郵便局振込時間。 ゆうちょ銀行

振込(他の金融機関口座への送金)

郵便局振込時間

24時間対応(一部の大きな郵便局)• 土曜日、日曜日、祝日対応• 年末年始対応• ゴールデンウィーク(GW)対応• 夜間対応(夜間窓口)• 郵便業務• 住所変更、転送届の提出等に対応• 貯金や保険は非対応 が主な特徴となります。 できることとできないことは、以下で詳しく説明します。 「ゆうゆう窓口」は全ての郵便局に設置されているわけではなく、一部の郵便局に限ります。 お近くの郵便局にゆうゆう窓口が設置されているかどうか、上記の郵便局のページで検索できます。 最寄りの局をお探しください。 なお、ゆうゆう窓口がどのようになっているのか、実際に行ってみたレポートを以下の記事にまとめていますので、気になる方はご覧くださいね。 関連記事> ゆうゆう窓口の営業時間 窓口によって違いますが、概ね8時~21時までが多いです。 上記の郵便局のページでご確認ください。 大きな郵便局では24時間営業をしています。 全国の24時間対応窓口について、この記事のページ下部にので、ご覧ください。 営業時間はゆうゆう窓口によって異なりますので、日本郵便のサイトで確認くださいね。 通常郵便物(定形外、速達、書留、簡易書留、現金書留も可)• 保管郵便物、不在時預りの郵便物の受け取り• 切手購入• はがき購入• 封筒の購入(一部郵便局のみ)• 現金書留封筒の購入• 収入印紙等の購入• ゆうパック発送(箱、クッション袋の購入も可)• レターパックの購入、送付• 電子郵便(レタックス)• 国際郵便物(EMS、エアメール等)• 住所変更、転送届(転居届)等の届出• ゆうゆうメルカリ便、ヤフオク等の発送(ゆうプリタッチ設置の場合) 基本的に日中の郵便局業務の内容と同じですが、たとえば封筒は取扱のありなし等を事前に確認するとかして、不明点は対象郵便局に電話をしてから赴くと安心ですね。 特に郵便物やゆうパックの配送を受け付けているのは助かります。 不在時の荷物の受け取り 不在時の荷物の受け取りには、• 不在通知書• 本人確認書類(免許証、保険証等)• 印鑑(サインでも可) が必要となりますので、ご注意ください。 消印は? 消印は24時までなら当日消印を押してもらえます。 チルドゆうパック(クール便) ゆうパックのチルドゆうパック(クール便)についても可能です。 対応できる郵便局については「」のページで、「チルドゆうパック」にチェックを入れて検索してみてください。 ゆうプリタッチ メルカリ、ヤフオク、モバオク、Rakutenラクマに対応した「ゆうプリタッチ」についてはをご覧ください。 設置郵便局はをご確認ください。 その他 ちなみに封筒はAmazon等でネットでも購入可能です。 24時間営業(一部)• 土日、祝日、年末年始営業(一部)• 夜間対応• ゆうゆう窓口設置の郵便局は限られている• 郵便業務や住所変更等のみで、貯金や保険は非対応• ゆうパック配送等の郵便関連の業務はほぼ対応可能 もう一度、以下に郵便局の検索ページを記載しておきます。 いざという時に慌てないよう、前もって最寄りの「ゆうゆう窓口」をチェックしておくと安心ですね! 追加情報として、全国の24時間ゆうゆう窓口を調べました。 下記一覧をご覧ください。 ゆうちょ銀行を含む銀行の窓口やATM営業時間は当ブログの「」で記事にしていますので、よろしければそちらもご確認ください。 その場合、「実質24時間対応」と記載しています。 北海道地方 (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) 東北地方 (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) 東京都内 (平日のみ) 関東地方 (東京除く) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (6-24時まで) (平日8-24時まで) (8-24時まで) (8-24時まで) (平日7-24時まで) (実質24時間対応) 北陸・信越地方 (8-22時まで) (8-23時まで) (24時まで) (実質24時間対応) (6-24時まで) 東海地方 (実質24時間対応) (24時まで) (24時まで) (8-24時まで) (8-24時まで) (7-24時まで) (実質24時間対応) (8-24時まで) (平日・土8-24時まで) (8-24時まで) (7-24時まで) (実質24時間対応) (8-24時まで) (7-23時まで) (実質24時間対応) (6-24時まで) (実質24時間対応) (実質24時間対応) 近畿地方 (実質24時間対応) (実質24時間対応) (8-24時まで) (8-24時まで) (8-24時まで) (23時まで) (8-23時まで) (8-24時まで) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (7-23時まで) (8-24時まで) (8-23時まで) (実質24時間対応) 中国地方 (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) 四国地方 九州・沖縄地方 (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) (実質24時間対応) 郵便局の関連記事 >>.

