ノン セクシャル。 ノンセクシャルの男性・女性の特徴10選|アセクシャルとの違いは?

AV見るの?

ノン セクシャル

概要 [ ] 無性愛は、性欲自体がないや、性的行為に嫌悪感を抱く、 ()とは異なる。 またや(禁欲)も、意識的な行動であり、一般に個人の信条や宗教的信念などの要因に動機づけられる点で、無性愛とは異なる。 無性愛は、、、に並ぶ性質であると言われている。 また、より幅広い領域にわたる、様々な無性愛的なアイデンティティ(グレーアセクシュアル)を分類するための包括的用語としても用いうる。 性的指向や科学研究の分野としての無性愛の受容はまだ比較的新しく 、社会学・心理学的知見からの研究の蓄積は始まったばかりである。 無性愛は性的指向であると主張する研究者もいれば、これに同意しない研究者もいる。 との出現以来、様々な無性愛者のコミュニティが形成され始めている。 これらのコミュニティの中で最も充実し、かつよく知られているのは、2001年に ()によって設立されたAsexual Visibility and Education Network( AVEN; 無性愛認知教育ネットワーク)である。 他の性的指向に比べるとメディアでの紹介や法的保護の動きは遅れているが、英語圏では徐々に性的アイデンティティとしての地位を獲得しつつある。 日本でも2000年代初頭からコミュニティ形成の動きが進んでいる 一方で、研究やメディアへの露出は英語圏ほど活発にはなっていない。 定義 [ ] 「」も参照 本節では英語圏の文脈での定義について説明する。 日本独自の用語等については「」を参照。 無性愛であると自認する人々にはたくさんの種類がいるため、無性愛は幅広い定義を包摂しうる。 研究者は一般的に無性愛を「 性的な惹かれや性的関心の欠如」と定義するが 、無性愛者らの定義は様々である。 「性的な欲求が少ないか、もしくはない人」、「性的な行為が少ないか、もしくはしない人」、「恋愛的な関係・性愛的でない関係のみを持つ人」、または「性的な欲求および行為の両方がない人」を示す用語として無性愛は用いられることがある。 また、無性愛であるという自認(帰属意識)も定義上の要素となりうる。 AVENでは無性愛者を「 性的な惹かれを経験しない人」として定義し、次のように述べる。 我々の皆が、無性愛であると気付いた時から無性愛という用語やコミュニティを必ずしも知っていたわけではないが、ほとんどの無性愛者は生涯にわたって無性愛である。 (…)一方、無性愛者のコミュニティにも少数ながら、自らのセクシュアリティを探究したり疑問を抱く中で、束の間だけ無性愛と自認する人もいる。 (…)無性愛識別基準 によって研究を補助する学術的試みはなされているが、その人が無性愛であるかどうかを定義するための検査は存在しない。 無性愛は他のあらゆる性自認と同様に、本質的には、人々が自分自身を理解し、その一面を他人に伝える上での一助として用いる言葉にすぎない。 その人が自己表現のうえで無性愛という言葉を有用と思えば、確かに無性愛者と自認してもよいだろうし、あとで無性愛者でないことを示すようなことがらを経験したなら、それでもまた構わない。 無性愛の人々は、いかなるジェンダーの人々にも性的に惹かれないが、になる場合もあるし、ならないこともある。 無性愛を自認する人で、性的な魅力は感じるが、性的あるいは恋愛的行為(抱きしめる、手を握るなど)を心からは望んでいない、または必要とはしていないために、行動に移す気がないと述べる人もいる。 一方では抱きしめたり、他の恋愛的な身体行為を行う無性愛者もいるし 、好奇心から性的な行為を試みる者もいる。 一人での処理の形として行為をする者もあれば、その必要がないと感じる者もいる。 特に性的な行為に関しては、自慰行為の必要性または欲求は、無性愛者からは一般に性衝動(sex drive)と呼ばれ、性的な惹かれや性的なものとは切り離して考えられる。 自慰行為をしている無性愛者は一般的に、それが人体の正常な営みであり、潜在的なセクシュアリティを持つしるしではないと考え、快感を覚えないこともある。 無性愛者の男性にはを経験しない人もおり、そうした人にとっては試しに挿入するといった性的な行為は不可能である。 無性愛者は、性行為を行うことに対する感情についても様々である。 無関心で、恋愛パートナーのためにセックスをする人もいれば、一般に人がセックスをすることを嫌うわけではないが、性行為をすることには強い嫌悪感を抱く人もいる。 無性愛者と自認する多くの人は、自らを他の性的アイデンティティにも属していると考える。 例えば、性的指向や性的アイデンティティの恋愛的・感情的側面に関しては、無性愛者は、、、、と自認することがある。 あるいは性的指向の性的でない、恋愛的な側面と関係があることを示すために、以下のような用語で自らを定義することもある。 アロマンティック(aromantic) - 恋愛的に他人に惹かれない• バイロマンティック(biromantic) - 恋愛的に両性に惹かれる(が、性的な魅力を感じない)• ヘテロロマンティック(heteroromantic) - 恋愛的に異性に惹かれる• ホモロマンティック(homoromantic) - 恋愛的に同性に惹かれる• パンロマンティック(panromantic) - 恋愛的にあらゆる性に惹かれる アロマンティックと非アロマンティックの間、または無性愛とそうでない状態との間(アロマンティック・スペクトラム)にいると感じるため、 グレーA(グレーロマンティック、デミロマンス、デミセクシュアルまたはセミセクシュアルなど)を自認することもありうる。 グレーAという用語が、「場合によって恋愛的な魅力や性的な魅力を感じる人」全てを指すのに対して、デミセクシュアルやセミセクシュアルは、性的な惹かれを2次的な要素として経験する、すなわち、「ある程度安定的な、あるいは強い感情的なつながりを生じて初めて性的な惹かれを感じる人」のことを言う。 コミュニティとシンボル [ ] 無性愛コミュニティのメンバーは、帰属を表すために右手中指に黒い指輪をつけることもある。 コミュニティ [ ] 無性愛者のコミュニティに関する学術研究は今のところ不足している。 海外の研究者及び当事者の間では、無性愛者は「エース(ace)」、そのコミュニティは「エースコミュニティ」と呼ばれることもある。 1990年代にはインターネット上に性的欲求がほとんどまたは全くない人々のための私的なサイトがいくつかあった が、学者の述べるところでは、の普及を追い風に、初頭に無性愛を自認する人々のコミュニティが合体したという。 「Leather Spinsters」のなどのグループは、文化の圧力に対して無性愛的な生き方を擁護し、ジェラディン・ヴァン・ヴィルステレンはで「Nonlibidoism Society」を創設し、は無性愛者に「Haven for the Human Amoeba」というコミュニティを提供した。 AVENは、2001年にアメリカの無性愛活動家デビッド・ジェイによって設立された組織で、無性愛者の問題に焦点を当てている。 その目標は、「無性愛の周知と議論の創出、および無性愛コミュニティの形成の促進」である。 また、日本では「asexual. jp」などのコミュニティが活動している()。 2014年の、AVENは ()との提携の下、で2度目となる無性愛者の国際会議を主宰した。 1度目は、2012年のにおけるワールドプライドで開催されている。 2回目のこのイベントには約250人が参加したが、これは今日に至るまで最大の無性愛者の集いである。 会議では、無性愛に関する研究や無性愛者の人間関係、様々なアイデンティティとの交わりなどの話題に関するプレゼンテーションやディスカッション、ワークショップなどが行われた。 シンボル [ ] 「」も参照 2009年、AVENのメンバーらが初めてアメリカでのに参加し、サンフランシスコでのプライド・パレードで行進した。 2010年8月、 無性愛者の旗を作ること、およびそのためのシステムの立ち上げ方についての議論が交わされたのち、できる限りの無性愛者コミュニティと連絡を取りあった末に、参加団体から1本の旗を無性愛者の ()とする旨が宣言された。 最終的に決まった旗は有力な候補の1つで、元々はAVEN以外のオンライン掲示板で使われていたものであった。 最終投票は、旗を作る運動の本丸であったAVENからは独立した調査システムの下で行われた。 旗の色を使ったグッズも作られ、セクシュアリティに関する記事の中でも取り上げられた。 研究 [ ] 無性愛のモデル化と人口 [ ] 性的指向の程度を示すキンゼイ指標。 元のスケールでは性的な行為の欠如を示す「X」が含まれている。 無性愛は人間のセクシュアリティの新しい形態ではないが、公の議論に表れたのは比較的最近のことである。 は、異性愛者から同性愛者への性的指向について、0から6の段階で評価した()が、「社会的な性的接触や反応がない」人々について「X」という分類も設けた。 現代では、これは無性愛を表すものと分類されている。 キンゼイは成人男性の1. ただし学者のジャスティン・J・レーミラーは、「キンゼイのXの分類は性的な行為の欠如を強調していたが、現代の無性愛の定義は性的な惹かれの欠如に重きを置いている。 とすれば、キンゼイ指標は無性愛の正確な分類には不十分かもしれない」 と述べている。 