食べたあと寝る向き。 寝る前の食事がダメな理由5つ。それでも寝る前に食べますか? │ 熟睡研究所

食後寝る向きは?覚えておく価値あります!

食べたあと寝る向き

スポンサーリンク しかし、食べてすぐ寝ると体にはどのような影響を与えるのでしょうか? 健康面やダイエットの面などから体に与える影響を見ていきましょう。 エネルギーが消費できない 食べてすぐ寝ると太ると言われている理由は、 エネルギーが消費できないことが一番に挙げられるでしょう。 食事をした後にすぐ寝てしまうと体をすぐに休ませてしまうことから、消費エネルギーが低くなり、 基礎代謝以外のエネルギーを消費することが難しくなります。 基礎代謝とは、内臓機能を動かしたり、体温を正常に維持したりするなどと言った生命を維持するために必要な最小限のエネルギーのこと。 基礎代謝以外のエネルギーが消費されないために、 消化されるはずの脂肪分を分解できず、そのまま体の中に脂肪として蓄積されるのです。 このことから、消費エネルギーが少なくなる 夕方や夜の時間に食事をして、すぐに就寝してしまうと太りやすくなるということになりますね。 BMAL1が増えて脂肪を溜めてしまう BMAL1とは、体内に刻まれている活動リズムである 体内時計を正常に機能させ、調節するタンパク質の一つ。 BMAL1は、時間帯によっては変化するものとされており、 増加する時間帯には脂肪を蓄えさせる作用が働くため、太りやすくなると言われています。 このBMAL1は 起床してから約18時間後に分泌量が最高潮となるため、昼の時間帯は分泌量が少なくなっていますが、 夜22時あたりから増加傾向となり、深夜2時頃にピークとなります。 このことから、BMAL1の分泌量が少ない昼よりも、分泌量が多くなる夜22時~深夜2時の夜中の時間帯の方が、 同じものを食べたとしても太りやすくなるということが分かりますね。 BMAL1が増えている時間帯は夜食や間食などをする方もいると思いますが、脂肪を溜め込み、太りやすくなってしまうので注意が必要です。 胃の働きが低下する 食べた後にすぐに寝て、起きてみると胃がもたれて気分が悪い…と言った症状を感じたことはありませんか? たくさん食べたわけでなくても、 食後すぐに寝る行為は胃には大きな負担になっていると考えられます。 睡眠中は体を休ませる時間であるため、全身の血液の流れが抑制されて、胃腸への血液の量も減少してしまい、消化・吸収の働きが弱くなります。 消化・吸収が正常に行われないまま胃腸に食べ物が残ってしまうため、胃もたれや吐き気などの原因になることも。 また、食べた後にすぐ熟睡してしまう習慣が身に付いてしまっている場合には、 逆流性食道炎や胃潰瘍などの病気が引き起こされることもあります。 このように、 寝ている間は胃腸の働きが弱まるため、生活習慣や寝る時間に気を付けたいところですね。 睡眠の質が下がる エネルギー消費の低下・BMAL1との関係などにより太るということ以外にも、食べた後にすぐ寝てしまうと 健康面に悪影響を与えます。 食事した後は、体の中では食べた後を消化・吸収するために内臓機能の働きが活発になります。 しかも、消化・吸収している間は脳の血流が減少すると言われており、 脳がなかなか休息できない状態に。 脳がなかなか休息できないということは、眠りが浅くなるということを意味し、 睡眠の質を低下させてしまいます。 睡眠の質が下がると、 疲れの蓄積・イライラ・肌の不調・免疫力の低下などが起こりやすくなり、健康面で悪い影響を与えてしまうことになります。 横になるだけなら、メリットがある? 食べた後にすぐに寝ると、太ったり睡眠の質を低下させたりと体に悪い影響を与えてしまうことが分かりました。 しかし、 横になって休むだけなら、消化などの面から見て体に良いと言われています。 ここでは、食べた後に横になるメリットについて確認していきましょう。 消化吸収の手助けになる 食事をした後は、眠気が襲ってきて仕事や家事に集中できないという経験は誰にでもあるでしょう。 