マウス パッド 代用。 【マウス】マウスが使えないときに(マウスキー機能)

マウスの滑りが悪いときに使える、マウスの滑りを良くする方法【ゲーマー向け】

マウス パッド 代用

マウスパッドの代用や代わりになるものについて解説します マウスの動きや反応を良好にしてくれているマウスパッド。 会社ではもちろん家でも使用しているという方は多いと思います。 しかし、実は身近にあるものでも充分にマウスパッドの役割を果たしてくれるとか。 そこで今回この記事では マウスパッドの代用品をテーマに紹介していきます。 どのようなものがマウスパッドの代用品として使用できるのか、マウスパッドが汚れてしまい、代用品を探しているという方など、気になる方はぜひ一度読んでみてください。 マウスパッドの代用品や代わりになるものの特徴は? マウスパッドの代用品になるものとは何なのか、まずはその特徴について紹介していきます。 そもそもマウスパッドに凸凹があったら使用しづらいですもんね。 よって代用品として使用する際、露骨な凸凹がなく平らであるというのが最低条件とも言うことができます。 大きさについては人それぞれ好みがあるかと思います。 例えば、パソコンでよくゲームをする、という方であればマウスパッドはさらに大きい方が良いかもしれませんし。 よってマウスパッドの代用品として使用するにあたり最低限単行本くらいの大きさがほしい所ではないでしょうか。 というのも光学式のマウスを使用する際、表面がつるつるしているものをマウスパッドの代用品として使用すると 誤作動を引き起こす可能性があるからです。 光学式のマウスを使用しているという方で、マウスパッドの代用品を探しているという方は選ぶ際にこの点を注意しましょう。 滑りやすいものをマウスパッドの代用品として使用していると、マウスを動かした際にマウスパッド 代用品 まで動いてしまうというのは想像できるでしょう。 そうした際はイラっしてしまうことが予想できますのでマウスパッドの代用品を探しているという方はこの点にも注意した方が良いです。 参考元: マウスパッドの代用品や代わりになるものを紹介 それでは次に実際にマウスパッドの代用品として使用できるものについて紹介していきます。 ただし、上記でマウスパッドの代用品として使用できるものの特徴を挙げたように、 表面がツルツルしているものは光学式のマウスには向きません。 本は本でも少しザラザラしたブックカバーが付いている本であれば、光学式のマウスでも大丈夫ですので、 光学式のマウスの場合はブックカバーを取り付ける等の対策を講じてください。 ということで本をマウスパッドの代用品として使用するメリットは少々のことでは動かないという点、デメリットはブックカバーは大抵捨てるという方が多く持っていない方が多いという点になります。 ただ、コピー用紙をそのままで使用すると少し大きいというケースも出てくるかと思います。 その場合は二つ折りにする等して適宜対応するようにしましょう。 そしてコピー用紙をマウスパッドの代用品として使用するメリットはプリンターを使用する方であれば常備していること、デメリットはあくまでも紙なので、マウスの動作により動きやすいという点です。 使い心地はさらさらしているため苦手という方がいるかもしれません。 画用紙であれば表面が少しザラザラしていますし、光学式のマウスでも問題なく使用できると考えられますね。 サイズがおそらく非常に大きいと思われるため、はさみやカッター等で切り取ってから使用するようにしましょう。 よって画用紙等の厚紙をマウスパッドの代用品として使用するメリットは、普通の紙よりも摩擦があるということ、デメリットはサイズ調整する手間がかかることです。 表面は少しザラザラしているためそれほど使い心地は悪くないのではと思います。 ダンボールであれば、引っ越し時に使用した物をしまっているという方もいるのではないでしょうか。 切り取ってマウスパッドとして使用すればダンボールの良い再利用になりますね。 ということでダンボールをマウスパッドの代用品として使用するメリットはダンボールを再利用できるということ、人によっては少し摩擦のある使い心地が気に入らないと思われる点になります。 紙はマウスを動かした際に動くからうっとうしいと感じている方はノートを使用してみてはいかがでしょうか。 そしてノートをマウスパッドの代用品として使用するメリットは大抵の家にあるということ、デメリットはサイズ調整がしづらいということですね。 