1979年、1980年に掲載された2つの論文では、カンザス大学のミシェル・D・ストームズがキンゼイ指標の再モデル化について概説している。 キンゼイは実際の性的な行為と性的妄想(sexual fantasizing)や性欲(ertoicism)に基づいて性的指向を測定したが、ストームズは妄想や性欲のみを使用し、また単一スケールの2つの端ではなく2軸上に異性愛と同性愛を置いた。 これは、両性愛(異性・同性両方への性欲を異性愛者・同性愛者と同程度に示す)と無性愛(異性への性欲を同性愛者程度に、同性に対する性欲を異性愛者程度に示す、つまり性欲がほとんどない人)の区別を可能にする。 このタイプのスケールは初めて無性愛を説明したものであった。 ストームズは、「キンゼイのモデルでは無性愛と両性愛両方が性的パートナーについてのジェンダー選好の欠如によって定義されていたので、このモデルに従う多くの研究者が、無性愛の被験者を誤って両性愛者に分類する可能性がある」と懸念した。 ポーラ・ヌリウスによる1983年の調査では、妄想と性欲の2次元スケールを用いて性的指向を測定した。 回答者には結果に基づいて、異性愛・同性愛について0〜100のスコアが与えられ、両者とも10点未満の得点を挙げた者は「無性愛」と分類された。 調査では無性愛者が、複数のパートナーとの交際、肛門性交、様々な場所での性的接触、自己性愛的活動などの様々な性的な行為の頻度がはるかに低く、その欲求が起こる頻度も低いという結果を示した。 無性愛者のに関するより経験的なデータが1994年に発表されている。 これは英国の研究チームが英国人18,876人を対象に行った包括的な調査で、流行に伴って性に関する情報収集の必要に駆られたものであった。 この調査には性的な惹かれに関する質問が含まれており、1. この現象についての研究は、のセクシュアリティ研究者アンソニー・ボガートによって引き継がれ、彼は2004年に一連の研究で無性愛者の統計的人口を調査した。 性的経験が少ない人はセクシュアリティに関する研究への参加を拒否する可能性が高く、無性愛者は性愛者よりも性的な経験が少ない傾向にあるため、回答した参加者には反映されていない可能性が高いからである。 同じ調査によると、同性愛者と両性愛者の人数の合計は、人口の約1. この割合は、10年前の同じ年齢層で収集されたNatsal-1のデータから決定された0. ボガートによる2015年の分析でも、Natsal-1とNatsal-2のデータの間に同様の低下が指摘された。 アイケン、マーサー、キャッセルは、いくつかの証拠から、性的魅力を感じたことのない回答者に民族的差異があることを見出だした。 とに出自がある男性と女性の両方が、性的な惹かれがないと報告する傾向が強かった。 また、の被験者のほうがキリスト教徒よりも高い割合で、いかなる形でも性的に惹かれを経験したことがないと答えている。 信仰の有無と無性愛との間には何らはっきりとした統計的相関は見つかっておらず、無性愛は信仰を持つ人・持たない人のいずれにも同じように見られる。 にもかかわらず、無性愛は禁欲を誓う聖職者の間にはよく見られる。 これは、無性愛でない人々のほうが禁欲の誓いを守れない可能性が高いからである。 性的指向・HSDDとの関係 [ ] 無性愛が性的指向であるかどうかについてはかなりの議論がある。 どちらも性的欲求の全般的な欠如を意味するという点において、無性愛は性的欲求低下障害(HSDD)と比較され、同一であると考えられている。 HSDDは無性愛をするために使用されてきたが、無性愛はその人が医療上の問題や他者と社会的に結びつく問題を抱えていると定義するものでは必ずしもないため、障害または性機能不全(やなど)とは一般的にみなされていない。 HSDDの人々とは違って、無性愛者は通常、自分の性的な感情やのないことについて、「感情的苦痛」や「対人的な困難」を経験していない。 無性愛は、永続的特性としての性的な惹かれの欠如または不在とみなされる。 ある研究では、HSDD被験者と比較して、無性愛者は性的欲求、性的経験、性に関連する苦痛および抑鬱症状が低レベルだったことが明らかになった。 研究者リチャーズとバーカーは、無性愛者は、、またはの割合が不相応であると報告している。 しかし、無性欲的な状態が前述の障害のいずれかによって説明できる場合でも、無性愛であると自認している人もいる。 無性愛がHSDDであるという見解については、無性愛者のコミュニティ内で議論を呼んでいる。 無性愛を自認する人はふつう、性的指向として認識されることを好む。 通常の性衝動があると報告しながらも自慰行為のできない無性愛者もいることから、「無性愛は性的指向である」と様々な学者が述べており、また多様ながある中に無性愛も含めるべきだと主張している。 彼ら研究者や多くの無性愛者は、性的な惹かれの欠如は性的指向に分類するには十分妥当であると考えている。 これらの研究者は、「無性愛者は自ら選んで性的欲求を持たないのではなく、一般にごろ性的な行為の違いに気付き始めるのだ」と主張する。 こうした事実が明るみに出たことで、無性愛は選択的行動などではなく、また障害のように治癒できるものでもないと断言されている。 無性愛が一般的になりつつあるか否かも分析されており、実際により多くの人々が無性愛を自認するようになっている。 性的指向のカテゴリーに関しては、無性愛は、一連のカテゴリーに追加する意義のあるものではなく、むしろ性的指向やセクシュアリティの欠如であると主張されることもある。 別の議論では、無性愛者が自慰したり単に恋愛パートナーを喜ばせるために性的な行為を行うことを踏まえたうえで、「無性愛は自然なセクシュアリティの否定であり、セクシュアリティへの羞恥心や不安、によって引き起こされる障害である」と指摘されている。 性的指向をめぐるの文脈の中で、無性愛は性的指向のアイデンティティに関する1つのカテゴリーとして実践的な政治的機能を果たす可能性がある。 精神衛生 [ ] 無性愛に関する経験的データを提供した最初の研究は、1983年にポーラ・ヌリウスによって発表された、性的指向と精神衛生の関係についてのものである。 米国のさまざまな大学の心理学または社会学の授業を受講している学生を主とする689人の被験者に、4つの臨床的幸福尺度を含むいくつかの調査がなされた。 結果は、無性愛者が他の性的指向のメンバーよりも自己評価が低く抑鬱の可能性が高いことを示した。 ここでは異性愛者の25. 鬱病についても同様の傾向がみられた。 ただしヌリウスは、様々な理由から、この結果からは確固たる結論は導けないと考えた。 2013年の研究では、ユールらが白人の異性愛者・同性愛者・両性愛者・無性愛者の上の違いを調査した。 男性203人と女性603人の結果が所見に含まれていた。 ユールらの研究では、無性愛の男性被験者は、他の男性、特に異性愛者よりもを有すると報告する傾向が強いことが分かった。 女性でも、異性愛者との比較で同じ結果が得られた(ただし最も高い割合を示したのは同性愛・両性愛の女性だった)。 無性愛の男女ともに、他の被験者よりもを有することが多く、異性愛者の参加者よりも最近自殺したい気持ちが芽生えたことを報告する傾向があった。 ユールらは、こうした差の一部は差別やその他の社会的要因によるものかもしれない、との仮説を立てている。 発生要因 [ ] 性的指向との関連が指摘される的形質として、・兄弟姉妹の数・が挙げられる。 ユールらは2014年に無性愛の性自認をもつ人々とこれらの性質の関係を調査している。 この研究では、右利きでない無性愛者の割合が異性愛者と比較して2. 4~2. 5倍にのぼること、無性愛および非異性愛の男性は異性愛の男性に比べて年少の兄弟である割合が高く、無性愛の女性は非異性愛の女性に比べて年長の姉妹である傾向が強いことが明らかにされた。 一方で、指比については無性愛との有意な関連性は認められなかった。 この研究は、性的指向の欠如という無性愛の特徴を神経発達学的側面から説明するための経験的根拠を与える初めての試みの1つであった。 ただし、性的指向の成因に関する研究を無性愛に適用することは、性的指向に無性愛を含めるか研究者によって一貫した定義がないという問題を孕んでいる。 性的指向は「永続的」で変化しないものと定義され、一般にそれを変更しようとする介入は通用しないことが証明されているが 、無性愛は永続的で持続するから、性的指向と定義できるかもしれない。 しかし異性愛、同性愛および両性愛は、必ずではないが通常、の早い段階で決定されるのに対し、いつ無性愛であると決定するかは分からない。 性的関心あるいは性的欲求を持たないという特性が、生涯にわたり続くものである、あるいは後天的であると考えてよいかは判然としない。 差別と法的保護 [ ] プライド・パレードにおける無性愛者の行進 2012年の研究によれば、無性愛者はゲイやレズビアン、バイセクシュアルなどの他のに比べて、より不当なや ()、にさらされているという。 同性愛と異性愛の人々の両方が、無性愛者のことを冷血で動物的な、抑制されていない人々と考えている。 無性愛の活動家であり著述家・ブロガーであるジュリー・デッカーは、もっぱら無性愛者のコミュニティを標的にするや、 ()を目にしてきた。 しかし別の研究では、彼らが無性愛であるがゆえの深刻な差別を受けているとする証拠はほとんど見出せなかった。 社会学者のマーク・カーリガンは、中立的地点から、「無性愛者はしばしば差別を経験しているが、それは嫌われるなどというよりはむしろ『人々が本当の意味で無性愛を理解しないことによる周縁化』の問題である」と論じている。 