業務 スーパー ジャン ツォン ジャン。 業務用スーパーの超お気に入り☆葱油餅(薄焼き餅)

業務用スーパーの超お気に入り☆葱油餅(薄焼き餅)

業務 スーパー ジャン ツォン ジャン

業務スーパーで買える調味料。 今回は「姜葱醤(ジャンツオンジャン)」編です。 見た目は生姜の酢漬けみたいな感じで味が想像できません。 ただ実際は生姜のネギ油漬けといった感じです。 風味は強いですが、味自体は強くないのでかなりいろんな料理に合わせやすいと思います。 姜葱醤(ジャンツオンジャン)とは? 業務スーパーで買える調味料です。 名前に生姜の文字があり、透明な液体なので最初は生姜の酢漬けっぽいイメージです。 開けるとこんな感じ。 なめてみると生姜のネギ油漬けといった感じでした。 中身は• 植物油脂• ネギ油• しょうが• チキンエキス... などです。 生姜はいちいちミジン切りにしたりすりおろすのは面倒ですから、この姜葱醤で代用すると結構らくちんです。 手につかないようにしましょう。 早めに使い切るようにしましょう。 といったところです。 姜葱醤(ジャンツオンジャン)のアレンジレシピは? たいていのものにあうと思います。 ここでは実際に試したものを中心に紹介していきます。 焼きそば まずは普通にマルちゃんの焼きそばに挑戦です。 油、そば、肉に加え、姜葱醤も早めに投入。 下の写真で、生姜のところはすべて姜葱醤です。 あとはそのまま焼きそばを作るだけ。 食べてみると、かなり生姜の風味が押し寄せてきます。 味は多少甘みが流れ出ているかなという感じはしましたが大きくは変わりません。 なので、 味変まではいきません。 しかし普段の焼きそばがかなり「風味変」で食べれます。 肉団子トースト 肉団子トーストは、総菜コーナーで売られている肉団子をトーストにはさんで食べるというものです。 手軽でめちゃくちゃおいしいのでうちではよく食べています。 今回はバターをパンにぬるかわりに、姜葱醤を塗るやり方をしてみました。 生姜と肉団子の相性はよかったので、結果的には全然おいしかったです。 チャーハン 油をひき、そこに姜葱醤を少量加えます。 量はお好みですが、最初は入れすぎないほうがいいと思います。 せっかくなので味付けは業務スーパーのチャーハンの素を利用。 あとは卵とご飯を加えて仕上げます。 チャーハンとの相性もいいです。 おすすめ。 鶏のから揚げ 今回は下味に使用... ではなく、出来合いのとりからを購入してきました。 姜葱醤をポン酢に入れ、とりからをつけて食べました。 鶏のから揚げは生姜ともともと相性がいいですし、十分いける使い方です。 下味で使ってもかなり時短になると思います。 カツオのたたき カツオのたたきといえば生姜醤油が定番です。 生姜醤油のかわりに、姜葱醤と醤油でカツオのたたきをいただきます。 姜葱醤の油分が気になるかと思ったらそういうことはありませんでした。 普通に生姜醤油のような感じでおいしいです。 生姜をいちいちすりおろおすのが面倒!... という場合には姜葱醤ですませてしまうのはありだと思います。 タコ飯は、炊飯釜に米・酒・白だし・姜葱醤・水も投入。 あとは「たこぶつ」を数つまみ入れて炊飯すればOKです。 これは手軽でおいしそうですね。

