年収 500 万 住民 税。 所得税は年収500万円でいくらになるか?住民税も合わせて解説

住民税は年収いくらから払うの?計算方法と年収別の目安を紹介

年収 500 万 住民 税

毎年6月頃にお知らせが届く 住民税。 しかし住民税は馴染みがない人も多く、よく分からないという人もいるはずです。 また最近のニュースで、 大学の教育無償化の対象が 住民税非課税世帯であると知って、非課税世帯とは何なのかを知りたい人もいるでしょう。 そもそも住民税の仕組みや非課税世帯の条件を理解していないと、受けられるはずのメリットを逃してしまうことにもなりかねません。 そこで今回のこの記事では 「住民税が非課税になる世帯の年収の条件」について• 住民税が非課税になる年収の基準• 住民税が非課税になる世帯の事例紹介• 非課税世帯に該当した場合のメリット 以上のことを中心に説明します。 この記事を読んでいただけたら、今までよく分からなかった住民税のことが理解できるはずです。 何より 税金は私達の生活に身近なものです。 仕組みを理解して非課税制度によるメリットを活かせれば、 日々の生活の負担を減らすこともできるはずです。 ぜひ最後までご覧ください。 まず 住民税が一体どのような税金なのかを確認しましょう。 住民税は、地方自治体が 行政サービスを提供する際の費用に充てるために徴収しています。 教育や福祉、防災などの各種サービスを受けられるのは、普段から住民税を払っているからです。 そして住民税には 均等割と 所得割があり、それぞれに 道府県民税と 市町村民税があります。 名称は自治体ごとに異なり、県民税や市民税と呼ぶ場合もあります。 [均等割] 一律に定額で課税されるのが均等割です。 標準的な金額は 道府県民税1,000円、 市町村民税3,000円です。 ただし 平成35年までは、東日本大震災からの復興費用に充てるため、 各々1,500円と3,500円になります。 またこれは単に標準的な金額なので、 都道府県や市町村によって異なる場合があります。 [所得割] 収入に応じて課税されるのが所得割です。 税率は 市町村民税6%、 道府県民税4%で、 合計10%になります。 なお均等割と所得割は、 1月1日時点で住所を有する自治体に納付することになります。 ただし、全ての人から住民税が徴収されるわけではありません。 生活しやすい社会を作るために、その費用として徴収されるのが住民税です。 年収が少ない世帯にまで税金を負担させて生活を苦しくしては本末転倒です。 そのため 年収が一定の基準を下回る場合には、 住民税を非課税にする仕組みになっています。 そこで住民税が非課税になる条件について、以下で詳しく見ていきたいと思います。 非課税になるかどうかは 年収で決まります。 均等割と所得割の非課税基準は、それぞれ以下の通りです。 また 21万円は控除対象配偶者又は扶養親族がいる場合のみ加算される金額です。 なお35万円・21万円の金額は、 自治体により異なる場合があります。 ご自身がお住まいの自治体の県民税や市民税の均等割は、必ず確認するようにしましょう。 なお、均等割・所得割の非課税を判断する上記の式に出てきた 所得金額 は、年収そのものではありません。 例えば給与所得者であれば、年収から給与所得控除額を引いた後の金額です。 その金額が非課税基準を下回ると、 住民税非課税世帯に該当することになります。 ややこしく、難しい内容だと思いますので後にさまざまなパターンをシミュレーションしながら解説します。 そして2つ目の式に出てくる 所得控除額は、その人ごとに適用できる控除が異なるものの、 基礎控除額38万円は誰でも適用できます。 つまり、65万円と38万円を合計した 103万円は、給与所得者であれば年収から控除できます。 年収が103万円以下であれば所得税はかからないということです。 なおご家族がいる場合などには、所得控除として配偶者控除や扶養控除が使える場合もあります。 その場合は非課税基準額が変わることになります。 所得控除の詳しい内容はに掲載されているので、是非確認してみて下さい。 それでは具体的な事例を使って、実際に住民税の非課税基準を計算してみたいと思います。 住民税の非課税基準は 世帯構成などで異なりますが、ここでは以下のケースを考えたいと思います。 サラリーマンで一人暮らしの場合• 子供一人(父が会社員、母がパート)の場合• 子供二人(父が会社員、母がパート)の場合• シングルマザーの母子家庭の場合 年収がどれくらいならば住民税非課税世帯になるのか、ケースごとに見ていきましょう。 なお、均等割と所得割では、均等割のほうが非課税基準が厳しくなっています。 均等割の非課税基準に該当すれば、所得割も含めて住民税が非課税になります。 そのため以下では、均等割の非課税基準に該当するかどうかを基準にして計算していきます。 「住民税が非課税になる世帯の年収の条件」について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか? この記事のポイントは• 均等割と所得割の非課税基準とそもそも住民税が非課税になるケース• 世帯構成が異なる場合の非課税基準の計算事例• 非課税世帯に該当すると適用される各種制度 でした。 この記事を読んでいただけたことで、住民税のことがよく理解できたことと思います。 今回紹介した知識を使って、ご自身の場合には非課税基準がいくらなのか、ぜひ計算をしてみて下さい。 住民税という税金の知識が単に役に立つだけでなく、非課税世帯に該当した場合に受けられる各種制度を知っていれば、日々の生活の中でも役立つはずです。 ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

