ボルテ 段位。 SOUND VOLTEX VIVID WAVE

SDVX V スコアツール(β)

ボルテ 段位

初代Sound Voltexが稼働してから早7年。 すでに作品は5作目を迎え、インフレにインフレを重ねたボルテ。 最近始めた人は、レベルが全15段階しかなかったことや、昔のボス曲の事を知らない方もいるかもしれないですね。 今回は初代ボルテのボス曲について振り返ってみようと思います。 初代三強とは? kamome sano さんの Ganymede kamome mix はるなば さんの 金縛りの逢を BlackYさんの Max Burning!! このBooth時代に公開された3曲を通称初代三強と呼ぶとか。 ちなみに、スキルアナライザーが初めて実装されたIIの当時の最高段位である剛力羅ではこの3曲が選ばれています。 どんな譜面? 初代三強と呼ばれる曲はどんな譜面傾向なのか。 1曲ずつ見ていきましょう。 Ganymede kamome mix Ganymede kamome mix、通称「亀」は2012年8月公開。 すなわち、稼働開始からたった 半年で追加された文字通りの未来譜面。 リミ元はIIDXの四神のうちの玄武であるGanymede。 向こうが亀ならば、こちらはシャア専用の赤い亀と言ったところか。 リミ元はBPM72-82だが、こちらは脅威のBPM200。 冗談抜きで3倍近いBPMをしている。 譜面の方を見ていきましょう。 まずは軽い片手+軽い縦連から始まります。 こんなの稼働半年でやらせるな 中盤にはBPM200の12分白壁。 こんなの稼働半年でやらせるな 終盤には何故か外れる8分折り返しうねうねつまみ。 なぜかこいつ外れる そして、ガニメデと言えば 片手拘束4レーン12分ラス殺し こんなの稼働半年でやらせるな 挑戦段階だと、道中も稼ぎが少なく必死にゲージを貯めても最後で全て台無しになるという凶悪すぎる譜面構成になっています。 人生とは こんな ありふれた 音楽に 似ている 現在は他の三強と同様のLv17であり、 剛力羅1曲目なので1曲目に紹介しましたが、正直ブッチギリでこいつが難しいと思います。 マジでこいつはLv18でいい。 余談ですが、IIにて追加されたInfinite譜面(通称亀虹)もめちゃくちゃ未来譜面してました。 譜面傾向と言えば「片手処理」に注目しがちだが、初代特有の押し辛い鍵盤のオンパレードでもあります。 例えばこういうの。 あと、こういうのだったり。 そして道中とラストにある、片手地帯。 これは現在のLv17の中でもトップクラスのラス殺しと言えるレベルの破壊力。 片手力が無いとクリアは難しいので、むやみに粘着して癖をつけないように… この曲に限らず言えることですが、初代配置は特に癖を拗らせやすいです。 現在は練習曲が沢山増えたのでいいですが、当時は初代三強を練習するのにはワーサンやV. P、Croixと三強くらいしかなかったでしょうし癖地獄でしょうね。 Max Burning!! まさに曲も譜面もボルテ!!って感じのBlackYさん作曲のMax Burning!! 、通称「マクバ」。 KAC2012の決勝戦で初披露された、いわば初代ボルテのラスボス曲。 IIで実装されたスキルアナライザーでは当時最高段位だった剛力羅の初回ボスに君臨。 そんな最強曲の譜面傾向は、ズバリ「初見殺し」と「癖」でしょう。 現在はミラーがあるからいいですが、地力が足りていない状態で変に認識するとこの先数年は地獄を見ることになります(体験談)。 癖つかないままマクバを突破した人にとっては、どこが癖つくのかわからないと思うので… 癖ポイントを解説していきます。 癖地獄その1 同時押しと16分でずれているノーツを正しく認識できなければ、終わり。 癖地獄その2 つまみ発狂を抜けた後の後半戦。 つまみ発狂を繋いで気持ちよくなっているプレイヤーを絶望の縁に叩き落す配置。 これも前半同様、どこが同時押しなのかの認識を誤った瞬間終わりです。 一気にエラーハマりでゲージも絶望の縁に叩き落されます。 ツマミ発狂 癖の話ばっかりだとつまらないので、譜面傾向について。 中盤のツマミ発狂、終盤のツマミ発狂。 今なら当たり前のようなレベルですが、当時は香港赤のツマミ発狂で大騒ぎしていたレベルなので、これは相当な衝撃だったのでしょう。 最後になりますが、癖には本当に気を付けてください。 クリア率などはどのくらい? 以上に紹介した初代三強。 現在の立ち位置ではどの程度なのでしょうか? 以下のスコアツールの情報をまとめてみました。 Ganymede 金縛りの逢を Max Burning!! Lv 17 17 17 平均スコア 9684509 9713747 9845034 クリア率 96.

