メルカリ 売上申請 手数料。 【メルカリ】売上金を自分の口座へ振込申請する方法!振込手数料は取られる?

【メルカリ】売上金の振込申請方法/手数料がもったいない場合の解決策

メルカリ 売上申請 手数料

メルカリの売上金とは? メルカリを利用されたことが無い、 もしくは少ない方は メルカリの売上金とその仕組みについて よくわからないのでは無いでしょうか。 まず最初に メルカリの売上金とは何か ということについて説明します。 メルカリでは不用品の売買を 行う際にはトラブル回避のため、 お金の管理を エスクロー方式と 呼ばれる方法で管理しています。 これは、購入者が支払ったお金を 一旦メルカリ側で預かり、出品者が 商品を発送&到着し評価した段階で メルカリが預かっていたお金が 出品者の手元に届くという仕組みです。 このため購入者が お金を支払ったにも関わらず、• 商品が届かない• 違う商品が届いた• 不良品が届いた 等のトラブル発生を回避することが できるようになっているのです。 メルカリ側から出品者にお金を 渡す際には銀行振り込みではなく、 「売上金」という形で 支払われます。 売上金はアプリ内部にたまるように なっており、現金化したい場合は 振込申請を行って口座に振り込みます。 エクスクローはラクマにも採用されています。 気になる方はコチラの記事もご覧くださいね。 事務所に連絡すれば大丈夫なケースもありますが、期間が開いてしまうと対応できなくなる可能性も 売上金を引き出し忘れる方の多くは 銀行口座を登録していないことが ほとんどですので注意する必要があります。 メルカリの売上金はポイントにする?現金にする? 売上金は現金化するだけでなく メルカリの内部で利用できる ポイントに変更することも可能です。 ポイントに変更すると 銀行口座に振り込めなくなりますが、 有効期限を1年に延長できます。 1万円未満の売上しかなかった場合であっても 手数料がかからないようになっています。 また、メルカリで銀行振り込みを選択すると、 お急ぎ振込でない限り 口座に振り込まれるのが 数日~1週間後となってしまいます。 すぐにお金を利用したい方• 手数料を取られたくない方• 銀行口座を登録したくない方 この条件に当てはまる方は、 銀行振り込みではなくポイントに変換するのも 悪くない選択であると言えるでしょう。 メルカリの売上金を振り込む際の注意点3つ メルカリで売上金の振り込みを 行う際に注意するべき点が3つあります。 その3つの注意点は次の通りです。 10000円未満は手数料がかかる• 銀行振り込みが遅い• 銀行口座を間違えると再振り込み手数料がかかる 一つずつ確認していきます。 10000円未満は手数料がかかる まず一つ目は 10000円未満は 手数料として210円が必要となる点です。 引き出す際にはできる限り 10000円以上で行うようにしましょう。 銀行振り込みが遅い メルカリの特徴は振り込みが遅いことにあります。 振込申請を行ってから 最短でも3日間、 遅い場合には10日程度開いてしまいます。 メルカリで売上金が上がっているのに 10日間も口座に振り込みが行われなければ 転売資金がショートしてしまう可能性も お急ぎ振込という機能もあり、 すぐに振り込んでくれるサービスも便利ですが、 利用手数料として 200円が必要となります。 振込スケジュールを 定期的に確認して 効率よく振り込まれるよう工夫しましょう。 銀行口座を間違えると再振り込み手数料がかかる 振込先の銀行口座を間違えた場合は 再振り込みをしてもらうことが 可能となっているのですが、 再振り込み手数料が210円かかります。 振込確定を行う前に銀行口座が 間違っていないか確認しましょう。 メルカリで振り込み申請をする手順 メルカリで振込申請を 行う手順は次の通りです。 売上・振込申請を開く• 振込申請して現金を受け取るを選択• 銀行口座を指定• 金額、お急ぎ振込の有無を選択• 売上金が振り込まれる やることはシンプルなので、 1つずつ着実に進めていきましょうね。 2017年のメルカリ売上金システム変更で起きたこと 2017年12月にメルカリ売上金の システムが変更されました。 変更前まで 売上金の有効期限は 1年だったのですが、 それが 90日に短縮されてしまったのです。 メルカリをあまり多く使わない人にとっては メルカリの売上金を短期間で上げられず 手数料を支払わないといけなくなり、 賛否両論あったほか、メルカリの売上金で 資金隠しを行なっていた人は大変困ったようです。 90日に短縮されたこともあり 素早く貯めなければ 手数料のかからない 1万円まで 到達しなくなってしまいました。 生活保護を受け取りながら さらにお金を貯めることができていましたが、 90日の制限がかかったことで 資金隠しが 難しくなりました。 【まとめ】 いかがでしたか? 今回はメルカリ売上金に関する扱い方や 注意点について説明しました。 メルカリの売上金には 90日の有効期限が 設けられており、 知らずに貯め続けると いつか失効してしまう可能性も高いです。 また振り込み手数料で損をしないためにも、 あらかじめ売上金の扱い方を知りましょう。 さらにメルカリで稼ぐコツを コチラの記事で詳しく解説しています。 あわせてご確認くださいね。

