃ・お昼寝ベッド付き 天井までの突っ張りタイプなので、安定感も抜群です。 天井付近の突っ張り部分には金属パーツなどに直接ふれないように布製のカバーも用意。 トンネル、ハンモック、猫ハウスなど設備も充実しています。 ベッドの側面はウレタン素材でフワフワの極上な寝心地です。 付け替え可能な4種類のおもちゃ付です。 好奇心をくすぐる6つのアトラクションで大満足の一台です。 見晴らしのよい展望台、爪とぎスペースも用意。 子猫にもぴったりな広々ステップもうれしいですね。 さらに、ぐらつき予防として台座にネジが埋まるような設計になっているので安心ですね。 まるで小さな遊園地のようにわくわくする仕掛けがたくさん。 最上部には展望台、体のサイズが小さい子猫も登りやすい1枚板のステップや麻素材の爪とぎコーナー、リゾート気分のハンモックは取り外し可能です。 分厚い土台とネジ止めしきの支柱でグラつきも予防しながら安心して使うことができます。 9kg 耐荷重:15kg 素材:麻、ポリエステル、MDF 繊維板 カラー:ベージュ 価格:5,990円 まとめ 室内飼いが一般化してきている近年、大切なペットが家の中でも楽しく遊べて、運動不足などでストレスを貯めないことが大切ですね。 家具としても使えるキャットウォークや遊びのバリエーションが広がるキャットタワーで、飼い猫も飼い主も快適な暮らしを手に入れましょう。

次の