ウーバーイーツ 現金。 配達用アプリ 現金配達ON⇔OFFの話 その依頼、受ける?断る?

Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金の支払いが可能に!現金払い配達の対応方法|デリバリー配達ナビ

ウーバーイーツ 現金

ウーバーイーツで現金で配達する方法【カード登録後にやりたい時だけONにする】 ウーバーイーツで料理を注文する際の支払い方法が知りたい方はこちら。 ウーバーイーツの配達の基本の流れが知りたい人はこちら。 ウーバーイーツの現金対応エリア ウーバーイーツでも現金が使用できるようになりました。 2019年6月22日には横浜・埼玉・千葉でも使用可能になり日本のサービスエリア全域で現金払いの配達が可能となりました。 現金の配達をONにする設定 クレジットカードかデビッドカードを登録する アカウント>お支払い>支払い方法の追加でカードの情報を登録し、規定の支払い方法に設定します。 差額の精算のために登録が必須です。 登録から通常2営業日以内に現金配達が可能になります。 ドライバーアプリ上で現金払いを受け付けるをONにする カードを登録した方のみ、「運転の設定」ページが表示されるのでそこで設定します。 右下のメニューを開いてから、設定ボタンを押すと「 運転の設定」ページが開きます。 現金の場合の実際の配達の流れ 現金アイコンが表示 注文者の元へ向かうタイミングでアプリ上に緑色のアイコンが表示されます。 注文者の現金を受け取る 商品を引き渡す際に商品の金額が表示されます。 (クーポン利用時は少額や0円もあり得る) お釣りを渡す お釣りを渡す必要がある場合があります。 もしお釣りが足りなかった場合は、料理をお渡ししてから両替に行きます。 受け取った現金の対処 受け取った現金はそのまま自分が持ちます。 受け取る金額が通常の場合 その週の報酬でプラスマイナスが調整されます。 現金でもらった分を抜いた分の報酬が振り込まれます。 受け取る金額が多過ぎた場合 (A)他の配達の報酬(カード支払いの注文)でプラスマイナスが調整される (B)それでも多すぎた場合は最初に登録した自分のクレジットカード(デビッドカード)に請求される つまり自分から現金を振り込んだりする必要はないってことですね。 現金が手元に溜まり儲かった気分でいてもマイナスされることはあるので感覚的に注意ですね。 ただ、現金注文額の上限が2500円なのですぐに溜まることはないと予想します。 「売り上げ詳細」の画面でプラスマイナスが確認できます。 受け取る金額が少な過ぎた場合 受け取る金額の方が手数料などよりは常に大きいので理論上は起こりえないと思います。 注文者が現金を払わなかった場合は、そのまま料理をお渡しし「詳細」から「乗客が料金を支払わなかった」などのボタンを押し、支払いのやり取りはウーバーに引き継ぎます。 ウーバーイーツで現金対応を活かした働き方【良い面・悪い面も解説】 現金払いの配達する人にとってのメリット・デメリット 配達する人にとってのメリット ・収入の一部を現金ですぐに受け取れる ・差額精算の際にクレジットカードで支払えばポイントを貯めやすい ・注文が増えるかもしれない ・他の人より注文を多く受けられて収入が上がるかもしれない ・お釣り分をチップとして貰えるかもしれない 配達する人にとってのデメリット ・お釣りを事前に用意する必要がある ・お釣りの残りの手持ちを常に確認する必要がある ・お釣りの計算を間違えないように慎重に行う必要がある ・現金を持ち歩くセキュリティに気を使う ・受け渡しが暗い場所や狭い階段の上などでも現金を落とさないようにする ・もらった現金よりも引き落としされる金額が多いと精神的に借金を返していく気分になる ・もし現金決済できる人が不足している場合、注文側がずっと待っている状態の可能性もある ・注文者が日本語話者とは限らないので多言語で対面で対応する ・日本固有の文化により受け渡しの際に過剰な「おもてなし」を要求される可能性がある 僕の考えで現金配達のメリット・デメリットを書いてみました。 