無性愛はまた、LGBTコミュニティからも偏見にさらされている。 多くのLGBTの人々は、同性愛者でも両性愛者でもない人々はストレートに違いないと主張し、しばしば無性愛者をクィアの定義から排除しようとする。 LGBTQのコミュニティを支援する名の知れた組織は数多く存在するが、これらの組織は一般に無性愛者には手を差し伸べず、無性愛に関する文献資料も提供していない。 活動家のサラ・ベス・ブルックスは、無性愛者であることをするにあたって、「無性愛者は性自認をはき違え、社会正義の運動の中で不相応な注目を浴びている」と多くのLGBTの人々から言われている。 他方では「The Trevor Project」や「The National LGBTQ Task Force」のように、異性愛ではない以上クィアの定義に含まれるという理由から、はっきりと無性愛を受容しているLGBT組織もある。 今ではLGBTQという略語の中にAを付け加えている組織もあれば、いまだ議論の俎上にある組織も存在する。 いくつかのの下では、無性愛は法的保護を受けている。 は1999年から、国の倫理規定に基づいて、によるあらゆる性的指向の病理化やを禁じており 、またアメリカのでは無性愛者を保護すべき人々として扱っている。 しかし、無性愛は大衆や研究者の目をさほど引き付けていないため、他の性的指向ほどには法制化の対象にはなっていない。 メディアでの扱い [ ] シャーロック・ホームズ メディアにおける無性愛的な表現は限られており、作品の中で公に知らされたり、確たることが述べられることはほとんどない。 21世紀初頭以前の作品の中では、はたいていおのずから性的であることが前提とされており、セクシュアリティの有無に関してはふつう疑問を挟まれない。 の作品に登場するは、知性にのみ駆り立てられる肉体の欲望とは無縁の人物として意図的にキャラクター化されており、今日であれば無性愛に分類されるであろう人物として描かれている。 のキャラクター、ジェグヘッド・ジョーンズは、アーチーの過度な異性愛の引き立て役としてわざと無性愛的に描かれている可能性が高いが、何年間もシリーズを繰り返すうちに、彼がゲイか異性愛者であるとほのめかす方向に描写を変えつつある。 のテレビシリーズに登場する同名のキャラクター、ギリガンも、今日では無性愛と位置付けられる。 ドラマの製作者はおそらくそうすることで、を迎えておらず性的欲求を経験したことのない少年層の視聴者により親しみやすくしようとしたのだと考えられる。 ギリガンが無性愛的であることで同時に、製作者としては、歩み寄ってくる魅力的な異性をギリガンがはねつけるというコメディ的な展開をわざと描くことができる。 また、アンソニー・ボガートは以下のような見方を示している。 映画やテレビではよく、魅力的だが無性愛的な女性のキャラクターが、物語終盤で男の主人公に異性愛に「変えられる」さまを描く。 こうした非現実的な描写は、どんな無性愛的な女性もひそかに男性のことを欲しているものだという異性愛の男性の妄信を反映したものである。 21世紀初頭から無性愛は、生物学的な存在というよりも一種の性的アイデンティティとして、欧米のメディアで徐々に論じられるようになってきた。 のシリーズの1エピソード「良き伴侶」では無性愛のカップルが描かれているが、この描写にはAVENの創設者デヴィッド・ジェイを含め無性愛者のコミュニティからは疑問の声が上がった。 というのも最終的に、男は性衝動が減退する脳腫瘍に冒かされており、女は男を喜ばせるために無性愛のふりをしていただけだったことが分かって幕が引かれるのである。 このことが表現をめぐる議論を呼び、フォックス放送に今後の無性愛的キャラクターの表現の仕方に対する反省を求める署名がで申請されるに至った。 署名では「無性愛を病気や欺瞞とみなしている最低な表現だ」と述べられた。 のアニメ、は第3シーズンの終盤に、主要人物の1人であるトッド・チャベスが無性愛者であることを明らかにした。 第4シーズンではそれがさらに緻密に描かれており、この表現に関しては無性愛者コミュニティからも概ね好意的な反応を受けている。 イギリスの、では、15歳のキャラクターのリヴ・ファラーティが、男の子にも女の子にも靡かないことを打ち明け、無性愛者ではないかという憶測を呼んでいる。 ベストセラー小説シリーズのドラマ版では、登場人物の1人であるラファエル・サンティアゴが無性愛者であることが確定している。 2011年にはアンジェラ・タッカー監督の下で、無性愛をめぐる問題を描いた「 A sexual」が公開されている。 2014年の関西クィア映画祭にて、日本でも字幕付き上映されている。 無性愛の著名人 [ ]• (絵本作家。 代表作『うろんな客』)• (作家。 代表作『骨の民』)• 東友美(議員)• (漫画家。 代表作『女だけど女装してキャバ嬢してみた!~ヒゲ女子のいる店~』) 日本における無性愛 [ ] 定義 [ ] 無性愛の定義や分類については、日本の無性愛者コミュニティでは独自の発展を遂げてきた部分もある。 日本のコミュニティで用いられる用語として 非性愛者または ノンセクシュアル(: nonsexual) が挙げられる。 これは「性的な惹かれを感じないが恋愛感情を持つ人」を指す。 海外のロマンティック・アセクシュアルと重なる用語ではあるが、無性愛が(性的感情ではなく)恋愛感情の欠如によって定義されることのある日本においては、非性愛は当然ながらロマンティック・アセクシュアルとは異なる文脈に位置づけられる。 無性愛のサブカテゴリーとして「性的な惹かれの欠如」と必ず関連付けられるよりはむしろ、非性愛者は恋愛的魅力を感じうるが様々な理由により性的関係を望まない人々として理解される。 による2017年の参加者およびイベントサイト上でのアンケートでは、「性的指向」の選択肢中に「ノンセクシュアル」「アセクシュアル」が用意され、全回答のうち「ノンセクシュアル」が2. コミュニティ [ ] asexual. jpによれば、日本の無性愛コミュニティの立ち上げは2002年1月の「INNOCENT KINGDOM」が最初である。 同年には「asexual. jp」や「IS THE ASEXUALITY KNOWN? 」などのネットコミュニティが次々に運用を開始している。 また、この年にはでも無性愛者に関するスレッドが初めて立てられた。 翌2003年には「asexual-japan. net」が開設され、2004年にはにもコミュニティが立てられた。 2000年代前半にはこれらのコミュニティを通じて活発に情報交換や議論がなされたが、その後2008年までに多くが閉鎖している。 現在では過去に閉鎖した「asexual. jp」のドメインを再構築する形で新しいコミュニティが作られ、国内最大の交流拠点となっている。 人口 [ ] 2016年の・LGBT総合研究所が実施した10万人を対象とするスクリーニング調査において、有効回答を得た20~50代の89,366名のうち、651人(0. なお同調査で、ゲイと回答した者は1,731人(1. によるでの性的少数者に関する無作為調査では、有効回答4,285件のうち33人(0. 出生時の性別に分類した場合、男性の無性愛者の比率は0. 研究・メディア [ ] 日本での研究やメディアではLGBTの話題の中で稀に取り上げられてきたが、中心的に扱った紹介事例が出始めたのは2010年代に入ってからのことである。 柿沼・布施木らの2011年の論文 では、Aセクシャルという用語を紹介するとともに、Aセクシャル研究の現状と問題点を論じたヒンダーリター(2009) Methodological Issuer for Studying Asexuality にレビューを加えている。 ここでは、(1)Aセクシャルの定義の問題(現状として、ボガートの「性的な惹かれのないこと」、ヌリウスの「性的指向のないこと」、プラウスとグラハムの「Aセクシャルであるというアイデンティティ」の3つに分裂している)、(2)サンプリングにあたっての協力者獲得や質問方法をめぐる問題、(3)アイデンティティとの関連性の問題の3点に触れており、特に定義とアイデンティティをどのようにすり合わせていくかが重要であるとコメントしている。 また2013年には同じく柿沼・布施木が、量的研究からAセクシャルの発生要因に迫ったボガート(2004) Asexuality: Prevalence and Associated Factors in a National Probability Sample を紹介している。 ここで柿沼らは先天性のAセクシャルを「狭義のAセクシャル」、後天的な要因(健康・薬理・年齢など)によるAセクシャルを「広義のAセクシャル」として分離しており、ボガートの調査研究からはこれらの判別が難しいことを指摘している。 2016年には、フォタケが日本における「」の言説と無性愛との関連性について論じた英語論文を発表している。 ここでは、的視点と視点の双方において草食系は無性愛というカテゴリーの傘下に含みうるものであるとしている。 またプルジビロらが無性愛について、的な文化に抵抗する可能性を秘めていると指摘したように、草食系も「男性らしさ」の言説を再定義しうるものであると述べる。 メディアでの過去の紹介事例としては、2012年にTBS系列「」で無性愛者が出演したほか、2013年に、2014年にで取り上げた記事などがある。 