ホロライブ 顔。 星街すいせい中の人身バレ!ダンスの実力やラジオ聴取率も調査!|ぶひチューバ―TV

ホロライブの人見クリス事件面白すぎない?

ホロライブ 顔

Twitterにも似たようなこと書いたんですが、もうちょっと踏み込んで書いてみようと思いました。 問題の経緯については様々な記事考察や憶測が出ておりますので、そちらを参考にして頂ければと思います。 あくまで私見です。 ホロライブ所属ライバーの問題当事者意識の有無について 問題噴出前後、並びに所属元であるカバー株式会社の声明発表後、各ライバーはTwitterや配信で様々な見解、行動を示してきました。 一部では被害者ヅラしてる、当事者意識が無いと言われ、またそれに対しそんな事はない、ライバーは悪くないと全肯定信者が反論し、また他箱(主ににじさんじ)へのアンチ行為や対立煽り、権利者(この場合任天堂)へのヘイトツイート、界隈全体のオワコン説などアビ・インフェルノ・ジゴクの様相を呈してきました。 まぁこの辺の受け取り方は個人の感覚なので(感じるだけなら)自由だと思うのですが、ライバー毎の対応や足並みがズレており、上記の問題に拍車をかけている気がします。 個人的な見解ですが、とりあえず ライバー全員、問題への関与の有無を問わず「形式的な謝罪」を最初に行いそれから個人の所感(お気持ち)表明、活動再開なり休止なりすればよかったと思います。 「ライバーは悪くないので謝罪の必要はない」「所属元が謝罪したので問題ない」といった意見が散見されますが、ここにおける謝罪は 一種のパフォーマンスだと考えています。 Twitterでも同じ例を出しましたが、これは我々がテレビでたまに見る 「ワイドショーや報道番組で誤報道・偏向報道があり問題とされたときに、司会者の芸能人が謝罪する」というのに似ている感覚だと思います。 これは メディアに出ている芸能人が、番組の顔として、果ては所属事務所の顔として謝罪する行為であると捉えていますが、今回のホロライブの問題でもこれは重要で、やるのとやらないのでは初動の印象に差が出たんじゃないかなーと感じております。 初動対応の差、所謂お気持ち表明について 企業所属のライバーとして(企業所属でなくとも重視しなければいけないが)、問題発生時の対応は非常に重要です。 炎上時というのは得てして一挙一動が消火剤にもガソリンにもなりえると考えております。 一部のメンバーを抜粋すると、例えば今回の問題に対しだんまりを決め込み平常運転を行うメンバーがいます。 これを先程のワイドショー司会のくだりで例えると、 誤報・偏向報道の謝罪が番組サイトに貼られたけど、翌日の放送では何事も無かったかのように司会を行う。 本人が誤報に肯定的なコメントをしいていたにも関わらず。 (この場合の肯定的なコメントとは、無許可の収益配信にあたります) といったところでしょうか。 一見すると様子見と取れますが、 問題を知っている視聴者からの印象は悪く「こいつは誤報を助長していたのに謝罪も何もコメントしない」と捉えられてしまいます、これは悪手。 また「企業しっかりしろ!情けない!一緒に協力するから頑張ろ!(意訳)」的なことを言っている人もいますが、これも微妙。 これだけだと正に 当事者意識の欠如を指摘されます、 「自分はしっかりしてたんか」と過去の放送を観ていた勢に突っ込まれかねません。 冒頭に謝罪文でものっければちょっとは違ったんでしょうが、残念ですね。 (その後疑惑の対象になっているシャニマスを収益有でやらなければなお良かった) (名前出しちゃうけど) 癒月ちょこ氏に関してはスケープゴートにされた感が否めないですね。 いかにも叩いてくださいといわんばかりのツイートでしたが、どうなんでしょう。 (もしこれをマジで思ってツイートしたならかなり凄いと思います) また、一部メンバーが「旅に出る」的なツイートと共に活動自粛を行ったようですが、これはまずいと感じます。 これに関し、活動自粛の理由が明確に出されていないことは非常に大きい。 「今回の件を受けまして活動自粛させて頂きます、申し訳ございません」のようなツイートだったらまだしも、 逃げたと捉えられてもおかしくありません。 活動自粛自体は対応として間違っていない、むしろアリだと考えますが、その過程の印象がこれでは…、逃げたというかツイート内容も相まって 「ふざけているのか?」と思われてしまうかもしれませんね。 その他にも、 「会社には感謝してます、会社は頑張ってます」的ツイートとか、「 足並みそろえよう」とだけ極短ツイートする人とか、 問題発覚後にゲーム音楽を生配信で演奏しようとした方もいらっしゃったようですが、被害者ぶるとまではいかずとも、一様にふわふわしているというか、 やはり当事者意識が足りないというのは的を射ていると感じます。 まーたワイドショー司会者の例えなんですが、司会者が 「制作側が、これは正しい情報だって言ってたから報道しただけだし…」とか、 「制作会社やテレビ局しっかりしろよ!」といったスタンスをとっていようなもので。 「いやいやあなたも関係者ですよね?」「あなたこの報道に肯定的なコメントしてましたよね?」って言われるのは当然かと。 このような対応をしようものなら、 ゴシップ大好きな輩、Twitter野次馬、アンチといった勢力に付け込まれるのは自明の理です。 ハッシュタグをつけられ、不名誉なトレンド入りを果たす可能性も大です。 (一時期流行ってた抗議しますハッシュタグ文化はやばかったですね…) 1回の謝罪文がその後の印象を変える 上記のように、個人個人で様々なツイート、お気持ち表明、行動が行われており、結果として事務所・会社だけでなくライバー個人にも批判が行われているのが現状です。 ではどうすれば良かったのか、炎上回避の方法はあるのか?と思いますが、正直、 完全に炎上せず、傷を負わずに乗り切ることは不可能であると考えます。 では、どうすればいいのか。 結局、 傷を最小限に抑えて活動を続けるのが正解なのではないかなぁ、と。 