次の

年収と所得税・住民税・社会保険料の早見表

年収 500 万 住民 税

所得税について サラリーマンなどの給与所得者の人は、月々の給与から源泉所得税が天引きされ、年末調整により、1年間の所得税が精算されます。 そのため、雇用主である会社にすべてお任せしている状態です。 よって、自分で所得税を計算する必要がないことから、納めている所得税額を知らない、納税している実感がないという人も少なくありません。 それではまず、所得税とはどのようなものなのか、確認していきましょう。 忙しくて読めないという方で、「確定申告の書き方がわからない、経費計算したい、早く確定申告を終わらせたい、自動で計算して税理士の高い金額を支払いたくないという方」には、 「」がオススメです! 所得税とは 所得税とは、個人の様々な所得に対して課される国税で、所轄税務署に納めます。 基本的な課税期間は暦年となっており、その年の1月1日から12月31日までになります。 所得は、その種類に応じて次の10種類に分類されています。 サラリーマンの給与収入は、給与所得に該当します。 利子所得:預貯金や公社債の利子、投資信託の収益の分配に係る所得• 配当所得:出資先の法人からの剰余金、利益の配当、投信信託などの収益の分配のうち、利子所得に該当するもの以外など• 不動産所得:土地などの不動産から得られる所得• 事業所得:個人が事業を営んで得る所得。 不動産所得、山林所得に該当するものを除く• 給与所得:会社から受け取る給与、ボーナス• 退職所得:会社から受け取る退職金• 山林所得:林業を営んで得る所得• 譲渡所得:不動産や株式、ゴルフ会員権などを譲渡することによって得る所得。 事業用資産の譲渡は除く• 一時所得:生命保険などの一時金や満期返戻金などの、継続的な営利活動以外から生じた一時的な所得• 雑所得:上記のいずれにも該当しないもの 所得税率 所得税の税率は、収入が多い人ほど高い税率が課される、累進課税率となっており、現行における所得税率は次の通りです。 税率は、給与所得額から所得控除を差し引いた、課税所得額に応じて決まります。 10種類の所得にかかる収入額を合計し、総収入額を算出• 総収入額から給与所得控除を差し引き、給与所得額を算出• 給与所得額から所得控除を差し引き、課税所得額を算出• 課税所得額に、上記の所得税率を乗じて控除額を差し引き、所得税額を算出• 所得税額に、復興特別所得税率2. 4で算出した所得税額と復興特別所得税額を合算した金額が、納付する所得税額 サラリーマンの人は、月々の給与から源泉所得税 給与額に応じて天引きする額が定められています。 が天引きされています。 そして、1年分の給与額が確定した時点で、会社が上記の計算方法によって年間の所得税額を算出します。 これを源泉所得税の合計額と比べて、源泉所得税の方が多ければ差額を還付し、少なければ差額を徴収します。 この処理を年末調整と言います。 年収500万円の場合の所得税額 ここでは以下を具体例として、年収500万円の場合の所得税額を計算してみましょう。 35歳、男性、年収500万円 副業なし• 納めた社会保険料の年間合計額は75万円• 家族構成は妻 収入なし と子供2人 5歳、3歳 所得税の対象となる金額を算出 最終的に所得税率が乗じられることになる、課税所得額を算出していきます。 サラリーマンの人であれば、誰もが適用を受けている制度です。 控除額は、給与収入額に応じて決まります。 どれだけ収入が少なくても最低65万円の控除がありますが、その一方で年収1,000万円を超える場合には、220万円の控除で頭打ちとなります。 平成29年分の給与所得控除額は、以下の表の通りです。 