アルフィー が 意図 せ ず 世界 を 救う。 アルノルフィーニ夫妻像

ranking:

アルフィー が 意図 せ ず 世界 を 救う

作者:• 悪人が嫌いで刀が大好きなだけの普通の高校生だった富士宮 総司狼はある晩、自宅を襲った強盗に刺され短い一生を終えた。 しかし、ソウジロウは不思議な空間で『神』と名乗る存在に自分らしく生きられる世界でもう少し生きてみる気はないかと聞かれる。 ソウジロウは愛刀と共にならそれも悪くないとそれを快諾し異世界へと移住することにした。 ところが異世界にありがちなチートな能力は神に『ちーと、いくない』と言われ全くない。 送り込まれた異世界に持ち込めたのは喋る大太刀『蛍丸』と自らの命を奪った小太刀『桜』。 そしてなぜかの神チョイスの短ランとボンタンのみ。 そしてこの世界でソウジロウの職として与えられたのは『魔剣師』という職だった。 武器を育て擬人化することが出来る『魔剣師』。 ソウジロウは大好きな刀達と異世界で出会った戦うメイド司祭的な『侍祭』という特殊な職業の美少女システィナと共に,異世界で乱立する『塔』というダンジョンで魔物を狩り生活の糧を得ながら刀達を育ててハーレムを目指します。 ソウジロウは戦闘もしますがほのぼのした日常も大好きなので温泉を作ったり、地球のラノベの知識を活かして新発想の装備を作って貰ったり、新しい組織を立ち上げて貰ったり、便利アイテムの開発に挑戦したりもします。 ハイファンタジー[ファンタジー] 完結済:全203部分• 冒険 ラブコメ 日本刀 魔剣 ハーレム 美少女たくさん 塔でバトル メイドさん的な司祭 刀娘• R15 残酷な描写あり• 作者:• 「人には等しく、8枠の天賦《スキル》ホルダーがある。 【腕力強化】のような1枠ならよいが、レアなスキルは4枠や5枠、あるいは8枠すべてを使ってしまうでのう」 天賦珠玉《スキルオーブ》が発掘されるオーブ鉱山で、ヒンガ老人は僕にそう語った。 だけど僕ら「奴隷」は契約魔術でスキルを取得できず、奴隷に未来なんてものはなかった。 それは運命の日。 鉱山を所有する貴族——つまり僕らの「主」がオーブ鉱山に視察に来た。 地震によって崩落する天井。 貴族の脳天に直撃する岩塊。 貴族の死。 瞬間、僕らの契約魔術が消える。 目端の利いた奴隷は走った。 スキルオーブが格納されている倉庫に。 そしてレアなスキルを取り込むと、目を疑うような能力や魔法によって警備兵を薙ぎ倒し、鉱山から飛び出していく。 暴動だ。 出遅れた僕に拾えるオーブはなかった ——終わった。 僕はまた奴隷戻りだ。 絶望したときに見たのは、「あり得ないスキルオーブ」だった。 ホルダー「10枠」を使う【森羅万象】《ワールド・ルーラー》。 使える人間がいないことから研究者以外、興味を持たれない、規格外のスキルオーブ。 だけれど僕は、【森羅万象】を取り込むことができた——なぜか? それは僕が「転生者」だったから。 僕には一般人の8枠+8枠、「合計16枠」ものスキルホルダーがあったから。 鉱山は包囲され、出口は1か所。 僕の手には謎のスキル【森羅万象】。 さあ、どうする——。 ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全149部分• 主人公最強 (いずれ)• R15 残酷な描写あり• 作者:• コミカライズしました。 月刊コミック電撃大王で連載中です。 野崎人志は人を助けるが、代わりに自分がトラックに轢かれ死んでしまう。 神に呼ばれ、異世界行きを強制される。 外見がそののままなので、転移ではないか? と神に尋ねたところ、異世界用に体を作り変えるから生まれ変わり、転生であると言われ、有無をも言わさず異世界に送られてしまう。 ろくな説明も無いまま、全裸で森に転生させられた野崎人志の運命やいかに。 ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全132部分• 野人 腰蓑 レベル スキル ダーク 格闘技 冒険者 西洋風 もふもふ サバイバル 男主人公 コミカライズ• R15 残酷な描写あり• 作者:• 感想欄はネタバレ解放しています。 