髪の毛燃やされたけど頭皮は無事、みたいな…。 その為の一手が、初動の対応であり形式的な謝罪であると考えます。 一例として、さくらみこ氏のツイートがあります。 反省すべきことは改善して 今後もとまらないホロライブを みこも一人のホロライブメンバーとして 今まで以上に自覚をもって頑張っていこうと思います🌸 リスナーのみんなは、誰かを攻撃せず 見守ってくれるとすごく嬉しいです。 今後ともよろしくお願いします! にぇ🐱 >RT— さくらみこ🌸Sakura Miko sakuramiko35 これにより 「さくらみこは他のメンバーとは違う」と印象付けることに成功していると感じます。 反省といった文を頭に持ってくる事により、自分がマイナスだと宣言した上で火消し、沈静化を図ろうとしていますね。 また、最初にRTでカバー株式会社の謝罪文掲載ツイを出すことにより、この問題に対してのコメントと印象付けています。 明確にこの問題を意識している、これはまずいと思っているとアピールできており、個人的にですが好感を持てます。 これが功を奏してか、このツイートを行った結果、Twitter批判民に「 さくらみこ以外は当事者意識に欠けている」とまで言わしめています。 (まぁちょっとノリが軽いと言われちゃいそうですが、他より大いにマシ) 他にも、ホロスターズマネージャーの大道シノヴ氏のツイートがこちら ご心配とご迷惑をお掛けして申し訳ございません。 昨夜、ページが落ちてしまってご覧できなかった方もいらっしゃると思いますので、改めて御一読頂けますと幸いでございます。 — シノヴ ホロスターズマネージャー daidoushinove これでいいんだよこれで、と言えるようなテンプレツイートですね。 粛々とした謝罪文、問題元の引用、1回このツイートを挟むだけでだいぶ違ったのに、 シノヴ氏ができて何故会社全体で出来なかったのか…と悔やまれますね。 特にシノヴ氏は本来裏方ですので、裏方同士で連携とって演者に周知徹底できなかったのか…と。 また、シノヴ氏がマネージャーを務めるホロスターズメンバーも、似たようなツイートを投稿しているメンバーがいるので、 ホロスタとホロライブの対応の差が、ホロライブメンバーの意識問題に拍車をかけているように感じます。 メンバー個人個人の権利に対する意識改革が必要 私も仕事でアニメ・ゲーム作品といったコンテンツを、権利者・版権元からお借りして仕事をしているのですが、業務上で最も重要なことの一つは 「版権元は絶対存在」です。 今回の任天堂のガイドラインもそうですが、 版権元がいかなる規制や対応を行おうとも利用させて頂いている以上は「それが絶対」なのです。 BtoBで行っているなら尚更で、 所属している個人個人がその認識を徹底して大事にしなければならないと考えています。 そして、その認識があるのであれば、自分が行った事が版権元に対し後ろ暗い事だと認識していれば、形だけでも「謝罪」とう体は取れたのではないかと。 今回のように暗に「会社がOK出したから…」みたいな雰囲気を出し、「他人事だと思ってる」などといった批判は回避できたと断言できます。 この辺は、やはり会社の責任といいますか、コンプライアンス研修とかしっかりやってるの?と突っ込まざるを得ないです。 権利関係はややこしく、下手をすれば会社としての事業を失いかねないので、その事業に携わっている以上、ライバー一人ひとりが今回の事態の重大さを認識する必要があるでしょう。 ニコ生で個人でゲーム実況をしている時とは違う、企業の事業としてやっている、自分は企業に在籍する者で、メディア露出するアイドルだという認識を。 おわりに ここからは今回の問題に対する、個人の感想です。 今回の件で一番可哀そうなのは、いちからだと思うんですよ。 正直どの箱のライバーも、過去の配信を突っつけば規約違反、権利侵害と捉えられるアーカイブはあると思います。 (現にホロはマリオカート等の収益ありアーカイブを非公開にしている模様) そんな中、一時期から問題を感じたのか、スパチャ切ったり該当企業のゲーム配信停止して、権利取れるよう任天堂に働きかけたいちから。 競合相手には違反収益配信で利益がっぽり持ってかれ、自社の人気ライバーは配信停止を嘆き一度引退、ライセンス取ったらホロライブとの対立煽りに利用され、ホロ信者からは叩かれ粗探しをされ…。 まぁそんな地獄ですが、いちからが行動を起こしたことにより、一部のファンがにじやホロに苦言を呈したり、疑惑を投げかけたのは良い事だと感じます。 「許可とって無いわけないじゃん」といったライバーや信者がいるようで、なんでも杞憂おじさんとか馬鹿にされていたようですが、 彼らのような杞憂おじさんは界隈の白血球だと思っております。 ドロドロに濁り切ったVTuber界隈という体の中で、自浄作用を促す、悪いウィルスを狩ろうとする白血球。 彼らが苦言を呈す・叩く動機は、Vが好きだから、不安だから、燃やしたいからと、色々あると思いますが、少なくとも 彼らの意識が視聴者の間に広がり、今回の問題を浮き彫りにしたのではないでしょうか。 信者になる、アンチになるといった感情の向け方は個人個人の自由であると考えますが、 彼らのような存在が界隈をいい方向に引っ張って行くのではないかと感じます。 まぁ結果としてホロライブ全体の認識はガバガバだったと露見したわけですが、わかって良かったじゃんと。 そっからの変化を期待するもよし、ほかの箱に離れるもよし、V界隈から離れるもよし…。 今回の件は、企業・ライバー・視聴者それぞれが問題を認識し、急速に巨大化したV界隈、ホロライブをクリーンに削ぎ落していくいい機会ではないでしょうか。 例え大好きでも、信者と呼べるような入れ込みようでも、ダメなものはダメ、悪いことは悪いと認識し、しっかり指摘してあげることは、企業やライバーにとって必ずプラスになるはずです。 長くなりましたが、以上です。 あっ、全肯定信者にだけはなるなよ!絶対だぞ!!.

