羽田 空港 の これから。 羽田空港の機能強化について

新型コロナウイルスの水際対策強化。ドイツ→羽田空港→伊丹空港まで行け

羽田 空港 の これから

【問い合わせ】環境政策課環境政策係(電話:03-3463-2749) 【問い合わせ】環境整備課公害指導係(電話:03-3463-2750) 国は、首都圏の国際競争力の強化や外国人旅行者の誘致による日本経済の活性化等のため、令和2年3月29日より新飛行経路の運用を開始しています。 具体的には、南風運用時の切り替え時間を除く15時から19時までの実質3時間程度の時間帯について、羽田空港のA滑走路に到着する便が1時間当たり14便程度、C滑走路に到着する便が1時間当たり30便程度、渋谷区上空を飛行することになります。 飛行ルートや高度など詳細については、国のホームページをご覧ください。 お知らせ 羽田空港の機能強化に関する最新の動向をお知らせします。 羽田空港の新飛行経路に関する問い合わせ窓口について 国は、新飛行経路の運用に伴い、航空機騒音・落下物等に関するご相談、ご不明点やご質問についての問い合わせ窓口を拡充します。 「羽田空港のこれから」に関する電話窓口(既設) 電話:0570-001-160、IP電話:03-5908-2420 受付時間:7時~20時(土曜日・日曜日・祝日を含む) 令和2年4月1日より開設 電話:0570-001-596 受付時間:7時~20時(土曜日・日曜日・祝日を含む) 窓口等案内: 新飛行経路の飛行に伴う騒音測定等について• 航跡・航空機騒音:• 東京都の騒音測定: 実機飛行確認の実施について(終了しました) 国は、令和2年3月29日(日曜日)からの羽田空港における新飛行経路の運用開始に向けて、実際の航空機による実機飛行確認を行います。 実施期間 令和2年2月1日(土曜日)から3月11日(水曜日)までのうち7日間程度 (天候等により、必要な予定日数を実施できなかった場合でも、実機飛行確認の期間の延長はありません。 ) 実施時間 南風運用時の15時~19時(切替時間を除く実質3時間程度) 飛行回数 A滑走路到着 1時間あたり14回程度 C滑走路到着 1時間あたり30回程度 問い合わせ先 ・羽田空港の機能強化・実機飛行確認に関すること:国土交通省「羽田空港のこれから」に関する電話窓口 (電話:0570-001-160、IP電話:03-5908-2420)• 1月30日~2月12日 7時~19時(土曜日・日曜日・祝日含む)• 2月13日~3月11日 9時30分~19時(土曜日・日曜日・祝日含む) (注)上記期間以外は、平日9時30分~19時 ・騒音に関すること:国土交通省 東京空港事務所 環境・地域振興課 (電話:03-5757-3032)• 1月30日~2月12日 7時~19時(平日のみ)• 2月13日~3月11日 9時30分~19時(平日のみ) ・実機飛行確認の詳細について• ・実機飛行確認時の騒音測定について• ・羽田空港の運用状況について• ・気象情報について• 羽田空港における新飛行経路の運用開始・国際線増便について 令和元年8月8日、国は、2020年3月29日より新飛行経路の運用を開始し、羽田空港において国際線を年間約3. 9万回増便することを発表しました。 ・ 国土交通省の発表に対する渋谷区長コメント ・ 新飛行経路について 新飛行経路の詳細 ・飛行経路図: ・区ニュース記事: 渋谷区の対応 区では、国が進める羽田空港機能強化、国際線の増便について必要性は認識していますが、区民の方々が不安を感じている騒音の影響や落下物等の安全対策について、十分な周知と、丁寧な説明を行うよう国に対して求めてきました。 今後も、騒音対策や落下物に対する安全対策をはじめ、機能強化の取組みについて、理解が十分に得られるよう、区民の方々への情報提供や説明をしっかり行うように国に求めていきます。 渋谷区から国への要望等 令和2年3月11日に、区は国に対して「羽田空港の機能強化に関する要望書」を提出しました。 要望書の概要 令和2年2月2日から2月12日までのうちの7日間、新飛行経路の運用開始に向けた南風運用時の実飛行確認として、実際の航空機による飛行確認が行われ、区民の皆さまから航空機騒音をはじめとする様々な問い合わせやご意見が寄せられました。 区としては、お寄せいただいたご意見や不安の声を国に対して伝えるとともに、以下について、国の責任においてしっかり行うよう要望しました。 区民への十分な情報提供と理解を得るための丁寧な説明を引き続き行うこと。 騒音などに対する生活環境の保全や落下物などに対する安全対策の強化を図ること。 一人でも多くの区民の不安が払拭できるよう、騒音対策や安全対策について取り組みの強化と対策を講じること。 