初見の方はご注意下さい。 お気軽にコメント残して頂けると嬉しいです。 ホラー[文芸] 連載:全57部分• サスペンス 怪談 サイコホラー 冒険 近未来 男主人公 女主人公 バッドエンド ホラー ざまぁ 異世界転生・転移 星新一• R15 残酷な描写あり• 作者:• 翡翠の迷宮と呼ばれるダンジョンの第二階層には一体のユニークモンスターが存在していた。 最弱の魔物とも呼ばれるゴブリンの特殊個体であるそのモンスターは他のゴブリン達よりも少しだけ強く、少しだけ考える力を持っていた。 ある日名も無きゴブリンは、理性を本能に塗り潰されながら一人の人間を殺すことに成功する。 その人間とは謀略の末に死の縁にまで追い込まれた勇者であった。 勇者を殺し莫大な経験値を獲得し、考えることが出来るだけの知力を手に入れたゴブリンは、勇者が持っていた無限収納(インベントリア)を腰に携えて迷宮の底へと潜っていく。 自らを追い立ててきた人間の強さを学び取り、誰からも殺されない強者となるために。 【toi8さんの美麗なイラストの入った書籍が、4月5日にドラゴンノベルス様より発売予定です】• ローファンタジー[ファンタジー] 連載:全360部分• 冒険 人外 ダンジョン 魔法 勇者• R15 残酷な描写あり• 作者:• クラス全員トリップした先は、静かに灰の降り積もる滅び行く異世界だった。 生き延びたその先に待つのは破滅のみ。 暗黒世界のデッドエンド・ファンタジー。 ハイファンタジー[ファンタジー] 完結済:全50部分• デッドエンド ダークファンタジー 異世界トリップ 世界滅亡 地獄• 残酷な描写あり• 作者:• 俺がかつて生まれ育った国にはエルフの奴隷制度が存在していた。 それはそれはひどい扱いであった。 その惨状を知った俺は何かを変えたくてー。 回復薬の開発によって見たこともないような額のお金を手にした青年フィセルもひょんなことからエルフを買うことになるが、彼女たちと接していくうちにやっぱりこの国のこの制度はおかしいと思い彼を慕う男女合わせて6人のエルフたちと革命を起こすことを決意する。 だが計画の最中に過労で倒れてベッドから動けなくなった彼は自分の手で世界を変えることを諦め、自身に未完成ながらもたどり着いた転生魔法をかけることによって6人のエルフが変えた世界を見ることを決意し息を引き取った。 次に彼が目を覚ましたのは彼の死から200年後の世界であり、その世界の中心にいたのは紛れもなく昔フィセルに仕えていた6人のエルフたちであった。 200年経った今でも彼らはフィセルの事を慕っており、一部のエルフは主従関係ではなくなったことからより積極的になっているようで・・・。 生まれ変わったことにより魔法の才能も剣技の才能も何も持たないフィセルとかたや世界の中心となってしまったエルフたちとの身分や種族を超えたスローライフがここから始まる。 そこまでは出会い編となります。 第一話だけでも目を通していいただけると幸いです。 評価や感想、ブクマは作者の原動力となります。 是非ともよろしくお願いします。 カクヨム様には同タイトルで大きく内容を変えて投稿しております。 ハイファンタジー[ファンタジー] 完結済:全37部分• 日常 ほのぼの ダーク 男主人公 西洋 ハーレム 魔法 転生 エルフ ざまぁ スローライフ 回復薬 ESN大賞2• R15• 作者:• 勇者と共に魔王を討伐した賢者ドワイト。 世界に平和をもたらしたはずの彼らは、次代の魔王になるつもりだという疑いをかけられ、死者の谷へと突き落とされて命を落とす。 それから十年後。 肉の身体を失ったドワイトはスケルトンとなり、谷底でひっそりと生き永らえていた。 深い後悔に苛まれる彼は、勇者の亡骸を抱いて自問自答する。 そして、一つの結論に達した。 「間違っているのは世界だ。 私が否定しなければ」 決心したドワイトは、死者の谷の瘴気を喰らい尽くした。 彼はかつての魔王を凌駕する存在となり、無数のアンデッドを率いて地上を目指す。 すべては真の世界平和のため。 