盛岡 市 ハザード マップ。 最新版「盛岡防災マップ」完成 情報面充実、災害に対する備え促す

岩手県盛岡市の防災ハザードマップ一覧

盛岡 市 ハザード マップ

盛岡市ではハザードマップを公開していますが、その存在を知っていても見た ことがあるという方は少ないのではないでしょうか。 盛岡市では地震、土砂災害、水害、火山災害が懸念され、中でも土砂災害については、ハザードマップが用意してあります。 岩手県が調査した、土砂災害警戒区域内についての地図で、土砂災害が起きたときの避難場所や避難経路など必要事項を地図に記入したものになります。 その他にも土砂災害情報の伝達方法、避難場所に関する事項など、緊急時に円滑な避難や警戒をするための事項が記載されています。 周辺に傾斜地や崖、河川などがある場合、一見大丈夫そうでも特別警戒区域に指定されている場合もあります。 盛岡市で生活するなら、一度は確認をしておきたいですね! 盛岡市で生活するならハザードマップはどこで見られてどんな準備が必要? ハザードマップは盛岡市のホームページや盛岡市役所にて確認できます。 その時に避難経路の途中に危険な箇所が無いか、土砂崩れなどが起きそうな場所が無いか、よく確認します。 もし、避難経路にそのような場所が有るならば別のルートを検討するべきですし、場合によっては他の避難所も確認した方が良いでしょう。 自宅が土砂災害特別警戒区域内にある場合は特に注意が必要ですが、そういった区域に隣接している方や区域外の方も充分注意が必要です。 そして、避難に際して持ち出し品などの準備もお忘れなく! 盛岡市にて生活するならば、ハザードマップをよく確認しておき、災害などが起きた緊急時のための準備をしておきたいですね。