次の

【メルカリ】売上を口座に振り込みする方法を、分かりやすい画像付きで徹底解説します!

メルカリ 売上申請 手数料

通常振込 200円の手数料がかかる通常振込は、申請してから銀行口座に振り込まれるまでに 最低4営業日はかかります。 すぐに現金が欲しい方は振込手数料がプラス200円かかる、お急ぎ振込で申請しましょう。 お急ぎ振込 振込手数料が400円もかかりますが、その日の朝8時59分までに申請すると翌営業日に振り込まれ、9時以降に申請した場合は翌々営業日に振り込まれます。 現金化は売上金を貯めてから 1,000円でも10,000円でも金額にかかわらず、振込手数料は一律なので 申請時の売上金が多ければ多いほどお得です。 たとえば1,000円で振込申請した場合は売上金の20%も手数料がかかることになりますが、10,000円の場合は売上金の2%まで手数料を抑えられる計算に。 振込手数料を無料にする方法はある? 振込手数料を無料にする方法はありません。 どうしても手数料をかけずに売上金を丸々使いたい場合は、スマホ決済サービス「メルペイ」を利用するのがおすすめ。 コンビニや飲食店など使える場面は限られますが、 売上金を「メルペイ」にチャージするのに振込手数料はかかりません。 「メルペイ」はApple Payやおサイフケータイを通じて、「iD」で決済を行ったり「モバイルSuica」にチャージしたりすることも可能。 「メルペイ」のQRコード決済に対応していない店舗でも、売上金を使ってお買い物することも。 メルペイで売上金振込手数料をかけずにお買い物.

次の

メルカリの売上金の振込申請期限はいつ?現金化やポイント交換の方法は?