ハイファンタジー[ファンタジー] 完結済:全288部分• 現地主人公 男主人公 剣と魔法 アンデッド 死霊術 チート 英雄 主人公最強 復讐 人外 モンスター 魔王• R15 残酷な描写あり• 作者: 神堂 劾• 関東地方全てを敷地とする超巨大学園『天文学園』。 そこは純粋な力のみが全ての評価となる弱肉強食の場所。 その学園に新入生としてやってきた二人の男女。 天道乱世、鳳凰院椿芽。 学園に君臨する巨大な4大派閥、そして生徒を管理、支配する『聖徒会』。 それらの思惑に巻き込まれながらも、天道率いる『天道組』は数多の戦いをくぐり抜けていく。 空想科学[SF] 完結済:全110部分• 悲恋 スクールラブ 伝奇 青春 サスペンス 異能力バトル ヒーロー ラブコメ 近未来 巨大学園• 残酷な描写あり• 作者:• 僕、蒼樹空也は出口を完全に塞がれた教室で目を覚ます 他にも不良グループの山岸、女子生徒の女王と言われている河野、正義感が強くて人気者の多治比など、僕のクラスメイト全員が集められていた それをしたのは、ひと月前にいじめが原因で自殺した古賀優乃の姉、古賀彩乃 彼女は僕たちに爆発する首輪を取りつけ、死のゲームを強要する 自分勝手な理由で死んでしまう生徒 無関心による犠牲 押し付けられた痛み それは、いじめという状況の縮図だった そうして一人、また一人と死んでいく中、僕は彼女の目的を知る それは復讐だけではなく…… 小説家になろう、カクヨム、アルファポリスにて連載しております 2月12日~日間ホラーランキング1位 2月22日 月間ホラーランキング1位 ありがとうございます!! 皆様のお陰です!! ホラー[文芸] 完結済:全39部分• サイコホラー シリアス 鬱展開 いじめ 胸糞 デスゲーム 心理トラップ ざまぁ• R15 残酷な描写あり.

次の

桜井賢: ブログ

アルフィー が 意図 せ ず 世界 を 救う

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 日本全国のブログ 1. まだALFEEの頃、メリーアンを聞いて高見沢俊彦さんのファンになりました。 あの頃は髪も短くてビジュアル系、、、 桜井 賢さんのボーカルはピカイチですが、高見沢さんがボーカルを担当する... html 2. 野菜ソムリエの『今さら聞けない』ことが学べる料理教室『やちよ教室』... で見る ALFEE BOX完成 thealfee ク ッス の空箱 非公式ク ッス 再利用 桜井 賢 坂崎幸之助 高見沢俊彦 stayhome 楽しかった... html 3. 野菜ソムリエの『今さら聞けない』ことが学べる料理教室『やちよ教室』... で見る ALFEE BOXができるまで thealfee グッズの空箱 非公式グッズ 再利用 桜井 賢 坂崎幸之助 高見沢俊彦 stayhome 楽しかったぁ Yachiyo Arakawa... html 4. アルフィーが意図せず世界を救う! 皆さま熱中症にはお気を付けください。 THE ALFEEとは 桜井 賢、坂崎幸之助、... livedoor. html 5. アルフィーが意図せず世界を救う! THE ALFEEとは 桜井 賢、坂崎幸之助、... livedoor. html 6. さんの洋楽カバーをひたすら見て、 そのあとTHE ALFEE 桜井 賢ver で「勝手にしやがれ」、ピンク・レディとキャンディーズのvsメドレーを聴き、木綿のハンカチーフを聞いたあと、山口百恵集を... スティンガー【DF総司令部】... ライブ話せる人いないの? なーぜー? ノシノシノシノシ! STINGER... html 8. 秩父『髭三兄弟』の徒然日記 株 櫻井太伝治商店ネットショップ「郵便振替限定頒布会ページ」... ] ラベル裏に 桜井 賢のサインが印刷されています。 『秩父源流水』は、... goo. 公式にゃんたの むにゃブロぉ~... ようこそ~ --------------------------------- アルフィー:高見沢 俊彦、 桜井 賢、 坂崎幸之助... html 10. 続・蛇足帳~blogばん~... blog59. fc2. html.