次の

ゆうちょATMの振込手数料や時間帯手数料など解説

郵便局振込時間

ゆうちょ銀行の店舗内だけでなく、ショッピングセンターのATMコーナーやコンビニエンスストアにも提携しているATMがありますから、ゆうちょ銀行のATMはその規模(設置台数)からみて、非常に利便性の高いATMサービスなのです。 そんなゆうちょATMでの手続き、利用手数料についてご紹介します。 ゆうちょ銀行とは? 小泉政権時代の郵政民営化によりゆうちょ銀行が発足したのは、平成19年(2007年)の事です。 正式名称は「株式会社ゆうちょ銀行」、 法文上は「郵便貯金銀行」となっています。 一般には「ゆうちょ銀行」が馴染み深いでしょう。 ゆうちょ銀行の貯金残高(預金残高)は180兆円を越え、メガバンクを上回る残高を誇ります。 そのゆうちょ銀行は、約24,000店舗(局)、ATM台数は約28,800台とされています。 ゆうちょ銀行は日本全国47都道府県全てに店舗のある巨大ネットワークを持つ銀行なのです。 ゆうちょATMの利用手数料はいくら? まず、ゆうちょATMで利用可能なサービスは、通常貯金では、預入・払戻し・残高照会に加え、通帳記入、通帳・カードの暗証番号変更が可能です。 定額・定期貯金については預入のみ可能となっています。 ATMで最も利用する頻度の高い送金サービスは、ペイジー税金・各種料金の払込み(現金・通帳・キャッシュカード)・通常払込み(現金・通帳・キャッシュカード)・払込専用カードによる払込み・電信振替(ゆうちょ口座間の送金)、そして他の金融機関口座への送金(振込)となっています。 気になるのが、ATMの利用手数料ですが、手続き別にご紹介しましょう。 まず、残高照会は当然、無料です。 提携他銀行のATM、コンビニに設置してあるATMからゆうちょ銀行の残高照会をしても無料となっています。 預入・払戻しに関しては、ゆうちょ銀行のATMから、ゆうちょのキャッシュカード・通帳で利用する場合には、 曜日・時間帯にかかわらず利用手数料は無料です。 逆に、預入・払戻しのためにゆうちょのキャッシュカードで提携他金融機関のATMを利用した場合には、 平日は8:45~18:00、土曜日9:00~14:00は1回につき108円、平日・土曜日以外(祝日休日を含む)には216円の利用手数料がかかります。 ゆうちょ銀行は「イーネット」に参加しています。 イーネットとは、株式会社イーネットが運営するコンビニATMサービスで提携しているゆうちょ銀行含む金融機関のカードで入金・出金・振込・残高照会が平日はもちろん、土日祝日でも利用できるサービスなのです。 さらに提携先金融機関によっては最大24時間利用できます。 そんなイーネットATMからキャッシュカードでゆうちょ銀行口座を利用する場合の利用手数料もご紹介します。 預入・払戻しの利用手数料は、曜日・時間帯により異なります。 23:55~翌日0:05までの10分間だけはゆうちょ銀行にイーネットATMからはアクセスできません。 ゆうちょATMの振込手数料はいくら? 家賃やネットショッピングの代金振込にATMを使う方も多いと思います。 そんな時に気になるのが、振込手数料でしょう。 ゆうちょATMの振込手数料について、調べてみました。 ゆうちょATMが利用できる時間帯 ゆうちょATMが利用できる時間帯は、その設置場所により異なります。 また、取扱サービスによっても利用できる時間帯に違いがあります。 原則として0:05~23:55まで利用できます。 ただし、定額・定期預金預入は平日:0:05~7:00、21:00~23:55は利用できません。 土曜日・日曜日・休日も定額・定期預金預入は0:05~9:00、17:00~23:55は利用できません。 日曜日・休日は21:00~23:55の時間帯で預入・払出含む全てのサービスが利用できません。 ただし、平日であっても、日曜日・休日の翌日の場合、7時までサービスが利用できません。 連休の場合は、連休2日目から最終日までゆうちょATMが利用できる時間帯は7:00〜21:00までとなっています。 ゆうちょATMをファミマで利用できる時間帯と手数料 ファミリーマートとゆうちょ銀行は、2019年1月以降に、ゆうちょのATMを新たに2,920台設置すると発表しました。 ファミマに設置されたATMから、ゆうちょのキャッシュカードがあれば預入・払戻しの手数料は0円です。 ファミリーマートはコンビニエンスストアなので、営業しているファミマであれば24時間、曜日・休日にかかわらずゆうちょのATMが利用できます。 ただし、ゆうちょ銀行のシステムの都合上、23:55~翌0:05の時間帯はATMが利用できません。 また、第3月曜日は、7:00から利用可能となります。 ゆうちょのATMの取り扱いをファミマが拡大したのは、それまで提携していたりそな系銀行との契約期間が終了したためです。 ゆうちょ銀行の持つ全国ネットワークにファミリーマートが注目したのでしょう。