次の

盛岡市で生活するならばハザードマップを確認し災害時の準備をしよう|盛岡の賃貸情報|(株)NEXTリビング

盛岡 市 ハザード マップ

岩手県盛岡市の概要 人口 288,816 人 世帯数 135,340世帯 1世帯当たり人員 2. 13人) 電車情報 盛岡駅:JR東北本線・JR田沢湖線・JR山田線・JR秋田新幹線・JR東北新幹線・IGRいわて銀河鉄道 好摩駅:JR花輪線・IGRいわて銀河鉄道 出典: 平成31年4月調査 岩手県の人口世帯数 岩手県推計人口 1,241,279 人 岩手県世帯数 525,800世帯 1世帯当たり人員 2. 36人 出典: 平成31年4月調査 盛岡市の住環境 豊かな森に囲まれ、あふれ出る清らかな水に恵まれた街、盛岡市は、岩手県の県庁所在地、中核市に指定されています。 東北地方の太平洋側に位置し、気候区分的には太平洋側の気候。 内陸性気候であり、昼間と夜間、夏と冬の気温の較差が大きいのが特徴。 自然環境に恵まれる盛岡市で、注文住宅の新築を考えている方は、是非、参考にしてください。 岩手県盛岡市で住宅新築に使える補助金 盛岡市では東日本大震災により被災した盛岡市内の住宅及び宅地の早期復興を支援するため、利子の補給及び工事費の補助を行っている。。 上限は、複数世帯100万円、単数世帯75万円。 一般の新築住宅補助金は、現時点では、ありませんが、長期優良住宅の計画認定を取得した住宅は、所得税、登録免許税、不動産取得税、固定資産税の優遇や、住宅ローン減税などが受けられます。 詳しくは、 をご覧ください。 また全国で使える補助金制度を以下の記事で紹介しています。 合わせてご覧ください。 岩手県盛岡市を施工エリアとする注文住宅建築・建設業者5選 工務店 株式会社 建築のフジサワ 5つ星ZEHビルダー 本社住所 〒022-0001 岩手県大船渡市末崎町字石浜39-1 電話番号 ホームページ 創立 1995年10月 工法 スーパーウォール工法・木造在来軸組 資本金 300万円 耐震性 耐震等級3 標準仕様 業務内容 ・建築工事全般・住宅の新築・改修、修繕等リフォーム工事全般 注力 自然の力を使ったZEH・LCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)住宅 問い合わせ 特徴 ・「長期優良住宅」標準仕様 ・FFCテクノロジー[注]活用による健康的な住空間 [注] FFC(水溶性二量体鉄塩)を、建材の中に含まれている水分に含浸させる技術。 化学物質を分解除去、その害を最小限に抑え、カビや感染菌などの病原性微生物の繁殖を抑制する。 FFCテクノロジーとは、三重県の赤塚グループが開発・推進する技術。 出典: ハウスメーカー パナソニック ホームズ株式会社 5つ星ZEHビルダー 住所 本店営業部 〒560-8543 大阪府豊中市新千里西町1丁目1番4号 電話番号 ホームページ 創立 1963年7月 工法 テクノストラクチャー工法制・ 震鉄骨軸組構造(HS構法)。 鉄骨加工の大部分を工場で作り、現場で組み立てる。 柱や梁以外の部分以外は木材(基礎部分・現場での作業は下請け企業の腕次第) 資本金 283億7,592万円(2018年3月末日現在) 耐震性 耐震等級3 業務内容 建築請負部門 : 戸建住宅・賃貸集合住宅などの建築工事、 リフォーム工事の請負および施工 不動産事業部門 : 分譲用土地・建物およびマンションの販売、 不動産の仲介・賃貸管理 住宅システム部材販売部門 : 工業化住宅のシステム部材の製造および販売 注力 パナソニックグループ製品を多く使用。 機器が自動で省エネ制御、無理なく節電。 エアコンや照明、電動シャッターなどの対応機器を遠隔操作。 複数の対応機器をまとめて遠隔操作できるスマートHEMS搭載の快適な暮らし。 優良住宅・ZEH・ライフサイクルカーボンマイナス(LCCM)住宅。 問合わせ 特徴 ・部屋ごとの温度差を低減。 ・超高性能「HEPAフィルター」搭載。 外部から取り込む空気も室内を循環する空気も、徹底的に浄化。 ・ 外壁は、オリジナル光触媒タイル「キラテック」。 セルフクリーニング効果をもつ地震に強い構造。 剥がれや脱落も少ない。 60年の高耐久性を確認している。 パナホームの個性を生かすエコ・省エネ・ZEH仕様の健康住宅に力を入れている。 35年あんしん初期保証をつけ、アフターケアにも注力。 株式会社ルームクラフト 住所 〒020-0866 岩手県盛岡市本宮4-44-22 電話番号 ホームページ 注文住宅建築のディアホームは岩手県盛岡市・花巻市・北上市を中心に「遊びをdesign」をテーマに、自由設計デザイン住宅を提案している。 同社が得意とするのは全館空調住宅。 これは、 エアコン1台で冬も夏も快適な高気密・高断熱住宅・燃費のいい家づくりだ。 展示場を訪ね、同社ので機能的な家づくりを体感してもらいたい。 盛岡市で注文住宅を建てる。 注文住宅、建築業者の選び方は? 盛岡市で一戸建ての注文住宅を建てたい。 でも、住宅新築に際し、地元の工務店にするのか、個性ある家づくりを設計事務所に依頼するのか、知名度の高いハウスメーカーにお願いするのか。 注文住宅を建築する業者の選び方に悩む方は多いものです。 そんな時には、まず、ご家族にとって譲れない希望事項。 一番大切な新築住宅のポイントは何か?を話しあってみませんか。 詳しくはこちらをご覧ください。 【ZEH補助金をGET】誰でもわかるZEH 注文住宅! 詳細はこちらです。 岩手県を施工エリアとする新築注文住宅ZEHビルダー一覧 一覧表を掲載しています。 ご参照ください。 