次の

きかんしゃトーマス 第23シリーズレビュー第13回

アルフィー が 意図 せ ず 世界 を 救う

主に番組の収録が行われた ジャンル 構成 出倉宏 源高志 玉井冽 鵜沢茂郎 演出 (制作兼務) 出演者 を参照 製作 プロデューサー 笈田光則 岡崎和彦 制作 白井荘也 (演出兼務) 放送 音声形式 放送国・地域 カックラキン大放送!! 放送期間 - 1975年 (第1期) - (第2期) 放送時間 金曜 19:30 - 20:00 放送分 30分 カックラキン決定版! 放送期間 1986年 - 1986年9月26日 放送時間 金曜 19:30 - 20:00 放送分 30分 特記事項: 元々は『』放送休止時の補完番組として企画された。 1976年よりレギュラー化された。 『 カックラキン大放送!! 』(カックラキンだいほうそう)は、からまでで毎週金曜 19:30 - 20:00 に放送されていたである。 ここでは1986年から同年9月26日まで同局で放送された後継番組『 カックラキン決定版! 』(カックラキンけっていばん)についても記す。 概要 [ ] マチャアキ・二郎のシチュエーション [ ] 本番組が生まれたきっかけは、演出の白井荘也が所用で大阪に行った際、のを見たことで、「それなら俺は東京新喜劇を作る」と思い立ったことだったという。 当初は『』の補完番組として、1975年4月より半年間の放送予定で・・をメインキャストに据えてスタート。 その後、半年間『コント55号のなんでそうなるの? 』が放送された後、1976年4月より同じく二郎・五郎・ナオコのトリオを引き続き起用して第2シリーズがスタートした。 元々、第2期も第1期と同様に半年間の予定で放送枠を確保しており、秋からはこれまでコント55号と約半年ずつ交互に同時間枠で番組を受け持ってきたを久々にメインに据えた別のバラエティー番組を制作する意図があったが、スタート当初から視聴率も堅調に推移していたこともあり、秋以降も正式のレギュラー番組として定着。 同番組の継続が決まったため、堺が司会の新番組の話は流れたが、その代替策として、1977年春でスケジュールの都合で一旦降板することになった五郎の後任として同番組のメインキャストとして堺を新たに起用した。 新御三家レギュラー時代(番組の黄金期) [ ] やがての中で日本テレビが支援するが主役になり、その人柄の良さやタレント性を視聴者にアピールする番組となった。 特に、1978年春に堺が降板してからは、同じく新御三家のが新たに加わり、1980年代前半にかけてほぼ1年交互でメインキャストとして活躍。 さらにも時折ゲスト、またメインである五郎や郷がスケジュールの関係で休演する際はピンチヒッターのメインキャストで出演し、アイドル歌手がメインのお笑いバラエティ番組としての地位を築いていった。 また、1980年から起用されたは同番組でのレギュラー出演を通してコメディエンヌとしての才能を開眼。 同番組出演をきっかけに、1980年代前半にかけて歌手だけにとどまらない活躍で幅広い層からの人気を獲得していった。 トシ・マッチレギュラー時代 [ ] 1984年春から、番組もリニューアルして、長年メインを張ってきた五郎・郷に代わりがメインに据えるようになった。 更に1985年4月には、かつての番組レギュラーだった堺が復帰し、同時に近藤に替わってが出演するようになった。 番組開始当初からレギュラーの二郎やが降板するなどのリニューアルを行った。 1986年3月28日を以って『カックラキン大放送!! 』としては終了。 同日の最終回では、堺が「お礼の意味を込めてと言っちゃなんですけど」として、収録当日にスタジオの中にあるセットの品物を観覧客に差し上げようということになったことを発表。 マチャアキが「それじゃ、皆さんどうぞ、ケガをしない・・・」と言い終わる前に観覧客が歓声を上げてステージに殺到しセットの奪い合いとなった。 