両方の側面があるのでよく考えるのが大事だと思います。 現金が導入された理由を予想 そもそも現金が導入された理由は何なのかを考えて「納得」して現金配達を行うのは大事だと思います。 公式サイトでは「注文数の増加への期待」などと書かれています。 もっと深い理由を僕の考えで予想してみました。 日本の現金使用率が異様に高すぎる 日本の現金使用率は先進国の中でも異様に高いです。 (キャッシュレス決済比率) 韓国が89. 、より作成 出前館は店舗にもよりますが、支払い手段を多数用意しているようです。 出前館は特に地方都市での競合相手であると予想します。 競合が使用している以上、経営側としては現金支払いに踏み切る判断をせざるを得ない側面も少しありそうです。 この他にもよく考えると、いろんな日本独自の理由がありそうですよね。 お金を使う側一人一人の選択も日本社会全体に関わっているのかなと思います。 ここまで理解して「仕方ないか」と覚悟して配達すると気持ち的にはだいぶ変わると思います。 オリンピック後には、また変わっていくと期待したいです。 現金の配達ってどれくらい多いの? 現金を念頭に新規登録する注文者が増えてくるのは2019年以降だと思います。 初めは少なくてこれから増えていくと予想します。 現金の配達はどんな人に向いてる? 僕の考えで予想してみました。 今まで現金でデリバリーや配達の仕事をしていた人 今まで現金で配達の仕事をしていた人なら、現金の扱いに慣れているので比較的楽なんじゃないでしょうか。 1日の達成件数を増やして多く稼ぎたい人 とにかく多く稼ぎたいと思っている人は現金を扱えば注文が増えるかもしれません。 どこまで費用対効果が良いかは検討してみる必要はあると思います。 お釣りを用意する方法 お釣りを両替する方法 お釣りは銀行のATMで用意するのがいいと思います。 ・ATMで「1990円」で引き出す ・ATMで1万円ではなく「10千円」で引き出す 銀行の支店に行けれれば、両替機が置いてあることも多いです。 お釣りがなくなりそうになった時は早めに現金支払いをOFFにするのが良さそうです。 小銭が足りなくてコンビニなどで何か買って崩すのはできれば避けたいですよね。 用意する紙幣小銭の種類 9900円などのお釣りが発生する可能性もあると思います。 クーポン割引などの利用などにより少額の決済もあり得るからです。 (お釣り内訳の例) 10円玉 30枚 50円玉 20枚 100円玉 30枚 500円玉 8枚 1000円札 5枚 5000円札 1枚 計18300円 5円玉1円玉は使わないと思います。 1万円札を出されることは少ないと信じたいですが、もし出されたらその度に両替しにいくか現金OFFにする感じかなと思います。 お釣りを持ち運ぶ方法 持ち運びや取り出しに便利なグッズを使うと良さそうです。 こんにちは。 大阪でドライバーとして活動しています。 もし良かったらご返信いただけると嬉しいです。 最近、現金払いがかなり多くその場合の報酬はカード決済注文の時より少しでも多くもらえるのではと勝手に期待してたんですが、これは間違いですよね・・・? 明細を確認した所、しっかりと全額翌週に差し引きされてますし、もらった現金の数パーセントでも手元に残るかと思ってたんですが。。 確かに即金性はありますが、結局全額差し引きされるのであれば一旦、お預かりしているぐらいの感覚で考えておいた方が無難でしょうか?うっかり、差し引き分のクレジットの請求額が増えてしまった時にも対応できないですし。 結論的に現金払いのメリットとして考えられるのは配達回数の増加、クエストの達成のしやすさ、この辺りと考えておいてよろしいでしょうか?.