羽田空港の機能強化(国際線の増便)に関する説明会 国土交通省は、羽田空港の機能強化に関する取り組みについて、住民説明会等による情報提供を行っています。 取組状況等について• 渋谷区内での説明会等の開催状況について オープンハウス型説明会 説明パネル等を自由に閲覧できる説明会で、国の職員が常駐し、質問などに対応する形式の説明会です。 日程 時間 会場 平成27年9月4日(金曜日)~6日(日曜日) 9月4日12時~20時 9月5・6日11時~19時 渋谷ヒカリエ 平成28年1月15日(金曜日)~17日(日曜日) 1月15日13時~19時 1月16日・17日11時~17時 渋谷ヒカリエ 平成29年3月11日(土曜日) 11時~16時 地域交流センター恵比寿 平成29年12月20日(水曜日) 14時~19時 恵比寿社会教育館 平成31年2月22日(金曜日) 15時~19時 千駄ヶ谷社会教育館 平成31年2月23日(土曜日) 13時~17時 地域交流センター恵比寿 令和元年12月23日(月曜日) 17時~20時 地域交流センター恵比寿 令和元年12月25日(水曜日) 17時~20時 千駄ヶ谷社会教育館 令和2年1月11日(土曜日) 14時~17時 渋谷ヒカリエ 地域ごとの個別説明会 国の担当者が直接説明を行う説明会で、対象地域にお住まいの方などを対象に区内6つの会場で開催しました。 日程 時間 会場 来場者数 平成31年1月23日(水曜日) 19時~20時30分 地域交流センター恵比寿 43人 平成31年2月5日(火曜日) 19時~20時30分 千駄ヶ谷社会教育館 48人 平成31年2月7日(木曜日) 19時~20時30分 恵比寿社会教育館 54人 平成31年2月13日(水曜日) 19時~20時30分 つばめの里・本町東 42人 平成31年2月15日(金曜日) 19時~20時30分 YCC代々木八幡コミュニティセンター 111人 平成31年2月19日(火曜日) 19時~20時30分 商工会館 36人 展示会(情報発信拠点:映像資料や説明パネル、音響装置による航空機音の体験など) 日程 時間 会場 平成29年8月28日(月曜日)~9月1日(金曜日) 10時~18時 8月29日は休館日 地域交流センター恵比寿 平成30年8月28日(火曜日)~9月1日(土曜日) 11時~19時 9月1日は9時~17時 初台出張所 平成30年9月3日(月曜日)~7日(金曜日) 9時~17時 9月3日は13時~17時 千駄ヶ谷出張所 情報発信拠点の設置 国は、羽田空港の機能強化の取り組みについて、映像による説明や音響装置による航空機の音の体験ができる情報発信拠点を設置しています。 羽田空港のこれから「ニュースレター」 国は、羽田空港の機能強化に関する取組み状況を広くお知らせするために、ニュースレターを発行しています。 羽田空港機能強化の検討に係る会議体 首都圏空港機能強化技術検討小委員会(国土交通省) 平成26年7月、国土交通省の交通政策審議会航空分科会基本政策部会の下に設置された「首都圏空港機能強化技術検討小委員会」が、首都圏空港の更なる機能強化に向けた技術的な検討の中間取りまとめを公表しました。 首都圏空港機能強化の具体化に向けた協議会(国土交通省) 国は、平成26年8月、「首都圏空港機能強化技術検討小委員会」が取りまとめた技術的な選択肢をもとに、首都圏空港の機能強化の具体化について、関係自治体や航空会社等の関係者間で協議を行うため、「首都圏空港機能強化の具体化に向けた協議会」を設置しました。 羽田空港機能強化に関するコミュニケーションのあり方アドバイザリー会議(国土交通省) 国は、平成27年3月、羽田空港の機能強化について、より多くの住民にご理解いただくための具体的手法及びプロセスについて専門家の意見をいただく「羽田空港機能強化に関するコミュニケーションのあり方アドバイザリー会議」を設置しました。 落下物防止等に係る総合対策推進会議(国土交通省) 国は、平成29年11月、航空機等からの落下物等の未然防止対策及び事後の迅速な事案究明・対応等を推進するため、有識者、国、 航空事業者、空港管理者その他の関係者による「落下物防止等に係る総合対策推進会議」を設置しました。 今後新たに策定する落下物を未然に防止するために航空会社が遵守すべき基準を検討するなど、落下物防止等に係る対策の総合的かつ迅速な推進を図ることとしています。 羽田空港の機能強化に関する都及び関係区市連絡会(東京都) 東京都は、平成26年8月、国から提示される羽田空港の機能強化方策に係る課題等について、都及び関係区市で情報共有や意見交換を行い、国の「首都圏空港機能強化の具体化に向けた協議会」に反映させる目的として、「羽田空港の機能強化に関する都及び関係区市連絡会」を設置しました。