食後は消化・吸収するために内臓器官に血液が集まるため、脳の血液が少なくなり、眠りに誘われやすくなるのです。 そのままぐっすり寝てしまうと太る原因になりますが、ただ 横になってお腹を休ませることで消化・吸収のサポートをすることができます。 特に日本人の胃の形から考えて、 体を右向きにして横に寝ると胃が滞りなく消化の作業を行えると言われていますよ。 食べた後は、無理をして動いたり、運動したりせずに休ませることが体の手助けになるんですね。 基礎代謝を上げる 食べた後すぐに寝ると、内臓器官の働きをサポートするために基礎代謝が行われます。 この 基礎代謝の20%~30%程度は、内臓器官の中でも肝臓が担っていると言われています。 寝ると基礎代謝以外の消費エネルギーがほとんどないため、体の代謝を高めるためには、基礎代謝自体のエネルギーをアップさせることが重要。 横になってお腹を休ませると肝臓に流れる血液量を増加させることができ、肝臓の働きをサポートすることができます。 これにより、解毒・代謝などの肝機能が向上し、 基礎代謝をアップさせることに繋がるのです。 ダイエット効果が得られる 食べて横になると、 脂肪の代謝を助けるノルアドレナリンと呼ばれるホルモンが分泌されると言われています。 ノルアドレナリンとは、神経伝達物質の一種で 精神や環境のストレスなどに反応するとされています。 多く分泌されると 脂肪の代謝をサポートするほかにも、 集中力がアップしたり、 パフォーマンスを向上させたりするなどと言った効果が期待できます。 食べた後は集中力が低下しており、仕事などが順調に進まないということが多いですが、少し休息するとパフォーマンスが上がりますよね。 これは、ノルアドレナリンが分泌されており、 脳が活発に働いていることを意味します。 このノルアドレナリンは、 15分~20分というように短い時間横になることで多く分泌させることが可能。 ノルアドレナリンは脂肪の代謝を助けますから、余分な脂肪が解消されてダイエット効果を得ることができるのです。 便秘改善につながる 食後横になることで、うれしいことに 便秘改善効果もあると言われています。 胃腸の機能が低下しているといつまでも食べたものがお腹の中に残ってしまい、必要以上に脂肪などを吸収し、基礎代謝も低下しやすくなります。 代謝が低下すると、便秘や肌荒れなどのトラブルが生じやすくなってしまいます。 しかし、胃腸の活動がスムーズに行われていれば、胃腸の中に食べ物が残りづらくなり、代謝もアップ。 余分な脂肪分が脂肪として体に蓄積されませんし、腸内環境が整えられて便秘改善にもつながり、 痩せ体質に近づくことができます。 疲労が回復する 寝た後少し横になっただけなのに、 疲れが取れて体が軽くなったように感じる、という経験がある方は多いのでは? これは、食後短時間横になるだけで、 夜間寝るのと比べて3倍の疲労回復効果があるとされているためです。 頭を覚醒するためにカフェインが含まれた飲み物を飲む方も多いと思いますが、コーヒーなどを飲むよりも ごろ寝の方が頭がすっきりするのです。 また、疲労が回復すると、脳もリラックス状態になるためストレス解消にもつながります。 食事の後に短時間の休息を挟むだけでリフレッシュ効果が期待できるので、イライラや食後の集中力の低下に最適ですよ。 ダイエット中なら気をつけたいポイント 「寝る」と「横になる」のでは、ダイエットや健康面からみても大きな差があることが分かりましたね。 ダイエットを行うなら食後横になる方が良いですが、どの程度横になって休憩すればよいのか、など気になることがありますよね。 ここでは、ダイエット中に気を付けたいポイントについてご紹介していきます。 本当に寝るのはダメ 体を横にして休めることで内臓器官に良い影響を与えますが、 本当に寝てしまうのはNG。 時間帯によっては体内に脂肪を溜め込みやすくなってしまい、 太りやすい体になってしまいます。 時間を決めて短時間横になることは健康面から考えて良いこと。 30分、1時間、2時間と言ったように時間を増やして本当に寝てしまうのは避けるようにしましょう。 