ふるさと納税 シミュレーション。 住宅ローン減税とふるさと納税を使いたい方必見!併用の影響を検証

ふるさと納税の控除限度額 計算シミュレーション【税理士監修】

ふるさと納税 シミュレーション

ふるさと納税 限度額 年金 年金受給者(今回は公的年金受給者を言います。 )のふるさと納税の限度額はどのように計算すれば良いのか? そのような方のためにこちらのページでは 公的年金等にかかる計算方法、 控除シミュレーションを利用した年金受給者のふるさと納税限度額の計算方法を解説していきます。 まずは、公的年金等にかかる所得税、住民税の計算の仕方から理解していきましょう。 そして、その次に 控除シミュレーションを利用したふるさと納税限度額の計算方法について解説します。 公的年金等に係る所得税・住民税の計算方法 公的年金は所得税の計算上雑所得として扱われます。 その公的年金に係る雑所得の金額は以下のようになります。 公的年金等の収入金額の合計額ー公的年金等控除額=公的年金等に係る雑所得の金額 イメージとしてはこんな感じになります。 公的年金等の収入金額の合計額 1年間で支給された全ての年金の合計額となります。 なお、源泉所得税、社会保険料を引かれる前の金額になりますので、 手取り額で計算しないように気を付けてください。 また、年金は基本的に2月に1度、偶数月に支給されますが、12月前に限度額を計算したいときは、 12月分を前回の10月分と同じ金額にするなどして、見積もり金額で計算しましょう。 公的年金等控除額 法律で計算方法を決められた控除額のことを言います。 そして、この公的年金等の収入金額の合計額から公的年金等控除額を控除した残額は次のように計算します。 ない場合は再発行してもらうことになります。 こちらが公的年金等の源泉徴収票になります。 なお、平成28年の場合には65歳未満の方とは昭和27年1月2日以後に生まれた方、 65歳以上の方とは昭和27年1月1日以前に生まれた方になります。 4月1日までが早生まれなのと同じ原理ですね。 控除シミュレーションを利用したふるさと納税限度額の計算の仕方 所得金額の計算が出来たら次はふるさと納税限度額の計算です。 今回はこちらの控除シミュレーションを利用した、年受給者のふるさと納税限度額の計算方法をお伝えします。 こちらのページは 右クリックで、「新しいタブで開く」を選択することをおすすめします。 そして、(1)から(3)に以下の数値を記入してください。 (1) 総収入金額 記入不要です。 「0」のままにしてください (2) 給与所得控除後の金額 給与所得とありますが、気にせず先ほど計算した公的年金等の雑所得の金額を入力してください。 先ほどの例の金額だと225万円になります。 (3) 所得控除額の合計額 次の金額の合計額となります。 ただし、これらの金額があると限度額が少なくなりますので、ご注意ください。 細かく計算するのは手間だという方は以下のような感じで所得控除額を計算してみてください。 最終的な限度額は年が終わって収入や保険料の金額が確定しないと分からないので、 あくまでも目安ということを忘れずに計算するとふるさと納税をうまく活用できるものと思われます。

