サプライ チェーン の 毀損 へ の 対応。 日本企業のサプライチェーンの正しい見直し方、コロナで脆弱性露呈

【5月1日最新版】最大100万円補助!小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>徹底解説

サプライ チェーン の 毀損 へ の 対応

小規模事業者が行う、サプライチェーンの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備に対し補助します。 この補助金においては、2月18日以降に発生した経費への遡及適用、前年同月比20%以上売上減少している事業者等に対する概算払い制度が講じられています。 【対象者】 小規模事業者 (常時使用する従業員が20人以下の法人・個人事業主。 ただし、商業、サービス業 宿泊業、娯楽業を除く は5人以下。 ) 【対象事業】 経営計画に基づき、商工会・商工会議所の支援を受けながら実施する、新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えるための販路開拓等の取組であって、補助対象経費の1/6以上が、「サプライチェーンの毀損への対応」、「非対面型ビジネスモデルへの転換」、「テレワーク環境の整備」に関する投資であるもの。 (会員・非会員問わず応募可能です。 ) まずは、最寄りの商工会・商工会議所へ連絡してください。 企業全般補助金 182• 創業補助金 15• 企業誘致補助金 8• 製造業補助金 23• 環境・エネルギー補助金 8• 商業・サービス業補助金 23• 人材育成補助金 6• 人材確保補助金 6• 待遇改善補助金 9• 融資 50• その他・税制優遇 26 各種サービス• 講演会 5• 実践 7• 小規模 8• 各種相談 51• 専門家派遣 24• 商談会・展示会 20• ビジネスマッチング 21• 人材マッチング 17• セミナー・研修 46• 認定・表彰 4• 情報発信 9• 税制優遇 6• その他 22 業種別.