時間を決めて横になる 少しだけ休もうと思ってついつい寝すぎてしまって、疲れが取れなかったり、集中できずにイライラしたりした経験はありませんか? 少しだけ休息するのは体に良いことですが、 寝すぎてしまうと切り替えが難しくなってしまい、仕事や家事に支障が出てきます。 横になる適切な時間としては、15~20分程度と考えられています。 その時間横になっていれば脳が活性化されて集中力がアップしますし、痩せ体質に近づくことができるのです。 何もせずに横になるだけで痩せ体質に近づけるなんて、ダイエットをしている方にとっては夢のような話ですよね。 横になる時間を最長でも20分とし、時間を決めて横になる習慣を身につけましょう。 日中に休みを取るのが効果的 横になるだけで、脳にも内臓器官にもダイエットにも良い効果をもたらしますが、横になる時間も昼でも夜でもいつでも良いというわけではありません。 夕食後は消化エネルギーが日中よりも低下しているため太りやすくなってしまうため 横にならない方が良いでしょう。 横になって体を休めることでダイエット効果が期待できるのは、あくまで 消費エネルギーが多く、BMAL1の分泌量が少ない昼食の後です。 寝るのではなく、少し休養を取るということを念頭に入れて、リラックスしながら昼食後横になりましょう。 夕飯は食べてすぐ寝ると危険? 仕事や育児などで日々忙しい生活をしているとついつい食事の時間が遅くなることもありますよね。 しかし、食事をする時間帯によっては、太るリスクが高まることが懸念されます。 ここでは、夕食の理想の時間帯や、もしも夕食が遅くなった場合でも太るリスクを軽減する対策についてご紹介します。 理想的な夕食の時間は? 夕方や夜の時間帯は 消費エネルギーが日中と比べて低くなり、太りやすくなる時間帯。 食べてすぐに寝てしまうと、胃腸に大きな負担がかかり、食べたものが脂肪として蓄えられやすくなって太る原因となります。 起きている間に胃腸が活発に働いて脂肪を分解してくれるように促すためにも、 就寝時間の3時間前には夕食を済ませましょう。 起きている間に消化・吸収がスムーズに行われていれば、 睡眠中に正常に成長ホルモンが分泌されて、新陳代謝も向上します。 BMAL1が活発に分泌され始める夜の22時~深夜2時の間に食べるのはできるだけ避けるようにし、遅くても21時までには食事を取っておきましょう。 夕食が遅くなったらお腹に優しいものを食べよう 早く夕食を済ませたい気持ちはあっても、仕事や育児などやらないといけないことがたくさんあって、なかなか食事に手が回らないことありますよね。 気づいたらもう22時を過ぎていて、何も食べずに寝た方が良いのか…とダイエットのことを考えて悩むこともあるでしょう。 しかし、空腹のまま寝てしまうとお腹が空いてなかなか眠りに付けませんし、ストレスになってしまいます。 実際、普通の食事をしてしまうと太る原因となりますが、 カロリーが低く胃腸への負担が少ないスープやみそ汁などの食べ物だったら太るリスクを軽減できます。 何も食べずに寝てしまうとエネルギー不足になって体が冷えやすくなるため、 できるだけ温かい食べ物を食べるようにしましょう。 また、夕食後は消化のために寝るまでの時間をできるだけ空けることも大切。 眠いからと言ってすぐに寝るのではなく、入浴や寝る前のストレッチなどを行うようにし、 胃腸への負担を減らしましょう。 食べてすぐ寝ると太るって本当? 食べてすぐに寝る行動は太る原因となりますが、横になって短時間休むことはダイエットにも健康にも良い効果を与えます。 食べた後はどうしても休みたくなってしまう、という方でも 長時間の眠りにつかなければ安心して良いでしょう。 短時間の休息を取ることで、普段の生活よりも心身ともにリフレッシュした気持ちになれて、日々の活動がより楽になるかもしれませんね。 仕事が忙しくてどうしても昼食後に横になれないという場合には、 休日の間だけでも実践してみると気分が晴れて良いでしょう。 寝る時間や時間帯などに気を付けながら、リラックスしてダイエット効果を実感しましょう。