次の

総務省|ふるさと納税ポータルサイト|ふるさと納税のしくみ|税金の控除について

ふるさと納税 シミュレーション

ふるさと納税とは? ふるさと納税とは、好きな自治体・応援したい自治体へ行う寄附のことです。 寄附による社会貢献はもとより、多くの自治体で寄附へのお礼として返礼品が用意されており、寄附者が好きに選べることもふるさと納税の大きな魅力です。 しかも、ふるさと納税の 寄附金は2,000円を超える部分について一定の限度額まで全額が控除されます。 つまり、毎年払っている税金をそのまま寄附として活用することで、実質2,000円でお好きな返礼品がもらえることで注目が集まっています。 ふるさと納税は寄附者にお得を、地方に元気を届けるステキな制度です。 ぜひ、ふるなびを利用して便利でお得なふるさと納税をお楽しみください。 ふるさと納税の魅力• 好きな地域・寄附金の使い道が選べます ふるさと納税は、在住の自治体以外であれば、出身地などに関係なく複数の自治体に自由に寄附を行うことができます。 さらに、多くの自治体で寄附金の使い道を選択することができます。 寄附のお礼として返礼品がもらえます 多くの自治体でふるさと納税の寄附へのお礼として、様々な魅力的な返礼品や特典を用意しています。 お好きな返礼品を選んでふるさと納税を行えば、まるでお取り寄せのように楽しむこともできます。 ふるなびではお得な返礼品を多数掲載!さらに、独自のふるさと納税サービスもご提供しています。 寄附金は税金から控除されます ふるさと納税では、年間(1月~12月)で行ったすべての寄附金のうち2,000円を超える部分について、 一定の限度額まで原則として所得税・住民税から全額が控除されます。 それも、一回の寄附ごとではなく、年間の寄附すべてが実質2,000円で行えるのも嬉しいポイントです。 そのままでは納めるだけの税金ですが、ふるさと納税では地域に貢献しながら控除が受けられます。 ふるさと納税をしてみよう• 寄附金額の目安を知る• 希望する返礼品を決める• 自治体に寄附を申込む• 返礼品と証明書を受け取る• 税金の控除の申請を行う• STEP. 1寄附金額の目安(控除上限額)を知る 控除上限額を知ることで、自己負担金の最低額(2,000円)で、できるだけ多く寄附を行うことができます。 ご自身の控除上限額がわからない方は、給与収入と配偶者の有無の入力で、控除上限額(実質負担2,000 円)の目安を計算できる「」をご利用ください。 STEP. 2希望する返礼品と寄附する自治体を決める 希望する返礼品をお選びいただき、寄附を行う自治体を決定してください。 ふるなびではバラエティー豊かな返礼品を揃えており、各種ランキングや返礼品のカテゴリーからお好みの返礼品をお探しいただけます。 STEP. 3自治体に寄附を申込む 寄附を行う自治体が決まったら、寄附申込みフォームから自治体に寄附の申込みを行ってください。 クレジットカードでのお支払いに対応している自治体では、お申込みと同時に寄附が完了するため、さらに簡単・便利にお申込みいただけます。 STEP. 4返礼品と証明書を受け取る ふるさと納税を行った自治体から、お申込み時にご指定いただいた返礼品が届きます。 また、寄附の証明として「寄附金受領証明書」や「ふるさと納税ワンストップ特例制度」に関する書類などが届きます。 STEP. 5税金の控除の申請を行う ふるさと納税で寄附金の控除を受けるには、ステップ4で受け取った「寄附金受領証明書」を添えて確定申告をする必要があります。 また、サラリーマンなどの給与所得者は、一定の条件を満たすことで「ワンストップ特例制度」を利用することもできます。 ふるさと納税の寄附金控除について ふるさと納税で寄附金の控除を受けるためには、確定申告を行うか、ワンストップ特例制度を利用する必要があります。 ふるさと納税ワンストップ特例制度とは、以下の条件を満たせば、ふるさと納税の確定申告が不要になる制度です。 ワンストップ特例制度を利用することで、おもにサラリーマンなどの給与所得者は確定申告を行うことなくふるさと納税を利用できます。 ふるさと納税ワンストップ特例制度の適用条件• ふるさと納税以外の確定申告が不要な給与所得者(会社員など)である。 一年間(1月~12月)でふるさと納税の寄附先が5自治体以内である。 確定申告とワンストップ特例制度の税控除の比較 確定申告を行った場合、ふるさと納税の寄附金控除は所得税と住民税から行われます。 しかし、ワンストップ特例制度を利用した場合、所得税の控除分もあわせて、全ての控除が住民税から行われます。 確定申告を行っても、ワンストップ特例制度を利用しても、控除される寄附金額の合計額は変わりません。 確定申告を行う場合• ワンストップ特例制度を利用する場合.