次の

羽田空港から大井町まで 田舎者が一番簡単にいける方法は

羽田 空港 の これから

世界の航空データを取り扱うOAG社は、日本の空港における需要予測で冷徹な数値をはじき出した。 このほど、OAG社のアソシエイト・コンサルタント、ジョン・グラント氏が来日。 「長らく成熟期にあった日本の空港を取り巻く環境が、大きく変わり始めた。 これから面白い展開が増えていく」と語る。 太平洋アジア観光協会(PATA)や国際空港協会(ACI)の会議に登壇し、英国では、BBCの航空・空港担当コメンテーターとしても活躍するグラント氏に、世界から見た日本の空港の可能性と未来予測を聞いた。 空港の未来で明暗を分けるのは何か? 同氏は、「データとインテリジェンス。 そこから導き出される戦略だ」と力をこめる。 世界の中でも、最も成長著しいアジア新興国マーケットに囲まれている日本は、「非常に明るい未来に恵まれている。 ただし、変動期のダイナミクスと無縁ではいられないことを覚悟するべきだ」とグラント氏は指摘する。 空港運営についても同じだ。 「国民の10%がパスポートを持っている中国はもちろん、インドネシア、フィリピンなど、旅行需要の成長著しい周辺国からそれほど遠くない旅行デスティネーションとして、日本には無限大の可能性がある」(グラント氏)。 だがコスト効率に厳しいLCCの台頭や、民営化され、サービス拡充に力を入れる空港間の競争もますます激しさを増していく。 日本では、空港といえば、公共施設としての側面が重視されてきた。 乗り入れる航空会社も、かつては国営企業が珍しくなかった。 しかし航空会社の現状は、「利幅(マージン)5%ほどと収益率は決して高くない。 空港選びで採算を度外視するわけにはいかない。 そこで世界の空港は、より多くの路線誘致につながるよう、効率よいサービスやプロダクト開発にしのぎを削っている。 こうした動きにあまりにも疎い人が多いことが、今の日本のリスクだ」と警鐘を鳴らす。 羽田と日本には明るい未来、成田には暗雲 2020年までにインバウンド4000万人達成の目標を掲げる日本政府は、目下、羽田空港と成田空港、両方の運用拡大により、首都圏発着枠の大幅増に向けて動きだしているが、実際の需要はどう動くのか。 OAGでは、世界各地を運航する航空データをもとに、様々な分析を行っているが、同社がこのほどまとめた成田空港と羽田空港の需要予測には、冷徹な数字が並ぶ。 OAG予測データによると、羽田空港では、2020年からのスロット大幅拡大に伴い、供給座席数(国内・国際線合計)は前年比1119万席ほど増加し、翌2021年以降も順調に増え続ける。 ところが逆に、成田空港の供給座席数は2019年の2623万3780席がピークで、2020年は前年比765万席のマイナスに転じる。 理由は、成田から羽田への路線シフトが始まること、成田には、これを埋めるほどの新規需要が見込めないことだ。 勝ち組は、羽田空港そして訪日需要全体。 成田空港は、少なくとも短期的には厳しい状況に陥る。 グラント氏は「世界各国の航空各社と話せば、誰もが日本路線に関しては、成田より羽田空港を利用したいと言う。 これから成田に乗り入れたいという航空会社が果たしてあるのか疑問だ。 例外は貨物ぐらいだろう」。 最大の理由は周知の通りロケーションだ。 成田空港から都心へのアクセスが遠すぎるという問題は、抜本的な改善がないまま現在に至る。 「羽田空港の方が都心に近いため、航空運賃が高く設定できる。 航空会社が一番、欲しい旅客セグメントは法人客だが、法人需要は圧倒的に羽田支持だ」(グラント氏)。 こうした事情から、羽田空港のスロットが拡大すれば、今までは成田に乗り入れていた航空各社も、一斉に羽田空港への路線統合へと動き出すというのが同氏の見方だ。 これは米系キャリアに限った話ではなく、例えばエールフランスはすでに今夏からの羽田/パリ増便を申請している。 これが世界の本音だ。 両空港の座席数予測(OAGの資料に基づきトラベルボイスが作成) 中国の地方都市からの直行便がもたらすインパクト 過去20年ほどの間に、航空機材の改良がめざましく進んだことも影響している。 かつては運航距離が長いため、成田経由が多かった北米/アジア路線がノンストップ運航へと切り替わっていった。 