1986年4月25日からは再び近藤をメインに据え、番組タイトルを『カックラキン決定版! 』に改めた。 内容も、コントを減少させてスタジオでのトークなどの企画ネタを増やすようになり、さらに番組の顔だったナオコがこの再度のリニューアルを機に降板するなど大幅な変更が行われたが、11年間・全511回にわたって放送された番組シリーズは1986年9月をもって幕を閉じた。 再放送・放送ライブラリーでの閲覧 [ ] 歴代レギュラー陣の内1984年から1986年のメインキャストだった近藤と田原、1976年から1977年に出演していた川崎麻世は本放送時に所属しており(近藤はタレントとしては現在でも在籍)、肖像権での絡みから再放送は一切行われなかったが、2009年12月から2014年6月までCS放送で再放送されていた。 ただし、第1回目から放送するのではなく、前述の黄金期に放送され、かつ現存する回の中から著作権・肖像権上差し支えない回を選んで放送。 実質上「傑作選」形式での放送となっている。 また、2011年12月よりが放送権を獲得し、日テレプラスと同様の傑作選方式で放送を行っている。 では、1985年4月19日放送分を閲覧することができる。 番組名の由来 [ ] 番組名の『カックラキン』の由来について、番組プレゼンテーションでは「(放送日から)カックラ金曜日」との説明があった。 実際には、番組スタッフが使うの料亭にきんさんという面白い人がいて、いつもお客を笑わせていたため、その人の呼び名「かぐらざかのきんさん」をヒントにして付けたとされている。 演出のによると、これは上司の案だったということで上司の言うことは絶対であり、このタイトルに「大放送」を付けたのは「せめてもの俺なりの抵抗」と話している。 レギュラー・準レギュラー [ ]• - 第1期、及び1976年4月〜1981年3月、1982年4月〜1983年3月、1984年4月〜1985年3月までレギュラー• - 第1期、及び1976年4月〜1977年3月、1977年10月〜1979年3月、1980年4月〜1981年3月、1982年4月〜1983年3月までレギュラー(郷ひろみと1年交替でレギュラー出演)。 その後も1985年まで準レギュラーとして複数回出演。 - 第1期、及び1976年4月〜1977年9月(不祥事による一時降板)、1978年4月〜1980年6月、1980年10月〜1983年3月、1984年1月〜1986年3月までレギュラー。 - 1977年4月〜1978年3月、1985年4月〜1986年9月までレギュラー(1978年4月以降も準レギュラーとして複数回出演)。 - 1979年4月〜1980年4月、1981年4月〜1982年3月、1983年4月〜1984年3月までレギュラー(野口五郎と1年交替でレギュラー出演)。 その後も1985年まで準レギュラーとして複数回出演。 - 1980年6月〜10月まで(一時降板した研ナオコの後任として出演)、1981年10月〜1985年6月まで(研ナオコとのダブルキャスト)レギュラー。 - 1984年4月〜1985年3月まで(郷ひろみの後任として参加)、及び『決定版! 』レギュラー。 - 1985年4月〜1986年3月までレギュラー(近藤真彦の後任として参加)。 - 1985年春からレギュラー(車だん吉の後任として参加)。 - 1985年7月〜 1986年9月までレギュラー(高田みづえの後任として参加)。 - 第1期、及び1976年4月〜1985年春までレギュラー。 病気療養のため降板。 ラビット関根(現:) - 1977年〜1986年3月までレギュラー。 - 第1期レギュラー。 - 1976年4月〜9月までレギュラー。 - 1976年9月〜1977年までレギュラー。 - 1976年9月〜1977年9月までレギュラー。 - 1977年〜1979年秋までレギュラー。 - 1985年〜1986年までレギュラー。 - 準レギュラー(主に五郎・郷の休演時のピンチヒッター)として複数回出演。 - 1980年頃まで準レギュラーとして複数回出演• - 1979年〜1980年頃まで準レギュラーとして複数回出演• - 1982年頃まで準レギュラーとして複数回出演• - 初期(1976年頃)に準レギュラーとして数回出演• (ダンサー) - メンバーの「トミー」はその後単独でレギュラー。 (ダンサー)• (当時日本テレビ) - ナレーション・提供スポンサー読みを主に担当していたが、顔出し出演をすることもあった。 番組内のコーナー [ ] オープニング• 1976年 - 1977年頃:五郎、二郎、ナオコが1人ずつ登場し、オープニングテーマ「これから始まるカックラキンの大放送」を歌う。 1977年 - 1978年3月:大きなのセットが開いて中から出演者が登場し、堺がを弾きながらオープニングテーマを歌い、続いて出演者全員で歌う。 その後ゴールデンハーフスペシャルが踊る映像に切り替わり番組名のコールやスポンサーが紹介される。 1978年4月 - 1979年:大きなコーヒーカップのセットが開いて中から五郎、ナオコ、二郎が登場し、オープニングテーマを歌いながらセットを降りてくる。 1979年以降:その時々のヒット曲をシャレのめしたコントを放送。 毎回オチはラビット関根がひどい目に遭い、その様子をバックにスポンサーが紹介されていた(太川陽介が代役で出演したことがある)。 スポンサーテロップの表記中には早送りで巻き戻し再生などを行っていた。 」になった。 ちなみに、最初のシーンでは出演者のイラストが表示されていた。 お笑いお茶の間劇場 ホームドラマ形式のメインコントで、これのみコーナータイトルはナオコがコール担当。 愛妻・くまを亡くした父親(二郎)が男手ひとつで長男(堺)、次男(井上)、長女(ナオコ)を育て、お手伝い(みづえ)、下宿人(五郎など)、美容師の弟(だん吉)、店員(関根)に囲まれながら暮らすという設定。 ただし、長男と次男はめったに出てこなかった。 また、長男の家のパン屋が舞台だった時期(1977年秋 - 1978年3月)や次男の家のおもちゃ屋が舞台だった時期(1981年度)もある。 メインキャラや常連ゲストには毎回共通の職業設定があり、例としてあげると五郎は「〈日の本テレビ〉のディレクター」、郷は「〈モーニング企画〉の部長」、秀樹は「だん吉の元で働く美容師」か「五郎のコネで来訪したスター」、みづえ・は「郷の妹」、がゲスト出演した時は「五郎の元で働くAD 」として登場していた。 だん吉が登場する際は、毎回必ずといっていいほど「 兄さん兄さん兄さん兄さん!! 」と叫ぶのも番組の名物となっていた。 タイトルは毎回テレビ番組のタイトルのパロディで、新聞のテレビ欄にもこのタイトルが書かれていたが、内容は元ネタとそれほど関係なく、むしろタイトルのいじられた部分が内容のカギとなった(例:『』のパロディだった「アップダウン オヤジ」では、二郎が宙釣りになって上下していた場面があった)。 お笑いカックラ劇場 1985年度のメインコントで、『お笑いお茶の間劇場』の後継コーナー。 マチャアキが社長を務める便利屋「レンタルハンド」(社員は田原・ナオコ・関根)を舞台に依頼人等とのドタバタが繰り広げられる。 ナオコお婆ちゃんの縁側日記 ナオコ扮する老婆と五郎など若手男性レギュラー扮する孫の会話コント。 1978年春開始のPART IIでは「なぞなぞむし」なるキャラクターを生んだ(当初はナオコ婆の歌の中に出てくるだけで実体がなかったが、1978年秋頃からパペットキャラが登場するように)。 もちろんなぞなぞも披露している。 なお、おばあちゃんの役名は「研 タマ」であり、「ナオコ」ではない。 