次の

配達パートナー必見!Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金配達で2%キャッシュバックを受ける裏ワザ!!

ウーバーイーツ 現金

「現金払い設定」が出来ない時は、悩まずに「アプリ」から「カスタマーサポート」に相談しよう 「」の「ユーザー(注文者)」が「現金払い」で注文したい時や、「」が「現金払い」の「配達リクエスト」を受信したい時、「現金払い」の設定を行っているのに、なぜか上手くいかない時があります。 様々な原因を考えて、何度、試行錯誤をやっても「現金払い設定」が出来ない時は、「」の「カスタマーサポート」に相談してみましょう。 「」の「カスタマーサポート」は、使用している「」の「アプリ」から、メール(チャット)で問い合わせることが出来ますので、「」の「カスタマーサポート」への「問い合わせ方法」を、簡単に紹介していきます。 アプリの「ヘルプ機能」でカスタマーサポートに相談しよう 「」の「アプリ」を利用した「カスタマーセンター」への相談方法を、説明していきます。 「」の「アプリ」を起動させたら、画面下部にある「人型アイコン」をタップして、続けて表示された画面の「ヘルプ」をタップしましょう。 「ヘルプ」をタップすると、「ヘルプ画面」が表示されますので、「サポートメッセージ欄」の「UberEatsについて別の質問がある」をタップしてください。 「サポートメッセージ欄」の「UberEatsについて別の質問がある」をタップすると、「チャット画面(メール画面)」が開きますので、質問内容(現金払いができない等)を入力して、「送信」をタップしてください。 また、メッセージでは、写真も送信することが出来ますので、言葉の説明だけでは分かりずらい場合は、問題画面のスクリーンショットを撮影して一緒に送信すると、問題解決までが早くなると思います。 僕の場合は、「」の「カスタマーサポート」に質問をしてから、回答を得るまでに「数日を要した」ので、皆さんもすぐには回答が得られないかもしれません。 ここで少し落ち着いて、焦らずに、気長に待つようにしましょう。 最近になって「現金払い」と、電子マネーの「Apple Pay(アップルペイ)払い」「LINE Pay(ラインペイ)払い」が新登場しました。 「UberEats(ウーバーイーツ)」支払い方法と種類 先ほども紹介しましたが、もう1度、「」で利用できる「支払い方法」を、記載しておきます。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の支払い方法• VISA(ビザ)• Master Card(マスターカード)• JCB(ジェイシービー)• American Express(アメリカンエキスプレス)• Diners(ダイナーズ) 上記、5種類の「クレジットカード」を所有している人であれば、「」の「支払い方法」で「クレジットカード」を選択できますので、安心してください。 「UberEats(ウーバーイーツ)」にApple Pay、LINE Pay払いが新登場 「」の「支払い方法」に、新たに「Apple Pay(アップルペイ)」「LINE Pay(ラインペイ)」が登場しましたね。 これまでは「〇〇Pay」関係は、一切ノータッチだった「」なので、今後、「キャッシュレス決済」関係や「電子マネー決済」関係の「支払い方法」が、増加していくと良いですね。 個人的には、「」に対応してくれたら、助かりますが、この辺は、今後に期待ですね。 「ユーザー(注文者)」の現金払い設定方法 「ユーザー(注文者)」が「」で「現金払い設定」を行う方法を、解説していきます。 まず「」の「注文者専用アプリ」を起動させてください。 アプリのトップ画面の右下にある「人型アイコン」をタップして、表示された「メニュー」画面の「お支払い」を、続けてタップしてください。 「お支払い」をタップすると「お支払い画面」が表示されますので、「お支払い欄」にある「お支払い方法を追加」を、タップしてください。 