次の

胃もたれに楽な寝方!吐き気や気持ち悪いときの寝る向きと工夫

食べたあと寝る向き

Contents• 食後すぐ寝るのは体への影響は? お腹いっぱい食べて満腹感と幸福感に包まれ、そのままベッドにダイブ!したいと思う方も多いのではないでしょうか。 しかし、ここで注意が必要です。 食事をした後、眠くなるのは、内臓が働いて消化し始めるからなのです。 そのため、食後の寝る向きで、体や内臓に負担をかけてしまうなど、影響をおよぼす可能性があります。 寝るときは、右を下にする?左に下にする?そもそも寝てはいけない?などよく意見が分かれます。 実際のところは正しいのはどれなのでしょうか。 食後の正しい寝る向きがある 右側を下にして寝る(右向き) 食後は、寝るなら上向きとかよりも横向きをオススメします。 また横向きでも体の左側を上に向けた態勢の右向きが理想です。 これは、胃の形が深く関係していると言われています。 胃袋の形は、そら豆に似ているのです。 口に入れた食べ物は食道を通って胃袋に到達します。 そこで消化されます。 そのあとは胃袋の右下にある出口を通り、十二指腸や腸へと流れる構造になっていることから、体を右側にして寝ると、消化をするときに食物が胃から腸への移動がスムーズになるとされている考え方です。 左向きで寝るとどうなる? では逆に、体を左向にした時はどうでしょう。 本来は右にある出口が上になっている状態です。 胃の中の食べ物が流れにくくなってしまうのです。 その結果、胃の中に食べ物が残り続けて寝ている間に内臓が動くはずが消化不良を起こし、胃もたれや胸やけを招いてしまう原因に繋がってしまいます。 右向きにおすすめの胃 そもそも胃の形は人種によってさまざまなのはご存知でしょうか。 胃の形状次第で自身が右向きと左向きでどちらが適しているのか見分けられるのです。 どちらが正しいのではなう胃の形状にヒントがありました。 鉤状胃と胃下垂 2. 正常な位置の胃(そら豆の形) これらは右を下にすることをオススメします。 〜理由〜 胃液や食べ物をスムーズに流しやすくすることで、消化しやすくするため、胃の負担を軽減させられます。 左向きおすすめの胃 逆流性食道炎になりやすい・なっている人は、左向きがベストです。 逆流性食道炎とは、胃液や胃の中に溜まってしまい、食べたものが食道に逆流してしまうのです。 そのことで、胃液の強い酸によって食道などの粘膜を炎症させてしまいます。 食道の粘膜は、胃のように保護されていないわけではないため、胃液が入ることで炎症するのです。 仮にこの状態で右向きに寝てしまうと、消化力の強い胃酸が逆流してしまい食道にダメージを与えてしまうため、咳やのどの痛み、胸やけなどのさまざまな症状を引き起こしやすくなります。 そのため、この場合は右ではなく左向きにすることをオススメします。 イレギュラーな瀑状胃 上記の鉤状胃、胃下垂とは違い、別の症状もあるのです。 日本人の10人中2〜3人の割合で瀑状胃タイプも存在するのをご存知でしょうか。 胃の形が複雑で、胃の入り口が普通より低い位置にあるため、赤ちゃんがお腹の中で膝を抱えて丸まっているような状態になっているのです。 食べたものが胃の中に溜まりやすくなり、十二指腸までスムーズに流れにくくなるため、消化のペースがとても遅くなってしまうのです。 そして胃の上の部分に胃酸が溜まってしまうため、炎症を起こしてしまうケースが多いのです。 食べたあとは左向きに寝ることで、胃の上部に溜まったものを下へと移動させます。 そして次はうつ伏せ、最後は右向きにしていくことで、出口へ流すように促します。 横になる場合の食後の過ごし方 横になる時間 食後30分から1時間は、ゆっくりと休むようにすることをオススメします。 食べたあとは血液が胃腸に集中して、消化するためにフルスロットルで稼働しているからなのです。 食後は消化をしている最中です。 身体を激しく動かしてしまうと、血液が全身に巡りがよくなり、逆に消化機能を弱めてしまう場合があるため、食後はゆっくり体を休ませることで、血流も良くなります。 横になれる環境が整っているときは、ソファに肘をかけて、状態を起こして横になることが理想になります。 職場などでは、気持ち程度にでも、個々の胃のタイプによって、少し体の向きを右または左に傾けてうつむきになるようにすると、睡眠中に消化のされ方がよりスムーズになりますので、胃に負担がかからなくなります。 結論!食後完全に爆睡はNG 30分から1時間ほど横になることが内臓の負担を避けられます。 寝ずに体をゆっくり休ませてあげることがとても大切なのです。 