意味 が 分かる と 怖い 話 難しい。 【第83弾】結末にトリハダ「意味が分かると怖い話」まとめ(解説付き)

意味が分かると怖い話!簡単/激コワ/激ムズ/解説付きの短編まとめ

意味 が 分かる と 怖い 話 難しい

意味がわかると怖い話…。 考えても意味がよくわかりません。 誰か分かる人、解説をお願いします。 新婚初夜。 ベッドで妻が夫に聞いた。 「ねえあなた、わたしのこと愛してる?」 夫はほほ笑みながら答えた。 「もちろん愛してるさ」 やがて二人のあいだには娘が一人生まれた。 その娘の七歳の誕生日。 娘が父親に聞いた。 「ねえパパ、あたしのことアイシテル?」 父親はほほ笑みながら答えた。 「もちろんアイシテルよ」 「ママのこともアイシテルんでしょ?」娘はさらに聞いた。 「ああ、もちろんママのことも愛してる」 「あたしとママなら、どっちをいっぱいアイシテルの?」 「難しいね」 父親は少し考えてから、やはりほほ笑んで答えた。 「たぶん、ママの場合とは意味が違っているんだよ」 「よくわかんない」 「まだわからなくていいのさ。 さあ、ママにケーキお供えしてこよう」 十年後。 取り調べ室で、まだ若い刑事が男にこう聞いた。 「……意味が違っていたんです。 前と同じように。 それだけです」 一年後。 男の娘とごく短いあいだだけ交際していた少年が、新しい恋人の少女からふいにこう聞かれた。 「ねえ、あたしのこと愛してる?」 少年は青ざめた顔のまま、何ひとつ言葉を返さなかった。

次の

意味がわかると怖い話 エロ話?

意味 が 分かる と 怖い 話 難しい

今回紹介する意味が分かると怖い話は「私の赤ちゃんじゃない!!」という話です。 この話はとある病院の産婦人科での話です。 この話は比較的に理解しやすい話となっていますし、最後には類似事件について紹介しているので最後まで見ていただいたら幸いです。 意味が分かると怖い話「私の赤ちゃんじゃない!!」 ある産婦人科で赤ん坊が生まれた。 その夜看護婦が赤ん坊の様子を見てみると、なんと 赤ん坊は死んでいた。 病院は事実を隠蔽するため、すぐに身寄りのない赤ん坊を身代わりに用意した。 出産のとき母親は意識がなく、自分が産んだ赤ん坊をまだ見てはいない。 そして見た目が 瓜二つな赤ん坊を選んだため、見破られることはないはずだった。 次の日、母親は赤ん坊と対面するなり鬼の様な形相で叫んだ。 「こいつは私の赤ちゃんじゃない!!」 解説 いかがでしたか? 冒頭でもこの話は分かりやすいと言いましたが、どうでしたでしょうか。 それでは解説していきたいと思います。 この話は以下のポイントがあります。 この記事のポイント ・出産のときは母親の意識はなかったため、母親は自分の子供は見ていない ・赤ん坊は死んでいた ・瓜二つの赤ちゃんを用意した 当初、 母親は出産直後に意識を失っているため、自分の子供とは対面していません。 それにもかかわらず、なぜ自分の赤ちゃんを目の前にいて「私の赤ちゃんじゃない!!」と言えたのでしょうか? その理由は 簡単で赤ちゃんを殺した犯人は「母親」だからです。 それに、生まれたばかりの赤ちゃんの顔を見分けるというのは非常に難しいことでもあり、一目見ただけでは判断が難しいです。 しかし、自身が殺したとなれば病院側の隠ぺいを見分けることもできるし、自分の子供でもないことも見分けがつけられますよね。 産婦人科前に乳幼児を置き去りにした事件 2019年福岡県にて 産婦人科診療所の前に生まれて間もない 0歳の男児を置き去りにしたとして 21歳専門学生の男女を逮捕しました。 二人は同じ医療系の専門学校に通っており交際をしていました。 容疑者二人は 2018年 10月 29日の昼頃アパート内にて出産し、次の日の 10月 30日に車で診療所に向かい遺棄したとされています。 幸い、 1時間後通りかかった男性によって男児は発見され、診療所が 110番通報しました。 この時の男児の様子はタオルにくるまれた状態だったそうです。 男児はいたって健康な状態だそうです。 そして、 2019年の 2月に二人は警察署に自首し逮捕に至ったそうです。 この男児遺棄対して 「今の自分たちの生活では、子どもを支えていけないと思った」と供述しました。 今の時代子供が欲しくても作ることのできない夫婦やカップルだっています。 治療費等に月何十万とお金をかける人もいるそうです。 それなのに、 作ることのできる人間が自身の身勝手な判断で捨ててしまったり育児放棄をしてしまうというのは、罪のない子供や作ることのできない人間に対しても悲しいことではないでしょうか? 子どもが生まれるということは奇跡に近いのです。 人は何かしらの使命をもって生れて来るそうです。

次の

意味が分かると怖い話!簡単/激コワ/激ムズ/解説付きの短編まとめ

意味 が 分かる と 怖い 話 難しい

直前に、「黒い幕を顔に被せ」、数秒で「低位置」に。 最終執行官が、左手を「上」に挙げ、「左手を下げた」瞬間、死刑執行官の3名が「ボタン」を押します。 この「ボタン」のどれが、「足元の床」を落としたのかは、判明出来ないようになっています。 つまり、3名の内の「誰のボタン」で、「執行」されたのか? 分からないようにしています。 つまり、「自分自身で刑を執行する」と言う「建前」なのです。 僕の「監視」の時が、そうでした。 誰もいなかった! 何もなかったから・・・?で、怖~い話しです。 あるイベント会場のトイレでの話です 用をたしたくなり近くのトイレに行ったら、長~い行列 そのトイレは用を足すところが一つしかなくて男女兼用でした 一つしかないからという訳で長い行列ができていたのではなくて 入っている人がなかなか出てこないからです。 そのトイレは外扉があり、中にもう一つ扉がありましてそこのカギ?がしまった状態で一目で誰かが入っているとわかります。 先頭の人が外扉をあけたらカギがしまった状態なので誰か入っていると思い外扉の外で待っていたのですがなかなか出てこないので他の人も見ましたがカギがしまっているので待っていて行列ができたのです。 あまり出てこないので他の場所のトイレに行く人もいて10分以上待っても出てきませんでした。 しばらくして中扉があく音とバタンと締める音がしましたが それから数分しても出てこないので外扉を開けて中を見ると… … …? 誰もいません! 中扉は閉まっていましたがカギは開いていましたので すぐに出てくると思ったのですが・・・出てこないので 中扉を開けると・・・・・・誰もいませんでした 出入り口は行列で待っているところ以外になく窓もないのです。 用をたしていた?と思われる人?はどこに行ったのでしょう・・・ 忽然と消えてしまったのです。 今でも思い出すと怖いです。

次の