社会保険料控除額について 社会保険料控除とは所得控除のひとつです。 納税者本人や生計一である配偶者などの親族が負担すべき社会保険料を、納税者が支払った場合に適用を受けることができます。 健康保険、国民年金、厚生年金保険及び船員保険の保険料• 国民健康保険の保険料または国民健康保険税• 後期高齢者医療保険の保険料• 介護保険料• 労働保険料• 国民年金基金、厚生年金基金の掛け金• 公務員共済の掛け金• その他、国などに支払う公的な保険料 その他控除について 先述した社会保険料控除以外に、所得控除にはどのような控除があるのかみていきましょう。 配偶者控除・扶養控除 納税者によって生活を維持されている人で、一定要件に該当する場合には、1人当たり38万円から63万円の所得控除を受けることができます。 今回の計算では、妻が配偶者控除に該当します。 基礎控除 基礎控除は所得に関係なく、全納税者に対して一律に設けられており、控除額は38万円です。 また、所得控除は上記以外に、雑損控除、医療費控除、小規模企業共済等掛金控除、生命保険料控除、地震保険料控除、寄附金控除、障害者控除、寡婦 夫 控除、勤労学生控除、配偶者特別控除があります。 詳しくは、下記の国税庁ホームページで確認できます。 納めるべき所得税の金額 前述した条件をもとに、年収500万円の場合の所得税額を計算すると、以下のようになります。 住民税とは 住民税は、その年1月1日に居住している市区町村に納める地方税です。 所得割と均等割の合計からなっており、所得割は全国一律ですが、均等割については市区町村により異なります。 所得が確定した翌年に計算され、その年6月から翌年5月までの12カ月に分割して給与から天引きされます。 天引きした住民税は、会社が本人に代わって納税します。 住民税の税率について• 年収500万円の場合の住民税額 住民税は、次のような流れで計算されます。 所得税で計算した給与所得額から住民税における所得控除を差し引き、課税所得額を算出• 課税所得額に所得割の税率を乗じて均等割を加算し、調整控除を差し引いて、納付すべき住民税を算出 住民税における所得控除額は、所得税における場合と少し金額が異なり、配偶者控除と基礎控除は共に33万円となります。 課税所得額が200万円以下の場合• 所得税と住民税の人的控除の差額• 課税所得金額• 課税所得額が200万円超の場合• 所得税と住民税の人的控除の差額• 課税所得額-200万円• もちろん、所得控除の違いなどによって税額は人それぞれですが、多くの人が20万円から30万円の枠に収まるでしょう。 今一度、自分が受けられる所得控除を確認し、節税に役立ててください。 忙しくて読めないという方で、「確定申告の書き方がわからない、経費計算したい、早く確定申告を終わらせたい、自動で計算して税理士の高い金額を支払いたくないという方」には、 「」がオススメです! 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトの」• 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトの」• 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトの」 「税理士に相談できる 「」• 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 」• 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス 」.

次の

年収500万だと住民税って年間いくらくらいですか??