2018年には「Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~」で、セクシュアリティ研究者のが出演しコメントを述べている。 また、無性愛()の主人公を題材にした漫画『桐生先生は恋愛がわからない。 』が2016年からで連載されている。 邦語文献 [ ]• 綾部六郎、池田弘乃『クィアと法:性規範の解放/開放のために』日本評論社、2019年。 『セクシュアリティ基本用語事典』イーディー・ジョー、金城克哉訳、2006年。 柿沼賢治、布施木誠「性的マイノリティにおける無性(Aセクシャル)概念の可能性:Aセクシャル論文のレビュー」『聖マリアンナ医学研究誌』第11巻第86号、聖マリアンナ医学研究所、2011年、 21-25頁、。 染谷泰代「女ふたりという関係『子供の時間』にみる「ロマンティックでasexualな関係性」試論」『女性学年報』第25巻、2004年、 1-19頁、 、。 原口祥典、國武裕、山田茂人「女性的な仕草が見られた無性愛の男性摂食障害の1例」『九州神経精神医学』第55巻第3号、2009年、 145-150頁、 、。 伏見憲明「〈性〉のミステリー」『本』第22巻第5号、講談社、1997年、 54-56頁、 、。 ユンジュン・キム 「セックスは健康のために必要か?:無性愛という悦び」、ジョナサン・M・メツル、アンナ・カークランド編 『不健康は悪なのか:健康をモラル化する世界』 みすず書房、2015年。 Decker, Julie Sondra『見えない性的指向 アセクシュアルのすべて:誰にも性的魅力を感じない私たち』上田勢子訳、明石書店、2019年。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• Robert L. Crooks, Karla Baur 2016. Cengage Learning. 300. 2017年1月4日閲覧. Helm 2015. ABC-CLIO. 2017年1月4日閲覧. Kelly, Gary F. 2004. "Chapter 12". Sexuality Today: The Human Perspective 7 ed. McGraw-Hill. 401. Asexuality is a condition characterized by a low interest in sex. Decker, Julie Sondra『見えない性的指向 アセクシュアルのすべて:誰にも性的魅力を感じない私たち』上田勢子訳、明石書店、2019年。 綾部六郎、池田弘乃『クィアと法:性規範の解放/開放のために』日本評論社、2019年。 Oxford English Dictionary オンライン版。 2019年8月25日閲覧。 『ジーニアス英和大辞典』大修館書店。 Varcarolis 2013. Elsevier Health Sciences. 382. 2014年5月7日閲覧. Psychology Today. 2011年12月13日閲覧. The American Heritage Dictionary of the English Language 3d ed. 1992 , entries for celibacy and thence abstinence. Scherrer, Kristin 2008. Sexualities. 11 5 : 621—641. doi:. PMC. PMID. Anthony F. Graham August 2004. PDF. Archives of Sexual Behavior. 36 3 : 341—356. doi:. PMID. Archived from 2007年9月27日 - PDF on September 27, 2007. 2007年8月31日閲覧. Contemporary Sexuality. 39 11 : 1, 4—5. ISSN. Archived from 2015年11月6日 - on November 6, 2015. Retrieved February 6, 2016 — via the Wayback Machine• 2010. "Asexuality". Marshall Cavendish. 82—83. 2013年7月27日閲覧. The Guardian. Retrieved 2013年2月2日閲覧. "Asexuality". Encyclopedia of Sex and Gender. Fedwa Malti-Douglas. Vol. Detroit: Macmillan Reference USA, 2007. 103. Gale Virtual Reference Library. Web. May 2, 2016. 2004. "Asexuality: prevalence and associated factors in a national probability sample". Journal of Sex Research. 41 3 : 279—87. doi:[doi:10. PMID. asexual. jp 2018年3月17日閲覧。 Routledge. 89—93. 2014年7月3日閲覧. 2006. Review of General Psychology. 10 3 : 241—250. doi:. Fischer, Steven Seidman 2016. Routledge. 183. 2014年1月4日閲覧. Yule, Morag A. ; Brotto, Lori A. ; Gorzalka, Boris B. 2015-03. Psychological Assessment 27 1 : 148—160. The Asexual Visibility and Education Network. 2019年11月23日閲覧。 SAGE. 124—127. 2014年7月3日閲覧. Westphal, Sylvia Pagan. New Scientist. from the original on December 19, 2007. Retrieved 2007年11月11日閲覧. The New Zealand Herald. 2011年9月16日閲覧. Yule, Morag A. ; Brotto, Lori A. ; Gorzalka, Boris B. 2014. The Canadian Journal of Human Sexuality. 23 2 : 89—95. doi:. "There's More to Life Than Just Sex? Difference and Commonality Within the Asexual Community". Sexualities. 14 4 : 462—478. doi:. Adler, Melissa 2010. "Meeting the Needs of LGBTIQ Library Users and Their Librarians: A Study of User Satisfaction and LGBTIQ Collection Development in Academic Libraries". In Greenblatt, Ellen. Serving LGBTIQ Library and Archives Users. Chasin, CJ DeLuzio 2013. "Reconsidering Asexuality and Its Radical Potential". Feminist studies. 39 2 : 405—426. Carrigan, Mark; Gupta, Kristina; Morrison, Todd G. 2015. Routledge. Meg Barker 2012. Routledge. 2016年2月8日閲覧. Shira Tarrant 2015. Routledge. 254—256. 2016年2月8日閲覧. 2013. Campus Verlag [de]. Oleksy, Aleksandra M. Wojtaszek 2015. Cambridge Scholars Publishing. 2017年10月15日閲覧. Abbie E. Goldberg 2016. SAGE Publications. 2017年10月5日閲覧. Shira Tarrant June 19, 2015. 278—. thestar. com. 2014年10月6日閲覧. Anneli, Rufus June 22, 2009. Psychology Today. 2013年7月15日閲覧. recultured. 2012年8月7日閲覧. Lehmiller 2017. 250. 2017年11月29日閲覧. Smith, S. August 21, 2012. The Guardian. 2013年5月11日閲覧. 1948. Sexual Behavior in the Human Male. Saunders. 