次の

【レビュー】油条(中華揚げパン)を中華粥(雑炊)に/業務スーパー

業務 スーパー ジャン ツォン ジャン

どうしても揚げパン入りの中華粥が食べたかった! 若い頃はよく横浜中華街に行っては中華粥を食べたものですが、20年くらい前からめっきりご無沙汰。 その存在も忘れかけていたのですが、ここ数年、やたらと食べたくなっちゃって・・・ そこでYOUKIの貝柱だしを購入し中華粥を作ろうと思ったのですが、やはりあの中華街で出てくるような、揚げパンを入れた中華粥が食べたい! でも近所のスーパーじゃ見かけないし、ネット通販で買えることは知っていましたが、そこまで何がなんでも食べたいわけじゃないというくらいの、中途半端な欲求で^^; ところがここ1年くらいだと思いますが、近所の業務スーパーで油条(中華揚げパン)を見かけるようになりました。 大きさが分かりやすいように、お馴染みのチューブからしと比較してみました。 半分に折ったところもご覧ください。 わりとスカスカしています。 焼き色はつけなくてもいいけれど、やはり焼かなくてはなりません。 残りはそのまま食べてみましたが、焼き過ぎなければもっと食感が良く美味しかったんだろうな~と思いました>< ただ、ちょっと脂っこいので、お腹が空いてない時や胃もたれしている時には合わないかもしれません。 バターをつけてもいいのでしょうが、元々が揚げパンなので、しつこくなるかもしれません。 あ、食パンと同じ味という意味ではありませんよ。 食パンと比べると、極々わずかにほんのすこーーーしだけ、甘さもしょっぱさも感じられます。 冷たいアイスクリームと熱々の揚げパンの上に蜂蜜がかけてあり、美味くいただきました。 温度差のコントラスト、良かったですよ~ 中国圏のメジャーな朝食として「ドウジャン」がありますが、これは豆乳に揚げパンを浸したお料理です。 とはいっても、お粥とは本来多めの水で米から炊くものなので、これは「雑炊」ですね。 業務スーパーが近くになかったり、あっても取り扱いが無い場合、ネット上に油条の手作りレシピも載っていましたので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか。 今度はちゃんと具材入りの中華粥(また雑炊になるかも^^;)を作りたいと思います。

次の

「もうこれだけでうまい」ネットも編集部も納得の調味料、250円以下で。 : 東京バーゲンマニア

業務 スーパー ジャン ツォン ジャン

どうしても揚げパン入りの中華粥が食べたかった! 若い頃はよく横浜中華街に行っては中華粥を食べたものですが、20年くらい前からめっきりご無沙汰。 その存在も忘れかけていたのですが、ここ数年、やたらと食べたくなっちゃって・・・ そこでYOUKIの貝柱だしを購入し中華粥を作ろうと思ったのですが、やはりあの中華街で出てくるような、揚げパンを入れた中華粥が食べたい! でも近所のスーパーじゃ見かけないし、ネット通販で買えることは知っていましたが、そこまで何がなんでも食べたいわけじゃないというくらいの、中途半端な欲求で^^; ところがここ1年くらいだと思いますが、近所の業務スーパーで油条(中華揚げパン)を見かけるようになりました。 大きさが分かりやすいように、お馴染みのチューブからしと比較してみました。 半分に折ったところもご覧ください。 わりとスカスカしています。 焼き色はつけなくてもいいけれど、やはり焼かなくてはなりません。 残りはそのまま食べてみましたが、焼き過ぎなければもっと食感が良く美味しかったんだろうな~と思いました>< ただ、ちょっと脂っこいので、お腹が空いてない時や胃もたれしている時には合わないかもしれません。 バターをつけてもいいのでしょうが、元々が揚げパンなので、しつこくなるかもしれません。 あ、食パンと同じ味という意味ではありませんよ。 食パンと比べると、極々わずかにほんのすこーーーしだけ、甘さもしょっぱさも感じられます。 冷たいアイスクリームと熱々の揚げパンの上に蜂蜜がかけてあり、美味くいただきました。 温度差のコントラスト、良かったですよ~ 中国圏のメジャーな朝食として「ドウジャン」がありますが、これは豆乳に揚げパンを浸したお料理です。 とはいっても、お粥とは本来多めの水で米から炊くものなので、これは「雑炊」ですね。 業務スーパーが近くになかったり、あっても取り扱いが無い場合、ネット上に油条の手作りレシピも載っていましたので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか。 今度はちゃんと具材入りの中華粥(また雑炊になるかも^^;)を作りたいと思います。

次の