パワプロ 投手。 【パワプロアプリ】投手評価一覧【パワプロ】

【パワプロアプリ】アンドロメダ学園投手デッキ【パワプロ】

パワプロ 投手

投手育成にあたって レベル 野手育成においてはノーマルレベルのプレイが安定すると言われています。 ロックオンレベル2なので苦手な方でも打ちやすいですしね。 しかし投手育成の際は エキスパートをお勧めします。 もちろん試合での経験点狙いです。 ノーマルでやっても、エキスパートでやっても 失点や打ち込まれ方に然程違いがないです。 ならば、活躍した時に経験点をガッツリ貰えるエキスパートが良いですよね。 大活躍すれば 80ポイント近く貰えるので全試合集中していきましょう。 投球術 術と呼べるほどでもありませんが、ある程度プレイする事で傾向は分かると思います。 とにかく同じ球種を続けない事とコースを散らす事です。 四隅に丁寧に投げてあげれば打ち込まれる頻度も減るでしょう。 打者にもよりますが、CPUは慎重打法の傾向にあります。 2ストライクまではあまり手を出してこないので、ボール球でカウントを悪くするぐらいなら多少、球が甘くても ストライク先行でいきましょう。 カウント悪くなると打たれやすいです。 管理人の体感ですが、 全力ストレートは強いと思います。 困った時は頼ってみて下さい。 なりきりプレイ 今作は試合前にプレイスタイルを選べるのが面白いです。 投手であれば、 なりきりプレイがオススメだと思います。 2ストライクからなど、 カウントが進んだ状態からのスタートが多いので楽です。 体感的に通常操作よりも打たれにくいと思います。 ただ、投手の守備操作が必要になります。 独立リーグでプレイ時は野手能力もGスタートなんでフィールディングは非常に厳しいです。 バント処理でもたついて安打になることもあるので、そんな時は 変化球を高めに投げると勝手に失敗してくれます。 バントが嫌ならさせるな! メジャーの眉村理論でいきましょう。 独立リーグでホモコロガシ 野手作成で有効とされていた ホモコロガシ理論 やはり投手もこの理論が安定します。 イベント消化など基本的な内容は変わりません。 簡単に育成のコツや変更点を書いていきますので参考にしてください。 ホモとの遭遇 やはり鍵となるホモとの 遭遇 早ければ早いに越した事はありません。 投手育成では特能がホモ頼りになるので洞窟イベントを何回行えるかが鍵となります。 まずは遭遇すること( 1月目安) 次に矢部との デパートイベントを完了させること ここまでは完全ランダムなので祈るのみです。 最終的に4月までに洞窟探検開始を目標にしてください。 出来なければリセット、、、 ここの選別作業が一番しんどいです。 が、育成の肝でもあるので頑張りましょう。 洞窟探検では 洞窟探検ではまず成長極アイテムを優先して集めてください。 センス100、成長極アイテムフル装備までは能力上げも行なわないほうが良いでしょう。 ここまでは、ホモとの遭遇が遅くても割と達成できます。 問題は 特能です。 後述しますが、 野手と違いキリギリス特訓による特殊能力取得があまり期待できません。 成長極アイテム取得後は 欲しい特能本を取りまくりましょう。 もちろんノビ、キレ等、強力なものから順にゲットしてください。 本は売ることも出来ないので取得後はすぐに使用してください。 能力を確認しながらどの本が欲しいのかは把握してくださいね。 管理人は取り忘れや重複で結構ムダにしてしまいます。 神龍石 ホモイベント対策で必要な 神龍石 神龍石があるかどうかで、体力が維持できるかが決まります。 