次の

控除上限額(限度額)シミュレーショントップ

ふるさと納税 シミュレーション

「年金受給者でもふるさと納税できるのか?」という疑問を持たれている方が多いようです。 そもそも、ふるさと納税は「納税」と銘打たれているものの、実質的には寄付です。 そのため、 希望すれば年金受給者でも問題なくふるさと納税をすることができます。 ただし、ふるさと納税の実質的な負担額を2,000円にとどめることができるかどうかは年金収入に依存します。 ふるさと納税の控除上限額を決定する住民税所得割額は、課税対象の額に比例してくるからです。 以下は公的年金収入分布ごとの控除上限をまとめた表です。 あくまで目安ではありますが、65歳以上で公的年金収入が150万円以下の場合は上限が0円になり、寄付額がすべて自己負担になってしまうことがわかります。 ふるさと納税をより楽しみたいとお考えの方は、上記の寄付金額上限を参考に制度の利用を検討するようにしましょう。 ふるさと納税控除上限額を計算することも可能です。 収入が去年と同等という前提であれば、去年の確定申告書の控えと住民税決定通知書から計算に必要な情報を確認できます。 計算に使用するのは、 所得税の確定申告書に記載された課税所得金額と、住民税課税決定通知書に記載されている都道府県税の税額控除前所得割額と市民税の税額控除前所得割額の合計です。 詳細は以下の表を確認してください。 年金受給者の場合…年金以外にも給与や家賃収入がある場合はこちらを参考に 公的年金受給者、および公的年金以外にも民間の個人年金や給与、家賃収入がある方でも上述した表を用い、以下のようなプロセスで控除上限額を計算できます。 その他の所得がある場合は、当該所得金額を含めて合計してください。 公的年金(国民年金、厚生年金、確定拠出年金等):公的年金収入-公的年金控除• 民間の個人年金:年金収入-必要経費• 不動産所得:不動産収入-必要経費• 計算式は、以下です。 自営業・年金受給者の計算例 自営業者の方・年金受給者の方の寄付可能上限額について、具体的な計算例をご紹介しましょう。 確定申告書の控えに記載されている課税所得金額:2,591,000円• 住民税課税決定通知書に記載されている特別区民税の税額控除前所得割額:165,000円• 都民税の税額控除前所得割額:110,400円 上記のケースを想定してみましょう。 これらの情報から課税所得金額が2,591,000円に、住民税所得割額が27万6000円に定まります。 変数xは課税所得金額が195万円~330万円のものが適応されるため、以下の計算式から寄付可能上限額が算出可能です。 自営業者は、ふるさと納税の有無にかかわらず必ず確定申告をしなければいけません。 しかし、年金受給者のふるさと納税の申告は、公的年金の収入額によって2つに分岐します。 ひとつは、公的年金の収入が400万円以下で他に所得がなく、寄付先の自治体が5か所以内だった場合に利用できるワンストップ特例制度です。 寄付先の自治体から発行される「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」とマイナンバー記載書類、本人確認書類などを提出することで利用できます。 また、ワンストップ特例制度を利用した場合、控除対象となるのは住民税です。 年金収入が400万円を超える場合は、他に所得がある場合は確定申告の手続きが必要です。 いずれのケースでも注意しなければならないのは、 「納税額以上には控除されない」ということです。 とりわけ年金以外の収入がない場合は、他の控除が入るとふるさと納税で控除する余地が残されていないケースがあります。 つまり、寄付した金額が全額自己負担になってしまう可能性があります 自己負担額を最小限に抑えたい場合は、事前にしっかりとシミュレーションしておきましょう。 自営業者・年金受給者にかかわらず、基本的にふるさと納税申告の際の確定申告書類記入方法は給与所得者の確定申告と同じです。 寄付先から提供される「寄付受領証明書」に記載されている金額を第二表の2か所に転記します。 右中部の「寄付金控除」の欄に寄付先の所在地・名称と寄付金の合計を記入し、右下部の「寄付金税額控除」の「都道府県、市区町村分」の欄に寄付金の合計を記入してください。 その他の欄の記入には計算が必要になるため、税務署職員のガイダンスを受けながら記入するのがおすすめです。 また、必要情報を入力すると申告書が完成する税務署ホームページの確定申告コーナーを利用するのもよいでしょう。 申告書の完成時点では、正確な控除額は把握できません。 具体的な控除額については、下記イメージを参考にしてください。

次の