以上がマウスパッドの代用品として使用できるもの及びそのメリットデメリットになります。 参考元: 参考元: マウスパッドの代用品はレーザーか光学で変えるべき? 使用マウスが光学式の場合は 光沢の強いもの、例えば白い紙やガラス等では上手く動くことができません。 これは光学式マウスが微妙な凸凹によりセンサーを検知しているためなのですが、レーザー式でも同様のことが言えます。 よってレーザー式か光学式かでマウスパッドの代用品を変更する必要は基本的にはありません。 しかし、 白い紙のような凸凹の無い、光沢の強いものは光学式では上手く動かない可能性があります。 また、どちらのマウスであっても ガラスはマウスパッドの代用品として使用できません。 これらの点には注意し、レーザー式、光学式のマウスパッドの代用品を選びましょう。 参考元: 参考元: 正規のマウスパッドに比べた代用品を使うことのメリット・デメリット 次に正規のマウスパッドではなく代用品を使用することのメリットデメリットにはどのようなものがあるのか紹介していきます。 メリット マウスパッドの代用品を使用する際のメリットは マウスパッドの費用や購入しに行く手間がかからないということです。 そもそもマウスパッドの代用品を必要とするケースはマウスパッドが汚れてしまった等の理由で使えなくなってしまった、もしくはマウスパッドを購入しわすれた場合等でしょう。 そんな時にマウスパッドを購入しに行かずに、代用品で済ませてしまえば、その費用はもちろん、時間の節約まですることができますよね。 よってマウスパッドの代用品を使用する際のメリットは 「マウスパッドの費用や購入しに行く手間がかからない」ということが挙げられるのです。 デメリット マウスパッドの代用品を使用する際のデメリットは 使用する代用品によってはマウスの動きが悪くなったり、誤作動を起こす危険性もあるということです。 上記でも光学式のマウス、レーザー式のマウスで紹介したように、代用品としてそれぞれ向いているものもあれば、そうでないものもあります。 特にただの紙などをマウスパッドの代用品として使用するのであれば、きちんとテープなどで張り付けておかないと、マウスの動きに合わせて下の紙まで動くことになり使いづらさはもちろん、マウスの動きも悪くなることが予想されます。 このように代用品を使用するにしてもきちんとした準備、もしくはマウスに合ったものを使用するなどが必要となります。 正規のマウスパッドであればそんな必要もないためこれがデメリットとなります。 【コラム】そもそもマウスパッドは必要? マウスパッドが必要かどうかは マウスの種類によります。 というのも トラックボールマウスではボールによりマウスを操作するため、マウスパッドもちろん不要ですし、 レーザー式マウスはガラスのテーブルでもない限りマウスパッドは不要です。 ちなみに筆者が使用しているマウスもレーザー式で、マウスパッドを使用していません。 その一方で、 光学式のマウスは凸凹によりセンサーが検知するため、マウスパッドはあったほうが良いです。 ボール式マウスも同様に、マウスパッドがあったほうがスムーズにマウスを使用することができます。 このようにマウスにはマウスパッドを使用した方が良いものと、特に無くても問題の無いものがあります。 自分の使用しているマウスにはマウスパッドが必要なのかそうでないのか、判断してからマウスパッドの代用品を使用してみてください。 参考元: マウスパッドの代用品や代わりについて疑問が残ったら 今回の記事を読んでマウスパッドの代用品についての疑問が残りましたら、その旨をお問い合わせフォームにてお伝えいただければ幸いです。 代用品についてすべてを説明できたわけでは無いため、疑問点がありましたら加筆もしくは修正等の対応を取らせていただきます。 まとめ 今回の記事ではマウスパッドの代用品をテーマにお伝えしてきました。 おそらくマウスを使用するにあたり、マウスパッドは絶対に使用しなければいけない、正規のものを使用しないと上手く動かない、という風に思っている方もいると思います。 しかし、実際にはこの記事で紹介したように、マウスパッドが必要となるのはマウスの種類、使用しているテーブルや机の材質によります。 今回の記事がそういった正しい認識を得るためのきっかけとなりましたら幸いです。