探検中は犬のカットインで ドリンクを落としてくれる事もありますが、 神龍石を持っていたほうが頻度が高いです。 神龍石無しで洞窟イベントをこなすと有り難みが分かると思います。 体力の維持が出来なければ当然能力も伸びません。 特に 終盤は洞窟探検とルナ特訓のダブルパンチで体力をごっそり持っていかれます。 鍵となるのが、序盤での神龍石入手 銀以上、出来れば金を取っておくと楽になります。 序盤で金をとれた時に限ってホモが来ないという。。。 こちらも選別作業を行い、ホモ洞窟イベント突入までに入手出来なければリセットする心構えでいきましょう。 ルナ特訓 ホモイベントと同じく軸になるのが、ルナの特訓イベント みなさんも慣れているとは思うので今さら書くことでもないんですが、サラッと触れていきます。 うさぎ 野手育成時はほとんど使う事のなかった、うさぎ特訓 投手育成では非常に役立ちます。 うさぎ特訓・・・優れている能力を伸ばす特訓 具体的な活用方法としては変化球能力を伸ばします。 2月の特訓開始までに 総変化6以上ぐらいまでを目安に自力で能力を上げておきます。 他の能力は初期値でオーケー そこからは、 全てうさぎ特訓を利用して変化量を伸ばしていきます。 計6回以上、総変化量14くらいまで伸ばせば良いと思います。 (1回の特訓で変化量+1) 補足 ・カーブ4、スライダー2だとカーブから伸びていく ・変化量が1の球種は伸びないことがある 普段ですと(野手育成など)フンコロガシでセンスや体力を伸ばしますが、序盤からうさぎ特訓で良いと思います。 管理人は変化量を伸ばしきってからフンコロガシを2. 3回行う程度です。 120キロ コンスタFの状態でも変化量が多いと三振も取りやすいので出井田ミッションの最大の山場である奪三振40も達成しやすいです。 亀特訓 亀特訓は 球速を伸ばすのに活用していきます。 終盤の能力が上がりきった状態で行うとかなり有効です。 具体的には 球速 147~152 コンスタA 85 総変化 15以上 くらいの能力を目安にして下さい。 最終的にどのぐらいの球速を目指すかによりますが、ここでは170キロ到達前提で目安を設定しています。 時期的には出井田ミッションで奥義伝授後 8月4週付近です。 コンスタA、変化量も15以上 尚且つ球速も140後半 の状態を作れば、 亀特訓で球速を伸ばしポイントを節約できます。 150超えてくるとセンス100で球速成長極ボールを持っていても大分筋力を消費しますしね。 ドーナツイベント後の連続特訓とルナ帰還後の特訓を亀に当てると球速を飛躍的に伸ばす事ができます。 ただ、目安にしてた特訓前の能力150キロ コンスタA、総変化15 は 難易度が高いです。 変化量は問題ないんですが、 試合の活躍次第でポイントを取りこぼすとまず筋力が足りません。 加えて序盤にうさぎ特訓をすることで センス100に届かない事もあります。 ここら辺は洞窟探検を早めにスタートしてセンスを稼いだりしなくてはならないので運要素も大きいです。 なんとか最後の連続特訓までには150キロまで到達したいところです。 フンコロガシとキリギリス 投手育成では管理人の場合、フンコロガシとキリギリスは補助程度に考えています。 フンコロガシはセンスや体力が足りない場合 キリギリスは球速や変化球を伸ばす必要がない場合 に行なっています。 サクセス通して1、2回程度です。 ルナ帰還〜ドーナツイベントの間に行なっています。 今回は投手育成の基本とルナ特訓、ホモイベントについてお話ししました。 次回は別記事で不足情報を載せたいと思います。

