鬼滅の刃 アニメ 12話 感想。 アニメ:鬼滅の刃 12話「猪は牙を剥き、善逸は眠る」の感想

漫画『鬼滅の刃』200話ネタバレ感想|涙腺崩壊…甘露寺と伊黒に花束を

鬼滅の刃 アニメ 12話 感想

鬼滅の刃12話のあらすじネタバレ結末 鬼滅の刃12話のあらすじネタバレを解説します! 物語は、鼓の鬼に猪の男が斬りかかろうとするシーンから始まります。 鼓の鬼の音で、部屋が周り猪の攻撃は外れました。 その後、なぜか、猪の男はてる子を踏みつけます。 それに対し、炭次郎が阻止すると、猪の男は炭次郎に攻撃をしてきました。 意味不明な展開です。 そんな中、鼓の鬼は、鼓の音と同じ速度で、獣の切り裂きのような攻撃を仕掛けてきます。 それからすぐ、別の鼓の音で、炭次郎は別の場所に飛ばされます。 一方、善逸は男の子と一緒に、ビビってフラフラしていました。 そんな中、鬼と遭遇します。 戦うと思いきや、美味しくないと伝え、全力で逃げます。 そして、善逸達は部屋に逃げ込みます。 その後すぐ、善逸は恐怖で気絶すると思いきや寝始めます。 男の子が善逸を庇っている最中の絶体絶命のピンチで、鬼の舌の攻撃がきます。 それを、寝たままの善逸が舌を切り落とします。 何が起こったか分からない中、善逸は眠ったまま気配が変わり、雷の呼吸の壱ノ型・霹靂一閃(へきれきいっせん)で鬼を倒します。 そして、倒した途端に善逸は目覚めて、鬼が死んでいることに驚きます。 男の子は正一くんと言い、正一が助けてくれたと善逸は思うのでした。 また、一方、猪の男は、大きな鬼と遭遇していました。 そして、我流の獣の呼吸の参ノ牙・喰い裂き(くるいざき)で、鬼を倒します。 その後、猪突猛進と言いどこかに向かいます。 そこから、鼓の鬼の回想シーンとなります。 鼓の鬼は12鬼月に戻るために希血を探しているようでした。 鬼を食べきれないで、鬼舞辻無惨に降格させられた過去があるようです。 因みに、希血とは、珍しい血のことで、鬼の好物になります。 1人食べれば、何十人食べたのと同じ扱いになる血のようです。 そんな中、炭次郎はてる子のお兄ちゃんと合流します。 そして、お兄ちゃんから事の経緯を聞きます。 化物にさらわれて食べられそうになった時、別の鬼と鼓の鬼が殺し合いになって、たまたま鼓を拾って叩いたら部屋が変わって、なんとか生きているとのことでした。 その後、炭次郎は部屋を出たら鼓を打つよう指示をして、鼓の鬼との戦いに向かいます。 そして、鼓の鬼との戦いが始まります。 しかし、炭次郎は前回の戦いで骨を折っており、弱気になっていました。 ですが、水の呼吸には10の型があることを思い出し、それで打開できると自分を鼓舞するのでした。 鼓の鬼との闘いも回転しながらで他とは一線を画す演出。 灯火の色が鮮やか!何ものにも形を変える柔軟さと集まる大きな力、水の型の本質はそこにあるのか。

次の

アニメ「鬼滅の刃」13話感想!今日も神回!我妻善逸が大好きだ!