次の

【無料で使用できるマウスパッドのおすすめ代替品7選】光学式・レーザ式の違いや代わりに使える日常品!避けるべき表面は??

マウス パッド 代用

マウスパッドを使うメリットとしては大きく分けて3つあります。 机によってはマウスの動きが悪くなったり、反応しなくなったりすることもあるため、安定してどのマウスでも使い続けられるようにマウスパッドを設置します。 マウスの読み取り方式によってマウスパッドが必要であったり、必要ではなかったりもします。 必ずしもマウスパッドが必要ないとはいえ、ゲームやデザインをする方は別です。 マウスの細かな動きの調整が必要であったり、マウスの感度を重視したりするのであれば滑りやすさや止めやすさなどを意識したマウスパッドが必要となります。 マウスの種類について 大きく分けてマウスの読み取り方式には3つの種類があります。 読み取りの精度を比較すると、 レーザー式>LED式>光学式 の順となります。 レーザー式は使用できない面はないのですが、 LED式になりますと光沢面では反応しなかったり、 光学式では光沢面とガラスなどの透明面でも反応しなかったりするため、マウスパッドが必要になります。 マウスパッドの代わりに使えるものの特性 それでは、どのようなものであればマウスパッドの代用として使うことができるのでしょうか。 代わりに使えるものの特性を説明します。 凹凸によってマウスが傷ついてしまうこともあるため、マウスパッドの代用品は平面であることは必須です。 なぜ、販売している正規のマウスパッドが少しザラザラした造りになっているかと言うと、 マウスが勝手に動くことを防ぐためです。 仕事やゲームをしている最中、せっかく同じ作業をしやすいようにポイントを合わせておいたのに、 少しの振動によってズレてしまったらイライラしてしまうはず...。 そのため代用品を選ぶ際には多少摩擦があるものにしてください。 デスクワークやレポート、ネットサーフィンなどでPCを使う際は大きすぎないサイズの方が使いやすいですが、 ゲームやデザインで使う際はできる限り大きめのものを買った方が良いかもしれません。 マウスパッドを自作する際は場所や用途によって、自分である程度のサイズは合わせることができます。 用途や使い方によってはかなり激しくマウスを動かす場合も多いかと思われます。 マウスパッドの素材によってはボロボロになったり、摩擦がなくなったりと使いにくくなってしまいます。 正規品であれば耐久性も考慮されていますが、自作でマウスパッドを作る場合は素材の耐久性にも注意しましょう。 マウスパッドの代用品として使えそうなもの7選 それでは、マウスパッドの代用として使えそうなものを7つ紹介していきたいと思います。 マウスパッドの代用として調べているといくつか素材が出てくると思いますが、「実際に使えるの??」といったところを検証してみようと思います! 今回行う検証としては、「光学式」のマウスを使った使い心地を紹介していきます。 コピー用紙や厚紙など、紙によっても摩擦の度合いが違いますので、使い勝手を調整しながら選ぶと良いでしょう。 紙を使用する際のメリットとしては大きさを調整しやすい点があげられます。 使いやすい大きさに合わせて切ったり折ったりすることで調整できます。 デメリットとしては薄くて軽いため、使っている途中に紙がずれてしまうことです。 紙を置く面の特性にも左右されやすいため、あまりにでこぼこした面ではマウスパッドとして紙は使えません。 使ってみた感想として、普通のコピー用紙であれば紙が動きすぎてしまい、正直言って使い物になりません。 マウスパッドの代用品を探すのであれば、別のものをおすすめします。 ダンボール 最後はなんとカグスベール。 マウスのソールにつけて使用します。 平面な場所があることは前提での製品になりますが、マウスパッドが無くても滑りやすく、動かしやすいマウスを作ることができます。 マウス専用のソールもありますが、家具などにつける「カグスベール」でも大きさを調整して使用することができます。 動きやすさの調整だけでは無く、マウスパッドが無い場合のデメリットにもなり得る「マウスが傷ついてしまうこと」も防ぐことができます。 ソールを選ぶ際にソールの「厚さ」には十分注意して貼り付けてください。 マウスにつける用の正規のものであれば考慮されていますが、家具などにつけるものの場合は分厚く、マウスの反応が悪くなってしまうものもあります。 できるだけ薄めのものを選ぶようにしましょう。 カグスベールを使用することで「動かしやすさ」はかなり向上しますが、反応は変わらないためマウスの質によってはあまり効果がないことも。

