統合失調症ブログランキング。 統合失調症で仕事をしない4つの方法

介護の辛さ

統合失調症ブログランキング

僕が統合失調症を発症した22年前は、精神分裂病と呼ばれていて、今に比べると偏見が強い時代で、精神分裂病に関する書籍というのは今のように多くなかった。 最近は統合失調症に関する本が数多く出版されている。 以下、統合失調症おすすめの本 統合失調症 おすすめの本 ランキング 「統合失調症がよく分かる本」 E.フラー・トリー 僕が発症した20年前は、今のように統合失調症に関する本というのは本当に少なかった。 その中でこの「統合失調症がよくわかる本」は僕のバイブルとなった。 著者の妹が統合失調症ということもあり著者の人生をかけた渾身の一冊という印象。 綿密なデータに基づき、「あ、統合失調症は不治の病ではなく、治るんだ!」という希望が生まれた。 何回読んだか分からないぐらい。 統合失調症の内的な世界観 「統合失調症がやってきた」 ハウス加賀谷 松本キック 自身が統合失調症になり、現在では講演会などで統合失調症の啓蒙活動をしているお笑い芸人のハウス加賀谷とその相方松本キックの著書。 これほど分かりやすく統合失調症の内的世界観を表現している本はないと思う。 天才的な文才。 ただ、僕自身共感出来るところが多く、発症前や入院時のことを思い出して辛くなってしまいなかなか読み進めることが出来なかった。 特に家族や看護する立場の人に是非読んで貰いたい本。 結論としては、自分に合った薬を医師の指示通り適切に服薬していれば、統合失調症は治る病気で、怖いことはない、といったことを伝える名著。 その他 精神疾患に関する書籍 「仕事休んでうつ地獄に行ってきた」丸岡いずみ 地方の局アナから、キー局の看板ニュースキャスターへ華麗に転身。 その容姿は「奇跡の38歳」と騒がれるほどだった著者。 キャリアと美貌、だれもが羨む人生の階段を上っていたある日、突如、始まったうつ地獄への転落…。 元日本テレビのニュースキャスター・丸岡いずみが、重度のうつ病を発症し、奈落の底を這いつくばり、命がけで生還するまでを、赤裸々に語った自伝的エッセイ。 毎日をがんばるすべての女性に読んでほしい一冊。 主婦と生活社刊。 「食事に毒が盛られている」などの妄想もあったようで、もしかしたら統合失調症と診断されてもおかしくないと思った。

次の

介護の辛さ

統合失調症ブログランキング

実家やご両親がいるのは心強いですね。 実家がない場合や、ご両親が亡くなっていたり、どうしても実家に住むことができない場合があります。 そんな時に使えるのが障害者向けグループホームです。 通過型と滞在型があり、通過型は入居できるのが2〜3年まで、滞在型は期限なく住むことができます。 東京都の場合、家賃は補助されて無料。 (各地域によって負担金に差はあります)でも前年に働いていたりして収入がある場合は、東京都でも自己負担金は掛かります。 グループホームでは家賃が補助されて自己負担金が掛からない場合が多いので、障害基礎年金だけでも十分に生活はできます。 ただグループホームは数が少ないので誰かが退去するまで待たなくてはいけません。 私は入居できるまで1年ほど掛かりました。 都営住宅の物件次第では倍率が10倍以下のものもあり、当選しやすくなっています。 一般のアパートの場合、家賃が掛かってきます。 地方では3万円くらいから、東京都では5万円くらいからです。 家賃が掛かるので障害年金だけでは生活はきついでしょう。 でも日本には生活保護という制度があります。 生活保護では家賃が全額補助される(上限あり)ので、実質家賃の自己負担はありません。 どうしても一般のアパートに住むしかない場合で、仕事もできないなら生活保護を申請し、生活をするようにしましょう。 貯金がある場合、生活保護の申請は通らない場合が多いと聞きます。 まずは自分の貯金で生活をして、貯金がなくなったら生活保護に切り替えましょう。

次の

介護の辛さ

統合失調症ブログランキング

570人• 208• 101• 110• 213• 121• 160• 123• 120• 112• 統合失調症 115• 139• 128• 169• 385• 678• 206• 174• 216• 342• 349• 183• 140• 108• 123• 114• 159• 183• 109• 107• 101• 103• 181• 212• 249• 390• 102• 115•

次の