1953. Sexual Behavior in the Human Female. Saunders. Mary Zeiss Stange; Carol K. Oyster; Jane E. Sloan February 23, 2011. SAGE Publications. 158. 2013年7月27日閲覧. Karli June Cerankowski; Megan Milks 2014. Routledge. 113. 2017年1月4日閲覧. Storms, Michael D. 1980. PDF. Journal of Personality and Social Psychology. 38 5 : 783—792. doi:. Storms, M. 1979. Sexual orientation and self-perception. Pliner, Patricia et al. Advances in the Study of Communication and Affect. Volume 5: Perception of Emotion in Self and OthersPlenum Press• Policy Press. 35—36. 2017年1月4日閲覧. "Mental Health Implications of Sexual Orientation". The Journal of Sex Research. 19 2 : 119—136. doi:. Wellings, K. 1994. Sexual Behaviour in Britain: The National Survey of Sexual Attitudes and Lifestyles. Penguin Books. ; Mercer, Catherine H. ; Cassell, Jackie A. 2013-05-01. [doi:10. 2013. 774161 "Who reports absence of sexual attraction in Britain? Evidence from national probability surveys"]. 4 2 : 121—135. doi:. ISSN. Bogaert, A. 2015. "Asexuality: What It Is and Why It Matters". Journal of Sex Research. 52 4 : 362—379. doi:. ; Mercer, Catherine H. ; Cassell, Jackie A. 2015-09-07. "Who reports absence of sexual attraction in Britain? Evidence from national probability surveys". In Carrigan, Mark; Gupta, Kristina; Morrison, Todd G. New York City, New York and London, England: Routledge. 22—27. Lanham, Maryland: Rowman and Littlefield Publishers, Inc. 36—39. Chasin, CJ DeLuzio 2013. PDF. Feminist Studies. 39 2 : 405. 2014年4月29日閲覧. Brotto, L. , Yule, M. 2015. "Asexuality: An Extreme Variant of Sexual Desire Disorder? The Journal of Sexual Medicine. 12 3 : 646—660. doi:. Karli June Cerankowski; Megan Milks 2014. Routledge. 246. 2014年7月3日閲覧. Decker, Julie Sondra 2014. The Invisible Orientation: an Introduction to Asexuality. New York: Carrel Books. Over, Ray; Koukounas, Eric 1995. "Habituation of Sexual Arousal: Product and Process". Annual Review of Sex Research. 6 1 : 187—223. doi:10. 1995. 10559905 inactive 2018-01-27 Cited from: Kelly, Gary F. 2004. Sexuality Today: The Human Perspective 7 ed. McGraw-Hill. 401. Meyer, Doug 2017. 14 3 : 331. doi:. Chasin, CJ DeLuzio 2015. "Making Sense in and of the Asexual Community: Navigating Relationships and Identities in a Context of Resistance". 25 2 : 167—180. doi:. ISSN. Yule, Morag A. ; Brotto, Lori A. ; Gorzalka, Boris B. 2013. "Mental Health and Interpersonal Functioning in Self-Identified Asexual Men and Women". 4 2 : 136—151. doi:. Yule, Morag A. ; Brotto, Lori A. ; Gorzalka, Boris B. 2013-09-18. Archives of Sexual Behavior 43 2 : 299—310. Garcia-Falgueras, A; Swaab, DF 2010. "Sexual hormones and the brain: an essential alliance for sexual identity and sexual orientation". Endocr Dev. Endocrine Development. 17: 22—35. doi:. PMID. American Psychological Association. 2013年5月30日閲覧. MacInnis, Cara C. ; Hodson, Gordon 2012. "Intergroup bias toward "Group X": Evidence of prejudice, dehumanization, avoidance, and discrimination against asexuals". Group Processes Intergroup Relations. 15 6 : 725—743. doi:. Huffington Post. Retrieved August 2, 2013. Gazzola, Stephanie B, and Melanie A. Morrison. "Asexuality: An emergent sexual orientation". Sexual Minority Research in the New Millennium. Wallis, Lucy January 17, 2012. BBC. 2014年1月1日閲覧. New York City, New York: Skyhorse Publishing. , The Trevor Project website. 2018年4月4日閲覧. National LGBTQ Task Force Blog. 2013年4月30日. 2018年4月7日閲覧。 Mosbergen, Dominique 2013年6月21日. Huffington Post. 2018年4月7日閲覧。 2012年7月30日, at [ permanent dead link] in Portuguese• January 15, 2014, at the Wayback Machine. in Portuguese• possibly written after stated copyright date, Attorney General being stated as Eric T. Schneiderman• Jackson, Stevi, and Sue Scott. Theorizing Sexuality. Maidenhead: Open UP, 2010. Web. May 2, 2016. Vulture. February 8, 2016. 2017年12月14日閲覧. salon. 2017年9月8日閲覧. October 12, 2017. 2018年1月18日閲覧. Hidden Remote. 2017-03-07. 2017年12月14日閲覧. 2018年3月17日閲覧• 大川恵実 2018年12月8日. 2019年9月13日閲覧。 Lehtonen, Kaisa 2018年. Master's thesis. University of Tampere. 駒澤大学文学部社会学科社会学専攻 松信ひろみ研究室。。 2018年7月24日閲覧。 『』(レポート)、博報堂DYグループ、2016年6月1日。 2018年3月27日閲覧。 釜野さおり、石田仁、岩本健良、小山泰代、千年よしみ、平森大規、藤井ひろみ、布施香奈 et al. 柿沼賢治、布施木誠「性的マイノリティにおける無性(Aセクシャル)概念の可能性:Aセクシャル論文のレビュー」『聖マリアンナ医学研究誌』第11巻第86号、聖マリアンナ医学研究所、2011年、 21-25頁、。 「」『北陸中日新聞』、2013年1月16日。 「(男が生きる 女が生きる)性は男と女だけじゃない 「らしさって?」記事に反響」『朝日新聞』、2014年11月16日、朝刊。 HUFFINGTONPOST 2018年1月12日. 2018年3月17日閲覧。 2018年3月18日閲覧。 関連項目 [ ]• () 外部リンク [ ]• (AVENの管轄する無性愛についてのWiki。 英語記事)• (無性愛に関する先行研究の一覧。 英語記事アーカイブ)•