「お支払いボタンを追加」をタップすると、「支払い方法の追加」画面が表示されますので、「現金」をタップしてください。 「現金」をタップすると、「注文料金を現金で支払う」という画面が表示されますので、そのまま「続行」をタップして、画面に指示に従うと、「現金払い」が出来るようになります。 また、「現金払い設定」は、注文を確定する前の「カートを見る」画面でも、設定変更をすることが出来ます。 まずは「注文したい商品」を、カートの中に入れてください。 続けて、アプリの画面下部にある、緑の「カートを見る」ボタンをクリックしてください。 「カートを見る」ボタンをタップすると、カートの中身が表示されますので、画面を下にスクロールさせて、クレジットカードが登録されている欄の右横にある「変更」をクリックしてください。 「変更」をクリックすると、「お支払い」画面が表示されますので、「支払い方法を追加」をタップしてください 「支払い方法を追加」をタップすると、「支払い方法の追加」画面が表示されますので、「現金」をタップして、「現金払い」に変更してください。 無事に「現金払い」に設定変更ができたら、カートの商品を確定させて、注文を流してください。 これで「ユーザー(注文者)」側の「現金払い設定」は、完了です。 「」の「」は、初期設定のままだと「カード払い」のお客様の「配達リクエスト」しか受け付けないようになっていますので、「現金払い」の「配達リクエスト」を受け付けられるように、設定を変更していきましょう。 「」の「」が「現金払い」の「配達リクエスト」を、受け付けるためには、「Uber Driverアプリ」上で、自身の「カード情報(クレジットカードかデビットカード)」を登録する必要があります。 この「カード情報(クレジットカードかデビットカード)」の登録をしないと、「現金払いの配達リクエスト」を受けることが出来なくなりますので、必ず「カード情報(クレジットカードかデビットカード)」を、配達者専用の「Uber Driverアプリ」に、登録するようにしてください。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「配達パートナー(配達員)」が「現金払い」の「配達リクエスト」を、受け付けるためには、「Uber Driverアプリ」上で、自身の「カード情報(クレジットカードかデビットカード)」の登録が必須となります。 「Uber Driverアプリ」に「カード情報」を登録する方法 「」が、「」が「現金払いの配達リクエスト」を希望する場合は、配達者専用のアプリに「クレジットカード」または「デビットカード」の登録が、必須となります。 まずは、配達者専用の「Uber Driverアプリ」を起動させて、「メニュー」から「アカウント」の項目を、タップしてください。 「アカウント」の項目をタップしたら、表示された画面のメニューにある「お支払い」をタップしてください。 「お支払い」をタップすると、「お支払い画面」が表示されますので、続けて「お支払い方法を追加」をタップしてください。 「お支払い方法を追加」をタップすると「カードの追加」画面が開きますので、「クレジットカード」または「デビットカード」の情報を入力してください。 「Uber Driverアプリ」で「現金払い」をオンにする 「Uber Driverアプリ」を起動させて、トップ画面右下に表示されている「アイコン」をタップしてください。 「Uber Driverアプリ」を起動させて、トップ画面右下に表示されている「アイコン」をタップすると「乗車の予約表」画面が表示されますので、さらにもう1度、画面の右下にある「設定」ボタンを、タップしてください。 「設定」ボタンをタップすると、「運転の設定」画面が開きます。 最後に「運転の設定」画面にある「現金払いを受け付ける」を「オン」にすると、「現金払い」を希望している「ユーザー(注文者)」の「配達リクエスト」が、あなたにも届くようになります。