次の

SOUND VOLTEX II

ボルテ 段位

システム面全般• BT 白 ボタンショート・FX 黒 ボタンロング縛り廃止• BTボタンはショートボタン、FXボタンはロングボタンと役割が分かれていたが、今作よりそれが廃止され BTボタンにもロングオブジェクトが、FXボタンにもショートオブジェクトが降ってくるようになった。 各名称はBTボタンロングオブジェクトが「ロングBTオブジェクト」、FXボタンショートオブジェクトが「チップFXオブジェクト」。 ロングBTオブジェクトの仕様はエフェクトが充てられていないということ以外はロングFXオブジェクトと同じ仕様。 チップFXオブジェクトの仕様はショートBTオブジェクトと同じでNEARがある。 エフェクト種類増加• エフェクト種類が新たに8種類増加。 ラインナップは以下のとおり。 BitCRUSHER 意図的に音のビットを下げてローファイチックな音にする• SideChain トラックの出るタイミングや強弱を使い別のトラックに影響を与えるDJミキシングのテクニック• ShortDelay Delayは「遅延」の事で、その名の通り半拍ずれたような音になる• TapeScratch ラジカセやデッキを二台使い、テープを装着しDJプレー・スクラッチをする事• WoBBLE Filterなどを駆使し、音をうねらせる• 【2014年7月31日より登場】MashUp 楽曲再生中にテンポやキーを合わせた別の楽曲を流す• 第四譜面難易度「INFINITE」• 読み方は「インフィニット」。 カラーは虹。 GITADORAのMASTER譜面のような、EXHAUST譜面のさらに上の難易度。 また、DDRのCHALLENGE譜面のような別バージョン譜面としての意味合いも兼ねている模様。 アナログデバイス判定変更 要検証• アナログデバイスを回す際、回転が止まったり逆に「回った」と判定される基準が厳しくなった?• アナログデバイスのラインが両端にある時だけでなく間で止まっている場合にも、つまぶきがラインに乗った際ロックがかかり、次にラインが動くまでどちらに回してもつまぶきが外れなくなった。 Lv7以下譜面 救済措置追加• TRACK CRASHになってもプレイした譜面がLv7以下であった場合、SAVEDの有無に関わらず次のステージへ進めるようになった。 NEAR判定によるEFFECTIVE RATE増加• SKILL ANALYZER• IIDXの「段位認定」にあたるモード。 前作の「RANK」は廃止、「SKILL LEVEL」「称号」が与えられ腕前の目安が分かりやすくなる。 仕様はIIDXの段位認定とほぼ等しいものになっている。 課題曲数は3曲。 ゲージは「Permissive Rate」という減少型の専用ゲージが用意されている。 詳しい仕様については。 ゲージの状態は3曲通して維持され、3曲全て完奏すればゲージの残量に関わらず合格となる。 SKILL LEVELはLevel 01〜10の十段階。 約1か月周期で公式サイトにて課題曲の投票を行っている。 IIDXのように固定化されない模様。 課題は公式が予め設定した楽曲の中から各ステージごとに投票する。 投票結果を参考の上、スタッフが決定を下すとのこと。 投票は 1人1日1回までとなっている。 Lv16新設• 「KAC2013 オリジナル楽曲コンテスト」の最優秀賞受賞楽曲のEXHAUST譜面のためにLv15を上回る Lv16が新設された。 INFINITE譜面解禁専用のモード。 通常選曲画面にカテゴリとして存在する。 Excessive Rate適用下で曲をプレイすることで溜まるBLASTER ENERGYを100%消費することで挑戦可能。 主な流れは。 LIGHT START• 現金専用のモード。 所持しているSKILL LEVELに応じて1〜2曲目の選曲難易度に制限がかかる(枠の有無は影響しない模様)• KAC2013コースのようにレベルが設定されていない称号のみ獲得している場合は無しとみなされる。 STANDARD START• PASELI専用のモード。 選曲難易度の制限は無い。 1回だけTRACK CRASH時に次TRACKに進める救済措置が発動する(救済措置が発動可能な場合、選曲画面のジャケット及びマッチング待機画面にSAFEアイコンが表示される)• 救済措置はExcessive Rate、Blastive Rateでの途中CRASHにも適用される。 