年収 500 万 住民 税

住民税は年収いくらから払うのか 住民税は、日本で収入を得ている人が、居住する地域に対して納める税金です。 ただし、年収が一定以下であれば、住民税が非課税になることがあります。 非課税の壁は年収100万円 住民税が非課税になる条件は、各自治体によって異なります。 なぜなら、地方自治法に基づき、条例などを定めているからです。 多くの自治体では、非課税の壁として年収100万円という金額を設定しています。 つまり、年収が100万円以下であれば住民税は非課税になり、納めなくてもよいということです。 たとえば、大阪市を例に挙げると、控除対象配偶者および扶養親族がいない場合、前年の合計所得額が35万円以下 給与所得者の場合、年収100万円以下である人が該当 であれば非課税としています。 この35万円という金額が、自治体によって多少異なることがあります。 この金額が33万円であれば、住民税の壁は98万円ということです。 『給与所得者の場合、年収が100万円以下』というのは、給与所得控除として最低65万円が定められているからです。 忙しくて読めないという方で、「確定申告の書き方がわからない、経費計算したい、早く確定申告を終わらせたい、自動で計算して税理士の高い金額を支払いたくないという方」には、 「」がオススメです! 所得税との違い 所得税は住民税と違い、地方自治法や国税通則法などの法律を根拠に課税額が決められています 住民税は条例。 つまり、居住している地域に関係なく、全国一律の税率であるということです。 ただし、一律といっても所得額によって税率は異なり、7段階に分けられています。 また、所得税と住民税とでは、給与所得控除額は最低65万円で同じ金額ですが、所得控除は控除額が異なるものがあります。 たとえば、住民税における基礎控除額は一律33万円ですが、所得税の場合の基礎控除額は一律38万円です。 住民税の仕組み 住民税は、国 都道府県 が徴収する道府県民税と、地方自治体 市区町村 が徴収する市町村民税を合わせたものです。 道府県民税・市町村民税に、都や区の文字は含まれていません。 しかし、地方税法第1条第2項により、準用規定 道府県税についての規定を都に、市町村税の規定を特別区に準用 が定められているので、都や区も含まれるということです。 道府県民税と市町村民税には、それぞれ均等割・所得割という税率があり、それらを合算したものが最終的な住民税額となります。 均等割とは 均等割とは、所得額に関係なく一律に課せられる割合のことです。 2018年現在の標準税率 基本となる税率 は、道府県民税1,500円、市町村民税3,500円です。 この標準税率は、2013年度までは道府県民税が1,000円、市町村民税が3,000円でした。 しかし、復興財源確保のために、2014年度から2023年度分までのあいだは、市町村民税・道府県民税ともに500円ずつ引き上げられています。 所得割とは 所得割は、納税者の所得額によって変わる割合のことです。 この割合は、自治体によって超過課税が規定されていることがあります。 兵庫県豊岡市では、都市計画税の廃止に伴い、2009年度から超過課税 市民税6. 住民税の計算の流れ 住民税は、所得割と均等割をそれぞれ計算し、最後に合算して算出します。 住民税は、その年の1月1日に在籍していた地域に対して納めます。 たとえば、1月1日の時点で大阪に住んでおり、4月に東京に引っ越しした場合でも、その年は大阪に対して住民税を納めます。 現時点で住んでいる場所の標準税率とは異なる可能性があるので、間違えないように注意しましょう。 所得割の計算方法は少し複雑なので、以下で詳しく解説します。 会社員なら前年の年収が基準 所得割の計算は、課税所得がいくらになるかということがポイントです。 課税所得とは、経費や控除を差し引いた最終的な所得額です。 課税所得は、会社員であれば前年の収入を基準として、計算していくことになります。 たとえば、2018年の所得は、前年2017年1月1日から12月31日までの収入を基準とします。 所得控除で課税所得を求める 課税所得とは、給与所得や事業所得などから、各種の所得控除を差し引いて計算します。 なお、給与所得は、給与収入から給与所得控除 最低65万円 を差し引きすることで算出できます。 わかりやすくまとめると、以下のようになります。 つまり、給与所得から所得控除を差し引いた課税所得が、所得割の基準となります。 誰でも受けられる基礎控除 所得控除には医療費控除や配偶者控除など、14種類の控除が定められています。 その中でも基礎控除は控除適用条件がなく、33万円の控除が誰でも受けられます。 扶養者がいる場合 16歳以上の生計を一にする親族のうち、合計所得が38万円以下の場合、扶養控除を受けられます。 控除額は、扶養者の年齢によって異なります。 