柴犬 の 大群。 「豆柴の大群」のナオ・オブ・ナオ 未成年時の飲酒写真

柴犬 人気ブログランキング

柴犬 の 大群

バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)から生まれた新人アイドルグループの「豆柴の大群」が、鮮やかなロケットスタートを決めている。 12月18日の放送で結成が発表され、翌19日にタワーレコード限定でデビュー曲の「りスタート」が発売されると、話題性の高さもあってバカ売れ。 各メンバーのツイッターでは、25日の生放送で加入が決まったばかりのカエデも含めて、全員が10万人超のフォロワーをゲット。 人気タレントの目安と言える10万という壁をわずか数日で突破している。 そんな順調なデビューを飾った「豆柴の大群」に対して、その先行きを心配する声が少なくないというのだ。 アイドル誌ライターが指摘する。 「25日の生放送で水ダウのアイドル企画は終了し、プロデュースもクロちゃんの手を離れました。 司会の島田紳助氏がプロデュースを担当し、デビューCDはオリコン3位に入るなど順調な出だしを見せていた。 彼らは4枚のシングルをすべてベストテン圏内に送り込み、ツアーでは全国のZeppを回っていたが、ある事件をきっかけにその活動が急速に縮小したのである。 「島田氏が11年8月、反社会的勢力との交際を理由に芸能界を引退。 これでプロデューサーを失った新選組リアンは迷走し、翌年以降はCDリリースもなくなりました。 その後も細々と活動をつづけたものの、14年にはフェードアウト。 メンバーの中には芸能界を引退した者もおり、現在は榊原徹士が吉本坂46の一員として活動しているのが目立つ程度です」(前出・アイドル誌ライター) そんな新選組リアンと同様に、水ダウとクロちゃんのバックアップを失った「豆柴の大群」も、早々にフェードアウトすると予想する者は少なくない。 しかしそれは、現在のアイドル業界を知らないからこその戯言だというのだ。 アイドル誌ライターが続ける。 「新選組リアンは小規模なお笑い系事務所の所属で、男性アイドルを売り出すノウハウがほぼなかったに等しく、テレビなしに活動を継続することはできませんでした。 それに対して豆柴の大群は、『BiSH』や『GANG PARADE』といった人気アイドルグループを擁する事務所・WACKの所属。 デビュー曲の編曲や振付、歌唱指導などもすべてWACKが責任をもって手掛けています。 それゆえ今後は、すでに大きなファンベースを持つWACKの一員として活動でき、2~3月に全国7都市で開催される『WACK TOUR 2020』への出演も発表済み。 今後の活動を考えればクロちゃんのプロデュースが続くより、WACK傘下のグループとして認知されるほうが得策でしょう」 新規加入のカエデは「やっとアイドルになれた」と喜びを噛みしめていた。 そんな彼女のアイドル人生は、自分からギブアップしない限り、何年も続いていくことは間違いないだろう。 (金田麻有).

次の

トップ

柴犬 の 大群

『豆柴の大群』と聞いて、柴犬の大群って、なにそれ? と思った人は多いはず。 『豆柴の大群』は'19年にバラエティー番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)内の企画で誕生した女性4人組のアイドルグループのことである。 お笑いトリオ『安田大サーカス』のクロちゃんが初代プロデューサーを務めたことで有名になった。 そのメンバーの1人であるナオ・オブ・ナオの飲酒写真が『FLASH』(3月3日号)に掲載され波紋を呼んでいる。 撮られた一昨年当時、ナオは19歳。 つまり未成年飲酒ということで、記事になっているわけだが、これについてネットでは多数の意見が飛び交っている。 その大部分は、 「たしかにいけないことではあるが、そんなことくらいで週刊誌が取り上げるな」 「芸能人じゃなくても、二十歳前に飲酒している人はいくらでもいる。 こんなこといちいち取り上げるな」 と彼女の肩を持つ声も少なくなかった。 大手事務所に所属していたなら…… これまで、日本の芸能界では未成年の飲酒・喫煙でタレント生命を失い、将来を棒に振る例がたびたび見られた。 しかし、今回の一件についてナオの所属事務所は全面的に認めたうえで、 《弊社としましても、本件を重く受け止め、ご迷惑をおかけした皆様には誠心誠意対応させていただき、改めて社員・アーティストへの指導・教育を徹底し、再発防止に努めて参ります》とコメント。 「 今回は彼女がデビューしたてだということもあるかと思います。 それと、今回はナオさんが所属する事務所が老舗の大手芸能事務所でないことも大きいかもしれません。 の加護亜依も喫煙写真を撮られ、謹慎に追い込まれた。 それに比べるとナオの事務所としては、売れる兆しが見えてきて、これからの収益になりそうな稼ぎ頭になりそうなタレントをクビにするような処置はとれなかったのでは。 さらにナオが救われた理由として、現役の週刊誌記者はこう語る。 「 週刊誌にはこういったタレコミ写真が日々送られてきますが、編集部もそれを公開するタイミングは測るものです。 話題にならなければ記事にしてもやりがいがないですから。 証拠の写真は時間がたっても腐らないので、もう少しネタを温めたほうが反響が大きかったのでは……?」 スクープを出すタイミングにも救われたといったかたちか。 現在も週刊誌などで取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

次の

20代目豆助就任!柴犬の子犬の可愛さは異常

柴犬 の 大群

都道府県 :• 全国の犬• 山形 0• 島根 0• 9 ジャンル :• 437• 1,465• 139• 192• 709• 263• 柴犬 886• 233• 1,050• 116• 7,820 投稿者 :• 柴犬の全て• 全国以外の都道府県から探す :• 全国の犬• 山形 0• 島根 0•

次の