次の

アセクシャル、ノンセクシャル、デミセクシャル? 簡単診断テスト

ノン セクシャル

近頃では世界的にLGBTが認知されはじめて、世の中には様々な愛の形があるのだという事への理解が広まってきましたよね。 そんな中、貴方は圧倒的マイノリティであるという趣向をご存知でしょうか?ここでは、なかなか認知が進まないノンセクシャルについて解説していきます。 ノンセクシャルとは? ノンセクシャルという言葉を貴方は聞いた事がありますか? 殆ど世間には認知されていない他、勘違いされたり自分自身がノンセクシャルであるという自覚がなく苦しんでいる方も世の中には少なくありません。 ノンセクシャルについて正しい認識を持つ事はとても大切な事なのです。 非性愛のこと ノンセクシャルは非性愛者の事を指す言葉です。 文献によっては世界人口の1%の人がノンセクシャルに当たると書かれている物もあります。 ここでよく勘違いされがちなのが、無性欲、性的嫌悪、性的欲求低下障害、純潔愛、禁欲などです。 これらは、個人の思想などによる行動である為ノンセクシャルとは分類されないとされています。 元は子どもをさす言葉だった ノンセクシャルは、性知識を持たず男女分け隔てなく接している思春期以前の子どもを指す用語としても使われる事があるそうです。 好きという気持ち以外には何も無いと考えられている為ノンセクシャルが当てはまります。 次第に思春期を経て恋愛観を確立しているのですが、ノンセクシャルについては恋愛観を確立した後に自覚する事の方が多い様です。 ノンセクシャルは恋愛観の一種 ノンセクシャルは、同性愛、異性愛、両性愛などの恋愛観と同質であるとされています。 ノンセクシャルは、かなり幅広く使われる場合が多く個人によって認識は全く違う場合も多いです。 ただ、全てに共通するのは人によって恋愛感情は抱く事がある。 しかし性的欲求はないという事です。 恋愛感情はあったとしても恒久的に性的欲求がないこと 人は相手のジェンダーに関わらず、人を愛し恋愛感情となると自然と性的欲求が生まれます。 しかし、ノンセクシャルの人は恋愛感情になっても性的欲求が生まれる事はなく「手を繋ぐ」「抱き締める」などの接触ですら必要無いと考える人も存在します。 ここで勘違いしがちなのが、性的欲求がなくとも性的行為を行える場合があるという事です。 認識としては恋愛において心の繋がりを最重視し、体の繋がりを求めない人と言っても良いでしょう。 性的接触を嫌悪している訳ではない ノンセクシャルは性的欲求を持ちませんが、性的接触自体を嫌悪している訳ではありません。 ただ漠然と「必要ない」と感じているだけなのです。 その為、人によってはパートナーの為に性的関を持てる人も居れば、必要ないのだからと性的接触を拒否する場合もあり人それぞれだという事になります。 基本的には性的な事に無関心である場合が大半を占めているとも言われています。 他人との接触を嫌う訳ではない どこからが性的接触になるのかという点が最も難しく、人によっては全く恋愛感情を抱かない人となら触れ合えるが恋人とは触れ合いたくないと感じる人もいるようです。 その感覚は個々によって全く違うので、定義を作る事は難しくノンセクシャルである本人に伺うしかありません。 しかし、多くのノンセクシャルは人と触れ合う事を嫌う訳では無いし友人と肩を抱き合ったり手を握っても何も感じない人が殆どと言えますね。 アセクシャルとは ノンセクシャルと特に混同されやすいのがアセクシャルというマイノリティです。 アセクシャルと呼ぶ場合もあります。 ノンセクシャルとアセクシャルは似ているようで全く違うものなので、本人以外が無闇に使うべきでは無い言葉なのかもしれませんね。 恋愛感情も性的欲求もないこと アセクシャルとは恋愛感情と性的欲求のどちらも必要としない人の事を指します。 ノンセクシャルと聞いて「冷たい人」と感じる人がいるのだとすれば、このアセクシャルと勘違いしている場合が殆どと言えます。 しかし、それすらも思い込みにしか過ぎずアセクシャルであっても人との繋がりを求める人は大勢います。 ただ、それが恋愛感情まで発展する事はなく友情で止まってしまうだけの事なのです。 ノンセクシャルな人の10個の特徴 恋愛感情を抱く事はあっても、性的欲求を抱く事が無いというノンセクシャルの人はLGBTよりも圧倒的にマイノリティです。 そんなノンセクシャルな人の10個の特徴をご紹介していきます。 感情が湧かない 性的欲求とは私達が思っているよりも幅広い意味を持っています。 例えば、好きだから相手と手を繋ぎたい、抱きしめられたいという感情すらも突き詰めれば性的欲求とみなされます。 実は性的欲求は直接的なアクション以外にも私達の身近に溢れているものなのです。 その為、ノンセクシャルの人は好きになっても無関心で冷たい印象を持たれてしまいがちです。 それだけ、私達の中で「付き合ったら手を繋ぐのが当たり前」「好きなんだから抱きしめたいと思うのが普通」と強く思い込んでいるという事でもあります。 好きという感情だけ ノンセクシャルの人は好きという感情のみしかなく、好きで付き合う段階までいってもその後の進展を望む事はありません。 ただし、この好きという感情が複雑で「好きだからこそ相手を満足させてやりたい」という気持ちから性的接触を行える人も居れば「好きでもそれは無理」と性的接触を拒む人もいるのです。 単純に「ノンセクシャル=性的接触をしない人」という訳では無い事を理解しておきたいものですね。 結婚したいと思わない ノンセクシャルを自覚している人は、それと同じくして自分が圧倒的にマイノリティであると自覚している為結婚をしたいと思わない人も少なくありません。 やはり圧倒的大多数の人の中では「結婚=性的接触」は不可欠なものであり避けられないものである為ノンセクシャルの人からすれば望まない関係でもあると考えている人も少なくないようです。 結婚願望がない 性的接触を望まないノンセクシャルの人は、相手にそれを求めるのは不可能であると感じている人が多く、元から結婚願望を持たない人も少なくありません。 だからといって、生涯一人で過ごしたいと思っている訳でもなく「ノンセクシャルを受け入れてくれる相手が居ないから結婚を望まない」といった方が正しいのかもしれません。 中には結婚している人もいる ノンセクシャルの人には、自分の性癖を相手に伝えて「友情婚」という形で結婚している人も少数ながら存在します。 性的欲求が無いだけで、絶対的に性的接触を行えない訳では無いので血のつながった子供が居る場合もあるのです。 しかし、それに至るにはパートナーのノンセクシャルに対する深い理解が必要不可欠な為ごくごく僅かな例であると言えます。 愛情はある ノンセクシャルであろうと、愛情を感じる事は当たり前にあります。 相手を愛おしいと思うし好きだと感じる事もある為、同じ時間を過ごしたい、一緒に居たいと思う事もあるので簡単に他人をノンセクシャルかどうか判断するのは限りなく難しい事であると言えるでしょう。 愛情が性的欲求には繋がらない 圧倒的大多数の人は愛情を感じるからこそ、性的欲求が芽生える事が多いですがノンセクシャルにおいてはその思考に繋がる事が無いのです。 「愛情はある、しかし触れ合いたいとは思わない。 楽しく話をしているだけで十分」と感じる人も居る為、大多数の人からは「愛情がない」「恋人なのに無関心すぎる」と言われてしまう事も少なくないようですね。 異性を意識しない 基本的に恋愛対象の性別の人でも性的な目で見る事が無い為、ノンセクシャルの人は人と交流する際に異性を意識する事はありません。 例えるならば、性を意識する前の幼い幼児と同じように男性も女性も関係なく「好きだから」という感情だけで人と接する事ができる人であるとも言えます。 好きにはなるけど接触したいとは思わない 幼児と同じように感情のままに人と接する中で「特別に好き」という感情は勿論芽生える事があります。 しかし「それだけ」なのです。 特別に好きな相手ですら自ら接触したいと思う事はなく、好きだと伝える事があってもそれは特別な存在で居たいという独占欲のようなもので留まる事も少なくありません。 ノンセクシャルとLGBTを併せ持つ人も居る 他人を性的な物差しで測らない事から、ノンセクシャルの人はLGBTの要素を併せ持つ場合も少なくありません。 大多数の人は異性に対して性的欲求を感じる為に、異性を恋愛対象として見る場合が多いですが性的欲求を持たないノンセクシャルな人は同性でも異性でも「その人自身」を好きになって恋愛感情を抱く事が少なくありません。 