次の

【パワプロアプリ】オススメ投手デッキまとめ【パワプロ】

パワプロ 投手

【2016ペナント】:主にオーペナ用のデータ検証です。 自分の備忘メモに過ぎなかったり。。。。 オーペナをするにあたり、投手は大事です。 まぢで。 野手は割とパラメータがわかりやすく、それに特能を乗せれば それなりの働きをしてくれるんですが、 投手はですね、何をもって活躍するかがイマイチ分からない。 PS2時代ですと、球種3つにするだけで大活躍できるとかあったんですが 近作は球種もインフレ気味で、なかなか多球種=活躍とはいきません。 それでですね、には先発投手の起用設定があります。 今回は、この設定で使えるのがあるかなーという点から検証していきたいです。 おそらくこれって、人によってさまざまだと思うんですよ。 スタミナA=完投、D=勝利投手で、パラに沿う人もいれば、 調子次第で全員固定という人もいると思います。 これをそれぞれ先発全員の起用固定をして一年回し、 検証していきたいと思います。 47 2 88 うん、まあまあいいんじゃないでしょうか。 先発6人とはいえ、規定が2人というのは少し気に入りませんけどね。 では次に「調子次第」 勝 負 チーム 人数 中継ぎ最多登板数 64 71 3. 99 1 86 一気に落ちましたね。 調子ふつう固定というのもあるのでしょうかね。 それでも4点近くはねえ。 では次に「スタミナ限界」 勝 負 チーム 人数 中継ぎ最多登板数 57 81 3. 88 2 78 これもイマイチですね。 では次に「スタミナ温存」 勝 負 チーム 人数 中継ぎ最多登板数 78 60 3. 15 1 86 これはいいですね。 こんな良いとは思いませんでした。 僕は全然使ったこと無かったんで。 では次に「勝利投手」 勝 負 チーム 人数 中継ぎ最多登板数 57 81 3. 83 0 96 これは論外です。 うんこです。 規定も乗らないわ、も悪いわ。 先発6人目とかで使うならいいかもしれませんけどね。 最後は「おまかせ」 勝 負 チーム 人数 中継ぎ最多登板数 68 70 3. 32 2 83 これも意外。 とてもいい! 僕はおまかせは全く使ったことありませんでした。 だって誰をどう使うのか意味わからんし。 でも、この結果を見る限り、そんな変なことはなってないですね。 では最後に、優秀だった起用法を再度試してみます。 次は、を先発5人(二木選手を中継ぎに)にして それなりに現実に近い起用法をとっています。 勝 負 チーム 人数 中継ぎ最多登板数 67 71 3. 75 1 93 勝 負 チーム 人数 中継ぎ最多登板数 69 66 3. 55 1 79 上がスタミナ温存、下がおまかせです。 わざわざ先発の数を減らす期間を設けたのに、 規定に乗った人が減ったのは気になりますが、 この結果を見ても、おまかせはそこそこ安定するのではないでしょうか。 少なくとも地雷ではないはず。 絶対的なエースがいる場合は完投にして引っ張り、 スタミナBの準エースはおまかせ スタミナDCレベルの人間はスタミナ温存、 という起用はそこそこ使えるのではないでしょうか。 もちろん、先に書いた通り、起用法は人によりチームによりさまざまですが 少なくともおまかせは地雷ではないという事は、お伝えしておきます。 morinomorimori.

次の

オーペナにおける投手能力について

パワプロ 投手

もくじ• 投手の操作時の選択について 投手育成時の試合操作は以下の5つになります。 ただし、これはしっかりと投手操作を行って 失点を少なくするのが前提にあります。 火だるまになる程打ち込まれて途中降板等になったら ほぼ経験点は0に等しいくらいで監督、スカウトの 評価も落ちてしまいます。 なので、パワプロアプリの投手育成においては 「サクッと自分の投球だけプレイ」は 諸刃の剣なんですよね。 そこで私は対戦相手によって 「サクッと自分の投球だけプレイ」と 「しっかりとピンチ・チャンスで全員操作」を 使い分ける様にしています。 「しっかりとピンチ・チャンスで全員操作」にするのは 以下の対戦相手の時が多いです。 ちなみに 海堂での投手育成時は 決勝以外の全試合「サクッと~」で いいと思います。 キャッチャーマスクを被るのが佐藤寿也の為、 他の高校よりも勝ちやすいんです。 特に球界の頭脳の効果は凄まじく、 コントロールCくらいにまで上げていたら ほとんど指定した場所からずれる事がありません。 それでも野手と比べれば試合に勝てない可能性は あるのでリスクはあるんですけどね。 ブレインマッスル高校もいいんですが、 今のところ、私が本気で投手を育成するなら 海堂高校を選択しています。 【関連記事】 基本の投球術 以前にも試合での投球操作について触れたのですが、 基本的な投球術に関しては変わりません。 詳しくは を見て頂きたいのですが、 要約すると以下の通りです。 具体的な攻略法は ボール2個分外れた場所に投げ込む事です。 私も試した所、できるだけ変化量の多い 変化球を使うとがよく振ってくれました。 例えばスライダーなどは変化量が大きい部類に 入るので変化量6や7ならストライクから ボールになってくれるので振りやすいです。 しかし、カウントが結構重要でノーボール 2ストライクとか3ボールノーストライクの様な 現実の野球でも様子見をするカウントの時は 振ってきません。 逆に2ボール1ストライクの様なバッティングカウントの時は 積極的にバッターも振ってくるのでこれをやると 結構振ってくれます。 【関連記事】 最近の投手育成はこんな感じ 最近のパワプロアプリでのサクセス投手攻略は こんな感じで進めています。 出来上がった投手がこんな感じです。 早く良い選手を育成したい方の為に パワーストーンを 無料でゲットする方法をお伝えしています。

次の