容疑 者 室井。 被疑者と被告人の違いとは?容疑者についても解説!

【小説家】室井佑月 5度目の違法薬物逮捕の田代まさし容疑者に「クスリって怖いなっていうふうにしか言いようがない」

容疑 者 室井

ニュースなどの報道では、警察から犯罪の疑いをかけられた人を「容疑者」という。 これを司法手続きや法令用語では「被疑者」といい、警察などの公的機関では「容疑者」と呼ばず「被疑者」と呼ぶ。 逮捕されていなくても嫌疑を受けた時点で「被疑者」となるが、指名手配を除き、逮捕されていない段階でマスコミが「容疑者」と呼ぶことは少ない。 テレビや新聞で「容疑者」という呼称が使われ始めたのは1989年以降で、それ以前は被疑者を実名で呼び捨てにすることが多かった。 呼び捨てにすることは犯人扱いしているのに等しいという考えから、「〇〇容疑者」と名前の後に「容疑者」を付けるようになったのである。 マスコミが法令用語の「被疑者」ではなく「容疑者」を使う理由は、「被疑者」と「被害者」の発音が似ており、間違いを避けるためといわれる。 法令用語では「被疑者」、マスコミ用語では「容疑者」という区別も、実は正しくない。 基本的に法令上は「被疑者」を用いるが、出入国管理及び難民認定法違反の疑いで調査される外国人を指す際は、「容疑者」の呼称が用いられる。 「被疑者(容疑者)」と呼ばれるのは、嫌疑を受け、逮捕され、取り調べを受けている間で、犯罪の嫌疑が十分であるとして、検察から刑事訴訟で起訴された段階で「被告人」となる。 マスコミでは「被告人」を「被告」と呼ぶこともあるが、「被告」は民事訴訟や行政事件訴訟で訴えられた者のことで、刑事訴訟では「被告人」である。 犯人は、罪を犯した犯罪者のこと。 被疑者(容疑者)や被告人の段階では、有罪が確定していないため犯人ではない。 しかし、呼び捨てにしなくなったものの、マスコミの報道では「容疑者=犯人」のような扱いをしているため、無罪判決が下った被告人が社会的な不利益を被ることもある。

次の

ポンコツ映画愛護協会『容疑者 室井慎次』

容疑 者 室井

「踊る大捜査線」シリーズから誕生したスピンオフ第2弾は、青島や現場の刑事からの信頼が厚い室井管理官が、容疑者として告訴されるというショッキングなストーリー。 「交渉人 真下正義」で真下が解決した「地下鉄不審車両暴走事件」から2カ月後、室井は思いがけない窮地に立たされます。 以下、内容に触れますので、これからご覧になる予定の方は注意してください。 2005年2月某日、新宿で殺人事件が発生します。 目撃者の証言で、殺人容疑をかけられたのは所轄の警察官でした。 室井はこの事件の捜査本部長を任され、犯人逮捕を急いでいました。 無線で現場の捜査員に、被疑者の確保を室井は冷静に指示。 数多くの捜査員に囲まれたところで、被疑者は一瞬の隙を見て逃げてしまいます。 しかし、被疑者はやみくもに走り続けたあげく、車にはねられて即死してしまったのでした。 室井は被疑者の遺留品を見て、事件の裏に何かがあると感じます。 被疑者死亡のまま書類送検され、不起訴となり捜査は終了、となるはずでしたが、室井は捜査を続けることに。 そんな時、室井のもとへ東京地検の検事がやってきます。 被疑者の母が過剰な取り調べがあったとして室井を刑事告訴したのでした。 告訴状を用意したのは、エリート弁護士の灰島。 警察の不正を徹底的に追求すると室井に戦線布告してきたのです。 そんな室井を担当することになったのは、新人弁護士の小原久美子でした。 久美子は過去に被害者として関わった事件で、警察の対応に絶望しており、 「警察が嫌い! 死ぬほど嫌い!」 と室井に宣言します。 しかし、久美子は室井との接見を重ねるにつれ、その実直な人柄に好感を覚えるように。 独居房に拘留された室井に同情し、力を尽くすことを誓いますが、敵はあまりにも多すぎます。 法律を武器に徹底的に室井を追い詰めていく灰島。 そこへ、警察庁と警視庁の確執が絡み、組織のトップまでもが室井を陥れようとしていたのです。 一方、警視庁の沖田と警察庁の新城も室井を救うため、奔走していました。 新宿の殺人事件の捜査を続けていた現場の警察官たちも、被疑者に女性の影があったことを突き止めます。 その女性の名前は、キョウコ。 被疑者との関係をキョウコに問いただそうと刑事たちが後を付けると、キョウコは携帯電話を取り出し、どこかへ連絡しました。 その後刑事たちの前に現われたのは、なんと灰島の事務所の弁護士たち。 いったい灰島とキョウコにはどんな関係が? 殺人事件の真相はいかに? 室井慎次の正義は貫き通すことができるのでしょうか?.

次の

室井佑月 国母容疑者の初公判に「イチロー選手みたいなっていうのは…」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

容疑 者 室井

小説家でタレントの室井佑月(49)が9日、コメンテーターを務めるTBSの情報番組「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。 米国から大麻約57グラムを密輸したとして、大麻取締法違反罪などに問われた元五輪代表のプロスノーボーダー、国母和宏被告(31)の初公判が8日東京地裁で開かれ、起訴内容を「間違いありません」と認めたことに言及した。 国母被告は、14歳の時に大麻を始めたと明かし、幼いころから米国での生活が中心だったため、コミュニケーションの一つとして吸うようになったと説明。 日本では20代前半で所持するようになったという。 大麻の購入先については黙秘した。 弁護人が、国母被告の功績を強調し「イチローのような国民栄誉賞級の人物」と絶賛し、五輪メダリストの海外のスノーボード仲間ら5人による嘆願書を提出、刑を軽くするよう求める場面もあった。 裁判長が嘆願書の受け取りを却下し、「スノーボード界から失望とか叱責(しっせき)の声は届かないのか」と聞くと、国母被告は「届かない」と言い切った。 検察側は「反省の態度は希薄で再犯の可能性は高い」として懲役3年を求刑し結審。 判決は28日に言い渡される。 室井は「イチロー選手みたいなっていうのは…だからこそしっかり襟を正して生きていかなきゃいけないと思うし、もう31(歳)だから、ちょっとそういう自分の年齢とかも分かってもらいたい」と話した。

次の