次の

新型コロナウイルス 第2弾の緊急対応策の内容

サプライ チェーン の 毀損 へ の 対応

4月28日より令和2年度補正予算で「小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>」の公募が開始されました。 新型コロナウイルスによる影響を受けていない小規模事業者はほとんどいないかと思いますので、こちらの補助金を上手に活用して集客・売上の回復を目指しましょう。 補助上限額:100万円 新型コロナウイルス感染症の影響で売上が下がってしまった事業者を救済するための補助金で、4月中旬頃〜従来の持続化補助金とは別に発表されました。 従来の持続化補助金(以下、一般型と記載)との大きな違いは下記の通りです。 一般型との違い2:2月18日以降に発生した経費が遡及適用 補助金の対象となる経費の発注・契約・支出行為は、「補助金交付決定通知書」受領後から可能となるのが従来のルールですが、今回の公募 コロナ特別対応型 においては、特例として 2020年2月18日以降に発生した経費を遡って補助対象経費として認められるようになりました。 また、2020年2月18日以降に開業した者は、開業日以降に発生した経費に限り、補助対象経費として認められます。 一般型との違い3:概算払いによる補助金の即時支給が可能 従来の小規模事業者持続化補助金の場合は全ての事業計画書に記載した事業が終了した時点で補助金が振込、という形でしたが今回は資金繰りで事業者の負担を減らすために 特例として概算払いによる即時支給が認められています。 なお、創業 1 年未 満のため前年同月との比較ができない場合は、創業後申請する月の前月までの間の任意の 連続する3ヵ月間の月平均売上高と当該期間の最終月または当該期間以降の任意の1ヵ月 の売上高との比較により対応) 《コロナ対応型》小規模事業者持続化補助金の申請対象になる条件 従来の小規模事業者持続化補助金は《集客・宣伝》を主として補助金を活用することができましたが、こちらの《コロナ対応》の場合は集客・宣伝のための取り組みに加えて《サプライチェーンの毀損(きそん)への対応》《非対面型ビジネスモデルへの転換》《テレワーク環境の整備》が条件としてプラスされます。 具体的には下記の通りです。 サプライチェーンの毀損(きそん)への対応 (実施例)• 外部からの部品調達が困難であるため、内製化するための設備投資• 製品の安定供給を継続するため、設備更新を行うための投資• コロナの影響により、増産体制を強化するための設備投資• 他社が営業停止になったことに伴い、新たな製品の生産要請に応えるための投資 非対面型ビジネスモデルへの転換 (実施例)• 店舗販売をしている事業者が、新たにEC販売に取り組むための投資• 店舗でサービスを提供している事業者が、新たにVR等を活用してサービスを提供するための投資• 有人で窓口対応している事業者が、無人で対応するための設備投資• テレワーク環境の整備 (実施例)• WEB会議システムの導入• クラウドサービスの導入 上記いずれかの施策に取り組む事業者に対して、この補助金が支給されるということです。 「単に商品やサービスの認知度を上げたい」という場合は、この《コロナ対応の小規模事業者持続化補助金》ではなく《》を活用するようにしましょう。 全額が下記に該当する必要はなく、 補助対象経費の6分の1以上 が 以下の要件に合致する小規模事業者であれば大丈夫です。 (例)ホームページや販促物の作成(120万円)+ウェブ会議システムの導入(30万円)=総額150万円の内100万円を補助 5. 補助金の支給対象となる事業計画(販路開拓等) 上記の《サプライチェーンの毀損(きそん)への対応》《非対面型ビジネスモデルへの転換》《テレワーク環境の整備》に加えて、販路の開拓事業や、業務効率化(生産性向上)のための事業であることが条件となります。 販路開拓の取り組み例• 新たな販促用のチラシ制作(デザイン費・印刷費)• 宣伝広告用のパンフレットやリーフレットの制作• 販促用のプロモーション活動(ネット広告・チラシ配布)• ブランディングの専門家による新商品開発に向けた指導やコンサルティング• 新たな販促品の調達・配布• 動画を活用したプロモーション活動• 商品パッケージ(包装)のデザイン改良• 新たな顧客獲得に向けたチラシのポスティング• 国内外の展示会・見本市への出店• 新商品開発に伴う専門家からのコンサルティング• ネット販売システムの構築 など 業務効率化(生産性向上)の取り組み例• ブランディング・業務改善の専門家からの指導・助言(コンサルティング)• 新たに労務管理システムのソフトウェアを購入し、人事の効率化• 会計ソフトを購入し、決算業務の効率化 など 7. 補助の対象となる経費• 広報費• コンサルティング費• 外注費• 依託費• 機械装置等費• 展示会等出展費• 開発費• 資料購入費 他にも、ウェブサイト作成や更新、チラシ・DM・カタログの外注や発送、新聞・雑誌・インターネッ ト広告、看板作成・設置、試供品 販売用商品と明確に異なるものである場合のみ 、販促品 商品・サービスの宣伝広告が掲載されている場合のみ 8. 小規模事業者持続化補助金を活用した広告宣伝・ブランディング実績 Brand Design TSUMIKIではこれまでに10社の事業者様に対し小規模事業者持続化補助金を活用した広告宣伝・ブランディング事業をお手伝いさせていただきました(総額500万円の支給実績)。 具体的には• ブランディングについてのコンサルティング。 ホームページ作成(士業様)• ホームページ・リーフレットを作成し、新商品の告知。 新規顧客の獲得ののぼり制作。 看板のリニューアル(飲食店様)• サービス認知のためのリーフレットを制作し、商圏に集中的にポスティング。 動画を活用したプロモーション。 ホームページ改修(整体院様)• ブランディングのコンサルティング。 外国人向けのウェブサイトを作成し誘客。 リーフレット制作。 (ギャラリー運営者様)• 新サービス告知のためのチラシ制作・印刷・配布(サービス業)• 外国人向け新規サービスの取り組み。 ホームページ制作。 リーフレット制作。 プロモーション動画(整骨院様)• 集客に関するコンサルティング。 リーフレットの制作。 ホームページの制作 いずれのお客様も、実制作をはじめ補助金の申請・採択も問題なくおこなわれました。 また一部のお客様には、申請書類の作成から事業プランの作成を含めてサポートさせていただいております。 (提携の行政書士さまとの共同作業) 9. Brand Design TSUMIKIのサービスを活用した補助金事業 >コンサルティング• 集客・販促についてのコンサルティング• ブランディングについてのコンサルティング• 新商品・新サービス開発のコンサルティング >チラシ・リーフレット・パンフレット制作• 新規顧客獲得のためのチラシ・リーフレット・パンフレットの制作・配布• 新商品の告知のためのチラシ・リーフレット・パンフレットの制作・配布• サービス・商品の認知力向上のためのチラシ・リーフレット・パンフレットの制作・配布• 顧客満足度向上のためのチラシ・リーフレット・パンフレットの制作・配布 >ホームページ制作• 新規顧客獲得のためのホームページ制作• 新商品の告知のためのホームページ制作• サービス・商品の認知力向上のためのホームページ制作• 反応がない既存のホームページのデザイン変更 >プロモーション動画制作• 新規顧客獲得のためのプロモーション動画撮影・編集• 新商品の告知のためのプロモーション動画撮影・編集• ブランディングのためのプロモーション動画撮影・編集• YouTubeを活用したプロモーション 小規模事業者持続化補助金の活用をご検討の方へ 小規模事業者持続化補助金を活用して、会社の集客力・ブランド力の向上をご検討されている方は是非一度、Brand Design TSUMIKIにお問い合わせください。 こんな事業・サービスでも補助金を使えるのか知りたい• 申請対象になるか、詳しく話を聞きたい• 申請の手続きや流れについて詳しく聞きたい• ホームページやチラシを制作したいが、この補助金が使えるのか• 補助金の活用方法(アイディア)が欲しい など、ご検討中の方は色んな悩みがあると思います。 初めて小規模事業者持続化補助金を申請されるお客様につきましては、Brand Design TSUMIKIが無料でアドバイスをさせていただきます。 また、補助金の申請・手続きに詳しい士業様にもお繋ぎすることが可能ですので(もちろんご相談は無料です)申請に関する不安・疑問点は全て解消させていただく体制が整っております。 お一人で悩まずに、まずはお気軽にお問い合わせください。 無料相談・お問い合わせ方法 小規模事業者持続化補助金についての無料相談・お問い合わせは下記のフォームから行なっております。 ご相談いただいた方に必要以上に補助金の活用を促したり、強引な営業は一切おこないませんので安心してお問い合わせください。 【小規模事業者持続化補助金を活用した広告・ブランディングのお申し込み・お問い合わせ】 小規模事業者持続化補助金を活用した広告宣伝・ブランディングのお申し込み・お問い合わせはこちらのメールフォームで受け付けております。 「まずは話を聞いてみたい」「こんな広告宣伝にも活用できるのか教えて欲しい」など、小さなことでも気軽にお問い合わせください。 1営業日以内に必ずお返事させていただきます。 お客様が納得できていない状況で、強引な契約や売り込みをおこなうことは絶対にありませんので、ご安心ください。 【お名前 】 必須 【メールアドレス】 必須 【会社名】 【電話番号】 【住所】 【ご相談方法】 ZOOM 電話相談 メール相談 会社訪問 【お問い合わせ内容】.