食べたら30分間は起きて休む 胃のタイプによって、右と左で自身に合った向きがあったということは驚きではないでしょうか? 単に休むだけではなく、胃の形を知ることで消化を助けてくれるのは嬉しいですね。 会社の健康診断や病院でレントゲンを撮るときに自分の胃の形を確認してみることをオススメします。 食べてすぐ動くのではなく、30分間は激しい運動をすることを避けて、ゆっくり横になって体を休むように心がけるといいですね。 しかし、注意しなければならないのは、本格的に寝てしまうことを避けること! 睡眠をとってしまうと消化機能が弱まってしまうことで、逆に胃もたれや胸やけを起こしてしまうことがあります。 眠気に負けないように! 食べた後にすぐ寝ると起こる影響? 食べた後すぐに寝ると太りやすいイメージがありますね。 しかし、食後は短時間の睡眠をとったほうがいい!という仮説も。 というのも、食後は消化をするための大事な時間になります。 消化するために血液は消化器官に集まるのです。 そこで、この時に体を動かしてしまうことで、血液が体中に分散してしまうのです。 食後は安静にしている方が、血液の分散を防ぐことができるため消化にはいいでしょう。 しかし、姿勢によって体に悪い影響が出ることもあるのです。 脂肪分やカフェインなどばかり取っている食事が多かったり、アルコールの摂取後や体の状態によっては、胃酸が逆流してしまう逆流性食道炎などが引き起こされる可能性が高まります。 また、すでに逆流性食道炎になっている人にとっては、食後に横になることで逆流してしまい悪化する可能性もあるのです。 そのため、体の不調を感じた時は、食後に横になるのは控えて、ソファに座ってゆっくりする方がいいでしょう。 髪への影響は? 睡眠は髪の毛にも大きく関係しているのです。 しかし、食べた後、横になったりすぐに寝てしまうからといって、髪に悪い影響が出ることはありません。 しかし、日中の髪は日光や紫外線、そしてエアコンの風によるダメージで乾燥しやすく、パサついていることが多いですね。 夜寝るときは、トリートメントをするなどして、しっかり保湿をした後は髪がコーティングされて守られていますが、日中の髪は、それに比べると無防備になっています。 そのため、食後に布団などに横になってしまうことで、髪が絡まりやすくなるなど、余計な負荷がかかってしまうことがあるのです。 血流の悪化 髪の毛は睡眠中に作られます。 寝る直前に食事を摂ってしまうことで、消化のため胃に血液が集中されるため、髪の毛を作るために必要な血液が頭皮へ十分に届かなくなってしまいます。 その結果、髪の毛や頭皮の栄養不足につながってしまいます。 肥満になりやすい 寝る前に食事を摂ると、カロリーの吸収が良くなってしまうため、太りやすくなるでしょう。 肥満になってしまうと、血管内の血のめぐりが悪くなるなど、頭皮の皮脂の過剰分泌になり毛穴詰まりになりやすく、髪の毛や毛根の栄養不足の原因に繋がります。 睡眠時は髪の毛が栄養補給時間 寝ているときは髪の毛にとって栄養補給をしている大切な時間になります。 できるだけ睡眠直前の食事を控えることが髪艶を維持するために大切です。 寝る前に食事を摂らないための方法と髪の毛への悪影響が少ない食事があります。 睡眠時間から計算して夕食を食べる 寝る前に空腹感を感じてしまうのは、夕食を早く食べ終えすぎる場合が多いでしょう。 この場合は睡眠時間を決めておくことが重要になります。 睡眠の3時間から4時間前に夕食を終えるように計算すると空腹感が感じにくくなり、髪の栄養補給を妨げなくなります。 悪影響が少ない食事 どうしても我慢ができないときは、できるだけ髪の毛への悪影響が少ない食品を食べることが大切です。 高脂肪分の食品やアルコールは良くありませんので避けることをオススメします。 低カロリーの食品の場合は、比較的悪影響が少なくなります。 それは、野菜スープやサラダなどがオススメでしょう。 甘いものが我慢でない時はスイーツを食べるよりも飴玉を一粒舐める方が効果的になります。 どうしても夜の空腹に絶えられないときは、以上のような工夫をすることで、少しでも髪への悪影響を抑えられます。 まとめ 食べた後すぐに寝たことで、髪の毛に直接悪い影響があるわけではありません。 しかし、無防備な髪で無造作に寝てしまうことで、乾燥した髪はよりダメージにつながる恐れがあります。 髪に負担がかかるのは、睡眠時間に髪の栄養補給をしているということです。 そのため、睡眠時間の3時間前までに食事を終わらすことで、消化を助けることができ、髪の栄養補給ができます。 内臓の健康から髪質が変わります。 心がけましょう。