鬼滅の刃 アニメ 12話 感想

稀血の少年・清。 炭治郎の兄力を思い知れ 響凱が欲する稀血の少年・清は、照子と正一の兄でもある。 屋敷にさらわれてきたものの、鬼たちの仲間割れによって落ちた鼓を広い、転移を繰り返して今まで鬼から逃げ延びてきたんですね。 炭治郎に保護された照子と再会を果たし、安堵のあまり涙を流す清。 再会した清と照子の兄妹に対する、炭治郎のほとばしる兄力がとにかく凄かった。 鱗滝師匠お手製の薬で手当をして安心させてから事情を聞くと、その頑張りと勇気を褒め称え、最後には勇気を授ける。 というか、もう炭治郎が二人のお兄ちゃんにしか見えないんだけど。 怯えていた兄妹が最後には決意の表情にすっかり変わっていたのがとても印象的でしたね。 世の中のすべての「長男」に捧げる、炭治郎の魂の叫び 悪い想像ばかりしてしまうのは、怪我のせいもあるだろうけど、おそらく善逸のネガティブすぎるオーラに当てられたことも関係してると思う。 そんなネガティブ炭治郎の心の支えとなったのは、師匠・鱗滝左近次の言葉。 鱗滝 水はどんな形にもなれる 今の炭治郎は骨だけでなく、心も折れている…だけど、水の呼吸・十種類の型があれば、どんな敵とも戦える。 そんな炭治郎が自分で自分を鼓舞する姿が、 とにかくひたすらカッコいい! 炭治郎 まっすぐに前を向け! 己を鼓舞しろ! 頑張れ、炭治郎…頑張れ! 俺は今までよくやってきた! 俺はできるやつだ! そして今日も! これからも!! 折れていても!!! 俺が挫けることは、絶対にない!!!! 「鬼滅の刃」史上、最高にかっこいい炭治郎の言葉に、とにかく鳥肌が止まらんかった。 まとめ アニメ「鬼滅の刃」第12話「猪は牙を剥き 善逸は眠る」を視聴した感想について書きました。 猪突猛進の猪野郎・伊之助と、泣き虫ガクブル野郎・善逸の戦闘シーンが初めて披露されることになったんですけど、特に善逸の雷の呼吸は普段のキャラとのギャップもあってメチャクチャかっこよかったですね! 伊之助は強いんだけど、あっさりと鬼を倒してしまったので、正直まだよくわからないまま…。 けれども、個人的に今回一番盛り上がったのは、なんといっても自らを鼓舞する炭治郎ですね。 圧倒的兄力で兄妹を元気づけた後、まだ完治していない怪我の痛みを我慢しながら、自らを鼓舞して立ち向かう炭治郎の姿が、「鬼滅の刃」史上、最高にかっこよかった。 とにかくかっこよかった(2回言いました)。 炭治郎の言葉には本当に力がある。 その力、次週でどのように見せてくれるのか? 非常に楽しみです。 以上、アニメ「鬼滅の刃」第12話の感想でした!.