そのためLGBTとノンセクシャル、二つの恋愛観を併せ持つのは何ら珍しい事では無いのです。 愛情表情が性的なものではない ノンセクシャルな人は、愛情表現が性的なものでは無いだけで至って普通に愛情をアクションに起こしてくれる事もあります。 例えば、パートナーを喜ばせる為に贈り物をしたいと思ったり、パートナーに好かれたいと思い自分自身のファッションを変える事など大多数の恋愛観と何ら違いは無いのです。 他にもたくさんすることはある こういった恋愛観の話となると、性的接触をしないのに恋愛感情を持つという事を理解しがたい人がいるのも仕方の無い事ですが日常的に全員が性的欲求を持ってパートナーと過ごしているという訳では無い事を忘れてはいけません。 同じ物を食べて、同じ事をする時間を愛おしく幸せだと感じている事に、性的欲求は存在していません。 そういった当たり前の事でノンセクシャルの人は愛情表現をしているのです。 ノンセクシャルだから「冷たい」というのは大きな間違いである事がよく分かりますよね。 周りからの発言が辛い 世界人口の1割は存在するとも言われているノンセクシャルですが、実は自覚している人が少なく潜在的にノンセクシャルである人も居ます。 大多数の人はノンセクシャルの人に対して「相手が悪かっただけ、きっともっと触れ合いたいと思える人は存在する」などと恋愛観を無意識に押し付けてしまい、その発言自体がノンセクシャルの人を苦しめてしまう事も少なくないのです。 「恋愛=性的接触」と考える人からすれば当たり前の事かもしれませんが、ノンセクシャルの場合においてはどんな相手であっても、どれだけ好きであっても性的欲求は生まれないという事は、自覚もしにくければ理解もされにくく周りからの発言で辛い思いをしている事も多いと言えます。 理解できない等と言われることも LGBTであれば、「恋愛対象が同性、もしくは両性である」などのある意味分かり易い定義が存在しますがノンセクシャルとはとても曖昧なものです。 ノンセクシャルだからといって性的接触が出来ない訳でもなければ、出来ないという人も居る。 大多数の人からすれば「わがまま」のように見えてしまい「理解できない」等と言われてしまう事も少なくありません。 全てが自分次第である為に、ノンセクシャルの人は他人の言葉に傷付けられてしまう事が度々あるのです。 生きていくには苦労しない ノンセクシャルだからといって、対人関係に問題がある訳でもないので生きていくには苦労する事はありません。 同性にも異性にも友人はできますし、家族仲だって人それぞれという点は大多数の人と変りありません。 ノンセクシャルというだけであるというだけで、異性が嫌い、人間嫌いなどと称される事もありますが、全くそんな事はないのです。 恋愛以外では不自由はない 恋愛以外においては、一般的な感覚と何も変わらず不自由もないノンセクシャルの人は多いと言えます。 日常生活に支障をきたす事もなければ、友人関係、会社などでの上下関係も全く問題ありません。 寧ろ恋愛においても「性的欲求がない」事以外には何も不自由に感じている事は無いのです。 もしも、貴方の身近な人でノンセクシャルを告白した人が居たとしても、それはノンセクシャルな人と恋愛関係に無い人にとっては何の問題も無い些細な事であると認識しても良いでしょう。 恋愛においては理解されにくい 好きなのに性的欲求が湧かないというのは、実は単純に見えて大多数の人からは理解しがたい感覚であるとも言えます。 付き合っていても友人関係と大差なく、進展も無い。 ただただ凪のような付き合いの末に人によっては子供を設けたいという希望すらも無いのです。 いくらノーマルの人が「理解するから」と言っても、徐々に歪が出来てしまい理解されないのが現実とも言えます。 相手に求められてしまう ノンセクシャルの人は自分自身で自覚があって、付き合う前からカミングアウトする人も居れば、自覚が無く付き合ってみて相手に求められてしまった時に初めて自覚してしまうという人も居ます。 多くの人は付き合った延長線上に体の関係を求めるのが普通と思っている為に、相手を求める事も普通だし相手に求められる事も普通と思ってしまう為どちらにも非がなく心苦しい思いをしてしまう事も多いです。 しかし、ノンセクシャルと言えども人によっては肉体関係を持てる人も居ます。 ノンセクシャルだから絶対に肉体関係を持てないと決めつけるのも違うし、ノンセクシャルでも肉体関係を持てる人は居るのに、と責めるのも違いますよね。 相手のマイノリティを認めて受け入れる事は難しくもあり、不可能な事でも無いという事を忘れないで居たいですね。 恋愛感情があるだけに苦労することも ノンセクシャルの人の中には「いっその事恋愛自体をしない方が良い」という人も少なくありません。 それは、恋愛感情があるからこそ相手を満足させてあげられない事に苦悩してしまうからです。 マイノリティも、そうでない人も、近頃ではそれぞれの恋愛観にある程度の理解がありますよね。 だからこそ、大多数の人が「恋愛=肉体関係」という恋愛観を持っている事をノンセクシャルの人も十分に理解しているのです。 好きだと思う気持ちと、自分が根本的にそれを受け入れられない事で苦労する事が多いと言えますね。 好きだけど踏み込めない ノンセクシャルの人との恋愛は、その他大多数の人からすると関心が薄く愛情を感じる場面が少ないものと感じてしまう事が少なくありません。 プラトニックな関係と言えば聞こえが良いかもしれませんが、どちらかがノンセクシャルであると理解していると好きだけど踏み込めない状態に陥ってしまうのです。 この一線を越えれば肉体関係に繋がってしまうかもしれない、とノンセクシャルな人が躊躇してしまうのと共に、パートナーもこの一線を越えてしまえば相手が嫌がってしまうかもしれない。 と中立でお互いに心地よいと思えるポイントを見つける事ができるまでは、ギクシャクした関係になってしまう事もありますね。 相手に対する申し訳ない気持ち 恋愛感情があっても性的欲求が湧かないという事を一般的な恋愛として受け入れられにくい事を理解しているからこそ、相手に対して申し訳ない気持ちを抱いてしまう事も少なくありません。 多くの人が恋愛感情を抱いた末には肉体関係に発展する事を望む事を前提として、恋人として付き合いだす為に、ノンセクシャルの人は自分のマイノリティをカミングアウトする必要があります。 自覚があればカミングアウトをする事もできるかもしれませんが、自覚が無い人は、肉体関係を求められて初めて自覚し、それが原因で破局を迎えてしまう事も少なくありません。 その為、生産性の無い「恋愛」という感情自体を諦めてしまう選択をする人もいるでしょう。 告白された場合に断らなければならない ノンセクシャルの人を完全に理解する事は、同じノンセクシャルの人でないと難しいでしょう。 どこからが、性的欲求と判断されるのか?どこまでが、ノンセクシャルである本人にとって受け入れられるのか?個人によって定義が無い為、ストレスなく付き合う事自体に障害が現れやすいです。 だからこそ、告白された場合ノンセクシャルである事を自覚しているのであればカミングアウトする必要がありますし、自分のマイノリティを隠しておきたいと思う人は告白を断らなければいけないという思いになってしまう事もあります。 理解して欲しいと願いつつも、それが難しい事も理解している為、悲しい選択を取る人も居ます。 ノンセクシャルの人にカミングアウトされたら? 恋愛関係に至らなくても、友人や知人としてノンセクシャルの人と出会う事があるかもしれません。 世界人口の1割にノンセクシャルが存在するのであれば、既に出会っている可能性も少なくありません。 もしも、あなたが他人にノンセクシャルであるという事をカミングアウトされたらどう付き合っていけば良いのでしょうか? 否定しない ノンセクシャルは人によっては性的欲求が無くても体の関係を持てる人もいれば、そうで無い人も居ます。 その為ノンセクシャルの人は「あなたが選り好みしているだけ」「違う人なら体の関係も持てる筈」「そんな人にまだ出会っていないだけ」と、自分のマイノリティを否定されて悩む人は少なくありません。 他人の感情や感覚を100%理解するのは不可能な事です。 その他多くの一般論を押し付けて相手を否定するような事は控えましょう。 理解しようとしなくていい ノンセクシャルは、レズビアンやゲイ、バイセクシャルのように自分で決定的であると自覚できる人が少ないのが特徴です。 心のどこかでは「もしかしたら自分が受け入れられる人が居るかもしれない」と不安に感じている事も多いのです。 「ノンセクシャルだから、あなたはこう感じているんでしょう?」と相手の感情を決めつけるような発言は控えましょう。 相手がノンセクシャルであろうが、そうでなかろうが貴方には何も関係の無い事なのです。 マイノリティとは、本人や同じマイノリティを持つもの同士にしか理解できない感情である事を踏まえて「何か困った事や悩みがあったら聞くからね」と無理に干渉するでもなく、離れる訳でも無い反応の方がカミングアウトした本人もホッとする事でしょう。 相手が聞いて欲しい事を聞く マイノリティをカミングアウトするという事は、あなたを信頼しているからこそです。 どうでも良い人に自分がマイノリティである事をわざわざカミングアウトする人はいませんよね。 あなたは相手にとって頼れる人であり信頼できる人であるという事です。 ただし、カミングアウトするからと言って、相手がノンセクシャルを理解して欲しいと思っているかどうかは別だと言えるでしょう。 