次の

胃もたれに楽な寝方!吐き気や気持ち悪いときの寝る向きと工夫

食べたあと寝る向き

ドゥイヤール博士によると、左向きは一番自然な寝姿だそうです。 身体の左側は、の優位側。 リンパ液はこちら側で排出されます。 リンパ系は、タンパク質やグルコース・代謝物質のような大切な成分や、リンパ節によって濾過(ろか)され、身体の左側に排出されなければならない成分を運びます。 左側睡眠の第1の理由はリンパ系のためであることを覚えておきましょう。 こちらもお読みください: 2. 解剖学上の理由から 昔習ったことで覚えていないかもしれませんが、胃と膵臓は大部分が身体の左側にあります。 左向きに寝ると、消化を助けます。 胃液の流れを正常にし、膵臓酵素の分泌をうながすからです。 このため左向きに寝ると、身体が食物を少しずつ消化するのを助け、右向きに寝たときのようにいっぺんに消化しようとすることを防ぎます。 もうひとつ考慮すべき点は、大動脈は腹部に達するために、心臓から左側にアーチを描くようにして出ていくこと。 つまり、左側を向いて寝ると、心臓は血液を送り出しやすくなり、稼働効率がよくなるというわけです。 こちらもお読みください: 4. 食後の昼寝のため 昼寝を日課としている人、またはたくさん食べたあとにどうしても眠くなる人は、左向きに寝るようにしましょう。 その方が消化にいいからです。 目覚めがよくなり、寝起きのやも防げます。 左を下にして昼寝した後、どんなに気分がよくなるか、試してみてください。

次の