また、PART IIIは「パートスリー」ではなく「パートサン」(「婆さん」と掛けている)と読む。 刑事シリーズ 刑事ドラマのパロディコント。 「刑事」とはいうものの、「探偵」を主人公にする事もある。 またそのタイトルは、(一部を除き)海外の刑事ドラマをもじっている。 西城秀樹主演:名探偵ミスター西!! このギャグはこの番組がきっかけ。 また、被害者役の車だん吉の殺されっぷりも話題になった。 また「名探偵Mr. GOO!! 」からは、刑事登場のBGM終了時に観客が刑事の役名を呼ぶことが恒例となった。 2014年に放送された関根がレギュラー出演した特撮番組『』では、第20駅で関根扮する「車掌」がカマキリ拳のポーズをやり、また「車掌」が右手に持つ人形「チケット」がカマキリのコスプレをした。 堺先生のドクター記録 やたらメスを患者に入れまくる(というよりは刺しまくる)医師が主人公の医療コント。 看護師役は芦川よしみ、患者役はだん吉。 『』内の外科医コントを承継。 1980年6月からのナオコ一時降板時には、五郎が副院長役で参加していた。 堺がレギュラー出演している時は必ず放映され、番組末期の1985年度にも行われていた(放送ライブラリーの映像より)。 オープングテーマは「のテーマ」。 2012年2月27日放送の『』で、堺の出演回(放送回不明)の映像(他にお笑いお茶の間劇場などの映像も)が流された。 順ライブオンステージ 井上が指揮者となるオーケストラ楽団のコント。 コーナーの合間 コーナーの合間(刑事シリーズ内の場合もあり)には、レギュラー出演者やゲスト出演者が歌を披露する。 基本的に、歌の演奏はオーケストラの生演奏で、歌は1番の歌詞のみを歌う。 歌のイントロ部分では、徳光のナレーションが入り歌手の近況などを述べるほか(1980年代に入ってから? )、常に歌詞テロップを表示していた。 曲の始まりと終わりのほか、歌い出しの部分でも拍手が入っていた。 エンディング 番組開始当初(第2期)は出演者がステージに集合しエンディングテーマを歌う。 最後に五郎が軽いジョークを言って締め括っていた。 1977年から1978年3月まではカンカン帽のセットに出演者が集合してエンディングテーマを歌い、堺がトークをした後にカンカン帽が閉まる。 カンカン帽が閉まると同時に背景(都会の夜景)のビルに「また来週」と電光表示された。 1978年4月からコーヒーカップのセットに集合し、エンディングテーマ歌い、トークをした後カップが閉まり、ファンファーレと共に(カップの表面に取り付けられた)「また来週」の文字が出ていたが、翌週が野球中継や特番休止の場合等文字が出ない回もあった。 さらに、日本テレビGスタジオで行われた場合には、別のセットのスポットライトの中に隠れていた「来週も見てね! 」のイラストが出ていた時期もあった。 五郎が「」を売り出していた頃(1980年)は、同曲がそのままエンディングテーマとなっていた。 1980年代前半頃からは「」(1980年夏より「コーラス・ライン」の後を受けて使用)が流れる中、出演者がステージセットの階段に座りながらトークを行っていた。 末期ではステージセットの階段が虹のようにカラフルに光る演出もされていた。 スタジオ [ ] 番組後期で収録が行われた日本テレビ旧社(現:)• 当初はやといった主に大ホールでのが行われていたが、アイドルへの声援でセリフのやりとりができなくなったため、後期では日本テレビGスタジオでの収録(日時・内容によって公開または非公開を決定)に変更された。 収録日は木曜日の事が多く、同じ木曜日の生放送番組『』(系列)に当番組収録後の歌手が会場から直行して出演したり 、番組収録場所に『ザ・ベストテン』の「追っかけマン(TBSの中継リポーター)」が来訪し収録場所から生中継したこともあった。 