扶養控除の対象者 控除額 一般の控除対象扶養親族 16歳以上19歳未満・23歳以上70歳未満 33万円 特定扶養親族 19歳以上23歳未満 45万円 老人扶養親族 70歳以上 38万円 老人扶養親族のうち、同居老親等 45万円 保険料も控除の対象 社会保険料や生命保険料、個人年金保険料などを支払っている場合、社会保険料控除や生命保険料控除が受けられます。 それぞれの控除は、控除額や計算方法が異なります。 社会保険料控除は、支払った保険料の全額が控除対象となります。 生命保険料控除の場合は、2011年12月31日より前に加入した保険契約 旧制度 か、2012年1月1日以降に加入した保険契約 新制度 かによって、控除額や限度額が異なります。 所得割を求めて均等割を足す 所得額から所得控除を差し引き、課税所得を算出できたら、所得割の計算をしましょう。 所得割の計算方法は以下のとおりです。 そして最後に、均等割の金額と合算すれば、住民税の税額が計算できます。 所得割が10万円、均等割が5,000円だった場合、合計10万5,000円が納めるべき住民税となります。 所得割は調整控除が必要 2007年の三位一体改革により、所得税を減額し住民税を増額するという『』が行われました。 基本的には、同じ割合だけ増減しているので差はないはずですが、住民税のほうが控除額が少ないことから、納税者の負担が増えてしまうという指摘がありました。 特に、基礎控除や配偶者控除などの人的控除に関して、所得税よりも住民税のほうが割合が低くなっています。 これを調整するために、2007年より定められたのが『調整控除』です。 調整控除は、課税所得額が200万円以下か、200万円を超えるかで計算方法が変わります。 課税所得額が200円万以下の場合• 所得税との人的控除の差の合計額• 所得税との人的控除の差の合計額• 年収ごとに住民税の目安を計算してみると それでは実際に、年収ごとに住民税の目安を計算してみましょう。 以下の条件で統一して、一例を紹介します。 所得は給与所得のみ• 給与所得控除は平成29年分で計算• 調整控除の計算も少し変わってくるので、一例を確認してみましょう。 年収500万円の場合 年収500万円の場合の、住民税の計算は以下のとおりです。 住んでいる地域によって住民税は違うの? 標準税率は全国一律で定められていますが、各自治体特有の問題を解決するために、超過課税を行う市区町村も存在します。 都道府県ごと市町村ごとに異なる 超過課税を行っているかどうかは、都道府県、また市区町村ごとに異なります。 たとえば岩手県では、『いわての森林づくり県民税』として 1,000円を、超過課税として定めています。 横浜市はなぜ高いのか 神奈川県横浜市は、住民税が高いことで有名です。 神奈川県は『水源環境保全税』として、均等割300円、所得割0. また、横浜市も『横浜みどり税』として、900円の超過課税を定めています。 住民税が安いのは名古屋市 名古屋市は住民税が安くなっています。 市民税減税条例として、均等割り -200円、所得割が -0. ただし、愛知県では『あいち森と緑づくり税』として、500円の超過課税を行っています。 住民税を払わない年収を逆算してみよう 年収が低い場合、条件によっては住民税が非課税になることもあります。 自治体によって多少金額は異なりますが、以下の条件で非課税になります。 なお、計算式は以下のとおりです。 非課税限度額は級地区分で異なる 非課税限度額は、級地区分によって異なります。 級地区分とは、生活保護による扶助を行なう際に反映される地域区分のことで、基本的には地域格差を小さくする目的で制定されています。 均等割の非課税限度額は、級地区分によって以下のように条例で定められています。 1級地:35万円• しかし、所得割は年収や家族構成、控除内容によって大きな差が発生します。 まずは自分の住民税がいくらになるのか、前年の年収をもとに計算してみてはいかがでしょうか。 忙しくて読めないという方で、「確定申告の書き方がわからない、経費計算したい、早く確定申告を終わらせたい、自動で計算して税理士の高い金額を支払いたくないという方」には、 「」がオススメです! 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトの」• 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトの」• 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトの」 「税理士に相談できる 「」• 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 」• 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス 」.

次の