次の

ウーバーイーツ配達員。現金払いの受付をやめた本当の理由。by たくやオンライン

ウーバーイーツ 現金

アプリを立ち上げる• 右下の三本線をタップ• 右下の二本線をタップ• 保存をタップ 最後の保存をタップを忘れずに。 現金配達のバグについて思ったことを端的につぶやいたら、みんな同じ事を考えていたようです ツイッターのタイムラインがエライことになっています。 運営に勝手に現金ONにされた• 配達したら現金出されてビックリした• 現金OFFの仕方がわからずサポートに電話したけど繋がらない などなど… Uber Eats(ウーバーイーツ)界隈がざわついてしまった、 勝手に現金ON事件です。 これは実は初めてのことではなくて、二度目です。 二度あることはそのうち三度目もあると思います。 ですので、現金OFFのやり方は知っておきましょう。 現金配達のメリット 現金配達を受ける前に、メリットとデメリットを考える必要があると思います。 それを理解した上で受けるか受けないかを選択するといいでしょう。 まぁ、実際のところはどうなのかな?と思うこともあるのですが。 理論的には配達のチャンスは増えるので、クレジットカードの注文のみ受けている配達パートナーさんよりは有利に立ち回れる… はずです。 チップをもらえる確率が大幅アップ チップ、心付け。 現金の配達時の方がもらえる確率が大幅に上がると思います。 おそらく現金を用意しているので、「お釣りはいいよ」も含めて渡しやすい環境が整っているのでしょう。 給料の実質前借ができる 前借。 普通の仕事では前借なんて申し出るなら、お金のトラブルのにおいがプンプンします。 ヤバい奴のレッテルをすぐに貼られるでしょう。 それが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金配達を受ける場合は叶ってしまいます。 自動的に。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の現金配達を受け付けると、配達時お客様から商品代金を直接現金で受け取ります。 配達単価は500円前後なので、商品代金よりも少ない場合がほとんどです。 つまり、現金配達を受けるとお金がどんどん増えていきます。 報酬よりも商品代金の方がはるかに高額です。 配達パートナーとしての報酬が10,000円の時に20,000円集金している。 なんてことはザラにあります。 ということで、Uberからの振り込みを待つことなく、報酬を受け取ることができます。 日銭生活、最高ですね。 クレジットカードのポイントが貯まる 普段クレジットカードを使っていますか?1,000円の買い物で〇ポイント貯まる。 そんなクレジットカードを使っている方が多いと思います。 現金配達を受付した場合、報酬としてもらうお金よりも集金したお金の方が多くなってしまいます。 この差額はUberに渡す必要があるのですが、そのときに使うのがクレジットカードです。 かなりグレーというか本当は規約違反でないのか?と思うのですが、現状このような方法でUberへは差額を送金するようです。 合理的ですが、商品を販売しているわけではないので、いいのかな?というところです。 クレジットカードを使って送金するということは、 支払い金額に対してポイントが付与されます。 これが案外大きいです。 経験上、報酬1に対して集金2のような割合でお金が貯まりますので、報酬と同じ額くらいのクレジットカードの決済が必要になります。 月に300,000円稼ぐと300,000円くらいのクレジットカード決済がある。 そういうイメージです。 結構バカにできない金額ですね。 現金配達のデメリット メリットばかりではありません。 現金配達をするデメリットについて考えてみましょう。 配達に時間がかかる 現金配達時、お客様とお金のやり取りが発生します。 人によってやり方は様々ですが、僕の場合は• 「お聞きしている代金は〇〇円です」と伝える• お金を受け取る• お釣りがあれば(計算をして)渡す• 商品を渡す というやり取りが必要です。 クレジットカード決済の配達の場合は、• 商品を渡す 終わり。 この時間はバカにできないです。 これがおそらく現金配達を受け付ける最大のデメリットではないでしょうか。 時は金なりですね。 間違えた場合は自己責任 お金の計算は配達パートナー自身がやります。 お釣りの計算も受け取るお金の確認もすべてです。 お金をもらい忘れて配達を終えてしまった場合は… 自己責任(自腹)です。 トラブル時は先にサポートへ連絡して対応を聞く必要があります。 配達パートナーの判断で処理してしまった場合は、自己責任です。 なので、お金の取り扱いに関しては責任を持つ必要があります。 偽札をもし掴まされてしまったら?外国の硬貨と100円玉を間違えたら?など、間違いに関しては全て自腹ですのでご注意を。 とここまでが現金配達のメリット、デメリットです。 選択肢はUber Eats配達パートナーに あなたは現金配達やりますか?やりませんか? 現金配達を受けるか受けないかの選択肢はUber Eats配達パートナーに任されます。 やりたい場合は現金配達をONにする。 やりたくない場合は現金配達をOFFにする。 ただそれだけで、自由に決めることができます。 ですので、現金配達をOFFにしているのに、現金配達の依頼を受けている。 ということがよくありました。 しかし、現在は解消されているようで、お釣りが足りなくなったからOFFにする。 雨が降ってきたから現金配達を受けなくても注文が多そうなのでOFFにする。 他にもあります。 アプリの使い方、設定についてのまとめ記事です。

次の