さらに札幌や福岡など、インバウンド需要が拡大する地域のゲートウェイ空港では、組織の民営化が動き出し、独自の路線誘致策が活発化していることも、成田の一極集中が崩れていった要因としてグラント氏は挙げる。 例えばフィンエアーは、2019年冬からヘルシンキ/新千歳に直行便を開設する予定だ。 冬季に北海道路線を就航する狙いは、ニセコへのスキー需要。 オーストラリアに続き、欧州からのスキー需要が果たして定着するのか、様々な意味から注目を集めている動きだ。 首都のハブ空港を経由しない、地方空港から地方空港への路線による旅客誘致の成功事例もある。 「タイのプーケットは、中国の地方空港からの直行便を増やすことで、旅客需要を爆発的に増やした。 オーバーツーリズムという副作用は問題だが、適切なマネジメントにより、双方地域に恩恵ある形での成長を実現することはできる」(同氏)。 同じような展開は、首都圏から離れた日本のリゾートエリアでも今後、想定できると話す。 例えば、沖縄は英語が通じるうえ通年で温暖な気候があり、富裕層向け宿泊施設も充実していることから「海外からの直行便需要が十分にある」と注目している。 では、成田空港はどうなるのか。 グラント氏は、成田と羽田の関係に似た事例の一つとして、ロンドンのヒースロー空港とガトウィック空港を挙げる。 ロンドン中心部から離れたガトウィック空港が盛況な理由の一つは、国内線への乗り継ぎが便利なこと。 だが、これも成田空港の場合、弱点の一つだ。 もう一つのカギは、LCC路線の充実だ。 グラント氏は、最も可能性がある成田空港の将来像として、レジャー需要中心のLCC路線の誘致と、インターネットで予約できる便利な乗り継ぎサービスや、宿泊を伴うプロダクト開発に活路があると話す。 ピンチはチャンス。 新しい形の移動手段や、トランジットの楽しみ方が生まれていくことを期待したい。 空港運営が面白い時代になってきた 「世界的には、公共施設というより、事業主体である空港施設が増えている。 そうしたなか、例えば欧州では、一人10ドルほどで、空港ラウンジ利用や、セキュリティ検査などの手続きがもっと迅速かつ快適に受けられるファスト・トラックのサービスを有料で提供する空港が増えている。 空港の収益アップやサービス差別化につながっている」(グラント氏)。 日本の空港でも民営化の動きが始まり、面白い取り組みがどんどん登場する楽しい時代になっていくだろう、とグラント氏は予想する。 その際、重要なのは、まず利用客像をデータから正確に把握することだと説く。 「どこの国・都市から来ているのか、旅の目的は買い物か、文化体験か?予算は?すべてデータから読み取ることができる。 また自社空港だけでなく、国内外のライバル空港など、周辺の動きも把握する必要がある」。 例えば日本の地方都市発の旅客は、成田や羽田だけでなく、韓国・仁川空港を経由して、海外デスティネーションへと乗り継いでいく需要が目立つという。 こうした動きをデータから知り、本当の需要がどこにあるのか、正確に見極めることが、空港や地域活性化のカギと説く。 またインバウンド誘致においては、アクセスとなる航空座席や交通手段のキャパシティーの確保が大前提と強調する。 「南米ペルーでは、大規模な予算を投下して、ナショナル・ジオグラフィック誌でゴージャスな写真や広告を展開したが、航空座席がすでに足りない状況だったので、注目度はアップしても旅客数は増えず、投資額に見合う効果は得られなかった。 PRしても、アクセス手段がなければ話にならない」とグラント氏。 東京五輪の開催で、日本が注目されることは間違いないが、これを実効性のあるインバウンド市場拡大につなげるためには、「航空路線をもっと誘致する必要がある。 その際、空港に求められている役割は、航空会社へのサポートと、効率的でスムーズなオペレーション」と話した。 最後に、ラグビー・ワールドカップや東京五輪の開催を控えた日本へ、旅行全般に関するアドバイスを求めると「大至急、電車や買い物などの決済キャッシュレス化を進めること。 日本はテクノロジー先進国というイメージがあったが、実際に旅してみると不便だった、と感想をもらす外国人旅行者もいる」とグラント氏。 厳しいが、率直な本音にしっかり向き合うことが、次への競争力につながる。 取材・記事 谷山明子.