岩手県盛岡市を施工エリアとする注文住宅建築・建設業者一覧 会社名 電話番号 住所 岩手県盛岡市本宮4-44-22 岩手県盛岡市向中野字道明93-14 シュガーホーム/盛岡店 〒020-0866岩手県盛岡市本宮6丁目26-15 タマホーム株式会社盛岡支店 〒020-0857岩手県盛岡市北飯岡4丁目1-5 〒020-0034岩手県盛岡市盛岡駅前通3-53 東日本ハウス株式会社/本社 〒020-0062岩手県盛岡市長田町2-20 〒020-0824岩手県盛岡市東安庭2丁目4-15 〒020-0021岩手県盛岡市中央通2丁目10-20-3F エス・バイ・エルの住まい盛岡 〒020-0024岩手県盛岡市菜園1丁目11-4 東北ミサワホーム株式会社盛岡支店 〒020-0051岩手県盛岡市下太田下川原45 パルコホーム/盛岡北支店 〒020-0137岩手県盛岡市天昌寺町8-25 〒020-0114岩手県盛岡市高松3丁目4-13 積水ハウス株式会社岩手支店 〒020-0866岩手県盛岡市本宮5丁目16-35 〒020-0503 岩手県岩手郡雫石町七ツ森182-6 住友林業株式会社住宅事業本部盛岡支店 〒020-0851岩手県盛岡市向中野3丁目10-23 岩手県九戸郡洋野町大野8-83-1 〒020-0857岩手県盛岡市北飯岡1丁目1-82 株式会社土屋ホーム岩手支店 〒020-0851岩手県盛岡市向中野7丁目1-32-101 株式会社ヒルトホーム 〒020-0044岩手県盛岡市城西町10-20 フジ住建株式会社 〒020-0126岩手県盛岡市安倍館町18-24-802 有限会社プレゼンハウス 〒020-0146岩手県盛岡市長橋町14-41 無添加住宅HNH 〒020-0807岩手県盛岡市加賀野2丁目8-15 株式会社D・LIFE 〒020-0851岩手県盛岡市向中野7丁目18-1 ダイナステージ株式会社 〒020-0021岩手県盛岡市中央通3丁目17-21 株式会社北洲ハウジング事業部盛岡支店 〒020-0851岩手県盛岡市向中野7丁目15-40 アーキテクトハウジング株式会社 〒020-0016岩手県盛岡市名須川町18-4 コンパスホーム 〒020-0838岩手県盛岡市津志田中央1丁目3-28 セキスイハイム東北株式会社北日本支店 〒020-0837岩手県盛岡市津志田町3丁目7-23 〒020-0836岩手県盛岡市津志田西1丁目17-33 株式会社和村住まい相談室 〒020-0132岩手県盛岡市西青山1丁目16-20 有限会社ユーロハウス 〒020-0837岩手県盛岡市津志田町3丁目1-27 ハグハウス盛岡 〒020-0121岩手県盛岡市月が丘3丁目51-17 〒020-0146岩手県盛岡市長橋町17-46 〒020-0015岩手県盛岡市本町通3丁目5-8 北日本ホーム株式会社 〒020-0122岩手県盛岡市みたけ3丁目37-19 株式会社土屋ホーム岩手支店 〒020-0851岩手県盛岡市向中野7丁目1-32-101 株式会社北洲ハウジング事業部盛岡支店 〒020-0851岩手県盛岡市向中野7丁目15-40 〒020-0866 岩手県盛岡市本宮7丁目7-41 株式会社ヒルトホーム 〒020-0044岩手県盛岡市城西町10-20 パルコホーム/本社 〒020-0857岩手県盛岡市北飯岡1丁目1-82 〒028-6106 岩手県二戸市仁左平字舘原25-2 タマホーム株式会社盛岡支店 〒020-0857岩手県盛岡市北飯岡4丁目1-5 株式会社シリウス本社 〒020-0824岩手県盛岡市東安庭2丁目12-15 〒020-0864 岩手県盛岡市西仙北二丁目7番8号 〒020-0011 岩手県盛岡市三ツ割2丁目1-14 株式会社ハシモトホーム盛岡支店 〒020-0866岩手県盛岡市本宮5丁目9-10 まとめ 盛岡市で一戸建ての注文住宅を建てたい。 でも、住宅新築に際し、工務店にするのか、ハウスメーカーにお願いするのか。 注文住宅建築を依頼する業者さん選びは、判らない事が多く、不安を感じるものです。 3つのステップをご提案致します ステップ1 資料請求で相場感を得る 希望する注文住宅新築にはどの程度の資金が必要か。 まず、相場感覚を掴みましょう。 気になるハウスメーカー・工務店数社から見積もりとプランをが便利です。 ZEHビルダーから見積もりとプランをお取り寄せ ステップ2 大切なチェックポイントを質問する 次に『盛岡市を施工エリアとする注文住宅建築業者・注文住宅建設業者一覧』、『新築注文住宅 ZEHビルダー一覧』を使い、気になる ハウスメーカーさんや、地元の工務店さんを選び、Emailで連絡。 各社の家づくりについて、問い合わせてみましょう。 新築住宅の外観、インテリア、機能性についてはホームページでチェックできます。 ここで、重要なチェックポイントは、 企業として新築住宅の見えない部分の品質をどのように管理し、施主の利益を守ってくれるのか。 ここになると思います。 ・家づくりのプロセスについて説明してもらいたい。 ・御社の社内品質管理体制や、社内検査体制について説明してもらいたい。 ・社内での検査状況の写真や記録を工事進捗に沿い、報告してもらえるか? ・施主として第三者を雇い、インスペクションを希望するが、対応してもらえるか?等 ステップ3 個別相談とモデルハウス見学 質問の回答や、業者さんの対応をみて、 信頼感を持てた業者さんを数社選び、実際にお会いしてみましょう。 モデルハウスを訪れ、住環境を体感したり、個別面談で、予算と希望事項を詳しく伝え、見積もりや間取り図を作成してもらう。 数社を比較。 信頼でき、ご家族の希望に最も沿った提案をしてくれた業者さんを選ぶ。 この3つのステップを踏む事で、施主側にとり、初めて納得のゆく建築業者さんを選ぶ事が可能になるではないでしょうか。 最後に 工務店・ハウスメーカー・設計事務所。 どちらの業者さんに連絡を入れても、まずは、個別相談の予約を求められたり、イベントやモデルハウスへの参加を求められます。 つまり、業者さんにとって都合の良い、施主にプレッシャーをかけられるステップ3から、入れという事ですね。 とんでもない! 施主にとっては、この3つのステップを踏む事で、はじめて、納得のゆく、信頼できる新築注文住宅の建築を依頼する業者さんを選ぶ事ができます。 大きな投資になるのですから、くれぐれも慎重に。 あなたの夢我が家を実現してくれる信頼できる建築業者さんを選び、注文住宅の新築を実現してください。