レギュラーの一人であった五郎は、「あれは生放送をやってるかの様に収録して、日によっては2本撮りもあった」と、こう振り返っている。 スタッフ [ ]• 構成:出倉宏、源高志、、鵜沢茂郎• 音楽:永作幸男• 演奏:ガッシュ・アウト• コーラス:マーガレット、COSMOS• 振付:• イラスト:• 技術:須田昌宏、大熊昇、古井戸博、河原和夫、小林輝昭• 照明:横田五百男、松山正則、大川俊行• 美術:志村靖夫、道勧英樹• コーディネート:高田修司、町山宏、加納和彦• 音楽効果:三神直• ディレクター:草野公、中西邦夫、西田弘一、• プロデューサー:笈田光則、岡崎和彦• 制作・演出:(途中から制作を兼務)• 製作著作: ネット局 [ ] この節のが望まれています。 系列はネット終了時点(1986年9月)のもの。 放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考 金曜 19:30 - 20:00 製作局 日本テレビ系列 金曜 19:30 - 20:00 日本テレビ系列 1980年3月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局 1975年9月までは系列とのクロスネット局 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 1980年3月までは日本テレビ系単独加盟局 日本テレビ系列 1981年9月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 水曜 19:00 - 19:30(第2期開始時点) 1981年3月まで 日本テレビ系列 金曜 19:30 - 20:00 1981年4月開局から 金曜 19:30 - 20:00(1982年3月26日まで。 1982年4月から時差ネット) 1984年3月29日まで テレビ朝日系列 日本テレビ系列 1984年4月9日から TBS系列 日曜 18:00 - 18:30(第2期開始時点) 1979年9月まで 日本テレビ系列 1979年10月から 同年7月に開局したが、スポンサーとの兼ね合いで3か月遅れて移行した TBS系列 金曜 19:30 - 20:00(1984年3月まで。 この最終回の様子は、放送の日本テレビ『』の中でも放送された。 出典 [ ]• 150 - 153「『カックラキン大放送!! 』を語ろう」• 2018年11月16日. 2018年11月16日閲覧。 『完璧版 テレビバラエティ大笑辞典』(2003年 )P189• 『ザ・ベストテン』(新潮文庫 2008年)P53• DVD『ザ・ベストテン 山口百恵 完全保存版 DVD BOX』(2009年 TCエンタテインメント)収録映像「」(1979年1月18日放送回)、DVD『』(2012年 ユニバーサルミュージック)収録映像「」(1984年10月25日放送回)より。 『』1975年4月4日付、テレビ欄。 『日刊スポーツ』1976年4月7日付、テレビ欄。 『日刊スポーツ』1981年4月24日付、テレビ欄。 『』1982年3月26日、1984年3月29日 テレビ欄• 『信濃毎日新聞』1984年4月9日付、テレビ欄。 『日刊スポーツ』1976年4月11日付、テレビ欄。 外部リンク [ ]• 金曜19時台後半枠 前番組 番組名 次番組 男の子女の子 - 愛への出発 - ひろみの部屋 - ひろみの朝・昼・晩 - ひろみの旅 - HIROMIC WORLD - 街かどの神話 - アイドルNO. EXPRESS ロサンゼルス通信 - 南十字星 - GORO SPECIAL BAND - ロサンゼルス盤 ラスト・ジョーク - 樹海 Ballade - GORO IN U. PAST 4YEAR STEPS - 10th ANNIVERSARY U. ベストアルバム.

次の