メルカリ 売上申請 手数料

メルカリの売上金は、メルカリ内で管理されている メルカリで商品を売ると、その売上金はメルカリ内にプールされる形になっています。 使い道としては、ポイントに変えることで商品購入に宛てることもできますし、指定の銀行口座に振り込むことも可能です。 私自身は、ポイントに変えることで商品を買うときの支払いに使うことが多いですが、過去に何度かは振込申請をして現金にしています。 現金にすると気持ち的には嬉しいのですが、振込申請には注意点もあるので、この記事で詳しくみていきたいと思います。 振込申請には手数料がかかることがある 売上金を現金にする場合には、指定銀行への振込が使われます。 このとき、申請する金額が1万円以上ならば手数料はかかりませんが、1万円未満だと210円の手数料がかかります。 手数料は振込のときに自動的に引かれてしまいます。 そのため、1万円以上になるまで待とうと思うのですが、実は売上金の振込申請には期限があるのです。 振込申請の期限は90日 メルカリ内にプールされている売上金は、いずれは何らかの形で使わないといけません。 ポイントにして商品購入に宛ててもいいし、振込申請で現金にするかのどちらかです。 もしポイントに変えたいならば、早めに手続をしておきましょう。 売上金としてメルカリ内におけるのは、90日までだからです。 それを過ぎると、自動的に登録してあ銀行口座に振り込まれてしまいます。 当然ながら、1万円未満だと手数料210円がかかります。 もし期限までに銀行口座の登録をしていない場合には、売上金は失効してしまいます。 そのときには、メルカリ事務局に問い合わせをしましょう。 実は、以前は売上金は1年間メルカリにプールしておくことができました。 でも、安全のためにもできるだけ早く使ってもらう、あるいは現金にしてもらうために、期限を90日にしたようです。 振込申請の期限が近づいている売上金があると、メルカリからメッセージが届きます。 それを確認して、ポイントにするか、振込申請をするか決めていきましょう。 振込申請の仕方 振込申請をするときの手順を見ていきましょう。 まずは、メニューにある「設定」の「売上・振込申請」をタップします。 振込申請をする金額を決める。 1万円未満の場合は手数料210円がかかる 振込先の銀行の登録の仕方 振込をする銀行口座は、事前に登録をしておくといいでしょう。 期限が過ぎそうなときに慌ててしまうと、ミスをするかもしれないからです。 登録はメニュー>設定>売上・振込申請>振込申請をして現金を受け取る>振込先口座の指定で行います。 振込申請の締め切りは毎週月曜日 振込申請は、毎週月曜日が締め切り日になっています。 そして、締め切り日から数えて4営業日目に振り込まれます。 通常は締め切り日があった週の金曜日ですが、祝日があると日程がずれてしまうので注意しましょう。 もし振込を急いでいるならば、先ほど少し触れた「お急ぎ振込」というサービスもあります。 手数料として別途200円がかかりますが、最短で申請をした翌日には振り込まれる仕組みです。 0時~8時59分の間に振込申請をすれば翌営業日に振り込まれ、9時~23時59分に申請をすれば、翌々営業日の振込となります。 営業日以外の振込でも、翌々営業日に振り込まれます。 振込の時間は? 手続が終わって振り込まれるのを待つだけとなると、何時に振り込まれるのかが気になるとことです。 これについては、決まった時間はなくて、それぞれが登録した金融機関によって違います。 でも、無事に振り込まれたかどうかは、その日の夕方以降にメルカリから振込完了の連絡がくるので、チェックすることができます。 振込申請がエラーになる原因 以前と比べると振込申請のチェックが厳しくなったこともあり、本人の情報と口座情報が違う場合には、振込申請がエラーになってしまいます。 名前や住所が違うのは問題外ですが、たとえば、本人情報を全角カタカナ以外で入力してしまうと、申請ができません。 さらに、空白や記号が入っていてもエラーになってしまいます。 一方、振込口座の方ですが、小文字は小文字のまま入力すれば問題ありません。 振込にときに大文字に変換されるので、振込申請をした人は特に気にしなくても大丈夫です。 また、口座名義人の名前にスペースが入ってしまうとエラーとなります。 こういったことに注意をしてもエラーが出てしまう場合には、事務局に問い合わせをしてみましょう。 振込申請のキャンセルはできる? 振込申請をキャンセルしたいときには、「振込申請履歴」から手続ができます。 たとえば、最初の申請の時には1万円未満だったけれど、売上金が反映されて1万円以上になるという場合には、手数料を0円にするためにキャンセルすることもあります。 でも、キャンセルは申請をしてから24時間以内です。 それを過ぎるとキャンセルはできないので注意が必要です。 メルカリでは、安全のために売上金を長くプールさせることができなくなりました。 そのため振込申請の期限が90日になったりしていますし、本人と違う口座には振込ができません。 ユーザーとしてはちょっと面倒だなと感じるかもしれませんが、これも私たちユーザーを守るためです。 今後、こういったセキュリティはますます厳しくなっていくかもしれませんが、万が一のことを考えれば非常にありがたい仕組みといえそうです。

次の