次の

アニメ「鬼滅の刃」12話感想!覚醒!眠り善逸の疾風迅雷の必殺剣

鬼滅の刃 アニメ 12話 感想

塁の糸をギリギリ避けたけど日輪刀が折れた 塁の糸が炭治郎の顔を目がけて飛んできたところで終わった前回。 その続きから今回始まりますが、炭治郎は辛うじて避けるのに成功します。 ただし無傷とはいかず顔に傷を負ってしまいましたが。 さらに悪いことに 日輪刀が折れちゃった。 もちろん根元だけでもそれなりに攻撃力有りますけど、いつも以上に近づいて攻撃しなければいけません。 これはマズい。 早く義勇さんが来てくれないと炭治郎やられちゃう。 義勇に闘志を燃やす伊之助 父蜘蛛を倒して義勇さん。 その義勇さんの強さを間近でみた伊之助。 「ワクワクが止まらない」。 伊之助らしいリアクションです。 強い相手を見てさらに闘志を燃やすなんて。 さっそく伊之助は義勇さんへ勝負を申し込みます。 ほんと軍鶏並に喧嘩早い奴ですわ。 しかし義勇さんは取りあいません。 伊之助の姿を見て到底戦えないと看破したのでしょう。 そして伊之助の言葉から伊之助の性格も判断し、その結果伊之助を縄でしばり動けなくしたのでしょうね。 義勇さん口下手だけど優しいです。 炭治郎の危機を禰豆子が救う 日輪刀が折れても戦うのを止めない炭治郎。 まあ逃げても背を向けた瞬間、塁の糸でやられるのは確実ですからね。 ただ折れた日輪刀で塁を倒すにはいつも以上に近づく必要があります。 「間合いに入ればワンチャンあるかも」と判断するのは間違ってません。 というかそれ以外選択肢がありませんから。 でも近づけない。 そしてこのやりとりに飽きた塁は炭治郎の逃げ場をなくすように糸を炭治郎へ。 動けない炭治郎。 というかどこに動いても糸から逃れられない。 ああ、終わった。 しかしここで炭治郎を助ける者が。 それが禰豆子。 いつの間に箱から出たかわかりませんが 、禰豆子が炭治郎をかばって糸の攻撃を一身受けてしまいます。 まあ禰豆子は鬼なのでいづれ傷は治るでしょうけど、炭治郎には自分の体を切り刻まれるよりダメージを受けたと思います。 炭治郎が頑張っているのはすべて禰豆子を人間を戻すため。 そして禰豆子を守るため。 それなのに禰豆子に守ってもらい、禰豆子が負傷してしまうなんて。 ここら辺は見ていて辛かったです。 塁が禰豆子に興味を示す 炭治郎をかばった禰豆子を見て塁は禰豆子に興味深々。 どうやら塁は「家族のために体を張った禰豆子」を欲しくなったようです。 塁は家族を欲しているようで、自分より弱い鬼に家族の役割を与えて疑似家族を形勢していたのです。 しかし当然そんな家族は偽物に過ぎず、恐怖で従わせている家族に塁も満足してなかったのでしょう。 そういう時に家族のためには怪我をするのも厭わないという鬼(禰豆子)を見たのです。 塁が欲しがらない訳ありませんわ。 塁は炭治郎に取引を持ちかけます。 禰豆子を塁に渡せば命を助けると。 現状は塁が圧倒的に優位。 塁からすれば炭治郎を殺して禰豆子を奪うことも可能です。 そういう状態なのに取引を持ちかけてきたということは、たぶん塁は炭治郎が条件を飲んで禰豆子を渡せば本当に命を助けるつもりだったのだと思います。 炭治郎が素直に渡せば禰豆子も塁に従順に従うかもしれないという打算もあったのでしょうけど。 でも炭治郎は拒否。 そりゃあそうですよね。 塁が十二鬼月だった(下伍だけど) 取引は決裂し再び戦うことになる塁と炭治郎。 ここで塁は自分が十二鬼月の1人であることをバラします。 炭治郎は鬼殺隊。 当然十二鬼月のことを知っているはず。 自分が十二鬼月であるとバラすことで炭治郎の抵抗する気持ちを折り、さらに炭治郎がさっきの決断を翻すことを誘引しているのでしょう。 塁からすれば禰豆子をゲットできればいいのですから。 しかし炭治郎は諦めません。 あくまで塁と戦うようです。 塁は自分と炭治郎の実力差を見せつけるために、炭治郎を煽り、自分の首を切るように促します。 そして炭治郎は塁の首を切ろうとしますが、まったく刃が首に入りません。 塁の首は糸よりも硬い。 糸も切れない炭治郎に首を切れる訳ない。 さすが十二鬼月。 これまでの鬼とは強さも煽りも別次元ですわ。 走馬灯がヒノカミ神楽を呼び起こす 炭治郎は水の呼吸拾の型で最後の勝負に出ます。 こんなとっておきがあるならさっさと使えばいいのにと思わずにはいられませんが、流石とっておき。 これまで切れなかった塁の糸を切ることに成功します。 これなら勝てる? そんな訳ありません。 塁の糸は塁の意思で強化可能だったのです。 強化された糸の前には拾の型も歯が立たず。 今度こそ万事休す。 迫りくる死を前に炭治郎は子供の時のことを思い出します。 まさか走馬灯? 前述したしのぶさんの走馬灯の説明ってこのシーンを生かすためのものだったのですね。 脚本しっかりと練られてますわ。 そしてここからスーパー神回タイムの開始です。 子供の時、父親と交わした会話。 父の神楽を見た記憶。 そこからヒノカミ神楽のことを思い出す炭治郎。 水の呼吸が火の呼吸へ変化。 強化された塁の糸も簡単に切ってしまう火の呼吸恐るべし。 炭治郎と禰豆子で塁を倒す 炭治郎の火の呼吸に恐れをなす塁。 余裕を失い狼狽始めるのを見てちょっとスカッとしました。 鬼滅の刃第19話より引用 しかしこれで終わりません。 今度は炭治郎と禰豆子の母親が出てきて禰豆子に働きかけます。 母親の声に反応した禰豆子は血鬼術「爆血」を発動。 炭治郎の火の呼吸と禰豆子の爆血。 それが合わさった時、勝負は終わりました。 鬼滅の刃第19話より引用 当然炭治郎と禰豆子の勝利です(たぶん)。 最後のシーン、テレビアニメのクオリティではありませんわ。 作画、演出、声優さんの演技、そして挿入歌。 すべて劇場版、それも最上位のクオリティです。 特に挿入歌。 あえて優しさと寂しさを合わせもったような曲を採用したことで、バトルシーンが盛り上がったと思いますわ。 前述したようにこのバトルシーンを見たら、他の作品のバトルシーンなんて見れたものではありません。 ufoハンパないですわ。 Fateの劇場版作っている会社は伊達じゃなかったです。 終わりに 久しぶりにテレビアニメで鳥肌立ちましたわ。 今回は凄すぎる。 こんな凄いクオリティの回をテレビでやってしまうなんて。 まだ視聴してない方は絶対に見た方がいいです。 今回塁を倒したので(たぶん)、塁の最期と後始末が次回のメインになりそうですね。 次回も楽しみです。 第20話の感想記事はこちらからどうぞ。

次の