救済措置はEffective RateでCRASHし、SAVEDとなった場合(Lv7以下の強制SAVEDも含む)も消費されてしまう。 公式には「2曲保障」と説明があるが、保障が1曲目のみということではなく、1曲目クリア、2曲目CRASHでも3曲目に進める。 BLASTER START• PASELI専用のモード。 BLASTER ENERGYのストックに関係無く、無条件でINFINITE BLASTERに2回挑戦できる。 1曲目でTRACK CRASHしても必ず2曲目をプレイ可能。 2曲プレイで終了であり、3曲目は無い。 BLASTERタブ以外の曲は選曲できない。 選択できる最低難易度が12(一応11もあるが出現はランダム)、かつ極端に減りやすい減少型ゲージとなるので、誤って選択しないように注意• 撃破済みのBLASTER STAGEに再挑戦することが可能(パケット、ブロックのブラスターステージボーナスを再度獲得できる) オプション関連• 譜面スクロール速度表示• 計算には曲開始時点でのBPM値を使用している。 曲の途中でBPMが上昇する曲では注意が必要。 HI-SPEEDオプション上限変更• 前作のHI-SPEEDオプションは0. 5倍〜5. 0倍であったが、上限が6. 0倍まで拡張された。 INFINITE BLASTERと同時に実装。 IIDXのHARDゲージにあたる新ゲージ。 0%になると即TRACK CRASH、減少度合がPermissive Rateよりも厳しいなど、基本的な仕様もそちらを踏襲している。 詳細は別項参照• 複数のカテゴリに該当する楽曲は重複して収録されている。 操作方法変更• アナログデバイス:従来通り• FXボタン同時押し:ソート選択画面呼び出し• FXボタン単押し:選択カテゴリ変更• CLEAR RATE 2013年7月30日実装• IIDXでは既に実装されているクリア成功率を表すクリアレート表記が実装。 基準値はプレイ回数ではなくプレイ人数で算出されているとのこと。 プレー画面• レーン傾斜度・持続時間増加• アナログデバイス操作時のレーンの傾き、そして持続時間が従来と比べかなり大きくなっている。 譜面スクロール速度の低下• 譜面が奥から手前へ来るスピードが前作に比べて若干遅めになっているため、前作よりもハイスピードは速めに設定するといい。 FXオブジェクトの配色変更• 前作では半透明の黄色だったFXオブジェクトが不透明の橙色となり、特にBTオブジェクトと被る時の視認性が向上した。 キービーム表示時間短縮• スコア表示• 前作ではスコアの表示が8桁全て同じ大きさだったが、今作では下3桁が小さく表示されるようになった。 ショートノイズ 刻印削除• ショートノイズをよく見ると刻まれていた「SDVX」の刻印が無くなっている。 配置変更• 左上にジャケット追加 バージョン情報• 第23. 5版 韓国版のみ : KFC:K:A:A:2014062400• BLASTER STARTとSTANDARD STARTをコイン対応機能として追加。 (韓国ではPASELI未発売のため)• PASELI専用機能が海外版でコインに対応出来るように修正されたのは、、に続いて3回目。 工場設定はコイン4枚 KRW2000 であるが、実際では2枚 KRW1000 で運営するのが一般的である。 第23版: KFC:J:A:A:2013121600• スタンプ祭りのイベント開催の準備• 第22版: KFC:J:A:A:2013120900• 選曲画面の右端のバーに曲順の分類の大まかな表示追加• KACコンテスト関連の楽曲データ追加(?)