次の

岩手県盛岡市永井のシンプル地図(縮尺8)

盛岡 市 ハザード マップ

[広告] 冊子状で、防災ガイドブックとしても使用できるように作製。 メインとなる防災マップ面には洪水災害・土砂災害に関する警戒区域や早期の避難が必要な区域、浸水時の深さの目安を色分けなどで記載。 避難所の場所や区域ごとの避難方向、洪水時に危険箇所となるアンダーパスや地下道の位置も示した。 市危機管理防災課課長の廣田喜之さんは「山があり川がある盛岡は、さまざまな災害が起こることが考えられる。 例えば、地震のときは利用できる避難所も洪水のときには利用できないことがある。 災害時に落ち着いて行動するためにも情報を活用してほしい」と話す。 最新情報に加えて、防災に関する情報面を強化。 自然災害から身を守るために必要な準備について、「備える」「学ぶ」「考える」の3つのステップで解説する。 「備える」では家族の連絡先、生年月日などを書き込める欄や、非常持ち出し品・備蓄品のリストを掲載。 「学ぶ」のページには市から発信する避難情報の種類や情報確認の方法についてまとめ、「考える」では災害の危険性を自宅や職場といった場所ごとに確認するチェックリスト、市内で想定される災害についての情報、各災害に対する避難行動ガイド、避難場所・避難所の一覧を掲載する。 廣田さんは「自宅にいるときとほかの場所にいるときで避難行動も違ってくる。 『まだ大丈夫』と油断してしまう人も多い。 市民の皆さんが情報の意味を理解し、正しい判断や行動につなげるツールとして使ってほしい」と話し、「万が一に備えて大切に取っておいてもらうことはもちろん大切だが、定期的にマップを開いて自然災害について考えてもらいたい」と呼び掛ける。 マップは市内の全世帯へ順次配布するほか、市のホームページでも公開している。

次の