次の

世界から見た「日本の空港」の可能性と未来とは? 成田空港に暗雲の予測、転換期に明暗を分けるポイントを航空専門家に聞いてき

羽田 空港 の これから

第1ターミナルにある「のこれから展示コーナー」について紹介! ブースみっけ 今回を彷徨っていると、 カレーター手前に知らない 板が。。 読んでみると カレーターを登った奥に、のこれからコーナー展示中 とある。 「 のこれから」というフレーズ聞いたことがある。 そう、 が運営するサイトの名前だ。 ここで、 2020年のに向けた新運用方法の案内や報告を行なっているのだ。 このブログでも、運用について解説した際に、引用させていただいているサイトだ。 実際に行ってみた 壁一面というか 壁三面にびっしりと展示があり、真ん中は休憩コーナーのようにソファが置いてある。 では 現在の 進捗状況や、そもそもなぜ新運用にするのかの説明などがあった。 中央の壁では ・ 騒音問題を考えるコーナー。 飛行機の音を空港からxxxメートル地点で、離着陸する飛行機が高度xxxメートルを飛んだ時に聞こえる音など設定をして、それぞれ ヘッドホンで聴くことができる。 やはり騒音問題は住民の方にとってとても大きな問題と考えさせられる。 ・ 動画や 端末を使って、新運用について詳しく理解するコーナー。 左右の壁にある展示だけじゃ難しい内容も、動画を見ることで理解できるようになっている。 右の壁では、 新運用になった際に、どのような時に、飛行機がどのようなルートを飛行するのかを 大きな地図を使って、説明している。 今後どのように、このプロジェクトが進むのか、経過を見守りたい。 とりあえず住民の方の納得が得られるようになるまで、もしくは他のプロジェクトで場所が取られるまでは、展示するような気がしますね。 関連記事 r-flugzeug.

次の