次の

しぐれうい(漫画家)の顔は?実写は?ホロライブやウィクロス、既婚も!

ホロライブ 顔

カテゴリー• 180• 297• 342• 311• 210• 356• 675• 337• 4761• 366• 599• 4353• 2254• 1748• 511• 465• 2902• 985• 1287• 1158• 1576• 4208• 8368• 310• 385• 360• 500• 373• 251• 644• 401• 140• 429• 309• 400• 548• 504• 481• 400• 542• 532• 182• 363• 439• 471• 310• 1415• 730• 1097• 3265• 1610• 658• 161• 488• 109• 276• 1516• 136• 688• 232• 703• 2164• 200• 4864• 307• 358 リンク TOP絵頂きました スポンサー.

次の

しぐれうい(漫画家)の顔は?実写は?ホロライブやウィクロス、既婚も!

ホロライブ 顔

この記事に書いてあること• ソロデビュー組 初期のメンバーやデビュー時期がことなるメンバーのことを「0期生」とか「無印組」なんていうけど、光太郎的には「ソロデビュー組」ってことで分類しているよ! AZKi もともとは歌い手のnayuta。 当時は一期生のなかでも夜空メルが先行して配信を開始していたんだ。 白上フブキ ニコ生主の「もるにゃう」と言われていよ。 声などがそっくりで信ぴょう性が高いうえに、某掲示板やTwitter上でも多くのリーク情報が出ているんだ。 前世で活動していた当時から毒舌やセンシティブな内容が多かったし、笑い方も似ていたんだ!のちに、専門学校に通っていたことも特定され、本名もバレている。 前世の時にvtuberになることを示唆していて、前世のファンを誘導してチャンネル登録者を増やしていたことが確認されたことも特定原因だね。 現在も前世の個人活動は継続しているよ。 湊あくあ 声がそっくりなことや、前世から趣味趣向が似ていることも原因で、前世のアカウントは現在は稼働していないね。 でも、歌ってみた動画を一つだけ残すなどしていることから事務所の指示である可能性が高いって噂になっているね。 だったみたいだね。 紫咲シオンの活動が開始すると、くろあ。 が休止。 紫咲シオンが休養期間に入ると、くろあ。 現在も不定期で個人の活動も継続していることから、ホロライブが前世の活動に寛容なことが判明したね。 ここから、声がそっくりのvtuberは姉だと言われているね。 人気コンビで配信活動をしていたvtuber由縁アヤだったけど、由縁ミナが引退したことから解散し自身も引退。 その後にホロライブに転生って流れだね。 にじさんじの加賀美ハヤトやアルス・アルマルと関係があったことから噂になっているね。 現在は、個人活動は休止状態だね。 白銀ノエルと不知火フレアが同じ週(2019年8月7と8日)にデビュー。 宝鐘マリンが最後のデビューになったんだ。 かなり声優にあこがれていたのかアフレコ動画や歌ってみた動画なんかも多く投稿されていたんだ。 かなり注目を集めているから人気メンバーが出てきそうだね(笑) 桐生ココ 英語の発音や、独特の日本語、声質から有名配信者のksonとすぐに特定されたんだ。 天音かなたがデビューする前に「のぞむ」のフォロワーに対してvtuberとしてデビューすることを示唆していた。 過去に耳の病気で活動を休止していたこともある。

次の