• 第21版: KFC:J:A:A:2013112x00• 第20版: KFC:J:A:A:2013111x00• 第19版: KFC:J:A:A:2013110x00• 第18版: KFC:J:A:A:2013102900• ライセンスのコピーライト表示に「VOCALOIDはヤマハ株式会社の登録商標です」の表記追加• 第17版:KFC:J:A:A:2013101600• 第16版:KFC:J:A:A:2013100300• 第15版:KFC:J:A:A:2013093000• スキルレベルの称号のデザインを一部変更(特に文字部分)• 第14版:KFC:J:A:A:2013091800• 第13版:KFC:J:A:A:2013091000• 第12版:KFC:J:A:A:2013090300• 第11版:KFC:J:A:A:2013082700• 第10版:KFC:J:A:A:2013082100• 第9版:KFC:J:A:A:2013080800• ボーナス表記一部日本語化• 第8版:KFC:J:A:A:2013080500• 楽曲決定時のジャケットが表示される演出において、エフェクト製作者とジャケット製作者が表示されるようになった• 第7版:KFC:J:A:A:2013080200• マッチング待ち中のHi-SPEED表示位置変更• 第6版:KFC:J:A:A:2013073000• 選曲画面にクリアレート追加• 第5版:KFC:J:A:A:2013071600• 第4版:KFC:J:A:A:2013071000• 第3版:KFC:J:A:A:2013070500• 第2版:KFC:J:A:A:2013061900• 楽曲追加• 初版:KFC:J:A:A:2013060500• オンラインアップデートによるメジャーアップデートはBEMANI初。 未修正• アナログデバイスでラインの方向が傾いた際、右方向なら右、左方向なら左に回転方向を正確に変えたにも拘らず外れてしまう事が度々ある 上記のアナログデバイス判定変更による影響の可能性あり?。 直角アナログデバイスでも、正確に回しているにも拘らず反応しなかったり外れてしまう事が度々ある。 この影響で、獣性オーバーフロウのEXHAUST譜面など、ラストに左右両デバイスを直角に回した後デバイスを放置してショートを叩かせるような譜面では一旦外してしまうと一気にゲージを削られ落とされてしまうこともある。 またこれとは別に、Booths of FightersのEXHAUST譜面はラストのデバイス操作においてツマミを回していないにも拘らず勝手にデバイスのラインをなぞる現象が発生している 確実には発生しない?またゲームにはほぼ影響は無いと思われる。 BPMの高い曲では,デバイスが自動で動くのがよく見られるため。 プレイ画面にてExcessive RateがExcessi『ev』 Rateと表記されてしまっている。 同日追加された条件付き解禁が必要なEXH譜面のうち、BUBBLE RAVER EXH だけが最初から通常選曲できた。 開始1時間後にステーションで解禁しないと選曲できないように修正された。 修正前に同譜面をプレイしていた場合はKACコースをプレイせずともステーションで解禁できる。 ローカルマッチングでプレイしても解禁できることから、プレイがフラグになっていると思われる。 e-Amusementサイト内の楽曲データにおいてBOOTH初期曲のデータが正しく表示されない• 表示されなくなるのは楽曲のレーティングやクリア情報。 一部のデータが未プレイ扱いとなっている。 楽曲ごとの詳細データには影響がなく、表示されなくなるデータも時間ごとに変わる。 中には楽曲が一覧にすら表示されないことがある。 これも時間ごとに表示されたりされなかったりする。 「絞り込み検索(曲名)」や「最近プレイした順にソート」を行えばちゃんと全曲表示されるが、レーティング等は表示されないままになっている• BOOTH新曲はおろかその直後のアップデート曲まで表示がおかしくなった。 選曲画面のジャケット右脇のデバイス別達成率のゲージのうち、BTN 青 の部分が正常に記録されず真っ暗 0% になっていた。 不具合自体は以前修正されていたが、修正以前のデータは再度プレーしても非表示のままとなっていた。 今回の修正で正常に表示されるようになった。 KFC:J:A:A:2013080200より発生• LieserotteのEXHAUST譜面においても同様の現象 こちらに至っては6ノーツ分 が確認されており、アプデによって何譜面かのロングの判定が消失? しているようである。 公式サイトの用語集でMAXIMUM CHAINがM UXIMUM CHAINと表記されてしまっている• eAMUSEMENTデータ閲覧時:前作からの引き継ぎ曲を今作でクリアマークを上位に更新しても、「最近プレーした順でソート」をした際にアイコンが更新されていない。