次の

【2020年】マウスパッドおすすめ10選!手首の疲れ軽減、ゲームに最適

マウス パッド 代用

100均にマウスパッドが売られていることを知っていますか?どうせ100均で買えるくらいだから大した品物じゃないでしょと思う方もいらっしゃるかもしれません。 さすがに〇千円もする高性能のマウスパッドとまではいきませんが、実は普段使うには全く遜色のない優秀なマウスパッドがダイソー、セリアにそろっています。 今回はそんな100均のダイソー、セリア、キャンドゥからおすすめのマウスパッドの商品を紹介します。 マウスパッドを選ぶにあたって、自分の持っているマウスがどんなタイプなのかを確認しましょう。 光学式であったり、レーザー式であったりとマウスの種類も様々ありますので、間違わないようにしましょう。 こちらは色は青と茶色の二種類で、質感はふっくらとしています。 ハンドレストとはリフトレストともいいますが、手首や手の負担を軽減してくれるもので、長時間パソコンを使う方や仕事で使っている方にはとても重宝する機能的なマウスパッドです。 ぱっと見てとても100均とは思えない上品な雰囲気で高級感を出しており四隅の縫製もしっかりとしてます。 縫い目も整っており良い仕事をしています。 ただ名前にレザー調とありますので、レザーではないようです。 使っていくうちにそのあたりの様子は本物のレザーとは違っていくでしょうが、自家用で使う分には充分ではないでしょうか。 ちょっとおしゃれな雰囲気でパソコン仕事をしたい方にはとてもおすすめの商品です。 ダイソーのおすすめマウスパッドの4つ目は、薄型のシリコンマウスパッドです。 薄型というだけあり厚みは0. 5mmで紙よりも薄く、ノートパソコンであれば間に挟んで収納できますのでわざわざ収納場所を確保する必要がありません。 また、そのまま持ち運びもできるのでとても便利な商品です。 またノートパソコンはディスプレイとキーボードを合わせることでつく細かい傷が気になる方もいらっしゃるのではないですか。 そんな方にもこの薄型マウスパッドはおすすめです。 こちらは持ち運びの際にディスプレイとキーボードの間に挟んでおけるのですが、その時に保護シートの役割もしてくれるので傷を防止してくれます。 こちらはマウスパッドに全42種類のショートカットキーが表示されているので、パソコンの作業をしながらマウスパッドを見て必要な機能のショートカットキーを使うことができるので作業の効率化が図れると好評のマウスパッドです。 表記されているショートカットキーの対応端末はWindows8. Vistaです。 Macの場合はCtrlキーの代わりにcommandキーを使うと同じ機能が使えます。 42種類もある機能を全て覚えて使用することはなかなか大変ですが、マウスパッドに書かれているものを見ながら作業できるなんてとても便利です。 100均の中でもセリアは特におしゃれで女性の目をひく商品が多いと評判ですが、マウスパッドのデザインも黒と白のモノトーン調のおしゃれなものや、英字ロゴのプリントがかわいいマウスパッドなどがあります。 おしゃれなプリントもそうですが、機能的にも他の100均のマウスパッドに劣らないシンプルで機能的なものばかりですので、自分の好みに合ったマウスパッドで楽しくパソコン作業ができたら気分も上がりますね。 クッションシートは台紙に使いますので、自分の好みの大きさに切り取っておきます。 そして自分の好きな柄や絵の布を選び、クッションシートより一回り大きく布を切ります。 切った布をクッションシートにかぶせるようにして貼れば完成です。 この時、自分の使っているマウスが光学式であったらそのまま布の上で使えますが、その他の場合は布の上にペット用のひっかき傷防止シートを貼りましょう。 こちらは透明で粘着シートになっているので、そのまま布の上に貼ることができます。 表面に凹凸がありますので、マウスが滑らずにしっかりと機能をはたしてくれます。 [セリア編]インテリアマットとコルクシートで作る手作りマウスパッド! マウスパッドの代用品としてコルク製品を使うことも可能です。 100均で扱っているコルク商品は、コルクシートからコルク板、コルクの鍋しきやコルクのコースターなど色々あります。 さすがにコースターはマウスパッドには小さすぎますが、使い方次第ではおもしろいマウスパッドが作れそうです。 また鍋しきでしたら大きさもマウスパッドとして充分ですので買ってきてそのまま使えます。 コルク板はそのまま置いておいてもおしゃれに見えますし、もし飽きてしまっても元々の使い方ができますし一度試してみてもいいですね。 コルクは材質もしっかりしていますし、表面の凹凸が意外にマウスパッドとして機能してくれます。 100均のマウスパッドでパソコン生活を快適に!.

次の