次の

【郵便局】ゆうゆう窓口とは?できること、対応内容や営業時間等【便利すぎ】|ノリフネ!~乗りかかった船~

郵便局振込時間

jp-bank. japanpost. html ゆうちょ銀行のATMを使ってゆうちょ銀行に送金する場合は、予め口座に現金を入金しておく必要があります。 もっと言えば、 口座にお金が入っていなければ送金することは出来ません。 もし自分の口座にお金が入っていない場合のATMでの手続きは 1. 自分の口座へお金を入金する 2. 自分の口座から相手の口座へ送金する というような順番で操作します。 手数料は? ゆうちょ銀行同士での送金の手数料は無料です。 これがゆうちょのいいところ!という方も多いですよね。 払込取扱票があれば現金でも送金出来る 前述した通り、ゆうちょ銀行同士での送金の場合は口座に現金を入れてから、というのが基本の流れですが 例外に現金を口座を入れておかなくても送金できることがあります。 それは、 「払込取扱票」がある場合です。 ネットで購入したものを支払いするときなどに、払込取扱票が同封されていることがありますよね。 この場合はATMから現金で送金することが出来ます。 払込取扱票の金額が10万円以下の場合はATMでの操作が出来ますが、10万円以上の場合は窓口での支払いになります。 万が一払込取扱票を自宅に忘れても、収納機関番号と支払いの金額を覚えていえれば、ATMで手入力で送金操作が出来ます。 でも、収納機関番号を覚えている…というのは現実的にはあまりないですよね。 間違って送金しない為にも、払込取扱票を忘れたら自宅へ取りに戻りましょうね。 手数料は? ・ ATMでの通常払い込み:5万円未満…80円 5万円以上…290円 ・ 窓口での通常払い込み:5万円未満…130円 5万円以上…340円 電信での払い込みの場合は、ATM540円・窓口756円が手数料としてかかります。 jp-bank. japanpost. html ゆうちょ銀行から他の銀行へ現金を送る際は「振込み」で正解です。 この場合も、ゆうちょ銀行同士の送金と同じように事前に口座に現金を入金してからATMで振込みの操作をする必要があります。 他の銀行と言っても、日本全国どの銀行でも振込みが出来るという訳ではありません。 全国銀行データ通信システムに接続している、約1400の金融機関との間で無ければ振込み操作は出来ません。 他の銀行へ振込みする場合は、事前に確認しておくと安心ですね。 手数料は? ・ ATMでの振込み:5万円未満…216円 5万円以上…648円 ・ 窓口での振込み:5万円未満…432円 5万円以上…864円 ちょっと面倒でも ATMで支払うと窓口の約半額の手数料で済みますね。 ATMや窓口の時間 ATMや窓口の閉まる時間は、各店舗ごとでまちまちです。 大体は9時~16時か17時ごろまでですので、最寄の郵便局・ゆうちょ銀行ATMの時間は調べておいたほうが安心ですよね。 ゆうちょ銀行はATMの終了時間が他の銀行に比べて早いというのがデメリットとされていました。 最近ではショッピングセンターにATMが設置されていたり、ファミリーマートのATMでゆうちょATMが使えるようになりましたね。 ファミリーマートでしたら24時間利用出来ますし、預け入れや引き出しの手数料は無料です。 全店舗のファミリーマートで出来るというわけではなく、現在は500店舗で利用出来ます。 少しずつ全国のファミリーマートがゆうちょATMに対応していってくれたらもっと便利になりますね。 スポンサーリンク.

次の