大抵の場合、ノンセクシャルである事で困った事や悩みを相談したい為にカミングアウトしています。 相手がノンセクシャルである事を受け入れた上で受け身の姿勢で力になってあげる事が必要ですね。 他人に話さない 自分のマイノリティを、他人が本人の意思とは関係なくカミングアウトしてしまう事をアウティングと言います。 これは相手をとても傷つける行為となってしまう上に、場合によっては名誉棄損に当たる事もあります。 LGBTについてはアウティングの危険性が度々取り上げられているものの、ノンセクシャルについては「ノーマルなんだし、別に知られても問題ないでしょう」と軽く捉えてアウティングしてしまう人が居ます。 どんなマイノリティであろうと、本人が望まないアウティングは絶対にしてはいけない事を理解しておきましょう。 万が一、相手を深く傷つけてしまった場合取り返しのつかない事になる事もあるのです。 無意識のアウティングにも気を付けて ノンセクシャルについては、認識がまだまだされていない事もあり何気ない会話の中で「あなたは性欲が無いもんね」等と無意識にアウティングされてしまうという事が多々あるそうです。 話している本人にアウティングしている自覚がなくても、ノンセクシャルである事に悩んでいる人からすると、そのアウティングで受ける傷の深さは計り知れないものです。 もしも、カミングアウトをされる事があれば、それと同時にアウティングしてしまわない事をキチンと意識する事が大切です。 ノンセクシャルの恋人と付き合うには 好きな人に告白された際に、ノンセクシャルである事をカミングアウトされた、または付き合っている内に相手がノンセクシャルである事を自覚した場合には、一般的な恋愛観を持つパートナーはどうすれば良いのでしょうか? よく話し合う これまで解説してきたように、ノンセクシャルである人と付き合っていくのは障害が多く難しい事でもあります。 ノンセクシャルと知っても、付き合っていきたいと思うのであればまずはしっかりと話し合う事が必要です。 「何をされると嫌なのか?」「どこまでなら大丈夫なのか?」「将来的にどうしていきたいのか」と相手の気持ちを聞くのと同時に、「自分はここまでなら我慢できるけど、これは譲れないと思っている」など自分の意思を相手に伝える事も必要です。 未来の事は、その時その時で変わる事もあるでしょう。 とにかく「今」あなたとパートナーが、どのような関係に落ち着くのかを話し合う事が大切です。 大切で特別な相手であるからこそ誠実に対応するのが一番良い方法と言えるでしょう。 特別視しない 何かをする度に「もしかしてこの行為は嫌なのかも」と不安になる事はあるでしょう。 しかし、あまりに特別視してしまうとそれがお互いのストレスになってしまう事がよくあります。 「もし普段の行動の中で、嫌な事なんかがあればその都度言ってね」と一言添えておき、あなたが普段と同じ態度で居てくれる事こそがノンセクシャルの人にとって嬉しい事なのです。 友情婚て何?ノンセクシャルの結婚観 恋愛感情は持てても、性的欲求を持たないノンセクシャルの人は結婚についてどう考えている事が多いのでしょうか? そして、ノンセクシャルの間で話題の友情婚とは?ノンセクシャルの結婚観について一部をご紹介していきます。 ノンセクシャルでも結婚願望のある人は居る 性的欲求を持てないという事は結婚しても性生活をせずに、子供も持たず家族として過ごして行くという事です。 これだけを見ると一般的な家庭でも子どもを持たない選択をする夫婦も最近では珍しくないですし、婚姻関係にあるという事で受けられる公的援助なども自治体によって存在します。 その他、ノンセクシャルを隠している人やカミングアウトしても理解して貰えない人の中には周りからの「結婚しないの?」といった疑問や、未婚である事を心配する両親を安心させたいという気持ちから結婚願望を持つ人も少なくありません。 普通に恋愛結婚をして子どもを設けている人も ノンセクシャルでも人によって、結婚して自分の子どもを持ちたいと思っている人は居ます。 ノンセクシャルは、特に対人関係で人に触れられる事が受け入れられないのではなく「性的欲求」を持てないだけなので育児等には全く何も問題ありません。 パートナーの理解を得た上で結婚し、子供を作るために体の関係を持てる人も居ますし中には体外受精や人工授精などの医学の力を借りて子供を持つ人も今では珍しくありません。 友情婚って何? 友情婚とは、そこに性的関係はなくお互いの利害を一致させる為の婚姻関係と言っても良いでしょう。 友達以上として一緒に過ごせるけれども、性的関係を持てないノンセクシャルの間では珍しくありません。 中には、ノンセクシャル同士で友情婚をして夫婦関係になっている事もあります。 ノンセクシャルとLGBTの結婚 次に多いのが、ノンセクシャルとLGBTのマイノリティが結婚する場合です。 人間としてお互い嫌いでは無いけれども、ノンセクシャルの人と恋愛対象の性別では無いLGBTの人が婚姻関係を結ぶ事も少なくないのです。 そうすれば、お互いに性的欲求は沸かないですしお互いにメリットがあるという事で夫婦となっているようですね。 夫婦関係とは別のパートナーを許容し合う事も この場合、ノンセクシャルな人に性的欲求が無くともLGBTの人には恋愛対象の性別の相手であれば性的欲求があります。 日本では、一夫多妻や多夫一妻は認められていませんが暗黙の了解として別のパートナーの存在を受け入れて生活している場合も少なくないようですね。 まとめ LGBTよりもマイノリティであるノンセクシャルのほんの一部を紹介させて頂きましたが「そういったマイノリティを持っている人がいるんだ」という認識を持ってもらえれば幸いです。 全てを理解する事は難しく、「自分はノンセクシャルを理解しているから」と無責任に言い放つ事を勧める訳ではありません。 ただ、そんなマイノリティに思い悩んでいるという事を知っておくだけで、心救われる人も居るという事を知って貰えれば今後あなたがノンセクシャルの人と出会った際に、相手を傷付けないヒントとなる事でしょう。

次の

ノンセクシャル(非性愛者)の恋愛ついて。

ノン セクシャル

ノンセクシャルと混同されるものに、アセクシャルがあります。 アセクシャルは「無性愛」ともいい、こちらは恋愛感情も性的欲求も抱かない場合を指します。 アセクシャルを略して「Aセク」といいます。 日本では、ノンセクシャルとアセクシャルというふうに区別していますが、英語では、特に区別することなく、どちらも"asexuality"といいます。 敢えて区別するなら、ノンセクシャルを"romantic asexuality"、アセクシャルを"aromantic asexuality"というようです。 また、ノンセクシャルと区別されるものに、性嫌悪障害があります。 これは性的な事柄や性的行為に対して強い嫌悪感を抱くという症状で、その嫌悪感は強烈で恐怖症に近いものがあり、精神疾患に分類されています。 恋愛感情と性的欲求 「恋愛感情=性的欲求」と捉えている人も多いのではないのでしょうか。 この二つは密接に関係していますが、別のもので、恋愛感情と性的欲求をつかさどる脳の場所はそれぞれ違うという研究もされているようです。 この二つをイコールだと考えている人には、ノンセクシャルを理解するのは難しいかもしれません。 しかし、「性的欲求はあるけど、恋愛感情はない」というのはよくあることで、こちらは理解しやすいのではないでしょうか。 だとすれば、性的欲求と恋愛感情は別だということは理解できますよね。 ノンセクシャルな女性の特徴を知る上で、少しは助けになるかもしれません。 ノンセクシャルな女性の特徴13個 ノンセクシャルな女性の特徴13個(1)みんな同じではない ノンセクシャルな女性の特徴を13個挙げましたが、このようなことはまだまだ世間では認知度が低く、誤解や偏見が多いのが現状です。 好きな人に理解してもらえないことは、とてもつらいことです。 また、家族に思い切って打ち明けても、真剣に取り合ってもらえなかったり、病気呼ばわりされることもあります。 セクシャル・マイノリティが周りに気兼ねせず暮らせるようになるためには、やはりみんなに正しいことを知ってもらう必要があると思います。 今まで誰にも相談できなかったことも、ネットメディアを利用すれば、多くの人に知らせることができるし、同じ悩みの人にも役立つでしょう。 積極的に発信してほしいと思います。 パートナーを見つけることが難しい ノンセクシャルな女性の特徴13個からも分かるように、ノンセクシャルな女性も誰かを好きになったり、結婚したいと思うことは当然あります。 ですが、世の中の大多数は「恋愛感情=性的欲求」なので、パートナーを見つけるのは簡単ではありません。 自然に出会い、恋をして付き合う、という流れが難しいセクシャル・マイノリティの世界。 ネットメディアはノンセクシャルな女性の強い味方です。 ネットメディアを大いに利用すれば、本当に理解し合える素敵なパートナーが見つかるかもしれませんね。 ノンセクシャルな女性の特徴を知って理解を深めましょう! ノンセクシャルな女性の特徴について13個あげましたが、いかがでしたか?理解は深まりましたか?ノンセクシャルな女性ご本人、恋人がノンセクシャルだという人、自分の周りにノンセクシャルな人がいるという人、セクシャル・マイノリティーを理解したいという人、すべての人に少しでも役に立てばいいなと思います。

次の