次の

新型コロナ対策として「中小企業生産性革命推進事業」でサプライチェーン・観光関連事業が優先的な支援対象に!

サプライ チェーン の 毀損 へ の 対応

補助上限額:100万円 (注5、注6、注7)。 また、通年で受付を行い、複数回の受付締切を設けます。 なお、令和元年度補正予算 小規模事業者持続化補助金【一般型】とは、制度等に一部異なる点がございますので、ご注意ください。 なお、応募およびその後の申請手続きにおいては、従来の郵送方式のほか、政府が開発した統一的な補助金申請システム(名称:Jグランツ)による電子申請の利用が可能となります【現在準備中。 おってご案内します】。 なお、現在多くの都道府県において緊急事態宣言が解除され、81の業種別ガイドラインが策定されています。 事業再開が本格化することが期待されており、事業継続に関する業界別ガイドライン等に基づいて行う取組への新たな支援を行います。 注1 小規模事業者とは、「製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社<企業組合・協業組合を含む>および個人事業主)」であり、常時使用する従業員の数が20人以下(商業・サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者です。 注2 「商工業者」には、医師・歯科医師・助産師や、系統出荷による収入のみである個人農業者等は該当しません。 注4 商工会の会員、非会員を問わず、応募可能です。 同様に、補助対象経費120万円の支出の場合は、その2/3の80万円が補助金額となります。 また、補助対象経費180万円の支出の場合には、その2/3は120万円となりますが、補助する金額は、補助上限額である100万円となります。 注6 原則として、個社の取り組みが対象ですが、複数の小規模事業者等が連携して取り組む共同事業も応募可能です。 その際には、補助上限額が200万円~1,000万円となります(連携する小規模事業者等の数により異なります)。 注7 複数回の応募受付締切スケジュールは、以下のとおりです。 サプライチェーンの毀損への対応• 非対面型ビジネスモデルへの転換• 3.補助金額等 「特別枠(類型B又は類型C)」の補助率の引き上げ 令和2年度補正予算で創設した「生産性革命推進事業」の特別枠のうち、業種毎の感染拡大予防ガイドライン等で推奨されている、類型B(非対面型ビジネスモデルへの転換)と類型C(テレワーク環境の整備)への投資が一定水準(補助対象経費の6分の1以上)の場合は、 補助率を2/3から3/4へ引き上げます。 150万円以上の補助対象となる事業費に対し、100万円を補助。 150万円未満の場合は、その2/3の金額を補助。 事業再開枠は、類型A~Cのオプションとして活用を認め、上限50万円、総補助額の50%までとする。 様式等 文書名 (様式1-1、1-2、2、2-2、4、5 6-1、6-2、7-1、7-2、8) 申請書 単独 申請書 共同 経営計画書 計画の内容 共同 交付申請書 概算払請求書 事業再開枠 申請書(単独) 事業再開枠 申請書(共同) 事業再開枠 取組計画書(単独) 事業再開枠 取組計画書(共同) 事業再開枠 誓約書 記入例 採択者向け情報.

次の