次の

SOUND VOLTEX VIVID WAVE

ボルテ 段位

) VIVID WAVEに対応しました• 新曲・VIVID難易度譜面、新VOLFORCE計算式に対応しました• 統計情報も週2回自動更新しています これは何 『SOUND VOLTEX VIVID WAVE』のスコア閲覧ができる非公式サイトです。 ブックマークレット(簡易)とCSVに対応しています。 一部のデータはSOUND VOLTEX wikiのものを参照しています。 スコア登録のしかた 動作環境 推奨はPCのGoogle Chromeです。 一応下記で確認していますが、スマホよりPC推奨です。 【Mac】Chrome, Safari• 【Android】Chrome• 【iPhone】Chrome 基本PC向けに作っているので、スマホ等では見づらい場合があります。 ブラウザによっては設定で「PC版サイトを見る」にチェックを入れると使いやすくなることがあります。 スマホで動かなかったら他のブラウザで試したり、PCで試したりしてみてね。 最初に してください。 アカウントを持っていない方はした上でログインしてください。 プレー回数も見たい方はCSVを利用してください。 下記をブラウザのブックマーク(お気に入り)として登録してください。 createElement 'script' ;s. getTime ;d. head. 公式サイトの『』 ページを開き、 出力されたCSVデータをコピペするかCSVファイルをアップロードすることでスコア登録が完了します。 簡単で速く、公式サーバにも負荷を掛けないので、出来ればこちらをオススメします。 よくある質問 Q. スマホで動かない/見にくい A. ほぼスマホ対応してません。 ごめんなさい。 プレー回数が取得できない A. ブックマークレットでは取れません。 重課金してCSVを使ってください。 エゴサして需要は把握しています。 実装コストと相談の上判断しています。 統計データはいつ更新されますか A. 毎週月・木 午前6時ごろに更新されます。 統計データのCSVがほしい A.。 サイトから得られる情報と自動同期しています。 更新情報 2019. 15 統計情報更新再開 2019. 11 VIVID WAVEに対応 新曲追加、VIVID譜面対応、新VOLFORCE計算式に対応、パケットの廃止、デザインカラー変更 2018. 16 nearnoah. ) 段位別平均、VF別平均、偏差値、平均差分、前回差分を追加 統計情報の週2回更新体制 その他細かな変更多数 2017. 26 削除曲を非表示にしました 2017. 13 統計情報をCSVで公開 2017. 10 プレーヤーデータ登録機能を追加 ブックマークレットの安定性を(多少)改善 2017. 28 常時SSL対応 2017. 9 を提供開始 2017. 18 譜面ごとのVOLFORCEの表示機能を追加 2017. 8 昼間にスコアが登録できなくなっていた問題を(応急処置的に)修正 2017. 30 全体統計(平均スコア、クリアマーク別割合、スコア別割合)の表示機能を追加 スコア表の各項目の表示・非表示を選択可能に 2017. 29 細かいバグ修正 2017. 23 Mac, Androidで動作を確認 フィルタ機能の不具合、およびデザインの微修正 2017. 13 仮公開 お問い合わせ バグ報告等はに投げると気が向いた時に対応します。 開発者を餌付けする.

次の